音楽が音楽をたたえる


 アリルド・アンデルセン Arild Andersen トリオ。1月12日、於もっきりや(金沢)。
 
 仕事に追われる多忙の合間に、ぽかっと開いたくつろぎのとき。
 ひとりででかけてアルコールをがぶがぶ飲んで、少しうとうとしたあとの醒めたこころできいた音楽は、まことに快いものでした。

 このアリルドさんというひと(ベーシストです)はジャズ界では有名なひとだそうです。わたしは知りませんでしたが。

 たしかにこれは非常な力量の持ち主です。そして、すばらしい。

 音楽は、多くの場合歌詞やその他の仕掛けによってなにか別のものを讃えるものになります。
 昨夜は音楽が音楽を讃えていました。アリルドさんはそれがどういうことか知っていたと思います。

 アリルドさん(ジャケよりさらにお爺ちゃんになってます・・・ でも、客席の前のほうに白髪で、かなりスイングしてるひとがいて、両者いい勝負だなと思いました。むかしは二人とも若かっただろうな、って)にとって、音楽を讃えるためのメディアになるものがJAZZなのだと感じました。
 JAZZはそうやって、そういう形で生き残っています。

 で、アリルドお爺ちゃんにサインしてもらいました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

新年 日経さんへひとこと


 新年あけましておめでとうございます。

 今年のことはじめに、『日本経済新聞』を取り始めた動機について。

 それは、スポーツ欄が意外と面白いからだったと思います。誰も期待していない『日経』のスポーツ欄。だけど短いスペースで表現に工夫してましたし、豊田泰光さんとかがいいことを書いてました。
 文化欄もなかなか良いと思います。フランスのことも――当然ながら?――よく出てきます。

 面白いことに、前の方に行くほどつまらなくなります(株式欄は除いて)。フランスの扱いも不必要に冷たくなるし・・・
 いちばんいらいらするのが、『朝日』の「天声人語」に相当する「春秋」というコラムで、去年デヴィッド・ボウイが亡くなった時もなんかまとはずれなこと書いてましたが、昨日もサンテグジュペリについて、彼が撃墜されたときは「ナチスドイツに脅かされている祖国のために」飛び続けていたとか書いてまして、なんてぞんざいな書き方だろうとかなりいらいらしました。歴史の扱い方がいいかげん。「称えてるんやから、ええやろ?」といいたげなのがよけいに不快。日本「経済」新聞のアイデンティティを主張したい心が根底にあるせいなんでしょうか?・・・
 大見出しの記事の罪滅ぼし?か、真ん中へんの「大機小機」とかいう小さいコラムでバランスを取っているふしもありますが・・・

 やっぱり『私の履歴書』は面白いです。あえて言えば、内容の真偽はあまり問題ではない。

 ここのところ服部克久、高田賢三、カルロス・ゴーンとフランス関係が続いてますね。
 昨日の回で、ゴーン氏――このひと家ではアラビア語を話してるんでしょうね――が「ル・コストカッター」と呼ばれた、というのを読んで思わず笑ってしまいました。
 
 Oh là, là, il est LE cost-cutteur... quelle horreur...

とフランス人にかかげでささやかれてたんでしょうね。
 この「コストカッター」は、フランス人が嫌なものを英語で言う例のひとつなのだと思います。あはは。この定冠詞の「ル」le というのも、味わい深いです。フランス語の授業に使えそうです。



 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Merci.


Afrique Magazine, numéro du novembre 2008.

S'il n'était pas président, l'Afrique serait-elle aussi tolérante vis-à-vis des USA ?
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2016年のベストアルバムはちょっとたんま+年末のご挨拶


 本年のベストアルバム発表は、ちょっとお待ちください。土壇場で傑作が出たみたいですが、まだ聞いてないのです。(汗)

 一月中には発表いたしますね!


 2015年は、ベストアルバムなどという話自体絵空事めいた感じのするひどい年でした。

 それに比べて、2016年はまことに激動の年でしたが(テロももちろんありました。2015年より酷いのが・・・)、新時代の予兆も感じられる年ではなかったかと思います。
 そうでなくても、そう思いましょう!

 たぶん来年は新しい時代の本格的スタートみたいな年になるのだと思いますから
 過ぎ去った時代にあまりこだわり過ぎず、前向きにがんばりたいと思います。(^_^)

 それではみなさま、良いお年をお過ごしください。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

本とのつきあいについて~To the happy fewプロジェクト 1


 さてわたしのところにはかなりスタンダール関係の研究書や、それに類する「もの」があります(グルノーブルの地元新聞 Dauphiné libéré のスタンダール関係の記事とか、スタンダールについての学会のスケジュールとか、展覧会の案内とか・・・)。

 御多分にもれず、わたくしも蔵書の扱いには困っております。トランクルームに入れていた本も多いのですが、たしかにこれは全然生産的なことではありません。

 「昔」と違うこと。日本国内でなら、どの大学図書館の本でもほとんど障害なしに貸し借りできる状況になったこと、コピーというものがあって、文字情報だけならコピーして手元にずっとおいておけること。

 だからまず:

①あんまり使われなくなった本は、全国に分散して数冊残すだけにして、あとは・・・

②できるだけその本を活用してくれる外国の人を探して、その人が使える図書館に寄贈・あるいは委託する、

というのはどうかな、と思います。


 全国に分散させて、というのは大事です。戦争、大災害、大事故で本が破壊され、湮滅するということは長い年月の間には十分考えられることです――1258年という年にバグダードがフラグ率いるモンゴル軍によって徹底的に破壊されたというのが、現代におけるアラブ人の置かれた状況に深くかかわっている、と言えるのかもしれません――。ヴァレリーは西洋文明の不死ならざることを予感しました(そういう語り方だったからヴァレリーは西洋中心主義に見えて嫌な感じがするのですが、非西洋人も謹聴すべきことに違いないです)。それは精神的な意味でも、物質的な意味でもありうると思います。

 ②で「委託」という言葉を使っていますが、それは、世代が変わって使いたいひとが別の土地に出てきたとき、そちらの土地の図書館にすみやかに移譲することができるようにしておく、ということです。だから:

③かなり特殊な興味をもつひとにしか意味のない本(たとえばスタンダール研究のある特殊な部分にしか関係しないフランス語の本などで、図書館に置いておいても一般の読者が触れそうにないもの)や、「ちゃんとした」書籍の要件をそろえてもっていないもの(上記の新聞記事とかパンフレットとか)は、いろいろなひとの持っていたものをまとめて「○○研究会」みたいな団体名で、どこかの図書館に「委託」できる体制を作る。そして、世代が変わって使いたいひとが別の土地に出てきたとき、そちらの土地にすみやかに移譲することができるようにしておく。複数の使いたいひとがほぼ同時に複数の土地にできたときは、資料を二つに分けてもち、自らの方に引き取れなかった分のコピーを作って、お互いに「ミラーサイト」のようにしておく。

 以上は最初の考え、荒書きです。

 こういうの、「To the happy few プロジェクト」と呼んだら面白いと思います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

『パルムの僧院』La Chartreuse de Parmeのタイトル


 「わたしは、問題を待たせておくのが好きだ」というのは、アランの言葉だったか、それともヴァレリーだったか・・・

 人の問題、文学の問題は、その大きなものは、待たせておくべきなのです。
 「業績をあげなければならない」とか思って「理屈」で武装しよう、相手を圧倒しようなどと考えるのが、人生を失敗に導くのだと思います。いったん自分が言ってしまった言葉は、たとえ多くのひとが聞いていなくても、自分を拘束しますから。

 わたしは、それはやらなかった。
 あんまり人と喧嘩するのが好きではない、ということもありますがそれよりも、幸せなことに天がそれを許してくれたから、です。

 ナチス占領下のパリで、とつぜんユダヤ人の友人が家の戸をノックして、かくまってくれ、でないとつかまって収容所に送られる、と言われたりしたら、これは問題を待たせておくわけにいかない。即座に、決めなければならない。サルトルみたいに、選ぶわけです。

 そこまで切迫した選択を迫られる状況は、わたしは持たなかった。これだけでもありがたいことです。

 でも、なんか自分の中に「確信」ができたら、それは言うべきですね。
 それで自分の生きた証を、伝えるのです。Happy fewに。


 先日、スタンダール研究会で、『パルムの僧院』の「主人公」はファブリスではなく、「経済」だ、というお話をしました。みなさん、ポカンと聞いていたと思いますが・・・
 あとun coup de pistolet au milieu d'un concertとかゲーテと世界文学とか、ずいぶんにぎやかな発表でした。
 ついでみたいな感じでしたが、La Chartreuse de Parmeというのがなんでこんなタイトルなのか、ということにも触れました(読まれた方は分かると思います。いったいこれがなんでこの作品のタイトルなのか、作者スタンダールの意図は分からないです。スタンダール研究専門家にも分からなかったと思います。2016年12月にYuichi Kasuyaがひとつの説を披露したわけです。これはかなり蓋然性が高いと自分では思っています)。

 研究発表のタイトルは、「スタンダールで始める世界文学史」というものでした。(^o^)

 まあわたくしにまだいくらか寿命があるなら、少しずつ世に問うていきたいと思います。
 Happy fewがそれを受け止めてくれるでしょう。



 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

本とのつきあいについて


 わたしの生涯のあいだに多くの技術革新、とくにコンピュータ、およびインターネットの飛躍的発達という事件が起こって、それまで何百年も基本的に同質のものだった知的営みが根本から変わってしまったように思います。

 わたしの教えている学生さんたちに対して、わたしの若いころと同じことをしなさい、と教えることはもはや到底できないことのように思います。「世の中には変わらないものがある。変わるべきでないものがある」というのは確かですが、今の時代は「変わるべきでないものを守る」ためにも、変化をよく見据えて対応しなければならないでしょう。
 でなければ潰されるだけです。

 さて、そういう「変わるべきでないもの」の中に「紙媒体の本」があると思います。
 わたくし個人的には、紙媒体の本がこれからも存続すべきであることは疑いないように思えます。ただそのためにも扱い方は時代に応じたものにしていく必要があると思います。

 まず、紙媒体の本を買うべきか、つまり「所有する」べき、「もつ」べきかという問題があります。

 かつては、ある程度の、あるいは大量の蔵書を「所有する」こと、「もつ」ことが褒められるべきこと、そのひとの知的レベル、向上心の高さを客観的に示すものとして推奨されるはずのことだったと思います。
 今は、おそらくそうではないと思います。

 本というモノばかりを重視して現場の経験を相対的に軽んじているあらわれ(「彼/彼女の知識はブッキッシュなものだ」と言うのは、どう解釈しても批判していることになりますね)、とも見えますし、
 それだけ本を買い込む資産があったということは、それだけ上の「階級」にいた、ということでもありますし、
 「上の階級」としての自らを差異化しようとするいやらしい?心持のあらわれということも言えるかもしれません。

 ある種の本を持ってそれを読む、あるいは読んだふりをする、ということは、「若者組」的心性の集団(それ自体は日本ではどんどん力を失っていますが。なぜなら全世界的にものすごいスピードで変化しているために、父性的、先輩的権威を守るすべがないから。そこで逆上するとイスラム国みたいなことになってしまう)への帰属の証明を表すかもしれません。

 ということは、ある種の本を持つ、あるいは読んだふりをするということは、ある一定分野への「閉じこもり」を意味するとも言えるでしょう。その外の分野は知らなくてもいい、なぜなら他人の縄張りに立ち入るべきではないから、という論理も、特に日本のような場においては、かつては成り立っていたと思います。

 ウィキペディア的なものが存在する世界においては、それはもう通用しない。
 いかなる「専門家」も、「全体」を見ずにはいられない。

 そういう時代でしょう。

 ――うーん、まだまだ全然実のある考察に入れていない感じですね。まあいいか。


 この記事のほとんどは先月(2016年11月)に書いたものですが、今日は別の面から本の問題を扱いたいと思います。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

トランプ大統領と安倍首相


 トランプ大統領の誕生ということですが、

 わたくしが一番はっとしたのは、これについてコメントする安倍首相の顔を見た時だったと思います。

 わたしには、笑みをかみ殺しているような顔に見えましたが、皆さんはどのようにご覧になったでしょうか?



 トランプ・次期アメリカ合衆国大統領と安倍・日本首相は、17日にも早速会って話をするということです。
 これに先立つ両者のやり取りは、日本で報道されているものを見る限り、非常に友好的です。

 これはこれは・・・


 会談では、加藤典洋さんの議論に関わる話が、当然なされるのでしょう。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

日本の大学の文系(文学的なもの)の存在意義


 「異文化理解」でカナダの話をしていて、学生さんにも言いました。

 いちばん大事なことは、みんな言わないものだ、って。
 学生さんたちも了解してました。
 
 アルジェリアとフランスの愛憎入り混じった関係も、そうです。



 人間の心の中には、広く伝播できない、もちろん本には書けないもの、しかも一番たいせつなものがある、ということですね。

 だから、壁で囲まれた教室をもった、大学というものの存在意義があるのだと思います。

 サイードが『オリエンタリズム』のどこかで、イギリス人はあまりに政治的利害が反射的に連想されるためにオリエントを前にした文学的創造がいまいちだった、というようなことを書いていました。いろいろ限定のつく話ですが、あたっていると思います。オリエントを文学的にとらえたのは、壮大な敗北の歴史を前にしたフランス人たちだったと思います(植民地争奪戦で、結局美味しいところはみな英国が獲りましたから)。サイードはフランス語にも日常的に接する出自のひとでした。

 日本はしょせんヨーロッパでもアメリカ合衆国でもない。でも中国やインドとも「記憶」の質が違うし、世界に相対する立場が違う(あえて言えばそれは、スタンダールがはじめてフランス語に採用したtouriste、という言葉で示されるものでしょう)。だから日本の学問には、外国から来て学ぶだけの意義はあります。それが厳正中立であるかどうかは別として。

 でも「それだけに」?日本は執政者と知識人の関係が、悪いです。
 西洋偏重の弊害が実感される度合いが高くなればなるほど。
 文系はそのものとして悪であるわけではないし、これを抹殺してしまうと、あるひとには思いがけないことでしょうが、自分のよってたつ良いところもまた死んでしまうと思います。うーんこれは表現の仕方が難しいです・・・



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ゼミ「アフリカ系人の音楽を通じて知る現代の世界」スタート


 「ブラジル人」の誰だったかが、「ポルトガル人(は)、リズム感(が)悪いー」と言ってました。
 こういうときは、グローバルスタンダード的には、「国」単位で表現するのであって、人種別ではないですね。

 フリーダ・カーロは眉毛のつながった、ことさらインディオみたいな自画像を描いていましたね。本人はそんなにインディオの血は濃くなかったはずですが。
 メキシコというのはそういうところ・・・

 ジェラール・ブーシャール Gérard Bouchard(わたしのフェイスブックの前のポートレートは、彼が撮影したものでした↑)の思想の領域に入る話です。彼は偉大な思想家、真にカナダ的、ケベック的に偉大な思想家、と言うべきです。

 ということが(ということも)、「アフリカ系人の音楽を通じて知る現代の世界」ゼミ(ここでシラバス検索してください)では、教えられなければなりません。


 いまだに授業のオープニングは1998年9月26日の「1,2,3,ソレイユ」コンサートのライブ映像を使ってます。例年これです。
 もうすでにあのコンサートも、歴史上の存在ですね・・・



 今年は受講者数16名。うちひとりヴェトナムの子がいますから、やっぱり日本語・英語を混ぜて授業します。

 名前からするとドイツ人らしい子があとから受講を希望してきましたから、最終的に受講は17名になるかな。

 今年はなぜかマレーシアの子がいないな。例年最低ひとりはいたので英語を混ぜることにしたんですが。

 そして、日本人の子は理系の子がよく履修してくれます。
 カリキュラム上とりやすい時間帯にあるんだと思いますけど・・・ でも・・・

 残念ながらいま金沢大に、アフリカの、人の顔が見える授業って、あんまりないと思います。
 アフリカで、アルジェリアで働いていて亡くなられたのは、理系の方々でした。

 自分がどういう人たちのために死ぬのか・・・ 大学まで行ったら教えてもらえてもいいではないですか? 
 どうでしょう、金沢大学の方々? 安倍首相、文科省の方々?


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ