サモワールを囲んで

日本ユーラシア協会愛知県連ブログ

第4回ヨールカ祭報告

2016年12月30日 | ヨールカ祭
12月11日(日)午後1時30分から愛知民主会館2階ホールで「第4回ヨールカ祭」が開かれました。
会場には華やかにヨールカを飾って。


最初は恒例になった山崎タチアナ先生とブレンコーワ先生によるロシア語人形劇です。今年は「キツネと鶴」。

ある日 キツネは鶴を招待しました。ご馳走は平らなお皿に持ってあって鶴はくちばしでつついても食べることができません。
今度は鶴がきつねを招待しました。ご馳走は口の細い瓶に入っていてキツネはどうしても顔を突っ込んで食べることができません。
それで二人は仲が悪くなってしまいましたとさ。


続いて「日本ユーラシア協会員でどんな人?」というコーナーがありました。
会員になってもロシア語講座に出ている方以外はなかなか会う機会がありません。
どんな方がどんな理由で入会されたのか、どんな活動をしていらっしゃるのか、
今後協会にどんなことを期待されているのか、など お二人の方にお話して
いただきました。

今回は初めてのプログラム「ロシア語で詩の朗読」がありました。
まず最初に山崎タチアナ先生に「ロシア人と詩の関わり」と題してお話していただきました。

ロシア人は赤ちゃんの時から お母さんやおばあちゃんから言葉遊びとしての詩を聞いて
育ちます。詩の言葉はとても覚えやすく、子供たちは知らず知らずのうちに詩を覚えて
いきます。学校では詩の暗唱をしますし、こうして覚えた詩や その中の表現は日常の
会話の中にも引用され、使われて ロシア人の生活の中には常に詩があるのです。


「人前で! ロシア語で! 詩の朗読なんて!」と躊躇される方が多く 出演者探しが
大変でしたが 5人の方が朗読してくださいました。

エセーニン「母への手紙」               山中久美子さん
オペラ「イーゴリ公」から「風の翼に乗って飛んでゆけ」 岡桃子さん
「マルシャーク詩集 一年中」から 一月        松田昭代さん
プーシキン 「バラ」                 林京子さん
プーシキン「冬の道」                 三井勇喜さん

朗読する松田さん


この後 お手本として 山崎タチアナ先生が プーシキンの「エヴゲーニー・オネーギン」
の一節を朗読されました。

ゲストのタチアナ・サエンコ先生が朗読してくださったのは 山崎タチアナ先生の詩
「新年の歌」でした。サエンコ先生は名商大教授で 来年7月のロシア語特別講座の講師を
勤めてくださる予定です。


最後に再び山崎タチアナ先生が今度はサエンコ先生の書かれた詩「冬の歌」を朗読されました。

ロシア語の詩を聞いてその場で理解するのは難しいもので 参加者にはロシア語の詩と和訳のプリントが
配られました。

ここでしばらく休憩。ティータイムです。ピロシキが販売され(1個250円)、紅茶はサモワールで沸かして
お出しする予定だったのですが、、、どうも調子が悪くて 残念ながら普通のポットでお湯を沸かして飲むことに
なりました。

ジャムやボルシチの素、チョコレートなどの販売があり、また会員の差し入れによるお菓子もいろいろ
あって、おしゃべりしながら のんびりとお茶を楽しみました。

後半は ロシアの演劇大学を卒業された女優・演出家である丸地亜矢さんとお弟子さんがスネグーロチカとなって登場!

丸地さんのリードで楽しいゲームをしました。

「ジェット・マロース、ジェット・マロース、私のxxに触らないで!」と歌いながら 手や鼻や耳を隠します。
ジェット・マロース(安原理事長)が追いかけて来て 触ろうとしますが みんな上手に隠して触らせません!

続いて 5人ずつ2チームになって 一人ずつ9個のキューブを積み上げ、それを急いで崩して次の人と
交代します。早く終わったチームの勝ちです。
7歳のイリヤ―君も参加してくれました。早い、早い!イリヤ―組が勝ちました。


合唱団ミール登場!
「エルベ川の邂逅」Встреча на Эльбе
「単調に鐘は響く」Однозвучно гремит колокольчик
「カチューシャ」 Катюша
の3曲をロシア語と日本語で歌ってくださいました。

最後にミールといっしょに参加者全員で 「森で小さなヨールカが生まれたよ」を
ロシア語で歌って 今年のヨールカ祭が終わりました。

皆様 よいお年を!
С наступающим новым годом !




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨールカ祭 もうすぐです!

2016年11月30日 | ヨールカ祭
12月11日(日)のヨールカ祭まで2週間を切りました。

今日はロシア語教室にヨールカが飾られました。


参加お申込みお急ぎください!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第4回ヨールカ祭開催のおしらせ

2016年11月17日 | ヨールカ祭
12月11日(日)午後1時30分から3時30分まで「第4回ヨールカ祭」が開かれます。


ここ3年間は12月の催しとして「ジームニー・プラーズニク」を開いてきました。
講習生のロシア語の勉強に役立つ内容と会員間の交流をコンセプトとして行って
きたのですが いろいろご意見があって、もっと気楽に気軽に参加できて楽しめる
ものにということで 今年は以前に行っていた「ヨールカ祭」を復活させることにしました。

ロシア語のヨールカ(ёлка)には三つの意味があります。
1)樹木の名前 
2)クリスマストゥリー
3)ヨールカ祭(旧年を送り、新年を迎える祭)

樹木としてのヨールカには「樅・もみ」という訳語があてられてきましたが正確には「トウヒ」というよく似た木のことだそうです。
またロシア正教のクリスマスは12月25日ではなく1月7日です。ですからヨールカは西洋でいうクリスマストゥリーとはちょっと意味が違い、
「日本でいえば門松?」という説もあるくらいです。
そういえばヨールカ祭のご挨拶も”Merry Christmas!”ではなくて”С наступающим новым годом !"(直訳すれば「来りつつある
新年おめでとう!」日本語らしく言うならば「よいお年を!」でしょうか?)なのです。

ロシア語講習生や日ユ協会会員以外の方も大歓迎 !ロシアやウクライナの方も参加される予定です。
一年の終わりに ヨールカを囲んで ロシア語やロシアに触れるひと時をお楽しみください。
**************************************:

時:12月11日(日)午後1時30分―3時30分                  
場所:愛知民主会館 2F
名古屋市東区葵1-22-26 愛知民主会館
地下鉄東山線「新栄町」2番出口から徒歩2分
参加費:1000円(ロシア語講習生・日ユ会員は500円)            
参加申込み先:日本ユーラシア協会愛知県連合会
Tel:052-932-7211
Mail:kokoshka2011@gmail.com (できるだけメールでお願いします)

*ロシア語人形劇「キツネと鶴」
 山崎タチアナ先生とアリビーナ・ブレンコーワ先生による人形劇です。

*日ユ協会員ってどんな人?
 日本ユーラシア協会入会のきっかけや活動などを会員に語っていただきます。

*「ロシア人と詩」  山崎タチアナ先生のスピーチ

*ロシア語の詩 朗読
 講習生と先生方による短い詩の朗読です。

*ティータイム
 ピロシキを販売します。(一個250円)、紅茶は無料です。サモワールによるお茶のサービスあり。


*合唱団ミールの歌  日本語とロシア語で歌います。

*ロシアの演劇大学出身の丸地亜矢さんによるゲーム

*ロシア語で歌いましょう。「森で小さなもみの木が生まれたよ」を歌います。
 簡単な歌を覚えて帰りましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第3回ヨールカ祭報告

2012年12月10日 | ヨールカ祭
12月9日(日)午後2時から愛知民主会館2階ホールで第3回ヨールカ祭が開催されました。

準備は1時前から始まりました。まずホールの机と椅子を移動して会場作り。会場の前の方ではロシア人の先生方が人形劇の舞台を作っておられます。


後ろの方ではお料理サークル「ペーチカ」のみなさんがブリヌィ(ロシア風クレープ)を焼く準備を進めています。参加者各自が自分で焼いて食べる予定です。


2時になりました!
オープニングは日本ユーラシア協会が誇る合唱団「ミール」の歌です。団員の高齢化が問題だそうですが、元気な声でのロシア語と日本語の熱唱は「ワニのゲーナの歌」(アニメ ”チェブラーシカ”の中でゲーナが「残念ながら誕生日は年に一回しかない」と歌っています。)と「長い道」(元々はロマの人々の歌だったそうですが 1968年にメリー・ホプキンが”悲しき天使”という題で歌って世界的大ヒットになりました。)鳴りやまぬ拍手に答えてのアンコールは「ロシア わが祖国」でした。伴奏はアコーディオンです。


続いて山崎タチアナ先生、アリビーナ・ブレンコーワ先生、伊藤エレーナさんによる人形劇「野原のおうち」ですが ロシア語での上演ですので その前にちょっと予習を。

まず原題の" теремок" ですが ちょっとおしゃれなこぎれいな家という意味のтерем という言葉をかわいく表現したものです。これをさらにかわいらしく言った теремочек という表現も劇の中に出てきます。

登場するのは以下の動物たち。

мышка-норушка     野ネズミ
лягушка-квакушка        アマガエル
зайчик-побегайчик       ピョンピョンウサギ(走り屋うさぎ)
лисичка-сестричка       きつねのおねえさん
волчок-серый бочок       灰色オオカミ
медведь косолапый       ガニマタ熊さん



野ネズミが最初に野原でかわいいおうちをみつけました。

Кто-кто в теремо̀чке живёт, кто в невысо̀ком живёт ?
「このおうちに住んでいるのはだれ?」とたずねますが答えがありません。そこで野ネズミはここに住むことにしました。それから次々に動物たちがやってきて

Кто-кто в теремо̀чке живёт, кто в невысо̀ком живёт ? と呼びかけます。


ロシアのカエルは ”кваーква”(クヴァークヴァー)と鳴くそうです。それでカエル(лягушка)にも”квакушка”と愛称がつけられているのですが、、このカエルの声の上手いこと!(演じたのは伊藤エレーナさんでした)



Пусти(те) и меня!
「私も中に入れてよ。」

というとみんな

Ну, ладно! Иди !
「いいとも。お入りよ!」

とおうちに入れてもらえたのですが、最後にやって来たのは大きな熊でした。


熊もやっぱり ”Ну, ладно! Иди !”と言ってもらえたのですが、大きすぎてどうやっても中にもぐりこめません。そこで熊は屋根に登ったところ、、おうちは壊れてしまいました。熊は森に去り、おうちに住んでいた動物たちはまた協力してもっと素敵なおうちをたてましたとさ。

Тут и ска̀зке конѐц, а кто слу̀шал- мо-ло-дец !
これでお話はおしまい。お話を聞いた子もおりこうさん!

今回も素晴らしい熱演で 子供たちは夢中になって見ていました。
この人形劇の動画がyoutubeに投稿されています。ご覧になってください。

前半
後半

山崎先生のヨールカについてのお話の後はギリシャのアトスのワイン、グルジアのワイン、紅茶を飲みながらのパーティです。
自分で焼いて食べるはずだったブリヌィですが 大勢でこれをするには時間がかかり過ぎることがわかり、結局ペーチカのメンバーに焼いていただくことになりました。カッテージチーズやジャムをくるんでもう一度バターで焼いて、、おいしい焼きたてを食べようと長い列ができてしまいました。「ペーチカ」のみなさんは大忙し。お疲れ様でした。
焼き立てのブリヌィにサワークリームをかけて。


その他にも会員手作りのロシア料理や(ロシアの名産品「ホフロマ塗り」の器で)


差し入れのお菓子やサラダなども






今回はサモワールも登場しました。(写真右端)このサモワールはロシア製ですので変圧器につなぎ、220Vから100Vに落として使用しています。濃くいれた紅茶をこのサモワールでわかしたお湯でうすめて飲みます。文字通り「サモワールを囲んで」のパーティになりました。


今年みんなで歌った歌は "Мы желаем счастья вам"(あなたに幸せを)です。こんな歌です
歌唱指導は合唱団ミールの河西さん、伴奏は松坂仁さん、発音指導はアリビーナ先生にお願いしました。初めて聞く曲、初めて見るロシア語の歌詞はなかなか難しかったようですが ロシア語の歌のレパートリーに加えていただけたでしょうか?

この歌の中で繰り返し使われている表現が

желать(願う・望む) + 誰々に(与格)+何々を(生格) です。

たとえば

Я желаю вам успехов в работе.
(お仕事の成功を祈ります。)

とてもよく使われる表現なので「これを歌って覚えてもらおう」というのがロシア語の先生たちがこの歌を選んだ理由の一つなのでした。

大人が40名(うち ウクライナ人・ロシア人9名)子供が5人集まり、なごやかに楽しいひと時を過ごしました。みなさま ご協力ありがとうございました。


С наступающим новым годом !
よいお年を!
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第3回ヨールカ祭開催のお知らせ

2012年11月17日 | ヨールカ祭
ヨールカ祭が開催されます!

今年も山崎タチアナ先生、アリビーナブレンコーワ先生によるロシア語人形劇「野原のおうち」"теремок"が上演され、合唱団「ミール」が歌います。後半はグルジアワイン、ギリシャのアトスのワイン、紅茶を飲みながら おつまみやケーキを食べながらのパーティです。今回はロシア風のクレープ「ブリヌィ」をその場でフライパンで焼いてごいっしょに食べましょう。ロシアやウクライナの方々も参加される予定です。ロシア語の腕試しをしたい方もぜひどうぞ。




日時:12月9日(日)14:00-16:00
場所:愛知民主会館 2F ホール(地下鉄東山線「新栄町」駅2番出口から徒歩2分)
会費:1800円(日ユ協会会員は1500円)

お申し込みは:日本ユーラシア協会愛知県連合会     Tel&Fax:  052-526-1150
    出来るだけメールでお申し込みください  Mail: kokoshka2011@gmail.com
お申し込み締め切り  12月6日(木)  (先着40名限定です。お申込はお早めに)

食べ物、飲み物の差し入れも大歓迎です!!


去年のヨールカ祭の様子はこちらをごらんください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第2回ヨールカ祭報告

2011年12月16日 | ヨールカ祭
12月11日(日)午後1時半から愛知民主会館2階ホールで第二回ヨールカ祭が開催されました。

準備は12時前から始まりました。人形劇の舞台を作る先生方。


会場の後方ではロシア料理サークル「ペーチカ」のメンバーがカッテージチーズのお菓子「シールニキ」の製作中。


そのかたわらではパンを切ったり、お料理を盛りつけたり。ロシア語講座の講習生の方々がお手伝いしてくださいました。


人形劇の舞台が完成しました。この舞台、背景、人形などの製作にあたられたのはアリビーナ・ブレンコーワ先生。サハリン出身で理科の先生だった彼女は素晴らしいアーティストです。劇を演じるのは彼女の他に 山崎タチアナ先生、稲垣スヴェトラーナさん、伊藤エレーナさんの4人です。


上演に先だってあらすじとロシア語のセリフのお勉強タイムがあり、さていよいよ「マーシェンカと熊」の始まり始まり! おじいさん、おばあさんと孫のマーシェンカが登場!


森へイチゴを採りに行ったマーシェンカはお友達とはぐれてしまい、森の中をさまよって、たどりついた小屋には怖い熊が住んでいました。マーシェンカは熊の家で働かされ、家に帰してもらえません。


そこでマーシェンカは作戦を考えました。「おじいさんとおばあさんにピロシキを焼いて届けたいの。一日だけ家に行かせてちょうだい。」熊はマーシェンカを家に帰してはくれないのですが、「ピロシキは俺が届けてやる。」というのです。「怖いけどあんまり頭はよくない」というロシアの熊のキャラクターそのまま!マーシェンカはたくさんピロシキを作って大きなかごに入れました。そのかごを背負ってマーシェンカのおじいさんの家へと歩く熊。


マーシェンカの家は遠く、背負ったかごは重い。熊は疲れてしまって「あの切り株に座って ピロシキをたべようかなあ、、」と弱音を吐きます。木の上に登って熊を見ているはずのマーシェンカは実はこのかごに入っていてピロシキの下に隠れていました。熊が弱音を吐くたびに「座ってないでおじいさんのところへ行きなさい!」と厳しく叱ります。この場面で熊の背負ったかごのふたが開いてマーシェンカが顔を出しました!間抜けな熊はマーシャが遠くの木の上から見張っているものと思いこんでいるものですから、背中のかごから声が聞こえてくるとは思わず、「遠くにいるのによく見えるもんだなあ、、」と感心して、(休憩もせず、ピロシキも食べないで)おじいさんの家へと歩いて行くのでした。


やっとおじいさんの家にたどり着いた熊ですが、犬に追われてあっけなくかごを取り落とし、逃げて行ってしまいました。


こうしてマーシェンカはおじいさんとおばあさんのところへ戻ってくることができました。めでたし、めでたし。


Ай, да Машенька, ай, да умница!
Тут сказке конец.
А кто слушал - молдец!

さすがはマーシェンカ、なんて賢い子だろうか。
これでお話はおしまい。
お話を聞いた子も おりこうさん!


さて今度は日本側から中森秀樹愛知県連事務局長代行が歌を。ソ連時代の反体制詩人・シンガーソングライターだったブラート・オクジャワの歌「祈り」と「グルジアの歌」の2曲です。ピアノ伴奏はフルーティストの松坂仁さん。1歳4カ月のカーチャは歌うおじさんが気になって気になって前に出てきてしまいました。


さあ、それではワインの栓を開けましょう。今日のワインはギリシャにあるロシア正教の聖地アトスのワインです。もう一本は差し入れにいただいたクリミア半島のワインでした。飲み物はワイン以外に紅茶とグルジアのミネラルウォーター「ボルジョミ」。


スィールニキも焼けました。


スメタナをかけていただきます!


ワインのおつまみいろいろ、スープやケーキ、お菓子もたくさん差し入れていただきました。




お酒も入ってひと段落してから「森で小さなヨールカが生まれたよ」の歌を練習、何度も歌って歌詞を覚えたところで日本代表とロシア代表とが前に出てそれぞれ喉を披露。和やかに楽しくヨールカ祭は終わりました。参加者は大人36名(ロシア人とウクライナ人が8名)に小さなこどもが5名でした。

それではみなさま、よいお年を!
С наступающим новым годом !











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

аукаться

2011年12月04日 | ヨールカ祭
森の中で仲間とはぐれ、相手を呼ぼうと思ったら 日本人なら「おーい!」って言うでしょうが ロシア人ならなんて言う?

答えは「アウー!」"Ау!"です。これからできた動詞が"аукаться"(おーいと呼びかける)。日常生活の中でよく使われるのに教科書には出てこない動詞ですね。
ヨールカ祭の人形劇「マーシャと熊」の中でも森の中で友達とはぐれてしまったマーシャが"Ау!"と友達を呼び始めます。Она стала аукаться.



ヨールカ祭まであと1週間です。まだ10名様のお席がございます。参加ご希望の方はお申し込みをお急ぎください。締め切りは12月8日(木)です。

時:12月11日(日)午後1時半~4時
        場所:愛知民主会館2階ホール 
       (地下鉄東山線「新栄町」2番出口から徒歩2分) 

会費: 1800円(日ユ協会会員は1500円)

申し込み先:
メール:kokoshka2011@gmail.com (できるだけメールでお願いします)
電話:日ユ協会愛知県連事務所 052-526-1150



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かわいいヨールカの歌

2011年11月25日 | ヨールカ祭
ヨールカ祭ではヨールカの歌"В лесу родилась ёлочка"(森で小さなヨールカが生まれたよ)を歌います。覚えやすい歌ですのでぜひ覚えて帰ってくださいね。
とてもかわいい歌です。一度聞いてみてください

歌詞はここに



ёлочка(ヨーロチカ)とは ёлка(ヨールカ)の指小形(愛情をこめてかわいく言う言い方)で「小さなヨールカ、ヨールカちゃん」という意味ですね。実はこのёлка(ヨールカ)という言い方も もともとはель(イェーリ)の指小形なのです。

今回のヨールカ祭では「マーシェンカと熊」という人形劇が上演されますが、小さい女の子と森の熊が主人公のお話はロシアではいっぱいヴァリエーションがあります。
youtubeを探すといろんな動画を見ることができますが、こんなかわいいアニメーションはいかがでしょう?全然怖くない熊さんですが、、
セリフが少なくて簡単なので初級の教材としてもいいかも?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第2回ヨールカ祭開催のお知らせ

2011年11月12日 | ヨールカ祭
ヨールカ祭開催のお知らせです!



ロシア語のヨールカ(ёлка)には三つの意味があります。
1)樹木の名前 
2)クリスマストゥリー
3)ヨールカ祭(旧年を送り、新年を迎える祭)

樹木としてのヨールカには「樅・もみ」という訳語があてられてきましたが正確には「トウヒ」というよく似た木のことだそうです。またロシア正教のクリスマスは12月25日ではなく1月7日です。ですからヨールカは西洋でいうクリスマストゥリーとはちょっと意味が違い、「日本でいえば門松?」という説もあるくらいで、、そういえばヨールカ祭のご挨拶も”Merry Christmas!”ではなくて”С наступающим новым годом !"(直訳すれば「来りつつある新年おめでとう!」日本語らしく言うならば「よいお年を!」でしょうか?)なのです。

さて、今年のヨールカ祭ですがまず、山崎タチアナ先生、アリビーナ・ブレンコーワ先生、稲垣スヴェトラーナさんによるロシア語人形劇「マーシェンカと熊」が上演されます。森へきのこを採りにでかけた小さな女の子マーシェンカはお友だちとはぐれてしまい、森の中の小屋にたどり着きますが、そこに住んでいたのはなんと怖い熊でした。マーシェンカは無事家に帰れるのでしょうか?
上演に先立ち、内容がよく理解できるように解説と予習の時間少々を設けます。マーシェンカや熊のセリフには覚えておくと役に立つ表現がたくさんあります。

日本側を代表して中森秀樹事務局長代行にはロシアの詩人であり、シンガーソングライターだったブラート・オクジャワの歌を歌っていただきます。

後半はワイン試飲もあり、おつまみやお菓子を食べながらのパーティです。
飲み物はギリシャのワイン(赤・白、ロシア正教の聖地ギリシャのアトスの修道院のブドウから作られたもの)、グルジアの有名なミネラルウォーター「ボルジョミ」、紅茶を用意いたします。ワインのおつまみ、サラダ、ケーキの他、お料理サークル「ペーチカ」のみなさんがカッテージチーズを使ったお菓子「スィールニキ」を作ってくださる予定です。お楽しみに!


時:12月11日(日)午後1時半~4時
        場所:愛知民主会館2階ホール 
       (地下鉄東山線「新栄町」2番出口から徒歩2分) 

会費: 1800円(日ユ協会会員は1500円)

申し込み先:
メール:kokoshka2011@gmail.com (できるだけメールでお願いします)
電話:日ユ協会愛知県連事務所 052-526-1150

申し込み締め切り:12月8日(木)
        (先着40名限定です。お申し込みはお早めに。)


***食べ物、飲み物の差し入れ大歓迎!
  
***当日の会場設営などお手伝いをしてくださる方も募集します。
   手伝ってくださる方はその旨メールで、または事務局までご連絡ください。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨールカ祭の日程決定!

2011年07月07日 | ヨールカ祭
まだずっと先の話ですが、それにこんなに暑くてはピンとこない話ですが、、今年のヨールカ祭の日程が決まりました。12月11日(日)です。みなさん予定を空けておいてくださいね~
2階のホールを会場にしたいのですが12月は他の団体の行事などもあるようですので いち早く会場を確保しました。今のところまだ内容は全然決まっていませんが アリビーナ先生、タチアナ先生が人形劇をしてくださりそうな感じです。

食べ物はどうなるかまだわかりませんが お料理クラブ「ペーチカ」のみなさんのご協力をお願いしたいところです。 
去年の御馳走の一部です。アリビーナ先生特製のピロシキ。キャベツ入り。


ビーツ、ジャガイモ、ニンジンを使った「ヴィネグレット」というサラダです。ちなみにボウルとスプーンはホフロマ塗りというロシアの特産品です。


  miska
コメント
この記事をはてなブックマークに追加