07/12/26 歌舞伎座千穐楽夜の部③「ふるあめりかに袖はぬらさじ」


玉三郎の当たり役という「ふるあめりかに袖はぬらさじ」の芸者お園。初の歌舞伎座での上演、当月の一座勢揃いになるという評判の舞台をようやく千穐楽で観劇。新派での上演に玉三郎が主演した舞台(2000年演舞場)の録画で予習させていただく機会に恵まれたことに感謝m(_ _)m
今回の主な配役は以下の通り。( )内は新派でのキャスト。
芸者お園:玉三郎 岩亀楼主人:勘三郎(安井昌二)
遊女亀遊:七之助(波乃久里子) 通辞藤吉:獅童(橋之助)
大種屋:市蔵 イルウス:彌十郎(団時朗)
芸者・奴:笑三郎 同・太郎:春猿
唐人口女郎マリア:福助 同チェリー:吉弥
同メリー:笑也 同バタフライ:松也
同ピーチ:新悟 キャット:芝のぶ
浪人客梅沢:権十郎 同佐藤:海老蔵
同堂前:右近 旦那三河屋:男女蔵  
同・駿河屋:亀蔵 同・伊東屋:友右衛門
幇間和中:猿弥 帳場定吉:寿猿
思誠塾岡田:三津五郎 同・多賀谷:段治郎
同・飯塚:勘太郎 同・松本:門之助
同・小山:橋之助
あらすじ等は「有吉文学は不滅です」さんのサイトのこちらのページをご紹介
開幕したら中にしばらく入れないというほどの真っ暗な舞台。横浜にある遊郭岩亀楼の行灯部屋に出入りする人間は終始無言。そこに芸者お園が寝込んでいる遊女亀遊=きゆうに差し入れにやってきて雨戸を開けると差し込む光が美しい。枕もとの衝立をのけて姿を現す七之助の遊女亀遊の儚げな美しさ。亀遊はお園よりかなり若い年頃の役なのに伯母の波乃久里子では玉三郎と同じ年くらいにしか見えなかったし、病人にはちょっと見えなかった(^^ゞ七之助の女方が見る度に風情を増している。玉三郎とのやりとりの間もいい。獅童の藤吉との仲をからかう玉三郎の間も絶妙でドッと笑いをとる。
ある日岩亀楼に大種屋が米人イルウスを伴ってやって来る。岩亀楼主人がイルウスには外国人相手専門の唐人口女郎を、大種屋には日本人口女郎を相方につけ、亀遊が床上げ後の初めての座敷として出てくる。イルウスは相方マリアを放り出し、亀楼を所望。イルウスの彌十郎の英語の芝居が実に堂々としていて感心してしまった。俳優祭でレット・バトラーをしていたのをTVで見たが何かきちんと赤毛物を見てみたくなった。そして藤吉のむきになった通訳ぶりがまたいい。獅童はロック・バンドをやっていて英語には慣れているのだろう。勘三郎の岩亀楼主人の片言の英語もNY公演仕込みか軽妙。唐人口女郎は新派での舞台よりも多かったが、女方に合わせて役を増やしたらしく、一人ひとりの凝った扮装がメチャクチャに楽しい。ここのドタバタ劇の可笑しさ、楽しさは年忘れ喜劇の舞台の感があった。

急転直下の亀遊の自害という悲劇。攘夷派の非難攻撃を恐れてあわてて葬ったのに人の噂も立ち消えるはずの75日に出た瓦版が状況を大きく変えてしまった。攘夷女郎がアメリカ人への身請けを断り自害したという美談に歪曲された記事には「露をだにいとふ倭の女郎花ふるあめりかに袖はぬらさじ」というの辞世の句まで添えられていたが、小さい時に身売りされてきた亀遊は無筆だった。
瓦版が評判になって岩亀楼を訪れる客の質問に違うことは違うと説明するお園に主人は客への迎合を強いる。処世のために瓦版のストーリーに合わせるお園。攘夷女郎に感心して心づけの金まで置いていく浪人客の海老蔵に存在感があった。
お園の語りの巧さが主人の商売っ気に火をつける。客の言うことに「そお~なんですよ」(「牡丹燈籠」の‘ちゅうちゅうたこかいな’のような声色で!)をおおげさに肯定し話は膨らんでいく。ふたりの嘘の二人三脚が始まる。「亀遊」は「亀勇」にされ、自害した部屋も引き付け部屋にされ、儲けの材料にされていく。勘三郎と玉三郎のノリノリの嘘の上塗りを重ねていく可笑しさ、悲しさ、怖さ。

玉三郎のお園は男で失敗して吉原から下級の色街に流れ流れてきて、酒と芸で生きている女を存在感たっぷりに描き出していた。唐人口をなくした岩亀楼には通辞がいらなくなり、資金ができた藤吉はアメリカ船で密航していく。その前に餞別を渡しながらお園が「亀遊とともに何故逃げなかったか」と藤吉を問い詰めるところにふたりの恋に肩入れしていたという気持ちが現われるその哀しさ。そしてその時の獅童の芝居に驚いた。やりとりの中で感情がこみあげていって「別れたくはなかった」という台詞で涙と鼻水がず~っと落ちた。獅童自身の感情がシンクロしてしまったんじゃないかと思えてしまった(ちょっと可哀相)。

思誠塾の塾生たちを相手にするお園の衣裳は細かく竜模様を手描きした派手なものになっていて、この作り話でずいぶんと儲けたんじゃあないかということが臭わされている(演舞場公演の衣裳よりもずいぶん豪華だが、そう見えにくい模様のようだ)。そこで図にのってしまったか、吉原時代に思誠塾創設者の大橋先生に可愛がってもらった思い出とともに教わった歌をうたってしまう。それはまさに「ふるあめりかに・・・」の歌で、そこから話の辻褄の合わなさをつかれ、嘘をついたと塾生は激怒。雨の庭も若手に刀で追い掛け回され追い詰められるが、年長者が命をとる必要はないとの言葉で救われる。口封じの財布を投げられてようやく命拾い。
「あぁ怖かった~、あぁ、あぁ」と腰をぬかしたところを残り酒で気を取り直す。港の汽笛も響いてくる。「なんでい、抜き身が怖くて刺身が食えるかってんだよ」そして真実の部分を独白し出すが、財布を見つけて・・・・・・「お園さんは」と悪態を突き出す可笑しさ、その愚かしさ・・・・・・。最後にお園が思っている真実を吐露。「亀遊さんはおいらんは、さみしくって哀しくって心細くってひとりで死んだんだい。・・・・・・このお園さんはふるあめりかに袖も何もぐしょぬれだよ」。さらに汽笛が重なって「それにしてもよく降る雨だねぇ」と一人での幕切れ。あの時代に流される愚かしくも逞しい喧騒も何も一方に感じさせながらも一人の人生にグッと焦点を引き戻しての物語のピリオド。

時代の大きな変化の中で、右往左往する庶民たち。攘夷か攘夷でないかどっちが大勢になるかで身の処し方も変えざるをえない。同じ遊女でも日本人向けは高くて外国人向けは安いという差別構造。そういうレベルで翻弄されてしまう人生を送らざるをえなかった二人の女の哀しさが浮き彫りにされた。
当月の一座が代わる代わる出てきた贅沢な舞台だったが、最後は女方がひとりの独白で幕切れになるという締め括りもまた圧巻。一見歌舞伎らしからぬ作品ではあるが、主役が光を舞台に入れて主役ひとりで幕を引くという役者の大きさが問われる作品。それを立女方を座頭として一座総出で歌舞伎座で上演したということが歴史に残っていくと思えた。

千穐楽の幕が引かれても鳴り止まない拍手。玉三郎を求める客席の拍手は次第にリズムを刻み始める。「こたえて、こたえて玉三郎」と心の声。
果たして立女方・玉三郎ひとりのカーテンコール。客席の三方に上方まできちんと目を配る礼をして丁寧で品位を保ったカーテンコール。歌舞伎座での玉三郎の挑戦的な舞台に対して客席からの熱い拍手とそれにふさわしいカーテンコール。勘三郎襲名興行の玉三郎の「鷺娘」でも体験したのを思い出す。私にはこの節度あるカーテンコールが気持ちよかった。
写真は公式サイトの今回公演のチラシ画像。
12/09昼の部①「信濃路紅葉鬼揃」
12/09昼の部②「鎌倉三代記」
12/09昼の部③勘三郎の「筆幸」
12/26千穐楽夜の部①「粟餅」
12/26千穐楽夜の部②「寺子屋」
コメント ( 7 ) | Trackback ( 3 )


« 08/01/03 巣鴨... 07/12/09 十二... »


 
コメント
 
 
 
TBをうちました (六条亭)
2008-01-04 22:59:18
事前の学習効果が出た素晴らしい感想ですね。私の方は分散して何回もアップしましたので、まとまりがありませんが、とりあえず一本TBをうちました。

千穐楽のカーテンコールは昨年の歌舞伎観劇納めに相応しく、胸にじーんときました。
 
 
 
Unknown (hitomi)
2008-01-05 22:14:45
楽で観劇ですか。羨ましいことです。もうテレビ放送にかけるしかないですね。「光」思い出しました。銀座セゾン劇場(当時)公演のパンフの表紙の着物はブルー系の花柄でとても綺麗です。寺島しのぶ、左團次、団時朗、紅貴代の出演でした。

さすがの年賀状ありがとうございました。私もレ・ミゼは初演から大ファンです。あの頃は楽もこだわったのに。一応連れ合いに遠慮?してしまいます。
 
 
 
皆様TB、コメント有難うm(_ _)m (ぴかちゅう)
2008-01-06 00:41:29
★六条亭様
>事前の学習効果が出た素晴らしい感想......六条亭さまのおかげです。有難うございますm(_ _)m
何度もリピートされていて羨ましい限りです。
玉三郎丈が座頭として一座総出で歌舞伎座で上演したということの意味が大きいと思います。その千穐楽のカーテンコール、本当に胸に沁みました。
★hitomiさま
銀座セゾン劇場での公演をご覧になったんですね。今回の最後の衣裳は小さいけれど竜模様の手描きでした。天守物語の絵師に描いてもらったんじゃないかと推測しています。
>一応連れ合いに遠慮......私ももう少し家族に配慮しないといけないでしょうか(^^ゞ
 
 
 
ニアミスでしたね (♪~)
2008-01-07 23:11:45
TBありがとうございました。
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします
千秋楽とは劇場でニアミスだったようですね。
2006年は12月の夜の部は別のお玉さん(菊五郎の『出刃打ちお玉』)でしたが、どこか人生のペーソスが似ていた玉ちゃんのお園さんでした。
さすがにいい着物きてましたよねぇ。皺の寄り方まで違ってました。<何処見ているんだか私(汗)
いえ、玉さまは常に目の保養、目の保養
貫禄の千秋楽でしたね。

 
 
 
★♪~さま (ぴかちゅう)
2008-01-08 00:19:50
こちらこそ本年もよろしくお願いしますm(_ _)m
>お玉さん(菊五郎の『出刃打ちお玉』)・・・・・・どこか人生のペーソスが似ていた玉ちゃん.......お園さんなのになんでかなぁとと思ったら玉三郎の玉ちゃんですか!なぁるほど~!!反応鈍くて恐縮です(^^ゞ
>さすがにいい着物きてましたよねぇ......最後の竜の手描きの着物に感心しました。再演とかする度に最低一枚は柄も変えてバージョンアップしているんだなと思いました。『サライ』の2008年2号の歌舞伎特集の玉三郎のページで共演者の衣裳も全部用意することがあると書かれていて、12月の「鬼揃」の鬼女全員の能衣裳もそうだったんだろうなぁと思いました。そういうところにお金をかけて美意識を貫徹するというのも玉三郎美学なんでしょうね。ホント、目の保養をさせていただけて感謝いっぱいです。
♪~さまの記事も下記にご紹介させていただきますm(_ _)m
http://beflow.air-nifty.com/showtime/2007/12/post_7653.html
 
 
 
TB&コメントありがとうございます (dream)
2008-01-11 19:04:29
TB&コメントありがとうございます。
こちらからもTBさせて頂きました。
>芸者衆の人選は三味線もちゃんと弾ける人という
ことで選ばれたのだと推測・・・
確かに、私もそう思いました。
みなさん上手なので、嬉しくなりました。
こちらこそ、今年もよろしくお願い致します。

ところで、今月は演舞場に行って参りましたが筋書き
を読んでおりましたら、12月10日より1月の演目の
稽古開始だった・・・と記載されておりました。
歌舞伎座終演後に行われ、お稽古は連日深夜まで続い
たそうです。
素晴らしい舞台となっていますので、お楽しみに!
 
 
 
★「夢日記」のdreamさま (ぴかちゅう)
2008-01-11 23:29:55
こちらこそTB&コメントありがとうございますm(_ _)m
>玉三郎様の三味線&唄に惹きつけられました......本当にそうでしたね。笑三郎が楽器がうまいというのは知ってましたが、春猿もうまかったので嬉しくなりました。
今月の演舞場は千穐楽に観に行きます。皆さんのご感想を読んで楽しみにしているところです。
今年もよろしくお願い申し上げます(^O^)/
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
十二月大歌舞伎 夜の部 (みゆみゆの徒然日記)
 (12月18日、1階19列下手側にて観劇。)  今月に入ってからチケット予約をしたので、いつもの3階がチケットはなく、1階2等で観劇。それでも花道のすぐ横だったので、よかったかな?!今年最後の観劇です。 一・『菅原伝授手習鑑 寺子屋』  前は仁左衛門さ...
 
 
 
『ふるあめりかに袖はぬらさじ』-十二月大歌舞伎夜の部の簡単な感想(その一) (六条亭の東屋)
二日の初日と二十日に二回観劇した十二月大歌舞伎夜の部の感想。本来であれば、それぞれ別に書かなければならいけないであろうが、大分時間が経ってしまったので、千穐楽観劇の前にとりあえず、『ふるあめりかに袖はぬらさじ』の感想のみ簡単に。 有吉佐和子が杉村春子...
 
 
 
観劇 12月「夜の部」 (夢日記)
歌舞伎座十二月大歌舞伎「夜の部」 一、菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)   寺子屋              松王丸  勘三郎             武部源蔵  海老蔵             春藤玄蕃  市 蔵           涎く...