Woody Bell のフォークな日々

私たちのまわりのフォークシーンをお伝えします。

「静岡フォークジャンボリー」関連ライブのお知らせ

第五回「静岡フォークジャンボリー」

  盛況のうちに終了しました。
  ありがとうございました。

     


「静岡フォークソング・フェローズ」のホームページ
http://shizuoka-fsf.wixsite.com/shizuoka-fs-fellows

※新着の記事はこの次からになります。

浜名湖フォークジャンボリー 定期フォークライブ

2017-02-21 | コンサート・ライブ
19日(日)は、プレ葉ウォーク浜北での浜名湖FJの定期フォークライブがありました。






昨年の1月にもここで演奏させて頂いて、第四回静岡フォークジャンボリーの宣伝をしたのが、ついこの前のように感じます。
歳をとると年月が駆け足で去っていくと言いますが・・・本当の事だなぁと実感します。
このプレ葉でのライブも来月で終了ということで、私たちがここで演奏させていただくのは、今回が最終回になると思うととても寂しく、感慨深いものがありました。
ずっとお世話くださった主催者の名倉さんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
また、あんちゃんを始め、その時その時でお手伝いくださった多くの方々がいらしたから、ここまで続いて、私たちも楽しく演奏させていただいたのだと思うと、皆さんに心からありがとうと言う気持ちです。





演奏が始まる前からたくさんの方が椅子に座ってライブが始まるのを待っていらっしゃいました。
ステージの横に大きなテレビ画面があって、準備の段階からずっと前回の浜名湖FJの映像を流していました。
お客様の皆さんはそれをご覧になりながらお待ちになっていました。
このアイディアはとても素敵だなぁと思いました。
お待ちいただく方を飽きさせず、またライブへの期待も高めてくれる効果があるのではないかと思いました。



今回ご一緒させていただくバンドは、「こだま商店」さん、そして「浦山修司」さんの2バンドでした。
最初に主催者の名倉さんからの挨拶です。



最初は「こだま商店」のお二人。








こだまさん達の演奏は、とてもゆったりとした空気感があって、温かなものが流れているようでした。
曲も私の大好きなものばかりで、一緒に歌いながら、静かに心のストレッチもできていたような気がしました。



次は「浦山修司」さん。








一文字違えば、「寺山修二」さんという楽しいMCを交えながら、オリジナルそしてフォークメドレーなどを演奏されました。
他の出演者よりも歳はお若いのに演奏されてきた年月は長い・・・というのも納得のとても素敵な演奏でした。



そして「Woody Bell」。








そして、皺くちゃながら飛び切りの笑顔を写していただいたので、これはおまけ。


この日は、皆さんがなるべくご存知の歌を選びました。
英語の歌は英語というだけで、敬遠されてしまうことが多いのですが、この日は前の方に座って下さった女性の方々が、一緒に口づさんでくださってとてもうれしかったです。
珍しく、二人ともほとんどミスなく演奏できて、気分よくプレ葉での最後の演奏を締めくくることができました。

一つ残念だったことは、この日がお店の冬物バーゲンセールの時期と重なって、ステージの横での売り込みの声(本日は○○%引きです!!など)がかなり大きかったことです。
歌っている途中で、何だかこの日は相方さんとのハーモニーが変だぞ、ハモっていないぞ、不協和音が聴こえるぞと思ってしまいました。
その理由がわかりました!・・・売り子さんの声が、私たちのハーモニーの中に割り込んで、それで不協和音が出ていたのでした。
お店も商売ですし、私たちは好意でその場所をお借りしているので、これはしかたのない事ですね・・・このような環境でも安定して歌える力をつけないといけないですね・・・。

この日、今までのここでのライブの写真を展示したパネルを掲示してくださっていたのですが、私たちが以前演奏した時のものも何枚かあって、とても懐かしく、そしてここまで続けてくださった皆さんに心から感謝します。



最後に皆で、パチリ。


<セットリスト>
・Puff
・七つの水仙
・竹田の子守唄
・我が祖国
・悲惨な戦争
・風に吹かれて

アンコール
・Walk Right In

写真はあんちゃん、そしてMCしま~さんに撮っていただきました。
ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライブのお知らせ

2017-02-18 | ライブのお知らせ
☆ナグライブ in とらいあんぐる



 日時 : 3月5日(日)13:00~16:00
 会場 : 音楽喫茶「とらいあんぐる」
     浜松市東区笠井町263-20 TEL 053-571-3358
 出演 : でいりーおいちゃん・りっぷるとぉん・Woody Bell
 料金 : 1000円(1ドリンク付き)

今回の会場は初めておじゃまする場所です。
名倉さんが主催するナグライブとしても、ここで開催するのは初めてのようです。
お店のオーナーさんも自らがミュージッシャンで、ピアノを弾かれる方です。
少し緊張もしそうですが、楽しみです。
どうぞ、お時間がありましたらおいで下さい。


☆USAミュージックナイト at Serendipity

日時 : 3月11日(土) 午後7時~10時
会場 : Serendipity (静岡市葵区鷹匠2-3-4 TEL:054-251-8722)
出演 : Picking Time・Woody Bell

ミュージックチャージはありません。
おいしいお料理と飲み物を楽しみながらお聴き下さい。


☆高齢者学級 みのり大学 東部学級でのライブ

日時 : 3月14日(火) 午前10時~11時30分
会場 : 静岡市東部生涯学習センター 3階ホール

昨年に続いて今年もここで演奏を聴いて頂くことになりました。
クローズドのライブですが、私たちの備忘録としてここに載せさせていただきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

USAミュージックナイト at Serendipity

2017-02-14 | コンサート・ライブ
11日(土)は、月に1回のSerendipityでのライブ。
先月からPicking Timeの皆さんとご一緒させて頂いています。
”陽気な夜を”と副題がついていますが、その名の通り、Picking Timeの皆さんはとても愉快な方々ばかり。
Woody Bellは、なかなかその性格からかフランクリーに皆さんと接することが苦手で、どうしても堅物な印象ですが、この方たちとご一緒させていただくと、私たちも自然にその楽しい輪に加わることができて本当にうれしく思っています。
この日は、お店に着くと、テーブルには予約席の札が立っていました。
「あー、よかった。今日もお客様が来てくださるんだ。」とほっとしました。
本当に音楽が好きな方が一人でも聴いて下さったら、それで私たちはうれしいです。

7時半ごろから私たちの演奏でスタート。
決して手を抜いたりしたつもりはありませんでしたが、この日は少しあちらこちらでミスがありました。
ここのところ、少し忙しすぎて気が付かないうちに疲れが残っていたのかもしれません。
私の声も少しお疲れ気味というか季節的に調子が悪いというか、思ったように声が出なくて忸怩たる思いの第1ステージ。

第2ステージは、少量のアルコールの力を借りて血流が良くなったせいか、「第1ステージよりは声が出ていたよ。」との相方さんの言。
Picking Timeの皆さんも場を盛り上げてくださって、和気あいあいとしたステージとなりました。

この日も初めて聴いて下さるお客様との一期一会をうれしく思いました。
しだいに席が埋まり、この日は満席のお客様が来てくださいました。
アルコールが入る席ですので盛り上がり、皆さんとても楽しそうに聴いて下さってよかったです。
この日は、自分たちの写真撮影をお願いするのを忘れましたので、Picking Timeの皆さんの写真をどうぞ。






追記
<セットリスト>
1回目
・Walk Right In
・The Good Times We Had
・Dona Dona
・血まみれの鳩
・Green Sleeves
・我が祖国

2回目
・風に吹かれて
・Amazing Grace
・この広い野原いっぱい
・遠い世界に
・Leaving On A Jet Plane
・Cotton Fields

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金曜の夜会 at Mother Moon

2017-02-13 | コンサート・ライブ
10日(金)の夜は、駿河区小鹿にあるMother Moonでの「金曜の夜会」ライブでした。
初めての場所でのライブでしたので、少し緊張気味に家を出発しました。
すると、ちょうど車の窓から大きくきれいな真ん丸なお月様が見えて、ライブ会場の名前のMoonとマッチして、なんだかよい事がありそうなちょっぴり温かな気持ちになりました。
後で知ったことですが、この日の次の日が満月だったようです。

Mother Moonは、こんな所にと思う、住宅街の真ん中にあって、突然素敵な異空間が現れるという感じのお店です。
お店の中は木の香りが漂って、明るくくつろげる雰囲気がありました。

昼間の明るい時の方が素敵なお店の雰囲気が良くわかるかもしれません。







この日の音響機材は、会場の広さに合わせて、RolandのAC60を2台用意しました。
マイクスタンドを組み立て、アンプをのせる台を組み立て、ケーブル類をつないで終了。
この後、二人の音の調整をしてあっという間に準備完了しました。
ちょうどこの頃には、お客様がいらっしゃいました。
実はこの日のライブは、私の趣味(吹き矢)の仲間の一人が企画してくださったものでした。
そして最初に来店されたお客様はいつもの趣味の仲間たちでした。
こんな風に企画していただいたのは初めてなので、とてもうれしく思いました。
たぶんこの日は、この4人のお客様しかお見えにならないのではないかと思っていましたので、この仲間のためにいつものように心を込めて演奏しようと思っていました。
7時過ぎ頃から演奏開始ということになっていましたのでスタンバイすると、お客様は仲間だけではなく、たくさんの方々が来店されました。
お店のママのヒロさんがたくさんのお客様を集めてくださったのでした。
本当に感謝です。





30分程度のステージを休憩をはさんで2回させて頂きました。
休憩の間に、来てくださったお客様といろいろなお話をさせて頂いたのですが、音楽が好きな方がたくさんいらしてびっくりしました。
フォークが好きな方、昔ギターを弾いてフォーク(吉田拓郎)を演奏していた方、そして泉谷しげるさんの演奏活動に関わっておられた方、更に後方に座られたグループの方々は現役のアマチュアミュージッシャンのバンドメンバーの皆さんでした。
こんな音楽が好きな方に聴いて頂いて本当に幸せだなぁと思いました。
最後には御約束のアンコールもいただいて、楽しく演奏させていただきました。
とても温かな雰囲気の素敵なコンサートになりました。

そして、このMother Moonは、木の香りがすると最初にお話ししましたが、その木で囲まれた空間での音に素敵な響きを与えてくれたようでした。
今まで何回かRolandを使ってライブをしたことがありますが、この日歌っている時に、今まで感じたことのないとっても良い響きを感じながら歌うことができました。
ママさんのお話では、ガラス窓は3重になっているとの事で、住宅街の中にあっても音漏れの心配はそんなにないようでした。

以前やまぼうしでのライブを聴いて下さったママさんと私のお友達のお二人が、協力して今回のライブを実現してくださって本当に感謝しています。
ありがとうございました。

ママのヒロさん(右側)とスタッフさん。

最後に仲間たちとパチリ。

私の隣が今回企画してくださったFさん。
そして、とても美人なお二人なのに恥ずかしがり屋さんなので、ちょっとハートマークをのせさせていただきました。
吹き矢の試合ではお手柔らかに!

<この日のセットリスト>
1回目
・Puff
・この広い野原いっぱい
・二人のハーモニ―
・Green Sleeves
・Blow'in In The Wind

2回目
・Seven Daffodils
・The Cruel War
・遠い世界に
・竹田の子守唄
・500 Miles

アンコール
・San Francisco Bay Blues

ヒロさんがこの日の事を紹介してくださいました。
http://iyashihiro.eshizuoka.jp/e1756130.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

静岡フォークジャンボリーのレポート その4

2017-02-12 | 静岡フォークジャンボリー
それでは引き続き、ジャンボリーの様子をレポートさせていただきます。
前半の最後には、会場のお客様と一緒に大きな声での合唱です。


合唱曲目 : 遠い世界に、翼をください

そして後半の合唱です。



合唱曲目 : 風、あの素晴らしい愛をもう一度


















会場の皆さんは楽しそうに一緒に歌って下さいました。
一緒に歌うということは、演奏者と会場のお客様の気持ちが一つになるということ・・・いつもこの合唱の時には特別な思いになります。
前半は静岡FFのメンバーで、そして後半はザ・ブトンのみなさんのリードで、とても素敵な時間が流れていきました。
一緒にこの場を共有していただいた皆様ありがとうございました。

お客様のお帰りの際には、たくさんの方が演奏者にそれぞれ言葉を掛けてくださって、一同とても感激しています。
この触れ合いの場が、演奏者には勇気を頂く機会、励みになる機会になっています。
そして、お客様もまたこのジャンボリーを心から楽しんでくださったということが伝わってきて、とてもうれしかったです。





そして、このジャンボリーを滞りなく運営できたのは、スタッフとして協力してくださった皆さんのお力のおかげだと思っています。
朝早くから暗くなるまで長時間にわたり本当にありがとうございました。

会場係として活躍してくださったJoeさん。


カメラマン(レディ)として、会場そしてバックヤードなどを駆け巡って下さったあんちゃん。


Namiさんには、演奏者そしてカメラマンの両方をお願いしました。


受付係を臨機応変な応対で切り盛りしてくださったお二人のTさん。


そして司会として活躍してくださった海野さん。


この日、仲間の応援として来て下さって、急きょスタッフとして活躍してくださったMikity。


そして一日中、暗い照明室にこもって照明のお手伝いをしてくださったAさん。


最後に素敵な音づくりをしてくださったPAの篠崎さん。


皆さんの協力なくしてはこのジャンボリーは運営できなかったと、本当に心から感謝しています。

いつもお世話になっている音楽仲間の皆さんもこのジャンボリーを聴きに来てくださいました。






浜名湖FJの実行委員会のBOGGYさん、はねちゃん、るみちゃんにもおいでいただきました。

そしてたくさんの差し入れを頂きました。


あわただしさに紛れてお礼を十分お伝えできなかったことをここでお詫びしたいと思います。

これで静岡フォークジャンボリーのレポートを〆させていただきます。
ずっとお読みいただいてありがとうございました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加