夕刊/金田ヒサ

THE RAMBLINGSのフロントマンが贈る漂流記

Musicians' Paradise Jam

2016-09-25 | Weblog
10月のライヴ1本目は千葉中央市場町にある老舗Jam。

根無し草のランブリングスがホームと呼べる数少ないお店。

隔月で年間数本のワンマン・ライヴをやらせて貰っている。

ありがたい。

多謝。

昔からJamは敷居が高いと云うイメージを持っている人達が多いようで

その中でもJamを誤解してる演者の人達に伝えたいんだけどさ。

それは「敷居が高くて当たり前」と言うことだよ。

それが店のプライドであり来るお客さんを大切にしてる証だからね。

わかるかい?

店のオヤジに演奏について叱られて陰口叩いてる君達だよ。

一度もトライしていないのにイメージだけで躊躇している君達だよ。

敷居の低い場所で仲間うちの前で何度演奏したってダメだ。

何を言いたいか分かるよね?

チャージいただいて真剣勝負が出来る場所なんて最高じゃないか。

しっかり自分の音楽を抱いてトライしてみるのも悪くないと思う。

ライヴが好きな人はJamの扉を気楽に開いてみて下さい。

ダイレクトに音を楽しめる空間に喜びを感じて貰えると思います。

それは店主やスタッフの音楽への心意気です。

だから時々Jamには音楽の神様が立ち寄ります。

そんな店でランブリングスがロックン・ロールします。

音楽の神様もケツを振るようなミュージックを!

是非遊びに来て下さい。



2016年10月8日(土曜日)

【THE RAMBLINGS LIVE ROCK&ROLL】

PLACE/Musicians'Paradise Jam(千葉中央市場町)

金田ヒサ 唄とギター

湯村恭生 ドラムス

川畑マサシ ベース

開場18:00/開演20:00

charge 2000yen(学生1000yen)オーダー別

【予約・問い合わせ】れすとらん邪夢 043-227-7229

詳しくはJamのHPまで。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

LPジャケット

2016-09-21 | Weblog
最初に買った洋楽のLPレコードはE・クラプトンの

461オーシャン・ブールバードで確か14歳の冬休みだった。

中学生の俺にはLPは高価な代物でレコード屋の

コーナーを随分とあれこれ見てまわった記憶がある。

手にしたストーンズは何か怖い感じがしたしビートルズは

みんなが持ってたからスルーしたような気がする。

そんな中で金田少年の目に止まったのが461だったんだ。

ジャンルも何の楽器をやってる人かさえ知らないのにさ。

正にジャケ買い。

直感から始まったルーツへの道のりのスタート地点。

CD時代になりジャケット・デザインも難しくなったろうな。

やっぱりジャケットはLPサイズでこそ生きる。

良き時代でありました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ROCKIN' SOUL REVUE

2016-09-20 | Weblog
千葉ANGAの全面協力を得てランブリングスが

唯一、企画プロデュースするイベント【ROCKIN' SOUL REVUE】の

開催が10月29日(土曜日)に決定しました。

今回出演してくれるのは復活のファンタジスタ高橋コウ率いる

ロックバンド「ザ・チョコレイト・ドロップス」

ドラマーとして活躍するアキラがヴォーカリストとして

スタンダードからロックまで唄う初登場のゴジラ外伝。

皆さんご存知のブルーズ野郎「SPIDER TETSU」

ルーツ・ミュージック好きにはたまらん面子をラインナップしました。

皆さん、是非スケジュールに入れておいて下さい。

お見逃しなく。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

2016年10月29日(土曜日)

【ROCKIN' SOUL REVUE】

PLACE/LIVE HOUSE ANGA(千葉中央)

【出演】

THE CHOCOLATE DROPS

ゴジラ外伝

SPIDER TETSU

THE RAMBLINGS

charge/2500yen(学割1000yen)要学生証提示/オーダー別

※開場・開演時間については調整中につき追ってアナウンスします。

予約・お問い合わせ ANGA 043-224-7769

☆前売り券の発行はありません。当日券のみのお取扱いとなります。

テーブル席ご希望の場合など予約にて承ります。

(その際には、お名前、人数などお知らせ下さい。)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NEW SONG

2016-09-17 | Weblog
急遽GiGにてランブリングス・リハーサル。

数日前にいきなり降ってきた曲があってさ。

アコギでコードひろったくらいだったけど

ちょっと演ってみるかなって思ったんだよね。

大体コレはイケるっていう直感しかないんだけど

コードの先に景色が見えたら完成まで粘るってやり方。

今夜はベースの川畑が来るまで湯村と音出して骨組み探し。

川畑を加えて演ってみたらもっと景色がクリアになった。

近々ライヴで披露出来たらと思ってます。



2016年10月8日(土曜日)

【THE RAMBLINGS LIVE】

PLACE/Musicians'Paradise Jam

金田ヒサ 唄とギター

湯村恭生 ドラムス

川畑マサシ ベース

開場18:00/開演20:00

charge 2000yen(学生1000yen)オーダー別

【予約・問い合わせ】れすとらん邪夢 043-227-7229

詳しくはJamのHPまで。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

EIGHT DAYS A WEEK

2016-09-16 | Weblog
ぐわぁぁぁぁ〜、ザ・ビートルズ!!

1964〜1965年のライヴを新たにリミックスした

ビートルズ唯一の公式ライヴ・アルバム。(海賊盤はあるけどね。)

こんな大歓声(絶叫・悲鳴)の中で演奏してたなんて信じられない。

今のようにまともなPAシステムやモニターがない時代にだよ。

演奏もそうだけど歌やコーラスなんてとんでもない事だよ。

だってステージ上はメンバーの音が殆ど聴こえてないんだから。

それなのに奇跡的なバンド・アンサンブルと演奏力量を

世界中に示したライヴ・アルバムとして語りつがれるだろう。

当時からビートルズは既に異次元のレベルで存在していた記録。

久しぶりに鳥肌立ちました、ハイ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

万歳。

2016-09-14 | Weblog
学生で昼夜問わず音楽と戯れた生活。

昼間に生業を持ち夜に音楽と向き合う生活。

気付けば36年、、、か。

ふん、何てこたぁねぇな。

コレからもこんな感じなんだろうな。

若い頃と違って時間がたっぷり残ってる訳じゃねーけどさ。

やりたいことをやれる時にやる。

ん?ずっとやってきたかもな俺。

あぁ、素晴らしい人生じゃないか!

万歳。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

リトルガール・ブルー

2016-09-13 | Weblog
ジャニスの映画「リトルガール・ブルー」が土曜日から公開された。

しか〜しっ!

渋谷まで行かないと観られないという寂しい上映館事情。

うーむ、やっぱりミュージック・ムービーの興行は難しいか。

行かねーよ渋谷!遠いわっ。

とは言え映画館の音響でガンガン聴きたいよなぁ。

多分、行こうか迷ってるうちに上映終わっちゃうな。

今回未鑑賞の俺が言うのも何だけど若い女性に観て貰いたい。

ジャニスをモデルにしたベッド・ミドラー主演映画「ローズ」や

ジャニス本人が登場してる映画「ジャニス」でもガツンときたからね。

エセ・ディーバしか知らない人達は衝撃受けるんじゃないかな?

ぶっちゃけ俺はジャニスの音楽と出逢った時は怖かったけどね。

なんか女の情念みたいな、おどろおどろしさを感じたからかな。

でもジャニスの生々しいブルーズってそこだと思う。

切なすぎるエネルギーの塊。

ジャニスのようなシンガーはジャニスしかいない。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ラオス茶

2016-09-11 | Weblog
基本、お茶好きの俺ですが(日本茶、紅茶ね。)

ここ2週間、煮出したラオスのお茶を飲んでる。

ラオス通の会社顧問がブレンドして毎朝夕と煮出してくれるのよ。

お肌の活性化と胃腸に良いらしいっす(笑)。

五十過ぎてお肌ケアってどうなんだろう?

細胞再生手遅れなのか、まだ良く判らないです。

とにかく自然の甘味が好きなんだよね。

次回ライヴは艶やかな肌でお会いしましょう(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スタジオ・ワーク

2016-09-07 | Weblog
10月のJamライヴまでライヴは無いんでスタジオ・ワークに

精を出してご無沙汰の楽曲に今一度息を吹きかける作業をしよう。

今なら既存曲も違う躍動をしていくと思うんだよね。

湯村と川畑のリズム隊はシンプルにプレイしながらも

しっかりと気持ち良いノリをボトムで出してくれてるからな。

特にベースの川畑に至っては今がピークじゃねぇか?

いや、もとい、今が旬だ(笑)。

テクニック云々よりもステージでの存在感が増してる感じでさ。

まだしばらくメンバーとランブリングスを楽しむよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

多謝

2016-09-05 | Weblog
続・真夏の夜の宴にご来場ありがとう。

蒸し暑い夜に蒸し暑い演奏でした。

久々ブルーズ・フィールの楽曲も3曲ほど披露。

確かに蒸し暑かったな(笑)。

珍しく演奏メニューを書き出してみるね。(順不同)



おまえのよろこぶものは

暴風雨

30Cm

臆病風

OTIS!

黒人女のように

最後にひとつ

銀のカギ

こっぱみじんの愛

ケツをフレ

Soul Swing

電話をおくれ

暴風雨

Hard Working People

いったりきたり

ぼんやりダラダラ

まちあわせ

見上げれば月光

Hot Coffee

路面電車



時間にして2時間チョイの宴でありました。

初めて足を運んでくれた人もいて嬉しかったよ。

俺個人このライヴに関してはちょっと考えさせられたね。

今後の音楽創作やライヴ活動に向かって自分自身が

刻み込んでおけば良いと思うんで特に記する事はやめておく。

ライヴは生もんって言うけど、それは俺が生きてるという証だからね。

ジョアンのマスター&ママありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鈍行ロックン・ロール列車

2016-09-03 | Weblog
☆今宵、鈍行ロックン・ロール列車ランブリングス号は

定刻20時、西都賀ジョアン発。

行き先はひたすら未定だ。

皆様くれぐれも乗り遅れに御注意下さい。

9月3日(土曜日)

【続・真夏の夜の宴】

PLACE/ 西都賀ジョアン

「THE RAMBLINGS」

金田ヒサ 唄とギター

湯村恭生 ドラムス

川畑マサシ ベース

開場 19:30 開演 20:00

charge \2000(学割\1000)オーダー別

お問い合わせ/予約 ジョアン 043-254-6360
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続・真夏の夜の宴〜前夜

2016-09-02 | Weblog
ランブリングス8月公演「真夏の夜の宴」に参加出来なかった

とてつもなく音楽運のない皆さんに朗報です(笑)。

西都賀の老舗Jazz Barジョアンにて先月に引き続き

2ヶ月連続でRAMBLINGSワンマン・ライヴ

「続・真夏の夜の宴」を明日3日(土曜日)に開催致します。

ランブリングス、若干調子ぶっこいてます。

今回は久々にプレイする楽曲もメニューに加えてお届けする。

夏の終わりにロックン・ロールを腹一杯味わいに来て下さい。

もちろんライヴ限定名物のチキンのスープ煮あります。

土曜の夜はジョアンで待ってんぜっ。



9月3日(土曜日)

【続・真夏の夜の宴】

PLACE/ 西都賀ジョアン

「THE RAMBLINGS」

金田ヒサ 唄とギター

湯村恭生 ドラムス

川畑マサシ ベース

開場 19:30 開演 20:00

charge \2000(学割\1000)オーダー別

お問い合わせ/予約 ジョアン 043-254-6360
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プラグイン

2016-08-30 | Weblog
ランブリングス・リハーサルの当日にY'sギターに

退院するブルースDXをお迎えに行きました。

ドクター・橋本ありがとう。

早速スタジオで真空管を充分暖めてからプラグイン。

ハハッ、これだよ。

このサウンドだよ。

俺だけのロックン・ロール・トーン。

ここ数年少しずつアンプがイカレてたのを再認識したよ。

ストレスからの解放。

音楽でそんなもん背負いたかねぇからな。

スタジオGiGでテレキャスをブルースDXで鳴らすと

背骨に力が入る感じがして気持ちが凛とするんだよね。

う〜、たまらんぜ。

あとは使用頻度が高いんで問題は耐久性のみか。

俺自身もそうだけどね(笑)。

秋のライヴ・スケジュールも徐々に決まってきたし

やっと本来の音をとり戻せた喜びをギターに乗せたいッス。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月LIVEスケジュール

2016-08-29 | Weblog
2016年10月8日(土曜日)

【THE RAMBLINGS ONEMAN LIVE!】

PLACE/ Musicians'Paradise JAM



Band Are.

金田ヒサ(唄とギター)

湯村恭生(ドラムス)

川畑マサシ(ベース)



開場18時00分/ 開演20時00分

charge/\2000(学割\1000)オーダー別

JR本千葉駅徒歩8分

(問)れすとらん邪夢 043-227-7229※予約受付中


2016年10月29日(土曜日)

【ROCKIN' SOUL REVUE】

@千葉ANGA

※出演者および詳細決定次第アナウンスします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

情報雑誌

2016-08-27 | Weblog
ランブリングスが熊本から東京に演奏拠点に移した時に

ご機嫌なライヴ・ハウスやバンドを探すのは

いつも情報誌「シティ・ロード」か「ぴあ」だった。

行った事もないのに店名だけでバンドに合うかな?とかさ。

結局は掲載されてた店に殆ど出演断られたけど(笑)。

そんな情報雑誌もネット時代になり激減し廃刊に追い込まれてった。

「ぴあ」は「ナンチャラ〜ぴあ」みたいなのは出てるみたいね。

時々、演奏する場を探してた、あの頃を思い出す。

今でもご機嫌な店がゴマンとあるんだろうな。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加