サモワールを囲んで

日本ユーラシア協会愛知県連ブログ

第17回 ユーラシアフェスティバル報告

2015年03月22日 | ユーラシアフェスティバル
3月15日(日)午前11時から 第17回ユーラシアフェスティバルが開催されました。

スタッフは9時集合で準備を始めました。まず愛知民主会館2階ホールで会場作りです。重い机を片付けて
椅子だけを並べます。
会場前方では ロシア人の先生たちが恒例の人形劇の舞台作りです。


10時過ぎから ヴェーラダンススクールの子供たちのダンスのリハーサルです。
手の先をピンと伸ばすこと、足を上げる角度、そして顔の表情まで ヴェーラ先生の細かいチェック、
何度もやり直しているうちに 時間をだいぶ超過してしまいました。


大急ぎで人形劇のリハーサルを終えて 11時過ぎから新入会員の歓迎会。参加してくださった新入会員さんに
ひとことずつ自己紹介していただきました。アリビーナ先生からは「今ロシア語の会話クラスで教えていますが
とても楽しいです。みなさんもぜひロシア語の勉強を続けてください!」と励ましのお言葉がありました。

この後は休憩タイムで 紅茶を飲んだり、ピロシキを食べたり、一階で買い物したり。

ピロシキはロシア料理のレストラン「ロゴスキー」のものです。


1階の売り場です。モルドヴァ産のジャムやラトビアの魚の缶詰、グルジアワイン、ウクライナのチョコレートなど
様々な食品がありました。ロシア風の黒パンは早々に売り切れてしまいました。



午後のプログラム、最初はヴェーラ・ダンススクールの女の子たちのダンスです。
真っ赤なウィッグをつけたかわいい女の子たちが会場に飛び込んできました。
「元気な女の子」という曲を踊ります。


続いて今度は少し小さい子たちが踊る「カエルちゃん」!


最後は王女様たちが「親が決めた、愛のない結婚なんていやっ!私は絶対好きな人のところへお嫁に行くのっ!」
と激しく踊ります。


踊った子供たちはそのまま 一番前の列に座って ロシア語人形劇を見ました。


12月のジームニー・プラーズニクでも上演された「雪娘」です。

こどものない老夫婦が かわいい女の子の雪だるまを作ったところ、その雪だるまは人間に女の子になって
二人と一緒に暮らし始めました。でも春が近づいてくるにつれて 彼女はだんだん元気がなくなって、、、

合唱団ミールです。「リンゴの花咲く頃」など3曲を日本語とロシア語で歌いました。


最後に腹話術の大矢 博之さん登場!


この日参加されていたロシア人、ウクライナ人のお客様は日本語が結構上手な方が多かったのですが
お人形のしゃべる早口の日本語は聞きとりがちょっと難しかったようです。
大矢さんは 「最初と最後だけでもロシア語で挨拶を!」と ”Добрый день !"と
"Спасибо!"を練習しておられたのですが 、、

安原理事長の挨拶の後は 参加者のみなさまにも手伝っていただいて 会場の片づけをし、
机を元通りに戻しました。

去年のフェスティバルは参加者が多くて会場が大混乱になったので、今年は机を片付けて
できるだけ多くの人が座れるように、、と工夫したのですが、今度は「紅茶カップを置くところも
なく落ち着けない」という意見も出て今後の課題となりました。
当日の参加者数の予測ができないのが難しいところです。

今回の参加者総数は112名(うち外国人13名)でした。


ご参加くださったみなさま、お手伝いくださった皆様、どうもありがとうございました!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

基本の文法復習講座開催のお知らせ

2015年03月05日 | ロシア語講座
去年10月に開講した第177期のロシア語講座も終わりに近づいています。よくわからないままのこと、進級する前にもう一度
復習しておきたいことはありませんか?

講座が終了した後に、基本文法のおさらいをする講座を開催します。効率よく文法の復習、整理をするチャンスです。
講習生の方はもちろん、それ以外の方のご参加も大歓迎です。



初級レベル(前置格、対格、名詞の複数、所有の表現、曜日、数詞、動詞の過去、未来など)
日時:3月28日(土) 午後6時45分―8時15分
講師: 市川春季

中級レベル(与格、生格、造格、関係代名詞、無人称文、形容詞短語尾、比較級など)
1)日時:3月19日(木)午後6時45分ー8時15分
  講師:服部和

2)日時:3月28日(土) 午後5時―6時30分
  講師:市川春季

受講料:(1クラスあたり)1500円
(日本ユーラシア協会員・177期受講生は1000円)

お申し込み締め切り: 初級レベル   3月25日(水)
            中級レベル:1)3月16日(月)
                  2)3月25日(水)

お申し込みはこちらまで:

mail:kokoshka2011@gmail.com

日本ユーラシア協会愛知県連事務所
 TEL  052-932-7211
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伏見のロシア料理レストラン「ソチ」

2015年03月01日 | グルメ
この1月 地下鉄伏見駅のそばに 新しいロシア料理のお店「ソチ」が開店しました。
オウナーは日本人ですが シェフはロシア人で ロシアの家庭料理が食べられるとのことで
取材に行って来ました。

場所は旧御園座のすぐ南側です。狭くて急な階段を下りて行くとかわいいレストランがあります。
店内は木をふんだんに使った明るいインテリア、天井にはロシアのプラトーク(ショール)が
飾られていて テーブルにはカラフルなマトリョーシカを描いたマットが。

まず 最初はロシアのビール「バルチカ」の3番で乾杯。



注文を取りに来てくれたのはウラジオストック出身のアレクさん。極東国立大学で勉強したという日本語、
とてもお上手です。


きのこと野菜のマリネ


ボルシチ。


とかしバターで食べるぺリメニ。


コテージチーズ入りのブリヌィ。


どれもほんもののロシアの味で、おいしいお料理でした。

その他に「コートを着たニシン」「じゃがいもと牛肉の田舎風炒め」[オリビエサラダ」
「ジャールコエ」など定番のロシア料理がたくさんメニューに載っていました。ロシア料理が初めての方は
コースがおすすめです。
ビールの他にもちろん ウォッカやソフトドリンクもいろいろあります。

「今日はナポレオンがありますよ!」とアレクさん。
「えっ、ナポレオン?ロシアの敵じゃないの?」なんて言っている日本の方がいましたが、 このナポレオンは
ロシア人が大好きなケーキのことです。
それじゃ、デザートはナポレオンにしましょう。



薄いパイ生地の間にクリームを塗って重ねたミルフィーユのようなケーキです。
上にチョコレートソースがかかっていて おいしいんですが、、一切れがとても一人前とは
思えない大きさでした!紅茶も大きなカップにたっぷりと、なんですが、、カップの中は熱湯だけで
ティーバッグを別に添えてある、、このサービスの仕方には日本人は驚くかも、、
ロシアのレストランではこういうの見かけますが。

アレクさんの情報によりますと 3月8日(日)には女性の方に特別のサービスがあるそうです。

さて3月8日はなんの日でしょう? 日本ではあまり耳にしませんが、
ロシアでは知らない人がいない特別の祝日「国際婦人デー」です。
女性のみなさん、このかわいいレストランで女子会はいかがですか?

シェフはサハリン出身のロシアの方だそうです。そして厨房で働くもう一人の女性は?
この方でした


コメント
この記事をはてなブックマークに追加