05/12/28 『ジキル&ハイド』千穐楽、鹿賀丈史一門でもう一度!

鹿賀丈史が日本初演してからずっと大事にしている『ジキル&ハイド』の再再演の千穐楽を前から2列目センターブロック通路脇席で観る。鹿賀丈史ファンの私はもちろん三演ともしっかりおっかけている。再演の時の感想は下記の記事でちょっと書いている。
9/18にチケットを入手した時の記事はこちら
あらすじを書く余裕がないので、とても気に入ったこやまさんの記事をご紹介させていただく。写真は東宝のHPより以前の舞台の鹿賀ハイドの写真。
こやまさんの「持続する夢」の記事はこちら
離れた席に座る娘がチケットをコートに入れて預けてしまい、席番がわからず取り出しに行ったために開演してしまい冒頭5分間をモニターで見学となり、母は劇場の職員さんの前でも地団太を踏む。こうでもしないと悔しさがおさまらない。

「嘘の仮面」の場面から着席。『レ・ミゼラブル』のキャストが一新される前の懐かしい面々が揃っていてものすごく高いレベルのコーラス。もうそれだけで胸がいっぱいになってしまう。石川禅がイチオシの場面と言っているのは然りである。

ヘンリー・ジキルの親友ジョン・アターソン役は石川禅が初役。鹿賀バルジャンの時のマリウスだし、その後色々な舞台で共演しているし、息がぴったりだ。再演まではサイモンという恋敵役を憎憎しく演じていのだが、その経験も経た上でのジョン役はまさにナイスキャスティング。病院の理事会に人体実験を否決されて落胆しているヘンリーに気分転換を促そうと掛け合いで歌う時の歌唱力のすばらしさ。今までのキャストではこうはいかない。スラムのパブに連れていってのハメはずしぶりも眉尻を下げきってお茶目で可愛い。
石川禅が再演までつとめていたサイモン役は同じくマリウスをやっていた宮川浩がつとめているが『ジキル』への初参加の嬉しさが伝わってくるようだった。『回転木馬』や『蜘蛛女のキス』の主演での彼を観ている私としても嬉しい限り。サイモンはヘンリーの恋敵なので体格的にも大柄な宮川浩は石川禅よりもぴったり。再演までは集客力を意識してジョンに段田安則→池田成志をキャスティングしていたと推測しているが、これで鹿賀丈史一門が揃ってのベストキャストになったと思う。

レミゼOBの林アキラ、大須賀ひでき、石山毅、小関明久...。彼らが殺される理事をやったり、「嘘の仮面」のリプライズの数々の場面で街の人たちのそれぞれの扮装(上品な街、スラムなど3つ位の別の街での)で出てきたりするとここでも出てると嬉しくなる。女性理事で殺される荒井洸子も『回転木馬』でのソロが見事だったお方。レミゼ新キャストからも阿部よしつぐが新聞売りに抜擢されていて綺麗な声とハンサム顔で頑張っていて◎。
理事会の議論の歌も舞台で久しぶりに聞くとかなり聞きごたえがあるのにハイライト盤CDではカットされているので残念。ものすごくレベルが高いと今日も唸る。

知念里奈の降板で急遽エマ役にキャスティングされた鈴木蘭々。『キレイ』でミュージカルとしては全く歌声がききとれず危惧していたが、なんと...彼女だけピンマイクが口元まで伸ばされていたのだ(他の方は鬘の際までで固定)。彼女の致命的な声量のなさがこれで上手くカバーされていた。とっても可愛いし演技も自然でいいし透明でキレイな声だし、この役はいいとこのお嬢さんのフワッとした役柄なのでとても彼女にぴったりだと思った。ヘンリーと歌う「ありのままの」ではあまりの可愛さにこれなら鹿賀ヘンリーも惚れるよなと思わせたし、マルシアと歌う「その目に」もなんとかクリアして許容範囲に。危惧された最後の台詞「ゆっくりおやすみなさい」も許容範囲だと思った。エマの続投OKを出そう。
エマの父親役の浜畑謙吉は今回も温かい人柄が滲み出て嬉しい。(隣の隣のお席に夫人の上村香子さんが座っていた。あとで真聖さんに教えてもらったんだけど(^^ゞとてもお綺麗な方だった)。
ルーシー役のマルシア。再演まではとても綺麗でパワフルでせつなさを身体いっぱいで表現しているという印象で圧倒されていたのだけれど、今回初めて可愛い~って思ったのは何故だろう。公演途中で足の怪我をされたときいていたが危なげなく演じてくれた。
ジキル&ハイドの鹿賀丈史。ハイドを演じている時の方が楽しそうで魅力たっぷりで惚れているが、いつものマルシアとの「罪な遊戯」のデュエットは官能的な場面として『オペラ座の怪人』の「ポイント・オブ・ノー・リターン」と双璧だと思っていて、今回も観ているだけでドキドキものだった。さらに今日はルーシーを殺す前の場面に釘付けになってしまった。「おまえとアイツとの関係は俺をひどく傷つける」とか恋人が求めるもの全て(「友情」「純情」「貞操感」)を求めるとか言って、あげく刺し殺してしまうのだが...ハイドは肉体を支配したルーシーが心をヘンリーに向けているのが許せないという激しい嫉妬の末のことなのだ。

親友の前で変身してみせて真実を明かし、その助けも借りてなんとか迎えた結婚式当日。ハイドを薬で押さえ込んでいたのに宿敵サイモンの姿を見るとハイドが出てきてしまう。「なんとか今日だけはジキルのままで」とのたうつ鹿賀さんの目からはもう涙が。ハイドになってしまってサイモンを殺し、エマに襲いかかりジョンのピストルで撃たれる。そこでヘンリーが出てきて親友にとどめを撃ってくれるように懇願する。懇願の声はヘンリーの声とハイドの声であることがずっと不思議だったのだが、今回、ハタと合点がいった。ふたりとももう助からないと自覚して早くこの相克から逃れたいと願ったのだ。鹿賀さん、涙と鼻水でもうぐしゃぐしゃのお顔になっていた。

エマとルーシーにナイスキャストも得てこの複雑な恋愛模様の味わいも深くなったように思う。

最後のカーテンコールのものすごさ。通常のエンディングでもうスタンディングが始まっていて5回くらいあったかな。途中でマルシアは鹿賀さんに横から抱きついて泣いてるし、きっと怪我もあって勤め上げて感無量なんだろうなとか思って見ていた。奥のオーケストラメンバーも前に出てきてくれるし、指揮者の塩田さんと鹿賀さんも抱き合ってるし、盛り上がりに盛り上がった。そしていつもは鹿賀さん千穐楽でも何もしゃべってくれないのだけど、今日はしゃべりそうになり、観客はしっかり読み取って静寂。そして以下のようなお言葉を...
初演から3回目の今回の公演、新しいキャストも迎えて一ヶ月で33公演、毎回毎回のお客様に精一杯の舞台をとつとめてきた。今日までどうなるかと思ってきたけれど...「もう一回ぐらいやろうかな」と言ってくれた時は、ガッツポーズをやっているキャストもいたし、客席はもう大フィーバー。もちろん私も「いいぞ、いいぞ」と掛け声。その後のカーテンコールでも「鹿賀さん、最高!」としっかり掛け声。
大興奮状態で千穐楽観劇は終わったのだった。

この作品は内容も暗くて重いし、キャストもアダルトだし、本当に玄人好みなのだろうなと思う。そういったところでなかなかチケット完売というふうにはならないだろうけれど、そういう作品も大事にしていってもらいたいものだ。
今回のようなカンパニーが組めれば、息もぴったりレベルの高い舞台が期待できる。4演目もやはりかけつけなければなるまいと心に決めたのだった。

終演後、初めて真聖さんとミニオフ会。娘も一緒だったがいろいろと盛り上がる。またよろしくお願いしますm(_ _)m
コメント ( 11 ) | Trackback ( 9 )


« 05/12/27 連日... 05/12/27 年末... »


 
コメント
 
 
 
初演・再演が見たい! (花梨)
2005-12-29 11:54:43
こんにちは。コメント&TBありがとうございました。



私は今回が初めての観劇だったのですが、もうハマりまくりで、チケットがどんどん増えました。

レミゼOBがが多く、「嘘の仮面」のド・迫力コーラスで、いきなり魂つかまれました。



初演・再演は見てなてので、ぜひどんな様子だったか、もっと聞きたいです。石川禅さんはとても良かった!過去は段田安則さん、池田成志さんということでしたが、どんな感じだったのでしょうか?

見てないので何ともいえませんが、キーポーインになる役なので、演技力重視で選んだのかな?という印象です。
 
 
 
Unknown (yopiko)
2005-12-29 21:15:05
初めまして、コメント&TBありがとうございましたm(_ _)m

実はこちらには以前からずっとお邪魔させて頂いていたので、TBを見てびっくり&喜んでしまいました!



鹿賀さんが惚れこんで、というジキル&ハイドは主役の鹿賀さんだけでなく、キャストがばっちりはまっていて圧巻ですよね♪

ラストシーンの解釈、こやまさんのところでも新しい解釈をいただき、「二人とも逃れたい」というぴかちゅうさんの意見にも頷いてます。あれだけのシーンでこんなに様々な見方ができるのはすばらしいですね!

ジキル&ハイドは、観た方々の評判がいいだけに、もっと広く認識されればいいのに、と思ってしまいます。次の上演を楽しみにします!
 
 
 
4演! (こやま)
2005-12-30 16:30:16
鹿賀さんの、「もう一回」の言葉が嬉しいです! 絶対に行きます!!

あぁ、やっぱり千穐楽は熱いですね。ぴかちゅうさんの文章も熱い♪ 現場が彷彿されて嬉しいです。同じ場にいたかったなぁ。。



リンク、光栄でございます。何気なく読み始めたときは、「うわわ」とあせってしましたが。。ぜひ、次回は観劇をご一緒しましょう。終演後にいっぱい語りたいです!
 
 
 
Unknown (かずりん)
2005-12-31 17:12:24
TBありがとうございました!



私が行かせていただいた日には、鹿賀さんが

マルシアさんと蘭々さんをそれぞれ抱きしめて

らしたので、そこから想像力をちょっと広げて・・

ぴかちゅうさんの千秋楽カーテンコールレポを

とっても楽しくワクワクしながら拝見させていただきました。



再演・・・・実現したらいいのになあ!

関西にも来てくれたらいいのに・・・。

是非もう一度・・・いやもう数回観てみたいです。

 
 
 
TBできた~ (真聖)
2006-01-03 00:54:19
ぴかちゅうさん、こんばんは!



やっと出来ました。

どこが悪かったかも解りました。



私は記事のアドレスをコピーしていたのよ~(笑)。

TBのところのアドレスをコピーすればよかったのね。

ほんと、ドジです。



こんな、真聖ですが、これからもよろしくご指導ください。

 
 
 
観に行きたかったです・・ (かつらぎ)
2006-01-03 09:41:28
ぴかちゅうさんの渾身のレポ、ドキドキしながら読ませていただきました。12月・・・あー、もうバタバタだったんですよね。でも、或る所できいた「ALIVE」には総毛立ちました。鹿賀さんのファンにもなってしまいそうですね(^^)



ぜひ4演目の際はお声かけくださいませ。よろしくおねがいします!
 
 
 
林アキラさん! (red and black)
2006-01-17 00:20:59
林アキラさん出ていたのですか! 全然気づかなかった…。プログラム買わなかったし、公式サイトもあらすじくらいしか読まないで行ったので、プリンシパル以外のキャストについてはまったくのノーチェックでした。阿部よしつぐさんだけは、観て分かったのですが。惜しいことしたなあ…。
 
 
 
返事コメント遅くてごめんなさいm(_ _)m (ぴかちゅう)
2006-01-18 00:13:25


コメント・TBいただきましてありがとうございました。皆さんへの返事コメント遅くなってごめんなさい。さあ、いきますよ~。

★花梨さま

段田安則さん、池田成志さんのキャスティングは東宝が客層を広げようとしたためだと推測してるのですが(笑)おふたりとも初めて舞台で観たのですが、段田さんは芝居上手いな、池田さんは歌下手だなと思った記憶が~。池田さんは『SHIROH』のキリシタン目付けがやっぱりお気に入りです。あれはいい!!

★yopikoさま

>キャストがばっちりはまっていて圧巻ですよね♪

今回、ホント同感です。これからもどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

★こやま様

チラシだけであんなに喜んでいただいてこちらも嬉しかったです。4演は終演後是非語りつくしたいです。

★かずりん様

次が鹿賀さんでの最後の舞台になるかもとか思うと東宝さんに是非DVDつくってほしいくらいです。ああ絶対記録に残してほしい~。

★真聖さま

千穐楽後のお茶会楽しかったです。またお茶会しましょう。

★かつらぎ様

本舞台観て是非ぜひ鹿賀さんのファンにもなってください。海老様だけじゃなくて(笑)

★red and blackさま

林アキラさん、「何もしないのに死んだ」サベージ伯爵ですよ。理事会メンバーの女性以外、皆さんレミゼカンパニーさんですよ~。だからあの理事会での否決シーンもすごいハモリ方できるんですよ。あの結束が見事です。



これからも皆様、よろしくお願い申し上げます。

 
 
 
遅くなりましたが (♪~)
2006-01-18 06:59:48
TBさせていただきました。

ぴかちゅうさんの弾むハートがビリビリと伝わってくるジキハイですね。

ぜひ再々再演を!

禅ちゃんのストライドってどんな感じだったのでしょう? ネットリ濃かったのかな?
 
 
 
禅ちゃんのサイモン・ストライド (ぴかちゅう)
2006-01-19 23:08:06
★♪~さま

TBとコメントありがとうございましたm(_ _)m

禅ちゃんのサイモン・ストライド、濃かったですよ~。エマに未練たっぷりでネトっとまとわりついていたし、ジキルへの態度も馬鹿にしきって思いっきりスノッビィでしたね。それが友人のジョンになるとこんなにも友情に厚くてお茶目で女好きな人間になっちゃうのですからね。絶対このコンビでDVDつくってほしいな。



それと上のお返事コメントで訂正とお詫びを1件。

★red and blackさまのところです。

>理事会メンバーの女性以外、レミゼカンパニー...「の」じゃなくて「は」でした。正確に言うと「殺された理事会メンバーの女性を除く皆さん」ですね。

一幕最後に殺されるスケベな大司教様はレミゼでも司教をされていた大須賀ひできさん。ルーシーの店「どん底」で彼女をどつく主人役も、ネックレスを渡される乞食役も彼です。そうやっていくつもの役を演るのもレミゼみたいですよね。

「ジキル&ハイド」は2005年のベスト3~5に入りそうです。

冷静さを欠くので間違えました。不正確で申し訳なかったです。許してね!

 
 
 
鹿賀さんが菊田一夫演劇大賞受賞! (ぴかちゅう)
2006-04-09 03:11:49
2006年4月4日、菊田一夫演劇賞が決定。鹿賀さんが「ジキル&ハイド」主演、「レ・ミゼラブル」のジャベール役の演技に対し大賞に輝き、マルシアも「ジキル&ハイド」のルーシー・ハリスの役の演技で受賞しました。菊田一夫さん自体が東宝の方だったのでもちろん、東宝の舞台で活躍した方に贈られる賞なのでしょうが、それにしても私も嬉しかったです。



東宝ウェブサイトでの菊田一夫演劇賞発表の記事はこちら=http://www.toho.co.jp/stage/kiku31.html
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
「ジキルとハイド」 (花がいっぱい。)
23日(土)18:30 日生劇場「ジキルとハイド」を観劇。 3階席B席にて観劇。 鹿賀丈史さん四季の「ジーザス」以来・・・なんだか自分が、若くなってしまったような、 あのころから、変わってないんじゃないの?と鹿賀丈史さんの登場にオペラグラスをのぞくと・・やっぱ
 
 
 
ジキルとハイド 2 (花がいっぱい。)
27日2度目「ジキルとハイド」観劇 しかし、どこかぼ~んやり見たところがある。 「尾上松助」ショックといったところ。 まったく、身内でもないのに・・・・ こんな気分は3度目。 1度目は、宝塚雪組の「世れんか」の訃報 2度目は、手塚治虫の訃報 そして今度が3度目。
 
 
 
『ジキル&ハイド』 再々観劇 (酒と芝居の日々)
今日『ジキル&ハイド』千秋楽だったのですよね。その頃私は山のよえな仕事を片付けてましたわ。御用改め…じゃない納めだっていうのに、システム担当者には容赦ない。 ところでBW版の『ジキル&ハイド』の予告編を見て驚きました。凄い怖いんですけど~。オ・オカルトなんで
 
 
 
『ジキル&ハイド』 (The only chance in my life)
2005/12/6-18:30開演 日生劇場 2003年にこのミュージカルを観て、感激したことが忘れられず、再演が決まったときから楽しみだったミュージカル♪ ただし、初めて2階のB席で観劇しました。いや、だって前と同じ演目だし、あの時も鹿賀さんとマルシアの歌声に感激したわけ
 
 
 
ジキル&ハイド (持続する夢)
ミュージカル Jekyll & HYDE 『ジキル&ハイド』 劇場:日生劇場 原作:R.L.スティーヴンソン 台本/作詞:レスリー・ブリカッス 作曲:フランク・ワイルドホーン 上演台本/詞:高平哲郎 演出:山田和也 出演:鹿賀丈史,マルシア,鈴木蘭々,石川禅,浜畑賢吉 他 ドクタ
 
 
 
ジキル&ハイド・日生劇場 (舞台大好き真聖の♪のほほん日記♪)
きょうのお目当ては、(石川)禅ちゃん♪ チラシの髭をはやした禅ちゃんに「クラッ!」ときて実際見たら「いやーーーん、ステキすぎる~」と少々興奮気味の真聖でした。 あのなんとも言えない情けないような優しい顔が好きなのよね。 で、舞台の方は・・・ 原作とは結構イ
 
 
 
『ジキル&ハイド』観劇。 (夕日に赤いママの顔)
日生劇場はまるで貝殻の中に居るような気分になれる劇場だった。 すごく綺麗。観にいらしてるお客さんも私と同じぐらいの方が 多く、しかも一人観劇が多かったようで(私の席の周りはみんな そんな感じだった) 今までになく、ひじょうに居心地のいい空間だった。 (・・・た
 
 
 
ジキルとハイド(2005年) (Show Must Go On!)
再々演になる「ジギルとハイド」初見。 なんといってもこの作品の見所は”役者”鹿賀
 
 
 
ジキルとハイド(2)/仮面 (Show Must Go On!)
仮面を被った偽善者を憎むヘンリー・ジキル博士。皮肉なことに彼は自分の被る仮面を知