まっすぐ進め~

水泳コーチ岡本の日記
株式会社リアルスポーツ

クミちゃんは今どうしてるのかな

2017-01-25 21:41:33 | 日記
それは私が20歳の頃
勤務先のスイミングスクールに盲目の女の子が入会してきました。名前はクミちゃん。

えーっ‼︎誰が担当するの?と思っていたら、何と私が教えることになりました。

生れながら目が見えないクミちゃんは、当然プールの形など何もわからないし、スクールとしても盲目の子を誰も教えたこともありません。

そこで私は、とりあえず一緒に水中に入り、彼女の手をとり壁に触れながらプールを一周しました。次に何をしたかもう覚えていないくらい必死でした。

クミちゃんは一人で泳げるようになりました。
しかし距離がどこまでなのかわかりません。つきっきりだった頃は私がここだよと教えていましたが、一人ではどうしても通り過ぎてしまうので、結局私が止めにいかなくてはならず、あっち行ったりこっち行ったりして指導していました。

そんなとき、ある一人の男の子が 「みんなで止めてあげよう‼︎ 」と提案してくれました。
それからは彼女が近づいてくると、みんなが手助けしてくれるようになり、クミちゃんも私も困ることがなくなりました。

その後私は異動となり、彼女の指導は他のコーチに引き継がれました。

約一年後、前のプールを訪ねて行ったとき、偶然クミちゃんが泳いでいました。
私は思わずプールサイドに飛び出し、彼女の名前を呼びました。

クミちゃん
誰がわかる?

・・・岡本コーチでしょ
だって声でわかるもん。

そして彼女は私に言いました。
泣いてるの?

ドラマのような
ホントの話

クミちゃんは今どうしてるのかな。
今でも私の声を覚えているだろうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 教え子たちの活躍 | トップ | 出会い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。