京恋し

頑張った時のご褒美は京都。ずっと憧れ。

八ヶ岳高原で食べる

2017-06-24 20:26:08 | 小さな旅
とても久しぶりに八ヶ岳高原ロッジでホテルランチをすることにしました。
シーズンオフのリゾート地はクローズのレストランもあるので、安心のホテルへ。

        
        見事なカラマツ林、八ヶ岳高原ロッジのエントトランスの一部です。別世界へ入って
        行くようです。

              
              レストラン棟の入り口。

        
        広いレストランは、お昼を少し過ぎていたせいもあって、豪華な飾り花の真ん前の上席に
        案内してもらえました。ホテルはサービスが行き届いているので、年寄(母のことヨ)が
        いてもゆったり食事ができて安心(勿論サービス料は発生しますが)

        
        女性陣は「野菜たっぷりランチ」で、まずサラダバーで好きな野菜を。

              
              オードブルは半熟卵に生ハムとセロリスティック。

        
        野菜のスープ

        
        10種野菜入りカレー、玄米ごはんでした。カレーといっても、野菜のカレースープ煮と
        言った感じで、野菜がたっぷり食べられました。

              
              デザートは、ラディッシュとクランベリーのゼリーですって!
              ちょっとクセのある香りがすると感じたのはきっと、ラディッシュね!

        
        飲み物は有機栽培コーヒーまたは有機栽培紅茶。

        
        男性陣は二人ともパスタ、小海老とアスパラのジェノベーゼを注文。+サラダバー
        
        
        あふれる緑もご馳走、ホテルの庭でのんびり、深呼吸してきました。
                                         
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八ヶ岳高原で観る

2017-06-23 23:48:08 | ギャラリー
毎年この時期の恒例イベント、八ヶ岳倶楽部での「流郷由紀子展」に行ってきました。

              
              流郷さんとは20年以上前に仕事上で知り合って、以来母も含めて
              家族ぐるみのお付き合いをしています。

        
        八ヶ岳倶楽部で、年に一回開かれる作品展に合わせて、IMO-TO 夫婦も静岡からやって
        きます。母も朝からパンを焼いて流郷さんとIMO-TO へのお土産にします。一緒に食事
        をして、あたりをちょっと見て歩き、家族が会う(IMO-TO が母と会う)いいチャンスに
        なっています。

        
        流郷さんは日本はおろか、バラの原種を求めて中国の奥地まで尋ねていったり、とても
        エネルギッシュに活動しているので、お話を聞くのも楽しみです。

        
        八ヶ岳高原にもアトリエを持っているので、庭からいろんな野の花を摘んできて会場の
        あちこちに作品のように花を活けています。

        
        八ヶ岳倶楽部のギャラリーは森の中。グリーンのカーテンに包まれて、フレッシュな空気に
        癒されます。
        

              
              ギャラリーの中も、緑の風が渡ってくるようで、藍だけで描いた野の
              花がとてもイキイキと見えます。

        
        テラスの幅広い柵はベンチになったり、陳列棚にもなったりします。こんなに自然と
        マッチする器も多くはないでしょう。

        
        今回求めた作品はこれ、ケーキ皿。高さのある器だと、もう食器戸棚に入りきれないので、
        食器類はもう買わないと決めている。断捨離をしつつ、一方で買うのでは理屈に合わないし!
        で、かさばらないケーキ皿を2枚だけ買いました。十分満足です。
       
        さて、ではランチにいきましょうか!
                                                   
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨の晴れ間

2017-06-22 21:56:58 | 季節のことば
昨日の大雨がカラッと晴れて、気温は29℃まであがりました。

        
        郵便局、小さな買い物などさっと済ませて、近くをひと回り。雨が上がって、今日咲いた
        夏椿がすがすがしい。一日だけの花の命だから、目いっぱい咲き切っているのでしょうか。

              
              夏椿もそろそろ終わりにちかく、ぽとりぽとりと地面を覆う花の方が
              多そうだ。

        
        ナツツバキ:ツバキ科日本原産 別名シャラノキ、お釈迦さまと関係のある沙羅双樹とは
        別の花。

         今日の花 あしたの蕾 夏椿   榎本とし

              
              わが家の白バラのラストワン。立場をしってか、もう1週間以上咲き
              続けている。淡いグリーンのドレスに着替えたようだ。

        
        ティータイムのお菓子は「水無月」 6月のお菓子ですから、食べておかないとネ。
        水無月と言いながら梅雨の季節のお菓子、しっとりとした雰囲気で、雨の季節に食べる
        お菓子にふさわしい。  

        
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

能登二行(にぎょう)和紙

2017-06-21 23:27:49 | ちょっと立ち話
輪島の朝市通りにある古い商店で見つけました。能登の手すき和紙と聞き、
手紙をよく書く友人のお土産にしようと、はがきセットを買いました。

        
        能登半島で唯一の手漉き和紙で、二行(にぎょう)という、輪島市三井町の山里で
        この和紙は作られています。茅葺屋根の民家が残る三井の集落から、さらに川沿い
        の道を山に入った隠れ里のような所と教えられて、多分行き着けないだろうと尋ねる
        のを断念しました。紙漉きの体験ができるそうなので、見たいと思ったけれど…。

              
              絵手紙を書く友人に、真っ白なはがきセットをプレゼントした
              ところ、直ぐにお礼の絵手紙が届きました。能登和紙のはがき
              を使って。なんだか、かえって得した気分です。

              IMO-TO にも白いはがきセットを用意しています。23日に会う
              ので、手渡します。

              
              2~3年前、藍染めの手漉き和紙はがきをIMO-TO にあげた時
              のリターンはがき絵をついでに再UP。

              お土産を喜んで活用してもらえると、うれしいものです。

        さて、「真っ白な和紙」というと、清少納言を思いだします。
        今でいういじめにあって、清少納言が里に引き籠もっていた時、中宮定子様から
        すばらしい紙20枚が贈られてきた。追って高麗端の畳表も。それは、以前、
        清少納言が「生きていたくないと思ふほどむしゃくしゃするようなことがあっても
        真っ白な紙をもらったり、高麗端の真っ白な畳表(ござ)を眺めていると、気が晴れ
        るわ」と定子様に話したことがあったのを、覚えていてくれたのだった。清少納言
        がどれだけ感激したか、言わずもがなである。この段はもっと感動的な続きが
        あるのだが、あまりに長くなるので、紙の話だけ。平安時代、紙はとても貴重
        だったわけで、いい紙を20枚には定子さまの清少納言へ想いの深さも感じられる。
        今でも、手漉き和紙は貴重ですけど。能登で、思いがけずいいものに出会いました。        
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

青春の想い出ランチ

2017-06-20 22:59:15 | パーティ & 集い
クラブのOB会を開くことになって4年目。会場は渋谷の「麗郷」

              
              台湾料理です。私は、台湾料理と銘打った料理を食べたのは
              ここが初めてです。ここは先輩たちが学生時代によく集まって
              いた場所なんだそうです。

        
        中華料理のようですが、日本料理に近い味で、中華より油っぽくなく素朴です。

        
        大皿からそれぞれ取り分けて食べるので、いちいち写真を撮るわけにいかない。
        これはビーフン、あっさりと炒めてあるらしい。

        
        スープ。先輩の男性が皆の分、取り分けてくれました。

        
        テーブルに次々並ぶ大皿、取り分けるワ、飲むワ、しゃべるワ、写真を撮る余裕は無い。
        大きなチマキが出てきたら、料理はこれでおしまい。皆、食べきれるかなと言いつつ、
        皆、食べきった。もち米って食べられるのよネ。

        
        デザートにコーヒーゼリーが出ました。

        
        ハワイ在住の先輩が、運よく帰国中で、初参加。皆に、ハワイの紅茶をお土産に
        持ってきてくれました。ハイビスカス、グァバ、パッションフルーツ。どんな味
        なのかな、楽しみ!

        5学年に渡るクラブOB、現役の頃は一緒に活動したことはない人もいるが、お思い出は
        継がれているものも多い。懐かしい話にみな学生時代に戻ったような気分になった。
        青春時代って、やっぱいいい時代だったんだネ。
               
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今日はヨガ・パスタ

2017-06-19 23:50:40 | 美味しい♪
年年、必要性を痛感して、みな熱心に体を動かしています。
「これができたら、ランチ食べる権利があるわよ~」と先生にハッパかけられつつ…

        
        贔屓のイタリアン「ポンテ・ボッカ」 少し久しぶり。

        
        オードブル:豆鯵のマリネ、ポテト、モロッコいんげん、鶏ささみ?のたたき
        プチトマト、ルッコラ、レタス
        お値段の割に立派なオードブル、これが気に入っている理由の一つ。

        
        フォカッチャはオリーブをつけて。

        
        本日のパスタ:あさりとブロッコリー

        
        コーヒーはセット。おしゃべりが長くなったので、バニラアイスを追加。
        口がさっぱり、デザートは必要ですネ。

        
        小笠原クルーズのお土産。「塩レモンゴーフレット」

        硫黄島まで行ったそうです。硫黄島で、菊の花を海に投げ入れて、300人程の   
        乗員乗客皆で、黙祷したそうです。
        今日の、ボケるほどの平和は誰が築いてくれたのか、硫黄島で何があったのか、
        皆に知って欲しい!近代史の勉強をもっとするべき!と言っていました。
        意識しながら「塩レモンゴーブレット」を食べなきゃ!
                        
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セミナー鮨!

2017-06-18 23:26:36 | 美味しい♪
12時を過ぎての場所探しだったので、空いている所がなく、とにかく入れるところへ、
ということで「なだ万」のお寿司となった。

        
        一番お手軽なセットで。先ず煮びたし(小松菜と油揚げ?)のお通し。

        
        一応カウンターなので、目の前のお皿に二カンづつ置かれる。お任せセットながら、
        ちょっと高級な気分。このマグロ、美味しかった!

        
        ぺちゃぺちゃ話しながら目の前に置かれる握りを何と確認せずにパクパク。これ、
        なんだった?

        
        みそ汁はナメコと海藻?

        
        しゃこ、久しぶりに食べたネタ。

        
        甘エビの横に光ってる魚、これ苦手。お隣りに素早く置く。

              
              シラ魚。もうそろそろ終わりなんですって!

        
        最後は胡瓜とマグロの巻物。
        オナカいっぱいになりました。
        場所を変えて、珈琲。ひとしきりしゃべって、冷たいものが飲みたい!と


              
              久しぶりにクリームソーダ。オナカいっぱいでデザートはいらない
              けど、ちょっと甘いものも、ということでアイスの入ったソーダ
              がぴったり。

              お店を出たら雨!予報があたり!皆それぞれ買い物をして別れた。
              
              
              マンションの裏のビル越しに黄カラスウリの花が次々花を咲か
              せています。ここは真夏みたいなんだけど… 明日から梅雨空
              が続くらしい。
                 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

樹齢100年のびわ

2017-06-17 22:26:03 | 美味しい♪
ご近所の友人の庭には100年の枇杷の木があります。

              
              大きな木なので、実はたくさん採れます。でも、大木だからこそ
              実を採るのが大変なんですって! ご主人がバケツを抱えて、木に
              登って、高枝切ばさみで、熟した実から切っていくのだそうです。
              だから、毎日木に登っています。鳥と競争しながら。ご苦労の
              収穫を毎年分けてもらっています。大小様々だけど、小さくても
              とっても甘い! 古木になるほど甘いそうです。
              毎日、枇杷を食べています。贅沢でしょ!

              
              贅沢な上に怠けてもいます。久しぶりに「むさしの森珈琲」に、
              モーニングを食べに行きました。むさしの森珈琲にはいろんな
              タイプの席があり、私たちは、テーブルの高い、ベンチシート
              スタイルの席が指定席。自宅のダイニングにいるイメージで
              落ち着くし、書き物ができるし、OTTOは新聞が広げて読めるから
              お気に入りです。
              本を読んでいる人、パソコンを広げて仕事している人も多い。
              何もしないで食事できるのが最高。朝っていつもばたばたしていて
              疲れちゃう…

        
        OTTOはモーニングのBセット。コーヒーはブレンド。

        
        私、カフェラテ。撮影前にアートを思わずかき回して

        
        モーニングセットのチーズトーストと

        
        ミニサラダをつけて。

        今日も朝のひとときをのんびりしました。はがきを一枚書いたし、勉強会の
        予習もできたし、気持ちの疲れが取れました。        
              
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

和菓子の日

2017-06-16 22:04:16 | 季節のことば
848年(嘉祥元年)6月16日に仁明天皇がご神託に基づいて16個のお菓子やお餅を神前に
供え、健康招福を祈願したことがはじまり。和菓子メーカーではこの日のための特別なお菓子を
作っているようですが、今日は出かけられなかったので、最近食べた和菓子をUP。

        
        デパ地下のフェアに並んでいました。郡山柏屋の薄皮饅頭、郡山以外では出ない、小さい
        タイプがあったので、買いました。
        ちなみに、日本三大饅頭とは、柏屋の薄皮饅頭のほかに、東京塩瀬の志ほせ饅頭、岡山県
        伊部屋の大手饅頭だそうです。

              
              羽咋市永光(ようこう)寺御用達の御菓子司八野田の「余喜しぐれ」
              チョコレートとピーナッツを混ぜ合わせた生地に黄身餡を包んだ
              焼き菓子、説明を読んで美味しそうだったので、羽咋の宿で買い
              ました。ホロホロと崩れる食感がマカロンみたい。

        
        「千代くるみ」
        加賀白山麓で採れる上質なくるみに砂糖がけをしたお菓子。

        
        昭和天皇も召し上がられた銘菓だと、先日、高岡を訪れた折に、高岡の友人より
        お土産にいただきました。京都老松にもクルミに砂糖がけしたお菓子がありますネ。

              
              先日、お土産に頂きました。中村籐吉本店の抹茶兎菓子。
              宇治が卯治と洒落ています。

        
        抹茶をふんだんに使用した和三盆の干菓子、口の中でサラサラと融けます。

              
              手前のお菓子は源吉兆庵の「あじさい」(よくある紫陽花の生
              菓子と違いますネ)お持たせでいただきました。
              鮮やかな赤いジュースは母お手製の紫蘇ジュースです。

              厄除け健康祈願ですから、今日はちゃんと和菓子を食べなくてはネ
              やっぱり健康招福の特別菓子を買ってくればよかったナ
                        
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新作を考えるのも大変!

2017-06-15 21:38:02 | 美味しい♪
母は今でも、製パン学校の講師講習に月に一回、通っています。新しいパンも習わないとね、と
孫みたいな仲間と実習もしています。みんな親切にいたわってくれるからラクヨ、と楽しそうだ。

        
        今日の母のパン教室は珍しいパンを3種類作りました。
        「苺とチョコのカンパ―ニュ」 生の苺をミキサーにかけて作った苺ソースを混ぜて生地を練る。
        パン生地にホワイトチョコを加えて成形する。

        
        苺の甘酸っぱい香りがふわ~とたち、フワフワで美味しい。贅沢なパン!

        
        「キヌアのカンパ―ニュ」 キヌアとは、アワ、ヒエなどと同様、雑穀に分類される。
        生産国はペルー、ボリビア、エクアドルに限られる。マグネシウム、リン、鉄分、ビタミンB
        を多く含む。グルテンを含まないので、小麦アレルギーの人も摂取でき、近年、健康食品
        として中目されている。*このパンには小麦粉も入っています。

        
        シンベル型の長方形と円形の両方を作ってみた。味は変わらないけれど、雰囲気が全然違う。
        シンベル型はトウを巻いて作った型で発酵させる時に入れて形を作るために使います。

        
        「ミックスフルーツと胡桃のパン」 じつはこのパン生地には高野豆腐を粉にしたものが
        練り込まれています。ここが指導者の苦労の結果でしょうか。粉も全粒粉、種々のドライ
        フルーツがふんだんに混ぜ込まれ、野趣豊かな体にいいパンという感じです。

              
              前々日の雨以来涼しい日が続きましたが、今日は暑い夏日が戻って
              きました。日差しが強くなった途端に、立ち葵の花が元気復活、
              優しい姿ながら高々と勝ち誇っているようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加