漢方処方と漢方の証の相違

漢方的病理の把握の仕方により漢方処方が違ってきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

65.多眠・嗜眠・けん臥・鼾眠

2011年06月30日 | Weblog
 多眠は煩躁の反対です。多眠は嗜臥でもあります。踡臥は手足踡して伸びないことをいい、鼾眠はいびきのことであります。                                                                                                                     次は「漢方処方と漢方の証の相違Ⅱ」へ . . . 本文を読む

64.身重

2011年06月27日 | Weblog
「身重轉側し難き」は、おおむね少陰に属します。熱に属する者あり、水氣に因る者あり。その深い者は沈重と為します。 . . . 本文を読む

63.四肢拘急

2011年06月23日 | Weblog
「四肢拘急」は腕や足が曲がって伸びないことであります。『素問』に云う「寒多ければ則ち筋骨攣痛す。熱甚だしければ則ち筋馳せ筋緩なり」と。この「四肢拘急」の証を「傷寒論」と「金匱要略」より取り出してみますと . . . 本文を読む

62.酸痛

2011年06月14日 | Weblog
「酸痛」は『金匱要略』の「血痺虚労病篇」に云う,「酸削行く能わず」又云う「四肢痠疼」と述べている所があります。更に『金匱要略』の「水氣病篇」に云う、「太陽病、脈浮にして緊、法當に骨節疼痛すべし、反って痛まず、身体反って重にして痠」と。 この「酸痛」の証を「金匱要略」より取り出してみますと . . . 本文を読む

61.骨節疼痛・支節煩疼・骨節疼煩・身体疼煩

2011年06月13日 | Weblog
「骨節疼痛」は、其の痛みが最も裏に及ぶものであります。この「骨節疼痛」の証を傷寒論、金匱要略より取り出してみますと . . . 本文を読む

60.身疼痛

2011年06月10日 | Weblog
「身疼痛」でも傷寒煩熱身痛するのは、熱からの痛みであります。此れは汗を出して治癒させます。熱が無く吐利して身痛するのは虚寒からの痛みであります。此れは温めて治癒させます。 . . . 本文を読む

59.身疼

2011年06月07日 | Weblog
「身疼」には、身疼腰痛、身煩疼、一身盡疼、身疼重、身体疼重、支節煩疼、身体疼煩、四肢疼、等があります。この「身疼」の証を傷寒論・金匱要略の中から取り出してみますと  . . . 本文を読む

58.不仁

2011年06月05日 | Weblog
「不仁」に身体不仁・手足不仁・少腹不仁・口不仁・不仁などがあります。                                       この「不仁」の証を傷寒論・金匱要略の中から取り出してみますと . . . 本文を読む

57.手足厥逆・厥逆・四逆

2011年05月30日 | Weblog
「厥逆」には寒熱の軽重の類があります。「厥」の癒える場合その陰陽にかかわらず、手足の温、発熱をもって、その兆候といえます。                                 しかし、発熱した症候も注意しなければなりません。                           論に曰く「傷寒六七日不利、便ち発熱して利す、其のひと汗止まざる者は死す」                                                                                    論に曰く「傷寒発熱、下利厥逆し、躁し、臥を得ざる者は死す」とあります。  . . . 本文を読む

56.手足逆冷

2011年05月28日 | Weblog
逆冷とは手足の指の先から本の方へ向かって冷えが上がって行くことで逆冷は逆上の意味が強くなったものであります。 . . . 本文を読む

55.厥冷

2011年05月21日 | Weblog
「厥冷」とは厥の劇しい者であります。太陰は手足温、少陰は手足冷、厥陰は手足厥冷であります。 . . . 本文を読む

54.厥寒

2011年05月12日 | Weblog
「厥寒」とは、冷えているだけではなく特に冷たさを感じることです。この寒は冷たさが身にこたえるということです。冷えたるうえに寒を感ずるということです。                    . . . 本文を読む

53.厥

2011年05月11日 | Weblog
厥とは手足逆冷のことであります。厥に寒厥あり、熱厥あり、寒熱錯雑なる者あり、寒熱に因らざる者あり、各脈証と合わせて其の厥たる所以を考えてみると良いのではないでしょうか。「厥」の証を傷寒論から取り出してみますと . . . 本文を読む

52.手足温

2009年07月29日 | Weblog
「手足温」の証の記載されている所を、傷寒論の中より取り出してみますと . . . 本文を読む

51.筋肉じゅん

2009年06月15日 | Weblog
筋肉じゅんの筋とは、亡血により筋が潤うことができずによって致す所であり、肉じゅんとは、肌肉中の水分が陽気の通じることを妨げて、陽気と相争うことにより生じるところであります。 要するに、筋肉じゅんは筋肉がぴくぴくと痙攣する状をいったものであります。 . . . 本文を読む