なぽちゃん部屋☆うふ

ゴスペルディレクター、ボイストレーナー、シンガーソングライター
齋藤直江☆なぽりんです。


CD紹介

いずれのCDもOfficialHPにて試聴&購入が可能です。 Alphatraxからの発送も可能となりました! amazon.co.jpでも購入可能です!!  2014年8月リリース1st Album 「LET THERE BE LIGHT!」                           最新アルバムはこちら2016年8月リリース2nd Album「RADIANT」                                                    

PV紹介

2ndアルバム収録曲より 『愛、さくら by 齋藤直江』 『Radiant by 齋藤直江』 『Go My Own Way by 齋藤直江』

短調

2017-06-27 18:04:43 | 音楽
なぜだろう…

また短調の曲ができてしまった

歌詞はさほど暗くないんだけど…

メロディーがやっぱりマイナー


んーーーーー



ま、いっかぁ 笑

この記事をはてなブックマークに追加

世界観

2017-06-25 22:42:43 | 音楽
15〜6年ほど前にVesselというコーラスグループで活動していた頃、定期的に代々木NARUというJazz Restaurantで演奏させていただいていました。
まだ、ゴスペルピアニストとの接点もなく、ツテもない時期で、今思えば…恐れ多くもNARUでレギュラーのジャズピアニストの方を紹介していただき、伴奏をしていただいておりました。

当時何度か弾いていただいた黒田京子さんと親友の小林貴子ちゃんが共演すると聞き、ライブに行って来ました。

不思議な事に、Vesselを活動休止してからは一度もコンタクトを取り合うことがなかったのに、少し前、ひょんな事から黒田さんからメールが届き、Facebookでも繋がる事ができました。
そしたら、なんと!たかちゃんとライブするという!!!
メールの内容は音楽とは全く関係のない事だっただけに、不思議な導きを感じぜずにはいられませんでした。



黒田さんのピアノは、本当にいろんなものを超越していて、世界観がとにかく素晴らしくて、そこにいる全ての人があっという間に、ワールドに引き込まれます。
圧倒的!!
1曲1曲に深いエピソードがあって、その話し一つ一つも興味深く、黒田さんが様々な芸術に興味を抱き、その芸術家をリスペクトし、深め、そこから自身の表現方法であるピアノを使って、新たな芸術が生まれてる。
そんな相乗効果みたいな面白い世界をじっくり味わう事ができました。

そういえば、Vesselで関わってくださっていた時、オスカー ピーターソンの曲に歌詞を付けて歌ってみたらどうか等、今までの私たちの枠を越えたアイディアをいただいたりして、ものすごく勉強させていただいた事を思い出しました。



今回たかちゃんは3曲しか歌いませんでしたが、貴子ワールドもしっかり放たれていましたよ。

2人の相乗効果、素晴らしかったです







15年前、あまりに無知で、黒田さんのすごさを知ることもなく、また知ろうともせず、伴奏していただいた事が、身の程知らずすぎて、今日はえらく反省

いつの日か、またご一緒できたら…と夢を見つつ
自分のオリジナル曲を黒田さんがアレンジしてくれたら、いったいどんな風になるんだろう…

今夜はいい夢見られそう


黒田京子さんのオフィシャルHPはこちら

7月16日(日)
大泉学園のinFというお店で、黒田京子さん、小林貴子ちゃんのデュオライブがあります。
そちらも是非!

この記事をはてなブックマークに追加

夏ペディキュア

2017-06-23 21:02:41 | 美容&健康
夏っぽくブルーのペディキュアにしました。

やっぱりこれからの季節はブルー系なんですね。ジムでふと女性陣の足元を見たら、みんなブルーでした。





この記事をはてなブックマークに追加

笑い

2017-06-22 15:23:06 | GOSPEL
この1週間、とにかくたくさんの人と会っていて、笑いっぱなし

笑っている間って、暗い事考えづらいからいい。笑
心の栄養剤だわー。



月に2回の日本橋クワイアのリハーサル日。
いろんな人たちが集まります。
みんな楽しい人たち


ランチできなかったメンバーは写ってないです。ごめん


吹き抜けのよく響くお部屋で、心置きなく大きな声で歌い、プロのメッセンジャー三綿直人氏によるバイブルメッセージ。
美味しいランチを食べながらの楽しいトーク。
贅沢なクワイアです。


賛美曲は、
Psalm34
Let Everything
お家の音響がとにかくよくて…
はたまた発声がいいのか?笑
日本橋は、歌った後の充実感がありますね。


今日のメッセージの中では、キリストはこの世の苦しみや重荷を、”わたしに委ねなさい”と仰った唯一の神だという内容。
これを伝えるために、パワーポイントを駆使してデータを作成し、更に今日は密閉容器とマシュマロを持参して実験までしてくれるという
直くんの情熱に胸が熱くなります。
今日はこの後山梨まで行ってお仕事とのこと。
引っ張りダコで人気者のメッセンジャーのメッセージが月1で聴けるのも、ここのクワイアの醍醐味




ランチは、家主エースのお手製。
カツオのたたき、ホタテのカルパッチョ、サーモン、ラザニア。
どれもこれもおいしゅうございましたm(__)m







そして、ランチ会は毎回大盛り上がり。
歌った後だから尚更、声がとっても大きい!
しゃべる隙がなかなかない。笑
女子集団ってすごいんですよー笑


もう少し、おしとやかに笑おう!と言うことで。
オホホホホ〜 笑





この記事をはてなブックマークに追加

キッズゴスペル

2017-06-21 20:50:26 | GOSPEL
今月からスタートしたキッズゴスペル。
小さいお友達と歌えるのを毎週楽しみに鶴見に向かっています。
今日は豪雨だった事もあり、2人お休みでしたが、代わりに体験の子が2人。
いつもと同じ人数でできました。

今日はサッカーの先生達も雨のため、全員参加。
盛り上がりましたーー。


ストレッチやリズムトレーニング、発声トレーニング。
1時間の中で結構みっちりやります。
今日は”秘技!かっこいい声の出し方”を伝授しました。
みんな喉頭部分に手を当てて、共鳴を感じながら、その違いを確認。
驚くほど真剣で、素直で、ほんとにかわいいの

コール&レスポンスのアカペラの曲やカラオケを使っての曲もどんどん上手になっていってます。
子供達も水曜日のレッスンを楽しみにしていてくれているみたい。
わたしも子供への指導が不慣れだったため、最初は変な所に力が入っちゃってて、終わるとどっと疲れていたんだけど、今日はかなりリラックスしてできましたー。



来週はなにやろうかなぁ


今週はかなりゴスペルweekで、明日は日本橋クワイアのリハーサル。
さすがにバテてきてる

この記事をはてなブックマークに追加

SOG

2017-06-21 16:02:49 | GOSPEL
師匠であるRonnieさんが指導する昼クワイア、Sound Of Graceのリハーサル。先日のコンサートに来ていただいたお礼を兼ねてお邪魔してきましたー。

ものすごく久しぶりに奥さまのYokoさんとも会えたり、プレプレメンバーであるみっちゃんや顔なじみの方々、今回初めてお会いするメンバーの方々とひととき、一緒に歌えて感謝でした。


久しぶりの調布南教会は20年前に通っていた頃とほとんど変わらず、そんな懐かしい場所で、わたしのゴスペルのルーツであるRonnie's リハーサル。昔を振り返らずにはいられませんでした。
懐かしさと愛おしさで胸がいっぱいの中、本当の意味でのゴスペルに出会った経緯を証しさせていただき、また”役に立ちたい”の指揮をさせていただき、喜びで満たされました

ラッキーな事に”持ち寄りサンドウィッチ会”だったので、美味しいランチまでご馳走になり、心もお腹も満腹ーーー。

恒例のRonnieさんスイカも今年は食べられて満足満足


またご一緒できる事を、神様に期待して!!














これから、キッズクワイア
元気振り絞ってがんばるぞーーーー!笑

この記事をはてなブックマークに追加

友達

2017-06-19 23:19:28 | 楽しい!
約20年前一緒に歌っていた友人たち。
今はニューヨーク在住の友人が日本に帰って来ているという事で、急遽呼ばれて六本木へ。

もう全然変わってなくて…
いや、むしろテンションが高くなってた?(わたしもかw)
あっという間に当時の関係に戻れる。
とにかく最初から最後まで笑いっぱなしだった。
人のこと、”親方”呼ばわりするし 笑
親方って…爆



突然メッセージした臣も駆けつけてくれたり

友達って素晴らしいーー!!



あの頃、青春でしたな〜
しみじみ






ヒロシーーーー(≧∇≦)
今度はニューヨークで!!

この記事をはてなブックマークに追加

trauma

2017-06-18 20:17:22 | Bible
先日観た映画、『ちょっとこれから仕事やめてくる』
あの時に、自分の中のトラウマの記憶がどくどくと蘇ってきた。
だから泣けて泣けて仕方なかったんだな。


これは、結構コンサートの中でも証しするんですが、学生時代はとにかく内向的でネガティブで消極的。
存在感が全くなかった。

ただ、音楽は小さい頃から好きだった。


中学校に入学して吹奏楽部に入部し、クラリネットをはじめた。
とにかくがんばって練習した。
年に1〜2度来てレッスンをしてくれるクラリネットの講師の先生(超怖い)から、「10年に1人出るか出ないかの音色だ」と褒められ、すこしだけ自信がついた事を記憶している。
でも、実はもっと前に楽器を手にしている。
このことはほとんど人に言った事がなくて、自分の中でもかなりの黒歴史であり、トラウマである。


おとなしくて、とにかく内向的な娘をどうにかしたいと思い悩んだのでしょう。母は、わたしにいろいろ経験させようとした。
小学生の頃、『竹の子少年団』という大学生のお兄さんお姉さんが遊んでくれるグループに弟一号と入会させられた。
きっとボーイスカウトみたいな感じだと思う。
週末にアスレチックに連れて行かれたり、泊まりで雪山に連れて行かれたりした。
内向的なわたしは友達もできないし、人と交わるのが嫌だし、運動も好きじゃないし、そこに行く事が苦手で大嫌いだった

平行して、小学校4年生の時に小学校の鼓笛隊に入れられた。
楽器はフルート。
指使いを教えてもらう日に欠席し、その後指使いが全く分からないのに、分からないと言えず、口パクならね指ばく?でやり過ごしたものの、
当たり前だけど、ほんとに吹けなくて、あまりに苦しくて行かなくなったら、先生にものすごく怒られて、たくさんの生徒の前で頭を叩かれたり「なんでそんなに中途半端でダメなんだ!!」等、罵声を浴びせられた。母も呼びだされ、『こんなんじゃお嬢さんの将来が心配ですよ!!』と言い放たれ、今度は母から怒られる。
消えてしまいたかった。
生きている事が苦痛すぎた。
なんで生きているんだろう?って思ってた。

その後、両親が茨城に家を購入し、引っ越し。
しかし1年後、父の転勤で静岡に引っ越し。
そこで吹奏楽部に入り、クラリネットをはじめて少しだけ自信がついた。
更に高校受験のため、持ち家のある茨城に引っ越し。
4年の間に3回の転校をした。
それでなくても新しい場になじむのに時間がかかるわたしにとって、それは苦しみでしかなかった。
人のことばは時として剣となる。
その後もいろいろな試練があり、とにかく荒波に揉まれた。
高校生の頃、友人から教会に誘われて、高校2年生の時に洗礼を受けた。
でも、なかなか神様の事が分からなくて悩みもしたけれど、就職して結婚してからゴスペルと出会い、そこでようやく神様が確かに居られる事を感じることができた。



実は、最近自分がThe Highly Sensitive Person(HSP)だったんだとひょんな事から気がつく事になる。
今のわたしからはなかなか想像しずらいでしょうが(笑)
とにかく繊細すぎて傷つきやすく生きずらかった。
聴覚とか臭覚とか味覚とかも


でも、今は驚くほど変えられた。
多くの人はわたしの印象を楽天的で幸せ人間だと思うでしょう。
それは、やっぱり神の無条件で無償の愛を受け取ったから。

聖書の中に、
『わたしの目にあなたは高価で尊い、わたしはあなたを愛している』ということばがある。

このことばを通して、暗黒の子供時代、若い頃の痛みが確実に癒された。



だからこそ、伝えたいのかもしれない。
誰かのことばに傷つき、前に進めなくなっている人。
自分には何の価値もないと思っている人。
何の役にも立たないと思っている人。
コンプレックスをたくさん持っている人。


全ての人は神から愛され、創られ、生かされているということを。
経験値は宝です。
痛かった事も苦しかった事も、信仰により、希望へと変えられる。



『ごらん、冬は去り、雨の季節は終わった。花は地に咲きいで、小鳥の歌うときがきた。雅歌2:11~12(聖書より)』




『人の本当の値打ちは持っている宝石の数でもなければ、黄金の数でもない。地位でもなければ、名誉でもない。ただ信念に尽きる。

陽気な心は、薬のように人のためになる。 by, ソロモン王』





この記事をはてなブックマークに追加

映画

2017-06-17 16:07:41 | キッズ
久しぶりに、本当に久しぶりに子供たちが土曜日オフ。
二年ぶり!?

そんなわけで、2人を伴って映画

福士蒼汰と工藤阿須加の”ちょっと今から仕事やめてくる”

想像していたより、リアルで意味深い内容で、途中からいろんな登場人物の気持ちがわかりすぎて、切なくて泣きっぱなし

学生の子供たちは、社会人の世界が分からないと、わたしほど感動してなかったので、いろいろな事を経験してきた人にオススメかも。



映画の後は、ゲームセンターでユーフォーキャッチャーしたり、プリクラ撮ったり、お昼ゴハン食べたり

楽しいひと時でした。


甥と姪も合流したので、夜はタコスパーティーかな



この記事をはてなブックマークに追加

Hosanna

2017-06-16 15:35:11 | GOSPEL
Hosanna (ホサナ)



意味は、『救ってください』







ゴスペルアーティストKirk Franklinが2002年にリリースした”The Rebirth of Kirk Franklin”
の中に収録されている楽曲。


一言で言うと、難しい!!笑
なぜか小岩のクワイアの人たちが好きでよくリクエストされる…
11月11日にある11周年コンサートに向けて、目下絶賛選曲中なため、重い腰を上げてみた。

シェアしながら記憶を辿り…思い出しながら…。
どうやら5周年コンサートで歌ったという。
なんでこんな難しい曲、当時できたんだろ?
どうやってシェアしたんだろ?
ところどころ記憶がない…笑
でも、やったんだよね…
神様の業(わざ)としか思えない。
キーも不思議な所で5回も上がるし…

何といっても毎回エンディングが納得いかなくて、自分の中で勝手に不完全燃焼で、あまり手をつけたくなかった。

今日はバンドと知恵を振り絞り、今までの中で一番しっくりくるエンディングに落ち着き、これならやってもいいかもーと前向きに。


バンドのサポーターがいる事に本当に感謝です。


メッセージは小岩栄光キリスト教会の安間先生。Hezekiah Walker のCalling my nameの歌詞を題材に語ってくださいました。
いつもわかりやすく簡潔なメッセージをありがとうございます!


本当に協力者が与えられてる



そんなしみじみ感謝したリハーサルの後は、更にしみじみしにFive Loaves Cafeへ。
美味しくて愛がたくさん詰まったランチと、愛溢れるトークが広がり、元気と勇気をたくさんGETしてきました。


デザートセット





最近のわたしの頭の中に巡っているワードは”Team”。

やっぱり1人じゃ限界がある。

『あなたがたのうちふたりが、どんな事でも、地上で心を一つにして祈るなら、天におられるわたしの父は、それをかなえてくださいます。ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる所には、わたしもその中にいるからです。
マタイ18:19〜20』



それぞれが違う性質であると同様に、それぞれの置かれた場所で必ず役割りがある。そこには決して誰かが偉くて誰かが不必要なんて事はない!
日本人って控えめで謙虚だから、すぐ身を引いたり諦めたりしちゃうけど、神様は一人一人を愛し意味ある存在として創造されています。

まだその事に気がついていない人は、どうぞ祈り求めてください。


『もし一つの部分が苦しめば、すべての部分がともに苦しみ、もし一つの部分が尊ばれれば、すべての部分がともに喜ぶのです。
あなたがたはキリストのからだであって、ひとりひとりは各器官なのです。
第1コリント人への手紙12:26〜27』


この記事をはてなブックマークに追加

次のステップへ

オリジナル曲でクワイア用に作った曲「次のステップへ」 小岩のクワイア(GROW TOGETHER CHOIR)メンバーである樽野淳子さんがストーリー性のあるとってもすてきで感動的なイラストを描いてくれました。 それをどうにかたくさんの人達に観て欲しいと相談しましたところ、昨年アルバムを発売したAlphatraxの伊藤さんが動画を作ってくれました。 是非是非たくさんの人に観て欲しいので、拡散くださいますようよろしくお願いいたします。 次のステップへ

ALPHATRAX TV

ALPHATRAX TVにゲスト出演しましたーー{/face_hohoemi/} ALPHATRAX TV Vol6

Light of the world PV

Light of the World / 齋藤直江

なんとテレビに出ました☆

2010年12月OAの「ハケンOLは見た!」のゴスペル講師として出演しました^m^

2010年9月JapanGospelChoirsFellowship7

1曲目『光あれ』はわたしが人生初作詞作曲した曲です。 2曲目ではセンターで踊っています^m^