Woody Bell のフォークな日々

私たちのまわりのフォークシーンをお伝えします。

「静岡フォークジャンボリー」関連ライブのお知らせ

第五回「静岡フォークジャンボリー」


     開催日:平成29年2月5日(日)
     会 場:静岡県立美術館 講堂
     開 演:12時 (開場:11時30分)
     入場無料

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「静岡フォークソング・フェローズ」のホームページ
http://shizuoka-fsf.wixsite.com/shizuoka-fs-fellows

※新着の記事はこの次からになります。

第12回 「フォークな午後」終了しました。

2017-01-18 | フォークな午後
15日(日)に、新しい年になって初めての、そして第五回「静岡フォークジャンボリー」開催を前にして最後の「フォークな午後」の開催となりました。
この日も大変寒い日で、前日は県西部方面では積雪もあったそうです。
磐田からのゲスト、井上カンドレ陽木さんが無事に静岡まで来られるか最初は気をもみましたが、何とか大丈夫ということで・・・ほっとしました。


いつものふくよかなコックさんが優しく迎えてくれる「やまぼうし」の入口には、蝋梅(ろうばい)と水仙もスタンバイして、良い香りを漂わせてくれていました。






この日のGalleryでは、羽子板、凧、縁起物の鶴など、お正月の雰囲気にぴったりの華やかな展示で賑わっていました。
午後2時を回る頃になるとお客様がぽつぽつと来られて、開催時刻の2時半には、会場の椅子だけでは足りず、補助椅子を何脚も動員してのうれしい始まりとなりました。


最初の歌声は「杉本あきら」さんから。






この日は「雪」にちなんだ選曲でした。
いつものようにダンディなスーツに身を包んだ杉本あきらさんは、まったりと、とても雰囲気のある演奏をされました。
多くの女性がうっとりとした目をしていたような・・・気がします。


次はゲストの「井上カンドレ陽木」さん。






いつものインパクトのある爆発ヘアーで登場したカンドレさんが現れると、静岡のお客様はびっくりされながらもあちらこちらでクスクス。
そして、おなじみの「お元気ですか?」から始まったステージは、目を閉じると井上陽水がそこに居るような気さえしてきました。
たくさんの井上陽水の歌を熱唱されました。
1曲だけ陽水ではない曲(題名を忘れてしまったのですが・・・)を歌われたのですが、ロングトーンの声がとても印象的でした。
遠くの大切な方に届いたのではないかと思いました。


そして、わたしたち「Woody Bell」。






この日、いつもの事ですが、朝から私の声の調子が今一つでした。
最後まで歌いきれるかどうか心配だったので、最初から少し抑えて歌い始めました。
でも、お客様が後押ししてくださったのか、お昼のママさんのオムライスが良かったのか、不思議と声が出て、とてもうれしくなってしまいました。
そして、聴いて下さっているお客様皆さんのお顔がとても優しく・・・気持ちよく歌わせていただくことができました。

この日の写真ですが、ライブの始まった頃はまだ陽が高くて、ほとんど逆光状態でしたので、杉本あきらさんの素敵な顔をうまく写すことができず、本当に残念でした。
ごめんなさい。

今回で今年度の「フォークな午後」は最後になります。
次は「静岡フォークジャンボリー」です。
3回開催した「フォークな午後」では、お客様からたくさんの投げ銭を頂きました。
「静岡フォークジャンボリー」はアマチュアのコンサートということで、企業等からの協賛金は頂いていません。
出演者が等分に開催費用を負担することになっているのですが、会場費などの出費に投げ銭を充てさせていただいています。
お蔭で出演者の負担も少額での開催が可能となっており、とても感謝しています。
本当にありがとうございます。
2月5日開催の「静岡フォークジャンボリー」では、皆さんのお気持ちに応えるためにも、出演者一同、心をこめて演奏したいと思っています。
どうぞ、県立美術館・講堂まで足をお運びください。



この日、PALの二人は浜北プレ葉ウォークでのライブに出演のため、残念ですがお休みでした。


Woody Bellのこの日の<セットリスト>
・Blow'in In The Wind
・Dona Dona
・The Good Times We Had
・竹田の子守唄
・Leaving On A Jet Plane
・San Francisco Bay Blues
アンコール
・The Cruel War

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

USAミュージックナイト at Serendipity

2017-01-16 | コンサート・ライブ
14日(土)は鷹匠町にあるSerendipityでのライブでした。

今年から第2土曜日の演奏に変更になりました。
そしてご一緒させていただくバンドはPicking Timeの皆さん。
ブルーグラス・カントリーを静岡で長く演奏されてきたバンドで、このお店のオーナーのIさんもメンバーのお一人。
以前はバンジョーの名手だったそうですが、ちょっと具合を悪くされて、バンジョーからフラットマンドリンに転向されたとのことです。
ギター、バンジョー、フラットマンドリン、そしてベースの4人組の皆さんです。

今まで演奏は何回か聴かせていただく機会はありましたが、ご一緒するのは初めてでしたので少し緊張気味でした。
でも、皆さんとてもフランクな方で、すぐにこの場の空気に馴染むことができました。

私達から始まった1回目の演奏では、私たちの演奏する曲をメンバーの皆さんもとても懐かしがって聴いて頂きました。
彼らも昔は、キングストントリオやPP&Mの演奏をしていたということで・・・納得です。
ギターのSさんはスプーン叩き(本当の呼び方は何と言うのかな?)も本当に素晴らしくて、私たちの演奏曲にも合いの手のように気持ちよく音を入れて頂きました。
この日の来て下さったたくさんのお客様も、本当に楽しそうに一緒に歌ってくださいました。
程よく回ったアルコールも手伝って、みんなで大合唱でした。


写真はフォルクローレのメンバーとしても活躍されているUさんに撮っていただきました。


続いて演奏されたPicking Timeの皆さん。


お一人一人の楽器を弾くテクニックは私達とは段違いで、弦のピッキングの速さにもびっくりです。
やはり、ずっと続けて演奏をしてこられた方たちは違うなぁと思いました。

そして、今回、メンバーの方やお客様とたくさんお話をさせて頂いて、とてもうれしかったことがあります。
それは年齢のことなのですが、私と同じ年くらいの方が大勢いらして、勝手に親近感を感じてしまいました。
私たちが20代だった頃、所属していた「白い鳥」というグループのことをご存知の方などもいらして、昔々にタイムスリップしたような感じでした。
そして、私の高校の同級生とここで出会うことも出来て、不思議な縁にまたびっくりしています。
彼は有名なフラメンコギターの名手としてスペインで活躍されている方ですが、この夜は奥様とも初めてお話をさせて頂きました。
奥様はドイツの方ですが、ジョン・バエズの話をしましたら、彼女もよくご存じで、PP&Mの話などと共に、楽しい話を共有させていただきました。
フォークの演奏を続けてきている中で、いろいろなうれしい出会いがあって、ほんわかとした幸せを感じています。

この日、お客様として来て下さった方々もオリジナルやS&Gなどを数曲ずつ演奏されて、楽しい夜になりました。









セットリスト
 1回目
 ・風は激しく
 ・500 Miles
 ・Green Leaves Of Summer
 ・二人のハーモニ―
 ・San Francisco Bay Blues
 ・All My Loving
 アンコール
 ・Puff

 2回目
 ・七つの水仙
 ・悲惨な戦争
 ・The Water Is Wide
 ・竹田の子守唄
 ・Don't Think Twice, It's All Right
 ・Lemon Tree
 皆さんと一緒に
 ・Good Night Irine


この日はとても寒い日で、これではあまりお客様は来てくれないだろうなぁと思いながらお店のドアを開けましたが、結果的には多くのお客様と一緒に楽しいひと時を過ごすことができました。。
本当にありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第63回 新春アフタヌーンフォーク拡大版

2017-01-09 | コンサート・ライブ
7日(土)に、b-SPACEで新春アフターヌーンフォークが開催されました。
行きの東名高速道路はかなり空いていて、「みんなお正月疲れでもう家でじっとしているのかな?」などと言いながら、新年初ドライブでした。
とても良いお天気で車内はポカポカ・・・喉がイガイガしていてちょっと心配しながらも、うとうとしそうなまったりとした時間を過ごしました。
相方さんは運転でそれどころではないと思うのですが、私はいつも行きと帰りはのんびりとさせてもらっています。

いつもPAはベンパパさんがやって下さっていますが、この日は吉宗さんも助っ人でお手伝いに来てくださいました。
私たちが着いた時にはもう、セッティングはほぼ出来上がっていました。


この日は拡大版ということで、いつもは3組の出演者ですが、この日は5組のバンドが出演しました。
そして今回から、ルゥさんが仕事の都合で奇数月は参加できないことになられたそうです。
ホストのおいちゃんはちょっと心配そうでしたが、お客さんもたくさん来てくださって、皆さんの応援でこの日もとても楽しいライブになりました。

最初は「MCしま~+」さん。


この日はみつおさんとの「103」ではなく、Teeさんのサポートでの「MCしま~+」での出演でした。 
 

次は「アヤラム」のお二人。


あやラムさんには初めてお会いしました。
軽快なウクレレ2本と弾むような歌声が新春のb-SPACEにこだましました。


そして私たち。




写真は吉宗さんに写していただきました。
この日はかなり練習のできているはずだった5曲でしたが、「アラッ」と言う個所が少しありました・・・新年のアルコール過剰摂取のせいかも?
でもとてもリラックスして楽しく演奏できて、歌い初めとして心に残るライブでした。
これもPAのベンパパさんの音づくりあってのことで、感謝しています。


次は「名倉マコト」さん。


この日は名倉バンドではなく、名倉さんとキーボードの川合さんのお二人・・・シンプルな演奏形態で名倉さんの歌唱が前面に出た素敵な演奏を聴かせていただきました。

そしてここで再びTeeさんがサポート・・・「落陽」・・・本当に盛り上がりました。
名倉さんは、新春にふさわしいダンディーな出で立ちでした・・・というか、私の好きなカラーコーディネートでした。


そして、ライブの最後は「OLD FRIENDS」のお二人。


いろいろな所で活躍されているお二人ですが、「OLD FRIENDS」の結成はかなり前だということでした。
来月の静岡フォークジャンボリーに出演をお願いしているバンドですが、この日は宣伝をたくさんして頂いて本当にうれしかったです。
静岡フォークジャンボリーでの演奏、とても楽しみです。 


この後、オープンマイクです。

「ほりもとよしひこ」さん。


「MAAASA」さん。


「りっぷるとぉん」さん。

お二人には、静岡フォークジャンボリーに出演をお願いしています。

「China」さん。


「あんみつ」さん。


「ひろし」さん。


「Mikity」さん。


「森のブリ子」さん。


「ののちゃん」さん。


「男どおし」さん。


「花黒子」さん。

この日、かおりんはのどの調子が今一つということで、この日はモアイさんが主に歌われました。
ボーカルにとって、のどの事は本当に気にかかる事ですね・・・お大事に。
2曲目の演奏にはTeeさんが参加・・・この日、Teeさんはいろいろなバンドのサポートとして大活躍でした。

たくさんの方が演奏されて、それぞれ異なった音楽を心から楽しませてもらい、新年から豊かな気持ちにさせてもらいました。

そして今回、「りっぷるとぉん」のNamiちゃんの歌声と、ののちゃんのソロギターに、私の心が揺り動かされました。
人それぞれに、好きな音楽は異なると思いますが、人間年をとると、感動する事が少なくなると言われています。
こんなに良い刺激をもらって、初春から"大もうけ"をしてしまった気がします。

そして、たくさんの音楽仲間と新年のあいさつをしながら、最年長(?・・・たぶん)ながら、こんな仲間に囲まれて幸せ者だなぁとしみじみ思いました。


<追記>
おいちゃん、MCしま~さん、Namiちゃん、そしてTeeさんからたくさんの写真を頂きました。
ありがとうございました。

セットリスト
・風は激しく
・500マイル
・帰郷
・The Water Is Wide
・The Good Times We Had


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第12回「フォークな午後」 やまぼうしGallery 展示のご案内

2017-01-08 | フォークな午後
1月15日(日)に行われる「フォークな午後」。
この日、やまぼうしのGalleryでは昨年と同様、新年にまつわる展示をご覧いただけます。
松の内はあけましたが、この日はちょうど小正月、最後のお正月のゆったりした雰囲気をお楽しみください。



静岡フォークソング・フェローズでは、「フォークな午後」で、”音楽とアートのコラボレーション”をテーマにライブを企画しています。
ママさんの淹れてくださるコーヒーを飲みながら、昔懐かしいフォークを聴いて、素敵なアートもお楽しみいただけます。
どうぞ、1月15日(日)の午後は、やまぼうしにおいで下さい。
お待ちしております。


 第12回「フォークな午後」
    開催日 : 平成29年1月15日(日) 
    会 場 : Coffee & Gallery やまぼうし     
    開 演 : 14時30分   
    入場料 : 500円(ワンドリンク付)
    出 演 : 杉本あきら・井上カンドレ陽木・Woody Bell

今回のゲストは「井上カンドレ陽木」さん。

どうぞお楽しみに。




やまぼうしのママさんから、次回分の展示のご案内もいただいてきました。
いつも「やまぼうし」さんにはお世話になっておりますので、この分もお知らせさせていただきます。






ニット展 「動脈」
 日 時:1月17日(火)~1月29日(日) ※23日(月)休み
      AM10:00~PM8:00 (最終日PM4:00)


なお、このニット展を主催される伊藤有子さんが「やまぼうし」で編み物教室を始められるそうです。

 会 場:Coffee & Gallery やまぼうし
 開催日:第2・第4 水曜日
 時 間:10時~4時
 月 謝:2000円

「お教室の合間のランチはやまぼうしをご利用下さい。」ということです。
喫茶店でのお教室って、なんだか和やかな感じがしてとてもいいアイディアだなと思いました。
双方とも、ウィンウィンでいいですね。
興味をお持ちの方はどうぞお問い合わせをしてみてください。

伊藤有子さん TEL:090-6801-1409

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライブのお知らせ

2017-01-03 | ライブのお知らせ
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

「来て良し、帰って良し。」・・・ちびっ子たちがいなくなった我が家もようやく現状復帰して、いつもの生活が戻りました。
ちょっぴり寂しくもありますが、また音楽を中心としたゆったりとした生活が始まります。
今年も、今できる事を自分たちなりの思いを込めてやっていけたらいいなあと思っています。
いろいろお力を貸していただいたり、お世話になることもあるかと思いますが、皆さんどうぞよろしくお願いいたします。

今年初めのライブのお知らせです。

☆第63回 新春アフタヌーンフォーク拡大版



  開催日:1月7日(土)
  会 場:b-SPACE (浜松市東区中野町164-2)
  OPEN :12:00
    メインライブ :13:00~15:30
    オープンマイク:15:30~17:30
  出演者:MCしま~・アラヤム・Woody Bell・名倉バンド・OLD FRIENDS
  入場料:1000円(1ドリンク付き)


☆USAミュージックナイト at Serendipity

  日 時:1月14日(土) 19:00~22:00
  会 場:Serendipity (静岡市葵区鷹匠2-3-4 TEL:054-251-8722)
  出 演:Pickingtime・Woody Bell

Pickingtimeの皆さんはブルーグラスを そしてWoody Bellはアメリカンフォークソングを演奏します。
初めて、Pickingtimeの皆さんとご一緒させていただきます。
メンバー交代もあったようですが、長~く続けられている老舗バンドです。


☆第12回 フォークな午後

  日 時:1月15日(日) 14:30~16:30
  会 場:Coffee & Gallery やまぼうし ( 静岡市葵区辰起町8-17) 
  入場料:500円(1ドリンク付き)
  出 演:杉本あきら・井上カンドレ陽木・Woody Bell

2月5日(日)開催の第5回「静岡フォークジャンボリー」の直前プレイベントです。
今回、静岡フォークソング・フェローズ以外のバンドは、浜松からお呼びする「井上カンドレ陽木」さんです。
きっと楽しいライブお楽しみいただけると思います。
本番へ向け、お客様のご協力をいただいて、一緒に盛り上げていくことができたらうれしいです。
どうぞ皆さん、まったりしたお正月の続きを「フォークな午後」でお過ごしください。
静岡市の中心街からは少し離れていますが、駐車場はたくさんありますので車でおいで頂けます。
お待ちしております。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加