サモワールを囲んで

日本ユーラシア協会愛知県連ブログ

第88回ロシア語サロン報告 「クラスノダール」

2013年04月24日 | ロシア語サロン
4月21日(日)午後2時から第88回ロシア語サロンが開かれました。ゲストはナタリア・カーズミナさんです。最初にナタリアさんが彼女の故郷「クラスノダール」について話してくださいました。

まず最初に地図を見てみましょう。クラスノダールってどこ?


下記の記事を見ていただければわかりますが 黒海の東岸にあります。さらに300キロほど南にあるのが来年冬季オリンピックが開かれる「ソチ」です。クラスノダールはロシアの南部の中心都市で周辺の小さな町を含めると人口は約150万人です。避難民や不法滞在者もいるので正確な人口はわかりません。ここは一番寒い時でもマイナス10度以下にはならず、また9月や10月になっても海で泳げるほど暖かいので ロシア全土から観光客がやってきます。人気のある町なのでここの不動産はとても高いのです。マンションの値段はマイアミビーチ並みです。

クラスノダールでは食品工業が盛んで また農業も発展しており、特にフルーツ類は高く評価されています。非常に豊かな土壌に恵まれて小麦の生産も盛んで国内はもちろん外国に輸出されています。農業は重労働ですが、ここの作物は高く評価され、需要も多いので農家の収入は多いと思います。またクラスノダールを中心とするクバン地方は賃金も高いので特に近隣のオセチアやチェチェンから出稼ぎに来る人も多くあります。90年代の第一次、第二次チェチェン戦争の際には1万人以上の難民を受け入れました。

参加者は16名。「ずいぶん いろんな人たちが来られるんですねえ、若い人、年取った人、ロシア語が全然わからない人、ショーロホフを読む人、そしてロシアに関して興味を持つところもそれぞれ違うんですね!」と驚くナタリアさんでした。


クラスノダールには美術館、博物館の他に有名な図書館があり、最後のロシア皇帝ニコライ2世の本のコレクションがここに残されています。クラスノダールはもともとエカチェリーナ女帝に作られた町で、昔はエカチェリノダールと呼ばれていました。
町は発展し、ソチが有名な保養地であるのに対して、クラスノダールはビジネスや貿易の町と言ってよいでしょう。最近はトルコやイタリアの会社も進出し 町にオフィスを構えています。
クバン大学はロシア有数の大学で毎年優秀な卒業生を送りだしています。ナタリアさんのおじいさんはこの大学の教授だったそうです。

ここでティータイム。右側のチョコレートはイーゴリ・ダツェンコさんの差し入れのウクライナのチョコレートです。クッキーもウクライナ製。



クバン地方の女性は背が高くて美人であることで有名だそうです。反対に男性はなぜか小柄な人が多いとか。

質問に答えて ナタリアさんからは
「日本人の男性でいいなと思うことは身だしなみがよく おしゃれな人が多いこと。特にヘアスタイル。そしてロシア人に比べて 寛容である点は日本人のよいところと思う。(服装やヘアスタイルの話から女装する男性や性同一障害や同性婚についての話題になったのですが)日本ではかなり変わった格好の人が歩いていても何も言われないが、ロシアだったら道で罵倒されてしまうだろう。」という話や 文学やコサックや食べ物やアメリカのことや、、いろんなお話をお聞きしました。
話題が豊富で楽しい方で、あっという間に終了時間の4時になってしまいました。「お茶でも飲みながらもう少しお話しませんか?」とナタリアさんが言ってくださったので10名ほどが近くの紅茶専門店で彼女とイーゴリ・ダツェンコさんを囲んで2次会をしました。

クバン地方の女性らしく美人で長身のナタリアさん。最後に写真を撮らせていただきました。すばらしいプロポーションですね!ストッキングの黄色が効いています。

(写真提供:中級クラスのYさん)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペーチカ 例会参加申し込み締めきりました。

2013年04月22日 | ペ-チカ
下記のペーチカの例会ですが 参加申し込みが昨日で15名に達しましたので これで締め切りとさせていただきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お料理サークル「ペーチカ」第10回例会のお知らせ アルメニア料理です!

2013年04月10日 | ペ-チカ
5月11日(土)に久しぶりにペーチカの例会が開催されます。今回はアルメニア料理です!

「ペーチカ」は日本ユーラシア協会愛知県連のお料理サークルです。ロシア人でロシア語講座の先生でもあるブレンコーワ先生やゲストの方にお料理を習っています。実習中はロシア語と日本語が飛び交いますが、ロシア語がわからない方も大丈夫!大歓迎です。今回はアルメニア人で、名古屋大学法学部の研究生のゴアール・シャイバジャーンさんにアルメニア料理を教えていただきます。モスクワ出身の彼女はロシア語はもちろん、日本語もお上手です。

作る料理は まずぶどうの葉で肉と米を包んで蒸し煮する「トルマー」です。できあがりはこんな感じ。


二皿めは「焼きナスとトマトのサラダ」です。アルメニア料理はニンニクとハーブをたっぷり使ったものが多いようですね。

日時:5月11日(土)17時30分~20時30分
場所:東生涯学習センター料理室
   名古屋市東区葵1-3-21
   052-932-4881
会費:2000円程度(会員と非会員で500円の差額があります)
持ち物:エプロン、筆記具、ふきん2枚、持ち帰り用の容器

申し込み締め切り:4月30日(申し込み順先着15名まで)

お申し込み先:
メールの場合はeurasia_aichi@yahoo.co.jp 
電話の場合は事務局(052-526-1150)まで






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第88回ロシア語サロン開催のお知らせ

2013年04月01日 | ロシア語サロン
4月のロシア語サロンはゲストにクラスノダール出身の女性ナターリア・カーズミナさんをお迎えします。先日のユーラシアフェスティバルに来てくださり、とてもお話が面白い楽しい方なのでゲストをお願いしたところ快諾していただきました。

彼女の故郷クラスノダールは「来年オリンピックのあるソチのすぐそば!」と話してくださったのですが、 今のところ日本人にはあまり知られてないソチです。クラスノダール市とソチ市のあるクラスノダール州はロシアの最南部にあります。この地図では黒海の東岸にある黄色の部分です。


もう少し拡大してみると ソチはずっとグルジアとの国境に近い、海岸にある町であることがわかりますね。


今回のお話のテーマは彼女の故郷「クラスノダール」です。クラスノダールに育ち、アメリカ留学の経験もあるナタリアさん、日本語も勉強中です。明るく楽しい彼女のお話を聞きにいらしてください。

1.時   4月21日(日) 午後2時ー4時
2.場所 愛知民主会館 3階ロシア語教室
            (地下鉄東山線新栄町駅2番出口より徒歩2分)
3.ゲスト ナターリア・カーズミナさん
            クラスノダール生まれ。国立クバン大学ジャーナリズム科卒業。
            在学中にシカゴ大学留学。卒業後はクラスノダールでファッション
            ジャーナリストとして働く。
            2006年来日。現在は瀬戸市在住。英会話学校で講師をしながら
            日本語勉強中。
                    
4.お話のテーマ  「クラスノダール」
5. 参加費 800円(ユーラシア協会員は600円)
お申し込み : 日本ユーラシア協会愛知県連合会
名古屋市東区葵1丁目22-26
電話 052-526-1150
                 Mail: kokoshka2011@gmail.com
(お申し込みはできるだけメールでお願いします。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加