日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 



まず行く前に見直した第1作。

時代設定にまず驚き!だったのが、たった 2年後の 2019年(笑)

 

なぜこのタイミングで、リドリースコットが続編を公開したかったワケがわかったような(笑)

時代に追い抜かれてしまう前に、先に行きたかったのででは?!

 

 

で内容。

当時うっすら記憶していたイメージに近く「雰囲気を楽しむ映画」という感想。

 

あと前のアップでは書かなかったが、クライマックスでまた驚き。

ここで、TDKのプレイスメント!?!

(まだそんな時代じゃないので、単なる偶然だと思われる 笑)

 

 

さて2049年。

ちなみに、2045年=カーツワイルが謳う、シンギュラリティの年、を超えてはいる…

<内容は当時うっすら記憶していたイメージに近く「雰囲気を楽しむ映画」という感想。

 

朝一に気力充実した状態で劇場に入った。

そうでないと「雰囲気を楽しむ」ゾーンに入れない可能性を感じたから。

ところが…

 

 

第1作にあった、ゴチャゴチャなアナログ感が全く失われている…

何でこうなった?!

このため、雰囲気を楽しむどころじゃない(涙)

2時間43分が苦痛で仕方なかった。

 

 

物語の基本プロットも腑に落ちない…

レプリカント、の設定があって初めて形になるが、人間同士の話だとしたら冗談レベルの映画になってしまう!!!

(当ブログ贔屓の映画 Morning Glory でのハリソンのギャグなセリフ = The ◯◯◯◯ mine? を彷彿  汗)

デッカードが出てきて少しはドラマが盛り上がるが、プロットのダメダメさで真逆の展開に...

 

 

結論:基本、2ものは大体ダメだが、今作もその筋にキレイにハマった。 

   当ブログ的には、本年ワースト…

  (ジャスティス・リーグとかソーとか無理ヤリ見れば別かもだが 笑)

 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 20 )



« 読後評:新し... 「ブログでサ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
ブレードランナー 2049 (ネタバレ映画館)
開演前にトイレを済ませておきましょう。
 
 
 
劇場鑑賞「ブレードランナー2049」 (日々“是”精進! ver.F)
人間とレプリカントの違いは、何か… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201710270000/ FLIX SPECIAL 「ブレードランナー2049」このカルトSF映画を観よ!厳選1 ......
 
 
 
「ブレードランナー 2049」 (或る日の出来事)
映像、雰囲気(ムード)は、よく創ったと思う。
 
 
 
映画「ブレードランナー 2049(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ブレードランナー 2049(日本語字幕版)』(公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で、4つ)。100点満点なら75点にします。 なお、1982年制作の映画『ブレ......
 
 
 
「ブレードランナー2049」Blade Runner 2049 (2017 SONY) (事務職員へのこの1冊)
163分の長篇。それなのに、「終わらないでくれ!」と願ってました。陶然。 「彼女の名前は?」 主人公の、ブレードランナーであるK(ライアン・ゴズリング)は、むかし同じ職業......
 
 
 
『ブレードランナー 2049』 2017年11月2日 TOHOシネマズ日本橋 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ブレードランナー 2049』 を鑑賞ししました。 なかなか面白かったがもう1回見ないと話が繋がらない... 【ストーリー】  2022年にアメリカ西海岸で大規模な停電が起きたのをきっ......
 
 
 
『ブレードランナー2049』 知りたいことはまだ残っている (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 1982年公開の『ブレードランナー』の続編。  監督は『メッセージ』などのドゥニ・ヴィルヌーヴで、前作の監督リドリー・スコットは製作総指揮を担当している。  ちなみに前作......
 
 
 
ブレードランナー2049 (映画と本の『たんぽぽ館』)
レプリカントとは・・・、つまりは人間とは。 * * * * * * * * * * 1982年公開の「ブレードランナー」から35年を経た続編。 リドリー・スコット監督は製作総......
 
 
 
ブレードランナー2049  監督/ドゥニ・ヴィルヌーヴ (西京極 紫の館)
【出演】  ライアン・ゴズリング  ハリソン・フォード  アナ・デ・アルマス  シルヴィア・フークス  ジャレッド・レトー 【ストーリー】 2022年にアメリカ西海岸で大規模な停電......
 
 
 
ブレードランナー 2049 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(F)(F) 映像表現に一切の妥協も許さないリドリーとドゥニがスクラム組めば
 
 
 
ブレードランナー2049・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
作りものの人生に、意味はあるか? リドリー・スコットの代表作にして、80年代、いや20世紀後半を代表する近未来SF映画の金字塔、「ブレードランナー」の35年ぶりの続編。 ロイ・......
 
 
 
『ブレードランナー 2049』 (beatitude)
2049年、カリフォルニアは貧困と病気が蔓延していた。労働力として人間と見分けのつかないレプリカントが製造され、人間社会と危うい共存関係にあった。しかし、人類への反乱を目......
 
 
 
ブレードランナー 2049 (♪HAVE A NICE DAY♪)
続編としてしっかり作られてて面白く観た 前作をテレビで観たばかりのホヤホヤ(笑)だったのでよかったかな。 この映像といい世界観はいいな。 前作は暗~くて陽が当たらない世......
 
 
 
『ブレードランナー2049』 (こねたみっくす)
奇跡を見たことがあるか。 SF映画史に燦然と輝く名作の30年後を描く35年ぶりの続編。それは映画史に残る素晴らしき傑作。 名作をなぞるのではない。名作を独自解釈で語るのではない......
 
 
 
ブレードランナー 2049 (風情☭の不安多事な冒険 Part.5)
 アメリカ  SF  監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ  出演:ライアン・ゴズリング
 
 
 
ブレードランナー 2049 (タケヤと愉快な仲間達)
【解説】 SF映画の金字塔『ブレードランナー』の続編。前作から30年後の2049年を舞台に、違法レプリカント(人造人間)処分の任務に就く主人公が巨大な陰謀に巻き込まれる様子を活......
 
 
 
「ブレードランナー 2049」☆超えた! (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
オリジナル1作目の「ブレードランナー」が多くのSF作品に多大な影響を及ぼして、以後1作品たりとも「ブレードランナー」を超えるものが現れない・・・と思っていたら、『ヒット......
 
 
 
『ブレードランナー 2049』('17初鑑賞118・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 10月27日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 14:40の回を鑑賞。 2D:字幕版。
 
 
 
ブレードランナー2049 (もののはじめblog)
人造人間“レプリカント”は、その創造主たる人間に反旗する事件が多発する。 そんなレプリカントを「解任(処刑)」する任務を負うのが、警察の専任捜査官「ブレードランナー」......
 
 
 
『ブレードランナー 2049』 流れよ我が涙、と警官は言った (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『ブレードランナー 2049』は2017年に発表されるべき作品だった。前作『ブレードランナー』のテーマと作品世界を受け継ぎながら、本作は来るべき未来を見据......
 
 


 
編集 編集