「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログです。

「放射能」「被曝」「原発」、日本のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
更に重要なことはメルマガで展開します。

アルジャジーラが伝える「首都圏で放射性物質による健康被害がはじまっている」

2011-08-20 12:31:24 | 福島第一原発と放射能

 放射性物質による健康被害は、首都圏でおこっていることは、色々なシグナルが出ています。僕のところにも、十人を超える医師からの懸念が伝わっています。こういう懸念を持つ人々の懸念を、僕も、「放射能防御プロジェクト」も共有化したいと考えています。医師や歯科医師、医療関係者の皆さんで放射能による被害の兆候感じたり、心配をされている方は、メールなどで情報をお寄せ下さい。情報のみならず、連携して行動することが大切と思います。

 下記に引用しましたが、アルジャジーラの取材に対して、千葉の柳沢医師が「子供に、鼻血が増えたり、インフルエンザのような症状、下痢がつづく状態がみられる。放射能によるものとみている。。これまでの、身体についての医学的知見では説明のつかない状況に直面している」と話しています。こうした言説が、明確化し、出てきたのが、全世界のメディアの中で、原子力に依存する発想を持つ必要のないテレビ局で、なおかつ取材情報レベルが世界標準よりも高い「アルジャジーラ」というのは、興味深いです。諸外国の、特に欧米メディアが、この流れに続いて参入してくると僕は思います。そうすると、日本のメディアの後進性、今回の事態に直面しないマスメディアの組織的硬直さと記者たちのふがいなさが明確化して、僕はよいと思います。こういう懸念を伝える事が記者の最もすべき仕事であって、それをしない人は、記者としての根幹がないと僕は思います。自国に起きている健康被害の兆候をいちはやく細かく伝える事が、記者としてすべきであって、それよりも優先されることなど一つもありません。しかも子供のことです。僕のブログを何のために、メディア関係者は読んでいるのだろうかと疑問に思います。正直、馬鹿かと。こういうインタビューを先に海外の、しかもアルジャジーラに流される恥を知ったほうがよい。

さて、イタリア在住の邦人からは、次のような情報が寄せられました。

「北イタリアのロンバルディア州(ミラノのある州です)でチェルノブイリの事故前に200例だった先天性白内障の症例が3000例に増えた。その後数年でまた減って行ったためチェルノブイリの影響とわかった。」
「1991年生まれの彼のお子さんが先天性白内障で、生後2年間も原因がわからないまま
盲目だと思われていたそうです。
診断がついた後で手術をして見えるようになりましたが、成長に応じてレンズを入れ替えるため
何度も手術を受けなければならず、今年20歳で最後の手術を受けるそうです。」
 
 症例の数はおっしゃっている話なので曖昧な点もあるかも知れませんが、かなり増えている事は事実です。なお、例えば、イタリアのセシウム134とセシウム137の合算降下量はチェルノブイリの時に平均6,500Bq/屬箸気譴討い泙后E豕は、「放射能防御プロジェクト」」の調査でも平均30,000Bq/屬鯆兇┐討い泙后まずこれで今の東京はチェルノブイリの時のイタリアの約五倍、セシウムが降下しています。しかも、これは、動くホットスポットの巣鴨の60,000Bq/kgは入れていない平均値ですので、これを入れればさらに東京の平均値は二倍から三倍になります(チェルノブイリではこのような最大値や動くホットスポットはカウントされています)。このように考えると、チェルノブイリの時のイタリアのセシウム合算降下量(平均)と、今回の東京を比較すると、十倍から十五倍も多く、合算したセシウムが東京に降下している可能性があります。ちなみに西ドイツは、セシウム合算の降下量の平均は6,000Bq/屬如▲ぅ織螢△茲蠅眈し少ないです。東京が、チェルノブイリの時の、イタリアや西ドイツレベルの対応を続けても、顕著な健康被害が回避できる担保はありません。降下量が違います。まして、何も考えていない人々は、追い込まれる可能性が高いと僕は思います。

 

 

http://english.aljazeera.net/indepth/features/2011/08/201181665921711896.html

Doctors in Japan are already treating patients suffering health effects they attribute to radiation from the ongoing nuclear disaster.

"We have begun to see increased nosebleeds, stubborn cases of diarrhoea, and flu-like symptoms in children," Dr Yuko Yanagisawa, a physician at Funabashi Futawa Hospital in Chiba Prefecture, told Al Jazeera.

She attributes the symptoms to radiation exposure, and added: "We are encountering new situations we cannot explain with the body of knowledge we have relied upon up until now."

"The situation at the Daiichi Nuclear facility in Fukushima has not yet been fully stabilised, and we can't yet see an end in sight," Yanagisawa said. "Because the nuclear material has not yet been encapsulated, radiation continues to stream into the environment."

============================================================

福岡に講演会に伺うように言われました。

主催側より下記の通りという事です。参加希望の方は受付HPよりお申し込み下さいとのことです。

一部の講演会は満席。午後五時半からの懇親会は空席があるそうです。懇親会は色々お話を伺って答えるスタイルです。会場費などとして五百円はかかると思います。

木下黄太氏講演会in福岡(春日グローバープラザ)

◆日時:9月3日(土)15時〜17時、懇親会17:30〜19:30

=====================================================

 

 



http://kokucheese.com/m/event/party/15753/

ジャンル:
ウェブログ
コメント (88)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再爆発の懸念を抱えているのは政... | トップ | 土壌調査はどういう目安と考える... »
最近の画像もっと見る

88 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2011-08-20 14:00:10
怖いですね。

そういえば、NHKも原発推進気味のビデオを
制作していましたね。(エネルギー図書館)
NHKが放射能被害を隠そうとするのは
こういった利害関係のためなんでしょうか?

東北の情報をください。 (Unknown)
2011-08-20 14:02:49
ブログの内容が、首都圏目線で、
東北の情報があまり入ってきません。

宮城、岩手、栃木、山形など東北の土壌汚染の状況、健康被害の状態をもっと伝えてほしいです。
たくさんの友人、知人が情報が無い。と困っています。

マスコミも首都圏中心に報道しており、ホットスポットなどの情報も関東はすぐに広まりましたが、
東北は、情報難民。置き去りです。
首都圏より、さらに酷い汚染かと推測されるのに、情報が少ないのです。

福島だけの問題じゃ無い。東北もかなりの汚染があると思います。

木下さんも、東京目線ではなく、東北の現状も伝えてください。

お願いします。

Unknown (Unknown)
2011-08-20 14:40:55
世界中に原発をつくりたがる世界的原子力マフィアがマスメディアも資本的に掌握してるとしたら欧米のマスメディアは今後の日本の健康被害を日本と同じように可能なかぎり無視隠蔽封殺すると思います
新総理 (ほっぺ)
2011-08-20 15:00:11
今朝のNHKニュース

家事をしながらのながら聞きだったため聞き間違いだったらすみません。

民主党の鹿野さんが「原発問題で国民に隠してきたことを明らかにし、早急に対策をとらなくてはならない時がきている。それができる人材が必要であろう・・・」といったような内容が聞こえた気がします。

それを聞き、もしかしたら今よりもう少しマシな政策をこの人ならとってくれるかもしれない。

ただし、そのことがどの程度まであきらかにされるのか、どのようなパニックが起きるのか・・・

パニックが起きるうんぬんではなく、それよりもっと重大なことが日々人々の体に起きている。

華やかではないけれど、管さんより海江田さんよりましかもしれない。
都内だけでなく (YN)
2011-08-20 15:27:59
伊豆にすんでいます。東伊豆ではありません。下田というところです。このあたりもどうなのか調べてください。行政は全く動きません。伊豆の人たちはどこ吹く風。ここまで被害あるの?という感じです。どこがどう汚染されてしまったかしりたいです。
もし汚染されていないなら、また受け入れることもできます!
Unknown (Unknown)
2011-08-20 15:29:44
川崎市多摩区在住です。
先月、子供たちが、側溝の金網の中にバッタを落として遊んでいて、四歳の娘がしばらく中を覗いていたところ、突然、鼻血をだしました。
うまれて初めてです。
私は、ゾッとして、すぐにそこから離しましたが、周りの大人は「のぼせたのかね」といい大した事ないという反応でした。
私は、色々と知識を入れているつもりだったのに、油断していました。かなり線量が高かったのでは・・と後悔しています。
やはり、実際にわが子にそのような症状がでて、もし本当に放射線が原因だとしたら、本当に怖いことだと思います。

政治家もマスコミも、タガがゆるんでいる。 (静岡県西部在住)
2011-08-20 16:14:46
民主党の代表選で騒がしいですが、まったく理解できないのは、なぜ原発事故発生時の経産大臣だの、セシウム牛をばら撒いた農水大臣だのが、責任も取らず、次期総理候補として取り沙汰されるのか、あるいは自ら立候補しようとするのか。それに対して、マスコミはなぜ、異を唱えないのか。
それに、「農水大臣が「原発問題で国民に隠してきたことを明らかにし…」と発言した」とのことですが、現職閣僚が「国民に隠していることがある」と認めたこと自体が大問題ですし、なぜマスコミはその中身を追及しようとしないのか。
「破局的事態が近いから、誰が総理になろうが同じ。どうせ団栗の背比べ」ってことですか?
であれば、政治家にはご退場いただき、自衛隊に前面に出てもらいたい。
その方がマシですから。
これほど滅茶苦茶な状況で、なぜクーデターやテロや暴動が起きないのか、近隣でのテロやクーデターや暴動を取材する機会が多いであろうアルジャジーラも、さぞかし不思議に思うことでしょう。
内部告発提供します。 (まさと)
2011-08-20 17:00:45
福島県の豚は、茨城県産で、問屋から、スパーで売られます。北関東エリアでは、豚放射能検査は、ほとんどしていません。
まだ分からないのですか? (Unknown)
2011-08-20 18:52:39
東北の情報が欲しいと言われた方がおられますが、この5か月間、風は北又は北西に吹くことが多く、放射能が漂い、雨が降り、その繰り返しな訳で、はっきり言って、聞く以前の問題で、今頃遅いと思います。東方方面で避難されてない方は、腹を括るつもりで生活しているのだと私は理解してますが。今まで木下さんが、どれだけ皆さんに訴えてきたか・・・はっきり言って、今頃、このような質問があること自体、信じられません。きつい文面で申し訳ないですが、もし守りたい人がいるなら、木下さんが言うように、直ちに西に移動することです。チェルノブイリの時は避難した人が万が一戻ってきても住むことに諦めがつくようにと、住人たちの住まいを全て壊しました。ひどい・・・と思うかも知れませんが、それは正解だと思います。除染などは焼け石に水。とにかく非難する事です。  それから海江田も大バカ者です。
Unknown (Unknown)
2011-08-20 19:33:15
「アンチエイジングの鬼」で有名なカイロプロテクター勝田小百合さんの8/18付けのブログにご自身のお子様の尿からセシウムが検出された記事が載っていました。

以前からブログを読んでいて放射能に限らず食品添加物や農薬などの食についてや生活習慣にかなり気を配って生活されている方だな、と感じていたのですが、このような方のお子様からもセシウムが検出された事に驚きました。

というか、東京では気を配っていても追いつかないくらいもう空気中にかなりの放射性物質がある、ということなのでしょうか。

こういうお子さんでもこのような結果なので国の言う事を鵜呑みにし、全く気を遣わず生活されている子供さんの体はどうなのか、と怖くなりました。
福島の人々 (福岡より)
2011-08-20 19:43:49
いつもご活動誠にありがとうございます。

木下さんが情報を提示してくださる事で
たくさんの人々が危機意識と危機管理が
できています。

しかし 福島の人々は未だに  取り残されて
います。
危機意識がある人は自主避難をしていますが
その他大勢の方は そのまま 安全神話を
信じて 信じようとして 生活しています。

どうにかして 福島の人々を救う事はでき
ないのでしょうか。
木下さんの情報も 多分福島の人々は 見ない
ようにしているか 気にしないように 悪意
はなく 知らないようにしていると思います。

やはり 今までの歴史と汚染地帯である真実
を認めたくないのだという ある種の本能
が働いているように思えます。

だけど このままでは たくさんの被爆が
もたらす 発病が始まるのも もうすぐそこ
です。

政府が日本国民を見殺しにしている事実は
エジプトのように暴動が起きてもいいぐらい
の事です。

木下さん 福島の人々を救いたい。
どうしたら いいのでしょうか。
ここに訪れている方々 何か お知恵は
ないでしょうか。

なにとぞ どなたか 答えを 指針を教えて
ください。
東北も調べて下さい (イトウ)
2011-08-20 19:58:17
前出のコメント見て私も東北の情報が少ないと思います
私は仙台在住で 鉄屑など有価金属を扱う仕事をしています
会社に放射線を探知する機械があり 3月の福島の水素爆発事故以来 会社の敷地内ですが、酷い時は通常の線量より10倍〜100倍位高い値が出ています

なのに行政は殆ど知らんプリ。に感じます
子供を持つ親としては心配が絶えません

是非 東北も詳しい調査をお願いいたします
下田のYNさん (都内在住)
2011-08-20 20:45:56
私の認識では、ここは皆で情報を交換し合い、各自の行動へ繋げていくネットの場だと思います。ですから、調べて下さいではなく、自ら立ち上がり、できることをしましょう。私は焼き海苔が気になったので、自腹で検査に出し、その結果を書き込みました。気になる場所があるなら、放射線の検査を行政に働きかけてみたらいかがですか?
東北の情報をください。 (Unknown)さん (Musashino-girl)
2011-08-20 20:49:15
東北、、といっても広うございます。

私の両親も東北に住んでおりますが、もう高齢ですし、一応線量がさほど高くない所ですので、(福島第一から東京間よりも距離があります。)残りの人生は住み慣れたところの方が良いと思い、無理矢理避難しろとは言ってません(本人たちもその気はないですし)

関東でこれほど騒いでいるのですから、東北はもっと、、というのは想像できるのではないでしょうか。

木下さんの情報を待っていたら遅くなります。

木下さんの肩を持つわけではありませんが、
元々東京に住まわれていたのですから、東京目線なのは当たり前です。

むしろこのブログで関東の人がどんなことをしているのかはわかりますので、同様のことをお近くの方たちでしてはいかがでしょう?

政府も地方自治体も助けてはくれません。
こちらから働きかけるしかないと思います。
マスコミに絡めて (マツダマツコ)
2011-08-20 21:26:53
 なんだかインサイダー取引のような不公正さを事故以来 見聞きするようになりました。

 事故直後 NHKの知人に 東京を離れろと言われてこちらに一時避難されていた人がいました。また わたしの身内にもNHKの者がいてニュースなどで報道されない話をさも常識のように最近話してくれました。

 株のインサイダー取引のように 自分たちで知りえた情報で利益を得る感じ。知っている人だけが得をして 教えてもらえなかった人は病を得て 苦しむ。

 それを見て 少しは心が痛むかもしれませんが、それがマスコミに属する人たちの姿勢なのか、と とても悲しいのです。東電のような独占企業や役人たちとまったくおなじ、高みの見物といった態度。ここの人たちの中には当然個人差があると思います、でも そのような組織のおかしさを認めてしまっていますね。
 
 そんなこと 当たり前じゃないか 子どもか と舌打ちされるかもしれませんが わたしはいま振り返ってみて じつは 大切なことだったのではと感じています。
もう少し科学的に (Unknown)
2011-08-20 21:28:34
鼻血、吐き気など経験し、線量計で自分や家族の行く場所を測定し、可能な限り外国産や北海道・九州の食材で自炊し(偽装されたらどうしようもありませんが)、家族の尿検査も実施しました。
草むらで鼻血をだしたなら、なぜすぐ線量計で計測しないのでしょう?
体の不調があるなら、なぜ、まず出来る尿検査をしないのでしょう?
リスクの把握をしないで不安を募らせるのって、自分自身で風評にしておびえているだけでは?
(カリウム40スパイクしますよ〜!
 セシウムスパイクは被曝状況次第ですね)
国民もパワーなさすぎる (大ヒツジ)
2011-08-20 21:39:13
静岡県西部在住さんの

>これほど滅茶苦茶な状況で、なぜクーデターやテロや暴動が起きないのか、近隣でのテロやクーデターや暴動を取材する機会が多いであろうアルジャジーラも、さぞかし不思議に思うことでしょう。

に全く同感です。

政治家、官僚、マスコミが言語道断であることは言うまでもありませんが、学生をはじめとする一般市民の子ヒツジのような大人しさにはもっと幻滅しています。結局日本という国は外圧がないと何も変われない国なのでしょうか?
アルジャジーラにもっと頑張ってもらいましょう(笑)
全国のデモや勉強会など (静岡県西部在住さんへ)
2011-08-20 21:47:30
全国各地でデモや勉強会などが開かれています。一人一人ができる限り、参加していきましょう!

http://sayonara-nukes.org/actionweek/

一医師より (Unknown)
2011-08-20 21:55:45
国内メディアではなく、海外経由で事実を伝えられなければならない国だというのが現状ですね。

木下さんがtwitterで書いていらしたように、呼吸被曝によるリスクがどの程度になるのかで、西日本の今後、そして日本の今後が決まってくるように思います。

東日本はおっしゃるようにかなり危険な状態です。東日本の土地の除染を考えるより、人と物を除染して西へ移動することが急務なのだと思うのですが、これも自力や民間団体等でやらなければなのでしょうね。政府は動かないですすものね・・・。

また、放射性物質の拡散により、日本だけでなく、北半球を中心とした世界中に危険が及んでいます。5月にはアメリカの専門家が指摘しています(http://www.youtube.com/watch?v=AJvgO1fTokw)。これを早く周知徹底してから人や物流の流れを整えて欲しいものです。個人でできる除染には限りがあります・・・。
Unknown (たけ)
2011-08-20 22:27:48
はじめまして、ご活動のお噂はお聞きしていましたがサイトには初めて訪れました。3.11以降情報は個人的に集めていましたがもっと早く来れば良かったと後悔しております。当方埼玉ですが私以外の家族、知人等はあまり危機意識をもっておりません。私が何か言っても変な目で見られネットなんかやっているから惑わされると言われます。これは政府の偽りの会見およびそのまま流すマスゴミを信じている、というか他に情報源が無いためと思っています。外国のマスコミが動くことは良いことだと思っています。現状の国、マスゴミの偽りを破るには外圧が有効だと思うからです。あとはどれだけメディアが取り上げるかだと思いますが。馬鹿製造機と言われるTVおよび腐った新聞等がどれだけ取り上げるかという不安もあります。
東北の情報、と言えるかどうか (白河在住の全国転勤族(黒鉄好))
2011-08-20 22:30:17
東北、特に福島の人は、(1)政府の情報を鵜呑みにしている、(2)何も知らないでのんきに過ごしている、(3)すべてを知りながら諸事情で避難できず、覚悟して暮らしている、のどれかでしょう。私は(3)ですが、できるだけ早く避難するつもりです。避難は早いに超したことはありませんが、遅すぎるということもないと思います。

こちらなどは参考になるかと思います。
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1840/2011/07/1305819_0708.pdf

空間線量は、環境中の放射性物質から放出されたガンマ線の量を示すものなので、ある程度危険地域を見定めるには役立ちますが、万能視はできません。セシウムなどガンマ線を出す物質以外はわからないからです。例えばプルトニウムのように危険性が高くても、アルファ線しか出さないものは線量計ではわからないのです。ですから、究極の解決方法は避難することです。

リンク先の別紙2(セシウム134、137の堆積量)を見ると、薄い水色の地域までがチェルノブイリの高度汚染地域に相当するエリアで避難をお勧めします。それ以下の地域でも、避難できる人はした方がいいです。

もし、セシウム134、137の累積量だけで避難地域に優先順位を付けるとしたら、(現在既に避難済みの地域は別として)

1(最優先)福島県中通り北部(福島市、本宮市、二本松市など)
2(その次)首都圏の第2地域(三郷市、柏市、松戸市など)
3(その次)福島県中通り中部(郡山市、須賀川市など)
4(その次)その他の福島県内
5(その次)第3〜第4地域の首都圏

という状況になると思います。
1と2は逆でもいいかもしれませんが、福島市の危険度を考慮に入れてこのような順位にしています。

宮城、栃木の資料もあります。
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1910/2011/07/1305819_0720.pdf

http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1940/2011/07/1305819_0727.pdf

こちらはセシウム134、137の累積量が別紙4に示されていますので、こちらを見ると「放射能防御プロジェクト」の調査結果と比較しやすいと思います。

宮城県は、栗原市などにチェルノブイリ第4区域並みの高度汚染区域があります。栃木県那須塩原市なども同様です。これらの区域では、避難が可能な人はした方がいいかもしれません。

なお、PCでここにアクセスしてこれるのであれば、文部科学省サイトに出ています。いくらでも情報は集められます。政府や大手マスコミに頼っていては殺されます。自分で情報を収集、分析して自分で判断しなければ殺されてしまう、日本はそんな新しい時代に入ったのだという認識を持つ必要があります。
Musashino-girlさんへ (Unknown)
2011-08-20 22:46:37
08-20 14:02:49  に東北についての投稿した者です。

関東でこれほどなのだから、東北はもっとヒドいに決まってる。とか
同様のことをお近くの方たちでしてはいかがでしょう?
元々東京に住まわれていたのですから、東京目線なのは当たり前です

というのは、あまりにも投げやりというか、
東北を見捨てるような発言に聞こえます。

首都圏は細かい土壌調査の数値が出ています。
キエフ並みだという事もおっしゃられています。
そういった細かい情報が、 東北のホットスポットはありません。
どうせ、高濃度の汚染に決まってるのだから
西に行くしかないに決まってる。ではなくて、現状を知りたいのです。

データが出揃っている首都圏とは全然違うのです。
地方は切捨てですか、、という気がしてしまいます。

首都圏と同じように情報が欲しいと思っているだけなのに、
なぜこんな言われ方をされるのか、意味がわかりません。
東北の情報について (ブライト)
2011-08-20 23:56:28
東北の情報が欲しいという方々への

>はっきり言って、今頃、このような質問があること自体、信じられません

このコメントに同意です。

木下さんは関東圏の(各家庭の自費調査!)をまとめて下さったのです。
東北の方々は関東圏の人間より、情報が必要なはずです。
それなら、自分でお金を出して調査をすべきです。

それをまとめるのも、やろうと思えば自分でできるはずです。

どこからどこが安全か
どれくらいの線量が安全か

誰かに教えてもらう時代は終わりました。
自分で考える時代なのですよ。
東北の皆さま (Unknown)
2011-08-21 00:19:26
情報が少ないとの事で不安な毎日だと思います。
しかし木下さんは政治家でも官僚でもないので、
一方的に依存するのではなく、情報がないなら
自分で仲間を作り、検査機関などに依頼される
のが妥当だと思います。
仲間(組織)の作り方などを木下さんに相談
されてみるのも良いかと思います。
誰かがやってくれるのを待っていてはいけません。
不安を除くには行動しかありません。
皆で繋がって頑張りましょう。
自分が先ず動け (ioio)
2011-08-21 00:31:26
「こっちも調べて下さい」「うちの方面はどうなっているの」「どうしてテロやクーデターが起きないの」・・・・。
本当に誰も「自分自身で動く」ことを全く考えていないコメントばかりで、日本人の「他人依存度が高い、自立していない幼稚国民」だとつくづく思います。で「やってくれない」人への批判は簡単にする。
うちですか? 私本人は海外に住んでいますが、東京に住む老両親の為に地震の4日後文字通り飛んで帰りました。10日ばかりあらゆる報道を凝視していましたが「政府はこれ以上信頼できぬ」と両親を西に疎開させましたよ。
年寄りなんか放射能汚染は関係ないって?
そんなこと、科学者の親戚もいないのに信頼できませんよ。子供に悪いものは大人にも悪いんです。大切な両親、幾つになろうが逃がす。これが「私のやり方」です。右へ倣えなど真っ平ゴメン。自分であらゆる情報をネットで探しながら今後の我が家のみの降り方を考えています。
他人依存の方々、ご参考まで。
あえてキツイ言い方でゴメンナサイ。
ムッときたなら、ご自分で動くんですよ。
そういう時代に変化してしまったんですから。
東北について (みそまにあ)
2011-08-21 00:57:01
私は青森県出身ですが青森の情報もまったくないので、自治体などにもメールなどして問い合わせてはいるものの。良い返事が受けられません。小さいコミュニティーでも良いので、情報がありましたらお知らせください。宜しくお願い致します。
鼻血 (医師X)
2011-08-21 00:59:54
バッタ遊びをしていて直後に鼻血とのことですが、もう少し冷静に対応された方が良いと思います。冷たいようですが、被曝直後に鼻血が出るような被曝線量なら、もうあなたのお子様は手遅れな位に被曝しています。怖いなら逃げて下さい。ただ、もう少し冷静に被曝と症状の時間と量と発症の関係を判断して下さい。分からない知らないならネットでも何でも検索して勉強して下さい。
ガイガーカウンターでの線量 英国ロンドンより (London UK)
2011-08-21 01:14:15
はじめまして、木下様
いつもこちらのブログを拝見させて頂いております。
木下様のいつもの情報はとても役に立っています。

私は英国ロンドンに在住しています。
震災後からずっと福島第一原発の放射線漏れのことが気になっていましたがあまりメディアではとりあげられていませんよね。
ですのでこちらのブログおよびyoutubeで情報を得るようにしています。

今日youtubeでとても恐ろしい映像を見ました。
URLのリンクをご覧になって頂けると分ります。
そして今日午後にこちらロンドンでも結構な雨が降ったのでリンクのビデオ同様に雨をキッチンペーパーでふき取ってその雨のサンプルを手持ちのガイガーカウンター(ビデオ同様パンケーキプローブ使用)を使って線量を調べてみました。
通常ロンドンのバックグラウンドは40〜50CPMです。
ですが、本日測ったらなんと300CPM以上ありました!
これはまぎれもなく雨に放射線が多量に含まれているようですね。
この結果にとても驚いたので他のガイガーカウンターでも測ってみましたが同じような線量が測定されました。

このようなことはBBCや他のメディアでは全く報道されていません。
ヨーロッパでも確実に汚染が始まっています。

長文失礼致しました。
この情報がお役に立てば光栄です。
Unknown (疑問)
2011-08-21 01:45:08
何故これだけの知識を持ち合わせているのに、テレビやラジオ雑誌等で、公表しないんですか?
一に自主避難、二に自主除染、三に自主身体確保 (Unknown(N))
2011-08-21 02:45:07
3月18日に、この災害は 神の仕業ではこれはない、ただならぬ危機感を感じ、友人のいる欧州へ子供を1人避難させ、追って私達も渡航しました。このような状態にこの日本が陥っていくことは、その時点で察知しておりました。母や兄弟、友人、隣人を説得するも、それぞれの事情で私共のようにはできないことも了解し、彼らを残し、欧州で愛する日本をどうすれば再生できるか、探し続けました。
もう、政府、行政に頼れないどころか、騙されてここまできました。よくもここまでにしてくれたと満身の怒りを私も表明したいくらいです。

もう、各自で自分たちの身を守るしかない。私は感覚的に放射能をピリピリと皮膚感覚で感じてしまうので、空気、水の汚染がわかります。そんな中で色々なものを試してみました。
一に避難、、、まず、遠くへ母と子供でまず旅する。私は学校は休んでも先にこれをするべきと思っているものです。少しでも水の汚染のないところの宿で湯船(バスタブ)につかり、空気をおもいっきり吸える喜びを実感しにいってください。
二に除染、、、その宿の湯船にEM菌*をキャップ4、5杯入れて2時間くらい熟成されます。そして少しぬるめのお湯に浸かりまくってください。何度も何度も入ってください。
私達にとってこれが除染だとおもっています。ほんとうに柔らかい水を頭皮や身体にかけてあげてください。何事もやってみて、判断することです。もう、藁をもつかむ気持ちで何でもやってみることです。ダメなら、また探せばいい!
注:EM菌*:これで検索して購買してください。宗教がらみのものとかの口コミもありますが、普通に昔から売ってるらしく、安価で、心配するようなものでは全くありませんでした。多くのブロガーの方達も実践されています。

そして、三に自主身体確保です。もう、まさかこのような日本になるとは誰も想像しえなかったことが起こっております。極度の緊張状態、疲れています。眠れていません。確実に免疫力は落ちているのは間違いないことです。疲れたと思えば、眠る事です。回復します。そして、私達は癌治療のサプリメントで
マルチビタミン、ルテイン、ビタミンC, ハワイアンジンジャーなどから2粒ずつ服用し、
そして、バイオノーマライザーやEM菌を1000倍に薄めた溶液を放射能で熱をもった皮膚に、幾度もスプレー(100均)で噴霧するのです。顔、頭皮、腕、脚の裏、どこでもいい、ほてっているところです。
そして、重要なのは、眼です!主人やその兄はすでに眼に異変を期しています。ゆがみを感じたり、暗さを感じたり、、、。
だから、ルテインを飲み、1000倍溶液を眼にも噴射します。すっきりとクリアになるのを感じます。
そして、私は恐がり症なので、何かある度に動悸というか、心臓が飛び出しそうになるのです。むかしから、母より頂いていた和漢の六神丸(ろくしんがん)を2粒、今回の地震の時も服用しました。いざ、っという時 速攻的に治ります。しかし、これは水がないと、のどにくっつき、強すぎてよくないらしいので、そこで、私は昔からある ”ういろう”か”仁丹”を5粒常用にしています。 心筋梗塞のお話もあることを知り、私もその一歩手前であったことを知ると、みなさんもぜひこれらのどれかを常備しておいたほうがいいと確信します。

欧州も日本とかわらず、放射線量高いです。いくらかの質がちがう感じですが、いつ、日本と同じようなことが起きるかわからない状態と察知しています。

上に上げたものはほとんどが日本古来の製法や和漢薬、オーガニックな考え方のものだとおもいます。ぜひ、やってみてダメならそれはそれで、何事も子供の健全な将来とそれを見守らなければならない時期まで生きなければならない母のために、いろんなことをやってみるべし!やらなければ始まらないのです!

そして、手遅れとあきらめず、今すぐ、なりふり構わず、やることです! 
放射線量がもう限界に高くなってしまったのだから、これからは、どう身体を守るかかです。食べ物で補えない世界になってしまった今、まず簡単にできることからはじめていてほしいと願います。

追記:EM菌1000倍溶液を自宅回りの土壌に(特に水道給水管の走っている場所)に撒いてみました。私の皮膚をチクチクさせていた水がマイルドになった気がしています。根拠は全くありませんが、参考まで、、、。

こころから、この美しき日本とやさしき日本人の再生を祈って、満身の怒りをひた隠して、ここにメモさせていただきました。

いろいろな情報を分かち合うこのようなサイトに感謝します!


東北や下田のみなさま (かあさん)
2011-08-21 03:01:09
あなた方はこうやってネットを見ることが出来る。そして皆さんがどのように動いて検査して、そして非難に至ってるか分かりますよね。
皆さん、自分でガイガー買ったり尿検査したり、企業に放射能対策問い合わせたり、議員さんに訴えたり細々と活動してるんです。費用が無いというなら同じ事を考えている人をSSNや掲示板で募って費用分担、自分達で先ずは調べてみてください。もうこれからは人におんぶに抱っこの時代ではありません。自らが行動し、決断する。そういう時代に突入したのです。
我が家はなかなかガイガーが手に入らなかったのでツイッターやブログのコメントで移住を決断しました。もちろん母子のみですが。
本日のガイガー数値@ロンドン (Akiko Ikeda @London)
2011-08-21 06:40:25
「ガイガーカウンターでの線量 英国ロンドンより」を投稿された方、大変興味深く読ませて頂きました。私もロンドン在住です。もしFBもやってらっしゃるようでしたら、情報交換したいので、FBでメッセージ下さい。どうぞよろしく御願いします。
返信>名前のない方へ (Musashino-girl)
2011-08-21 07:34:49
>首都圏と同じように情報が欲しいと思っている
>だけなのに、
>なぜこんな言われ方をされるのか、意味がわか>りません。

>というのは、あまりにも投げやりというか、
>東北を見捨てるような発言に聞こえます。


まず、根本的に考えが私と違います。

ここは政府のブログでもなければ自治体のブログでもない。
木下黄太さんという<一個人の方>が、<自分のお金>で運営して、調査もしています。


公共のブログ、組織であれば、地方目線も必要ですし、東北は切り捨てられていると思うのも当然です。

一個人が頑張って下さっているのですから、
それに対して、名前や場所も言わず、またお金を出すわけでもなく、ただ、「東北も調べて下さい」というのは、虫が良すぎるのではないでしょうか。

(東北も広く、またホットスポットによっては同じ東北でも数値が違うからです。また、名前というのは仮の名前であっても、質問する以上は返信をしやすくするために書くべきと思います。)



もし本当に東北も調べてもらいたいなら、
貴殿(貴女)と同じように不安を感じている仲間うちをつのり、お金を出し合って専門機関に頼んで調査をすることもできるのではないでしょうか。 川崎のお母さんの記事のように、一個人でも行動することは可能です。

もしくは木下さんにメールを出して相談することもできるでしょう。


わたしは他の方のように「こんなことを質問するなんて信じられません」とは思いません。

しかし、「他の人がやってくれるのを待っている」場合ではないと思っています。

貴殿(貴女)にとってはここにコメントすることが<行動をおこしている>ことなのかもしれませんが、それだけでは足りないというのがわたしの印象です。

01:45の疑問さんへ (Unknown)
2011-08-21 08:05:22
頭は大丈夫ですか?
原発事故当初あれだけ御用学者を動員して安全捏造、メルトダウンしてない捏造したマスメディアをまだ信用してるんですか?
マスメディア当人は知らなかったとでも思ってるんですか?
東電から莫大な金が渡ってて原発の批判するだけでテレビラジオの番組降板圧力かけてた連中がスポンサーだってことすら理解できないんですか?
したがって今後も可能なかぎり何事もないような、健康被害も可能なかぎり隠蔽する方向にしか動かないことすら理解できませんか?
いい加減原発利権とグルだって気づいたらどうですか?

まあ個人的にはテレビラジオは視聴者聴取者のためにある、正しいことしか伝えない・・・こういう馬鹿が苦しみながら淘汰されていくことなど知ったことではありませんが、自分の頭の悪さを露呈しないほうが賢明だと思います

東北や下田のみなさま (mita)
2011-08-21 08:32:04
皆さんのご心配はよくわかります。
私自身も最初の頃は、情報難民状態で、ネットを彷徨い、どの情報を信じるべきか、必死で調べ、本を買い、読んでは考えました。
子どもや自分の命を守るためには、人任せにしていられないからです。沢山の情報の中で何を信じるか、精査するためには、自分の知識を上げるしかないのは、働いていた頃の経験でわかっていました。

ネット上には、「測ってガイガー」のサイトなど、きっとお近くで数値を測ってくれているサイトが見つけられると思います。
ただ、ガイガーを持ってる友人に言われましたが、素人が測っているので、中には、使い方が分かってなく、(悪意なく)高い数値を出している人もいます。

そして放射No!防御プロジェクトで出ている土壌調査の数値は、個人でお金を払って得た数値を、他の方達のためにシェアして下さってる善意の集まりです。
そこを理解すれば、「ここも調べてください」とは言う先は、他の誰かではなく、民間の調査機関になると思います。

それらの情報を得た上で、どうするか?ですが、周囲の線量は外部被曝の数値です。私が、もっと怖いのは子ども達の内部被曝状だと思っています。

生活の仕方は、家庭ごとで違いますので、現実を見るには、お子さんの尿検査を民間に依頼してみられるのが一番ではないでしょうか?

ウチの子も、7月に友人に教えてもらった民間機関に、子どもの尿を2リットルペットボトルにためて、3万円で検査してもらいました。
微量でしたが、セシウム134、137がやはり出ました。
その数値をどう評価すればいいのかも含め、勉強熱心な友人に教えてもらい、今後は3ケ月ごとに検査を続けて推移を見てみようと思っています。

土壌調査の数万円や、尿検査の3万円を惜しんでいては、自分たちの健康は守れないと思います。
先々の治療費を考えたら、安いものではないかと私は思っています。

先日のNHK追跡AtoZという番組で、福岡に住む元原発作業員の方が、昔は線量計がピーピー危険を知らせて鳴ると仕事にならないので、仕事中は離れた場所に置いておき、通算線量を下げていたせいで、ずっと後になって体調が悪くなり、大学病院でホールボディーカウンターを受けて、放射能汚染によるものと思われると診断されても、会社側は、通算線量から考えて、ウチのせいではないとして、補償をしないと報道されていました。

国や東電の体質はそんなものだと思います。
国や地方自治体がどうにかしてくれるのを待っていたら、自分たちの健康や命を守るなんてできないと思います。
だって、こんな赤字体質を平気で運営している役人に、国民全員の健康を補償するような資金はないのですから。

自分で何とかする!そう、腹をくくる時期なのだと思います。

でも、ヤバイかも?と気付いただけでも、報道の安全神話を信じようとしている人たちより何歩も前をいってるとも思います。がんばりましょう!

木下様、長々とすみません。
Unknown (Unknown)
2011-08-21 08:45:52
東北の方 データが揃わない 測れない 不安なお気持ちもよくわかります。

事情で出来ない場合もあるから、自分でやりなさい!とは言えません。
早めに実施できる機会がくることをお祈りしています。

ただお子さんがいるなら直感を信じて引っ越しすることをお勧めしたいです。 
なぜ上から目線? (通りすがり)
2011-08-21 09:02:39
東北の方に対して、もう少し思いやりをもって頂きたいと思います。
みな、不安な状況は一緒で、最初に書き込んだ方も、木下さんがもし情報を持っているのであれば知りたい、とそのぐらいの気持ちだったのではないでしょうか。
それに対して他力本願だとか、ガイガーカウンターで自分たちで測れとか、そういう意見は的外れ、というか意地悪く聞こえます。
みな同じ状況というのは忘れずにいたいものです。東北は、とてつもない被害があったのですよ…そのことも忘れないで。
みんなで協力しようo(^-^) (keep hope alive)
2011-08-21 09:28:20

木下さんのこちらのブログに集まるのは原発事故への意識の高い方々です。
皆色々な考えや想いがあります。
それぞれの状況も環境も出来る事も違います。
まずはそれぞれが出来ることをやりましょうよ。
こちらで私達が言い争っても仕方ありません。
周りに危険性を訴えてもなかなか理解してもらえない方が多い…ならばこのような場所から輪を広げていきませんか。
縁がありこちらで繋がっているのですから、皆で協力しませんか。
情報が少ない地域でしたらご自身が調べた情報や数値をこちらで共有するのもいいでしょうし。
木下さんだけに任せるのではなく私達も動きませんか。
皆不安です、どんな小さなことでもいいから出来ることからやっていきましょうョ。
情報を共有して助け合って行きたい。
直接お会い出来なくても、私達に用意されているこの場所で繋がっていられるだけでも感謝です。
木下さんいつもありがとうございます。

他人依存の何が悪いんですか? (静岡県西部在住)
2011-08-21 09:50:23
東北の方々は、地域にもよるのでしょうが、震災の影響もあって、ご家族やご親族を亡くされた方々は悲しみと喪失感からの立ち直りに時間を奪われ、また生活基盤を失われた方々は目先の生活の建て直しに忙殺され、さらに原発事故を過小評価する世論の誘導もあって、この数ヶ月間、放射能汚染にはほとんど気を回す余裕など無かったのではないか、と推測します。
最近になってようやく、原発事故の影響の大きさを認識されたのでしょう。
このブログの存在を知り、わらにもすがる思いで「こっちも調べて下さい」、「うちの方面はどうなっているの」と発言される方々を、「自分が先ず動け」などと上から目線で批判する気にはなれませんね。
木下さんが、以前お書きになられたように、このブログの影響は少なからずあるわけで、これを読んだ人が手を差し伸べ、良い方向に向かえば、それでいいじゃないですか?
基本的に、「東北は被災地」ですよ。しかも政治の無為無策によって、まだ瓦礫が放置されたままの状況なんでしょう?
東京とは事情が違いますし、ましてや海外とはまったく状況が違うことに思いをはせることがなぜできないのでしょうか。

それからIOIOさん、あなたも私も「幼稚国民」に属しているのは事実でしょうが、念のために申し上げておきますが、私は「アルジャジーラが取材するに当たって、「この政治状況下で、なぜクーデターやテロや暴動が起きないのか」と不思議に思うだろう」と言っているわけで、「こっちも調べて下さい」、「うちの方面はどうなっているの」同様の他人依存のニュアンスで、「どうしてテロやクーデターが起きないの」などと、まるでテロやクーデターを希求するかのような物騒な発言をしているわけではありませんよ。他の読者に誤解を与えるような言いがかりはやめてください。
土壌調査を希望されている各地の方々へ (S)
2011-08-21 10:50:06
首都圏以外で、危機感をもっておられ、自分の地域も調べてほしいと言う意見、一人では心細く無力な気持ちもお察しいたします。

しかし木下さんが立ち上げた市民グループ、放射能防御プロジェクトも現在では近畿支部、九州支部も立ち上がりヨーロッパでも支部も出来上がりました。
各地で声を上げ、行動しようとしている方たちも最初は一人です。
木下さんの活動拠点が東京だったため、活動が首都圏から派生した流れになっていますが、決して東北などを軽視しているわけではありません。
とくに東北で土壌調査を取りまとめてくれる方もいませんし必要とされていると思います。
現在の調査も、動いているスタッフは自分の生活を抱えた上で活動していますので限界がある事もご理解ください。

まずはこのネットワークを使って動き始めてはいかがでしょうか?
誰かの行動を待つ時期はもう過ぎました。
自分でやるしかないと思います。
誰かが声をあげさえすれば、仲間はすぐ出来るはずです。
せっかく木下さんがいて、この団体もあるのですから、おおいに利用し活用すべきです。
木下さんに直接連絡をとって相談してみてください。


どうか勇気をもって、自分から行動していただける事を強く望みます。
自分で調べ、自分で考え、自分で行動する (KM)
2011-08-21 11:05:52
海外で少し生活していましたが、海外での生活はかなりシビアです。
ぬるま湯だった日本での生活と比べトラブル続きで、とにかくなんでも自分でやるしかないです。
強くないと、自分で切り開いていかないと、日本でフニャフニャと生きてきた人は潰されてしまいます。
自分の身は自分で守る、これが絶対条件です。
だから米国では銃の保有も許されているんです、自衛のため。
ところが日本では・・・なんでも至れり尽くせり。
国や回りがなんでもやってくれるから、国民はどんどん赤ん坊のようになっていきました。
夫も、また海外の人もよく「日本人はまるで赤ん坊のようだ」「自立心が全然ない」といいますが、本当にその通り。
「自分で考え、自分で行動する」こんな単純なことができなかったために、現在大多数の国民がマスコミや政府の策略にまんまとかかりゾンビのようにボ〜・・・っと死に向かって行進しているんですよね。
「ここはどうですか?」
「ここも調べてください」
じゃなく、なぜ自分でやろうとしない?
仲間が欲しければ色々な手段で募ることも出来るでしょう。
座り込んでいて、家に篭っていて、楽に身の安全を入手できると思うのは甘すぎます。
とにかく行動!
土壌調査に参加された方々も、調査の費用は自分で捻出したんですよ。
木下さんのプロジェクトに乗っかった形ではあるが、こうした自費を出された方々はこのような企画がなかったとしてもご自分達で調べていたことでしょう。
「自分で調べ。自分で考え、自分で行動する」
前々回の記事、「まず行動することが如何に大切か・・・」で木下さんが私たちに何を望まれているのか、分らないのですか?
ありがとう (Unknown)
2011-08-21 11:40:19
いつもありがとう、感謝している
東北の人々 (さくら)
2011-08-21 11:56:02
親戚、知人を訪ねて福島と宮城を訪れました。
福島の親戚はガイガーカウンターを持ち、いろいろ注意しながら暮らしていました。東京の大学に通う親戚の子は、春休みは福島の家に帰ることを許されず、夏休み3日間だけの帰省でした。伯父夫婦は趣味の畑作りを止めていました。あのおいしい、無農薬の心のこもった野菜を二度と味わう事は出来ないと思うと本当に悲しかったです。
別の知人は「仕事で子供が関西に住んでいるので少しは安心。でも本当は南半球に行かせたい。」と言っていました。
仙台の街は震災前と変わらず、「がんばろう!負けるな!」と書かれたポスターがなければ、あのような大震災があった事など気が付かないくらいでしょう。でも仙台の人たちもライフラインが回復するまで本当に大変な思いをしたのです。
仙台の親戚には中学生の子供がいます。彼女も不安は感じているらしく食べ物や水をネットで取り寄せているとの事ですが、引っ越しの予定はない、ときっぱり言いました。逃げるわけにはいかない!仙台が中心になって東北を復興させるのだ!という気合いを感じました。
私が会った人たちは、子供も含めて元気そうで変わった様子はありませんでした。でも見た目では判断できないところ、数年後に症状が出るかもしれないところが怖い事なのです。
東北人は本当に素晴らしい。原発事故がなければ見事に復興できたでしょう。東北人の遺伝子が傷つけられるのは日本にとって大きな損失です。安全な場所へ集団移転してそこで立ち上がって欲しいです。


小児科医として (フロスト)
2011-08-21 12:02:03
小児科医をしていますが、確かにそういった症状のお子さんを診ます。
私が不思議なのは、放射能を気にしている親の子供だけに症状が現れているということですね。
割合としては8.5:1.5ぐらい。

親のストレスが子供に伝搬しているのか、放射能のことを考えるからすぐ病院に連れてくるのか分かりません。

放射線に詳しい大学時代の友人は放射能のせいの訳がないという考えのようですが、私は正直放射能の可能性、もしくは放射能となんらかの事象が加わった複合的な症状という可能性も捨て切れないと考えております。

また何かありましたら連絡致します。
Unknown (kenken)
2011-08-21 12:29:14
私も自主的に調査してますが、最近ブログに妊婦や小学生の子供を持つ母親からのメッセージ、コメントが増えてきました。現状では首都圏で症状が出た場合、その補償と対策は誰もしてくれないと思ってますから、私はそのような方には改善がなければ避難を呼び掛けています。

本来このような問題が個人で扱われるのが例外すぎる。なぜ行政は調査をしないのか、症状が出ても補償しないのか、その代償を東電に求めないのか、その理由を明らかにしなければならないと思います。
Unknown (Unknown)
2011-08-21 14:15:52
ヨーロッパでも汚染は広がっている…
やっぱり。
日本で市販されているペットボトルの日本の水がすべて大気と同じ臭いと味がし、仕方なく外国産のモノをのんでみたのですが濃度の差はあれ同じような臭いがしたした。
もう安全な水はないのでしょうね。震災前の水はもうどこにもない。0才と2才の子を抱え絶望しています。
どのくらい健康な体を保っていられるのか…
明日の水にも困っているくらいなので南半球にも行けない。自分の人生や子供達の人生にどのようなピリオドを打てるのか考えています。
悲しいけどもう考えなくてはいけない。こんな時代に子供を産んでしまったことを子供達に申し訳なく思っています。
Unknown (疑問を書いた物です)
2011-08-21 15:17:09
頭は大丈夫ですか?
はい 大丈夫です。
それより 貴方の方が大丈夫ですか?
何故そんなに上から目線なんですか?
このブログを全国民が見てると思ってるんですか?
見てない人もいるから それだけ危険を口にするなら
本当に一人でも多くの人に
危険を知らせるなら 情報を知らせる方法はいくらでもあると言いたいんです。貴方も偉そうに語るなら 自分の知識をみんなに伝えたらどうですか?
ちなみに私は福島から避難してます。
KMさんのコメントに触発されて (9)
2011-08-21 15:27:54
>夫も、また海外の人もよく「日本人はまるで赤ん坊のようだ」「自立心が全然ない」といいますが、本当にその通り。


この国の画一的教育の、ある意味成果ですね。
正解は一つのみ、先生が知っている。先生に聞けば間違いない。
自分の意見を言うと出る杭として叩かれる。
みんながやることを同じようにやっていれば安心。個人的思考は危険。
先生や権威者の言うことだけ信じて大人しくしていればそれでいい。
それにより生じた無気力無関心、草食系、マニュアル依存、などなど、自分の内から溢れ出るものがない、自分がない、受け身、人任せ…。
仕方ありません、個より集団を優先する社会です。
自分の考えなどより、その場の「空気を読む」ことができなくてはダメ。
小さなときから家でも学校でもそう教育されてきたのです。

個がないがしろにされる、つまり自由がないのですから、自殺者が多いのも納得できます。

徒然と失礼しました。
たんなる思い込みでは (むろふし 神奈川)
2011-08-21 16:57:02
unknownさんのコメントについて
ペットボトルの水の味についてですが、たとえ放射性物質が含まれていても人間の嗅覚では、感知することできないのではありませんか?ぺットボトルの容器の匂いだと思います。ちなみに、家庭用浄水器ではどの程度除去できるのでしょうか?ご存じの方いらしたらアドバイスお願いします。
小児科医として (フロスト)様 (一児の母、妊婦です。)
2011-08-21 17:36:51
初めまして、現在子どものためだけに関西へ避難している者です。

>小児科医をしていますが、確かにそういった症状のお子さんを診ます。
私が不思議なのは、放射能を気にしている親の子供だけに症状が現れているということですね。

とおっしゃいますが、私は全く気にしていませんでした。
というより、放射能、放射線、放射性物質の違いすら分からず、F1の水蒸気爆発の意味すらよくわかっていませんでした。
(わかっていたなら逃げたのに自分の無知を恨んでいます。)

事故後から私と娘の軽い体調不良が始まりました。私に関しては3月末に妊娠が発覚したので、症状は体重が1か月余りで7〜8キロも減る程の重度なものでしたがつわりだとばかり思っていましたし、娘に関しても新学期の疲れ、季節の変わり目、とさほど気にもしていませんでした。

大量の鼻血が何度も何度も出るまでは。

さすがに怖くて病院に行きましたが原因ははっきりしませんでしたが。

でもそこからです、必死に調べて勉強を始めたのは。
そしてその後すぐ、命にかえるものはないと避難を決意し、行動に移しました。

また、

親のストレスが子供に伝搬しているのか、放射能のことを考えるからすぐ病院に連れてくるのか分かりません。

とありますが、その後は娘にも自己防衛のためにも放射能の恐ろしさ(食べ物を含む)を伝えましたし、過敏になっています。東京にいた頃より避難後のほうがそういった意味ではストレスは大きいと思います。でも、症状は和らぎました。おかしな話です。

それに私は病院へ行ったとしても医師の方自身、きっと外部・内部被曝の知識は低いだろうとこちらから口にしたことはほとんどありませんし、向こうから触れられることはありませんでした。
正確かどうかも分からない診断をもらうより自分で症状を控えたりするようにしています。

知識と危機感のあるドクターがいればもっと安心して病院にも行く回数は増えるでしょうが、現状ではどちらかというと知識のない病院へ行っても意味があるのか?とさえ思ったりもします。

本当は私だって浅知恵、信頼して相談、診断してもらえるドクターに頼りたい、大丈夫だよ、頑張ろうねって言ってもらいたいです。

でも、現状はそうじゃないんですよね。
だから、何度心が折れても涙が止まらなくても、頑張るしかないんです。
ご先祖様から、または神様から預かった命、私の独断で危険にさらすわけにはいかない。

それに子どもを始め、パパだって大切な人。
「家族は大事、命に代えても守りたい」
結婚して、子どもを授かってずっとそう思っていました。でも今回のことでそのことに生まれて初めて直面しました。
そして、私の命に代えても守れないかもしれないという恐怖にも。
大した知識も、強さもなく、平平凡凡と生きてきました。でも、これからは変わらなければいけない。私も投げ出したくなる中、日々、いろんなことと向き合っています。

どうか、
>私は正直放射能の可能性、もしくは放射能となんらかの事象が加わった複合的な症状という可能性も捨て切れないと考えております。

というお気持ちを持ち続け、疑問を抱き、今目の前で起こっていることに向き合い対処法を共に見出して行ってください。
また、早急にチェルノなどの事故で多くの命と引き換えに残してくれた過去を学んでほしいです。

一人でも多くの命を無駄にしないでほしい。

共に気付き、共に学び、共に変わり、共に生きていきたいと願っています。
本当によろしくお願いします。

初めてコメントする方に対して、失礼に近い内容になってしまったこと、申し訳ありません。
Unknown (ttt)
2011-08-21 17:52:46
日本人は屠られるのを待っている家畜のようだ。
子供の頃から、ロープにつながれ、狭い小屋に入れられ、身動きが出来ない状態で育ったから、そこから逃げ出すという発想が出てこない。
ただ殺される順番を列を乱さず待っている。
Unknown (疑問を書いた物です)さんへ (mita)
2011-08-21 18:06:09
横レスですみません。

感情的なやりとりになって、状況が伝わっていない気がしましたので、横から失礼します。

木下さんにしても、他の熱心に危険性を訴えていらっしゃる方にしても、常により多くの人に気付いて欲しいという善意に駆り立てられて、可能な限り、メディアを呼んで、記者会見などをなさっているようです。

でも、一般の私たちが思っている以上にメディアに対しては、広告の大スポンサーである東電ファミリー企業や関連企業からの圧力、NHKに対しては、そういう企業から献金を受けている政治家から、報道する内容について、相当な圧力がかかっているのが現実なのだと思います。

木下さんを始め、現状を憂いている善意ある人達が、どれだけ歯がゆい思いをなさっているかと考えて、感情的になって反論された方がいらしたのだと思います。

仰るように、ここに書かれている事全てが本当であれば、一人でも多くの人に知らせるべきでは?というのは最もです。

でも、関心のない人、安全神話を信じたい人が多いのも、また、今の日本の現実なのだと私は思うようになりました。

戦時中の日本の軍国主義の洗脳ってこうだったのだろうか?と、今のTV報道を見ていて思ってしまいます。
日本には神風が吹いてる!だから負けるはずがない。新聞も教育も偏って。でも、あの時も上層部や、一部の善意ある人々は負けることを知っていた。

それと似た状況に陥ってると思うと、海外にも広く情報収集できるネットの存在はありがたいと、私個人は感謝する日々です。
もう少し柔軟にご斟酌くださいませ (Unknown)
2011-08-21 18:11:40
いつも皆様から寄せられる情報を参考にさせていただいております。

コメントをくださる皆様に感謝しております。

事故当初から毎日のようにアクセスして情報を得てよく研究されている方と、たまたま通りすがりで素直に感じたままを投稿した方とで、すれ違いが生じているのは仕方ないことです。

「こんなに大切な情報をなぜ大々的に広めないのか?」と思う方に対して、マスコミの隠蔽ぶりに怒り心頭の私も「え?」と思わなくはありません。

また「放射能を気にする親の子どもに症状が出やすい」というご意見にも、「放射能など気にしない脳天気な親の子ども、中でも放射能などわからない乳児に症状が見られる」というコメントに接してきた私には「あれ?」という感じがします。

しかしみんながそれぞれのタイミングで、率直に感じたことをそのままコメントして構わないと思います。

卑劣な誹謗中傷に対しては、断固たる非難を加えてよいかと思いますが、それ以外はあまり頭ごなしに罵倒しない方がよろしいかと存じます。
触発されて・・ (okama)
2011-08-21 18:40:47
会社に就職しても、「会社にお世話になっている」的な感覚が日本では生じます。お世話になっているから文句が言えない、何かを言うと、「恩を仇で返すのか?」と言われ、不義理をしているように感じてしまう。恩・恩義を売る(売りやすい)のはいつも、権力者側・支配者側ですから、弱いこちらは恩義を負わされることになり、何も言えないという構図になる。立派な大人が羊のように沈黙しているのも、こういう精神構造(文化構造)があるのかも・・と。
放射性物質が、どのくらい降っているかの目安。 (のぶ(山口県東部在住))
2011-08-21 19:20:16
先月29日に、文部科学省が発表している集計結果があります。
放射性物質が、3月と4月にどのくらい降っているのか目安になります。
http://www.mext.go.jp/component/english/__icsFiles/afieldfile/2011/07/29/1307873_072914.pdf

このページに沢山載っています。
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/

鵜呑みにするのは危険かもしれませんが、何度も言いますが目安にはなります。
東北の方は (負けないで)
2011-08-21 19:42:50
ニュースで悪いことをあまり言わなくなった原発を心配するより、失った生活やコミュニティを立て直すことに必死で、少し落ち着いて今このブログにたどり着いた方もいらっしゃるでしょう。まだまだそこまでの余裕がない方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
ただ、事故収束の目処もつかずずっと高い線量であろう場所を調べることを援助するなら、避難の援助をしたほうが良いでしょうね。どこに?というところで答えが出ず、義援金や物資以外何も出来ません。
これでは自分でやってと言っているようなもんですよね。すみません。
Unknown (Unknown)
2011-08-21 19:44:47
今、日本人気質を問うていても時間もないし仕方がない。
これからどう生きるのかに是非繋げていきましょう。今こそ貴方自身、私自身の生き方、そして日本の将来が問われているんだと思います。
まだ間に合うことが今からでも沢山有るし、すべきことも沢山。
最期に後悔しない生き方をしていきたいです。
Akiko Ikeda @London様へ (London UK)
2011-08-21 20:28:48
私もFBやっています。
さきほどメッセージをお送りしました。
ただFBでIkedaさんを探しましたが何人か同じ名前の方がみえました。
もしメッセージ、フレンドリクエストが届いていなかったら再度ご連絡ください。
同じロンドン在住でこちらのブログを読まれている方がいてとても心強いです。
正解はひとつ (Unknown)
2011-08-21 20:29:42
まさに文部省→文科省が70年代から手がけてきた「正常化」教育の成果ですね。

問題には必ず正解がある。正解には必ず理由がある。

そして正解も理由の説明も、必ず誰かから与えられる。

与えられなければ不安になって動揺する。

正解や理由の説明が与えられないと、自分からは動けない。

哀れな日本国民。正解は我が身の健康被害をもって納得するしかない。

なんて言ったらまた「上から目線だ」 とお叱りを受けるのか?
噴飯ものの比較文化論 (mt)
2011-08-21 21:50:27
何だか底の浅いlibertarianの如き
低レベルの、しかし本人は思い切り下界を見下ろすかのような滑稽な意見が散見されますね。

さしずめ中途半端な海外経験などは特に最低限の基礎教養ないし洞察力がないとその思考体系に悪影響しか与えない、というのは事実のようで。

アメリカはじめ諸外国の人が「日本と違って」自主独立で何でも自力で何とかする、などというのはステレオタイプの幻想にすぎず、もし可能な場合はそれを可能ならしめる社会的文脈が必ず存在するものであって、ここの一部の人が唱えているような薄っぺらな「自立心」のお陰ではありません。

そのような認識も想像力もなしに、聞きかじったような、血液型占いの如き俗流の比較文化論をぶって悦に入るのはまさに「精神の田舎者」であり、恥を知ったほうがいいのではと思われます。

長々書きましたが要は、困った立場にある人を励ますとか慰めるとか手を差し伸べるとかは一切せずに、愚にもつかないくだらん説教すんな、てことです。
Unknown (Unknown)
2011-08-21 22:36:24
皆さん一生懸命生きていて 一人一人今出来る事が違います。 
私はしっかり行動してる!と威張るのではなく、まだ出来ない方々もいる事を認めていきたい。
行動出来る方は愛のあるお見本をみせていってください。
子供に対してと同じで批判するのではなくお手本をみせていく事で愛と勇気は伝わっていく気がする。
その愛をみて出来るようになっていきます。
まずは一人一人出来る人からはじめてどんどん日本人が繋がって行ければと思います。 今はただ生きているだけで精一杯な方々もいます。 そういう方々にはただ生きていてください と言いたい。 
共用プールの話が出だした (KAT)
2011-08-21 22:52:47
非常事態!実はもう手がつけられない!共用プール付近から水蒸気が噴き出している〈原子力緊急事態宣言>
http://www.asyura2.com/11/genpatu15/msg/714.html

http://www.youtube.com/watch?v=ChBF6FsLd08&feature=share
いまだに10兆Bq

よしの
20110821夕方 小雨 東京都江戸川区葛西自宅マンション前 高さ1m 0.17㎲v/h 自転車置き場地表0.29〜0.30 東屋 高さ30 0.18 側溝0.26 雨の後 地表が物凄い数値に。瞬間0.40初めて見た #Gctjp #RADEX #RADEX1503

ttps://twitter.com/#!/def_zep_deep/status/105187166690344960
科学雑誌の検閲の存在 (sarabande )
2011-08-21 23:21:28
 原発事故被害の問題は、マスメディアの大本営発表のみならず、被害の研究のありかた、その権威付けとしての科学Journalへの受理のありかた、さらに、この分野の健康調査についてはWHOがIAEAの影響下にあることなど、チェルノブイリでの事実、経験が、それとして認められないような根深い「検閲」システムがある。検閲している主体は、原子力利権や核産業や各国の核軍略につながるような、世界的な、規模の大きい政治的なものであるといえる。日本のジャーナリズムは、そういう相手の存在に対して、どういう戦略を立てるべきか、いまから問われているのではなかろうか。
 イギリスのガーディアンのこの分野の記事を、元京大助教が訳してくれているのをみつけたので、以下にリンクをつけておきます。


今いかにしてチェルノブイリに学ぶことができるのか ガーディアン論説記事紹介

小野昌弘

http://masahirono.seesaa.net/article/193901894.html


 また、科学雑誌が、投稿された内部被曝関係の調査研究をレジェクトしてきたことについての証言が、岩上安身の名古屋大学名誉教授の沢田昭二先生へのインタビューで確認できる。

http://www.ustream.tv/r、ecorded/15241220

 55分から60分のところで、遠距離被曝者(内部被曝者)と、内部被曝もない者との比較をした研究論文が、「こういうものは載せられない」とレジェクトされた経緯が話されている。核保有国の雑誌(代表的な科学雑誌はすべて含まれるだろう)には、核兵器の人道性を脅かすような、広域、不特定多数への影響を示す内部被曝研究は、載せてもらえないという理由のようである。
 多分、核保有国の政府研究機関、場合によってはICRP内部でも、ラットやあるいは、より人間に近い、猿にも、セシウム137の含まれる水や食物を摂取させ、臓器や行動の病理学的な変化をみる研究がなされ、バンダジェフスキーの結果の追試もされているのではないか。毒性をみるだけの研究プラン自体は、どこの医学部でもできそうなものであるが、内部被曝の領域は、科学研究が検閲され、その知見が政府に独占されるような、そういう領域になっているのではなかろうか。




小児科医のフロストさんへ (もと安全厨)
2011-08-22 01:38:40
>私が不思議なのは、放射能を気にしている親の子供だけに症状が現れているということですね。
>割合としては8.5:1.5ぐらい。

>親のストレスが子供に伝搬しているのか、放射能のことを考えるからすぐ病院に連れてくるのか分かりません。

千葉県のホットスポットから西に母子避難した者です。

気にしてる親の子供「だけ」に発症…という表現が、どうも引っかかってしまいました。
病院に子供を連れて行く親御さんは、ずっと放射能を気にして過ごしていたというよりも、子供に何か起きて原因を考えた時に、もしや放射能では?と思い始めて、それで受診するケースが多いのではないでしょうかね。
気にするから発症というより、発症したから気にするようになった…ということです。
だって、子供に変調でもなければ、安全厨でいたい人の方が断然多いような気がするんです。
実際に私がそうでした。

私の場合は、GW開けた頃から小学校低学年の我が子の体に様々な小さな変調(以前にはなかった口内炎の頻発や目の痒み、長引く微熱など)が見られ始め、そうなって初めて、放射能を疑い始めたんです。
それまでは放射能に対して深くは考えていませんでした。
今回も口内炎くらいでは、子供に「大丈夫、大丈夫。たいしたことないからすぐ治る!」と言って聞かせていましたし。
でも、頻発するのは何かおかしいな…と漠然と思ったのを覚えています。

我が子の長引く微熱は血液検査をしても異常なしで、目の痒みの原因を知りたくて行ったアレルギー検査も結果は良好で、原因はわからず。
そうなると、「放射能が原因ということはありませんかね…」と医者に聞いている自分がいました。一笑されましたが。

疑わしきものは排除したかったので、内部被曝を避けるよう徹底し始めて、それから子供の小さな変調は徐々に消えて行き(目の痒みは残りましたが)、熱も下がってきました。
他の隠れた病気が微熱の原因だといけないので精密検査を考えた時に、ホットスポットにいては体への負担が大きいと思ったので、西への避難も決行しました。
子供にこんなことがなければ今頃まだ千葉にいたでしょうし、木下さんのブログに出会うこともなかったでしょう。

フロストさんは複合的に考えてらっしゃるとのことなので、長引く咳や胃腸炎など原因がはっきりわからない症例に出会ったら、放射能との因果関係を疑う姿勢もお持ちなんだと思います。
すべてのお医者さまがそうであってくれたらと、今では強く願っています。
ioioさんは正しい (逃げた人)
2011-08-22 03:54:31
そのとーりだ。
誰に聞いたって正解なんかありゃしない。
自分の直感で動くんだよ!

動かねーで、あーだこーだ言ってもなんの解決にもならん。

直感で感じなければ留まれ!
感じるなら即避難!

単純でよろしいではないか。
Unknown (sarabande)
2011-08-22 09:35:27
沢田昭二先生の岩上インタビューサイトがうまく載らなかったので、再投します。

http://www.ustream.tv/recorded/15241220
Unknown (春夏秋冬)
2011-08-22 12:58:05
いつもコチラのサイトを参考にさせて頂いております。

この場をお借りする形にて申し訳ないのですが、
都内在住、小学生の子供がおり、子供の被爆検査を検討しております。
ホールボディカウンターでなくとも、血液検査、エコー?と考えておりますが、
病院側に、どの機械があればこの検査が出来るといった情報をお教え頂きたく思います。
(例えば、個人病院ですと血液検査は専門の委託先に出すでしょうから
どの病院でも可能でしょうが、その他の検査はその病院にある機械類が
あるかどうかで検査内容が異なってくると思いますので)

もし実際にお子様を検査された方がおられましたら、
どちらの病院で
どういった検査をされて
どの様な結果が出たか
をお教え頂けますでしょうか。
初めて知りました (私もロンドン在住)
2011-08-22 13:13:31
それだけ雨に含まれているのだとしたら
庭の芝生なども汚染されているのでしょうね。
何も知らずに度々、芝刈りやってました。
芝アレルギーはないのに、芝刈り後、先日発熱と喉に違和感が続き風邪だと思い込んでいましたが、
万一のことも考慮しておいたほうがいいと感じました。
貴重な情報ありがとうございました。
我が家もガイガー購入検討してみます。
チェルノブイリの話 (マツダマツコ)
2011-08-22 17:34:15
 sarabandeさんがUpしてくださった 小野さん訳のガーディアン紙の記事を拝見しました。

 これって 一部の人たちとうにご存じだったにもかかわらず、あまりに大きな世界の仕組みに立ち向かうのをあきらめていたから、政治も 報道も 機能しなかった、、その根源なのでしょうか。

 WHO IAEA  さらには 第2次大戦の戦勝国(核保有国)が支配する国連という組織に対して、若いころは信頼感を持っていたのですが、50にもなるとさすがに 逆に立ちふさがる壁という印象をたびたび抱くようになってきていました。

 ヒトという生き物の、どんなに素晴らしい知識を得ても 敵は容赦なく叩き潰し 仲間さえ良ければ他はどうなってもかまわないという性を 思い知らされたようです。

 事故の後 来日したサルコジ氏やHクリントン氏は くぎを刺しに来たのでしょうね。離脱したら承知しないと。ずっと いぶかしく思っていましたが 今はわたしの個人的見解として言葉にしてみました。日本の最高首脳が いまどんなアクションを起こせるのか。新しい人はまた、とてもおそろしい長いものに巻かれていってしまうのか、

 でも ここに踏みとどまらざるを得ない人間は おそろしい放射能以上に恐れるべきものがあるのかと、放射能から身を守りつつ世界を牛耳る身勝手なPOWERに抗いたいと なにかあらたなページが開いたように思ってもいます。 のほほんと生きてきた日本という国がそのような場所になるとは。

東北での5か月間 たいへんな苦労があったのに、その復興が台無しで、どうして こんなわかりきったことを度外視して 希望を抱かせ再建を続けてきたのでしょう。東北の汚染情報、真実を知らせていただいてありがとうございました。

 どうにも痛ましくて 怒りのやり場がありません。抵抗を続けます。


お医者さんは (Unknown)
2011-08-22 20:52:34
仮にもその症状は放射能のせいなんて診断はくだせませんよねぇ。
治療法なんぞありませんし、引っ越せなんて言うわけにも行かないだろうし…

結局疑問に思いつつも、対処療法をするだけになってしまうのではないでしょうか。
仕方ないですよ。
お医者さんに同情してしまいます。
もと安全厨さんへ (aiuet)
2011-08-22 23:23:39
こんばんは。
いつもブログを拝読し、勉強させていただいております。木下さん、ありがとうございます。

さて、タイトル通りの内容です。
私も「もと安全厨」さんと全くの同意見です。
うちも幼稚園児が2人居るのですが、同じような状況でした。

母親は一番子供を見て、感じることができる唯一の人だと思います。
その母親が「いつもの」風邪とは違うとか、「いつもの」体調とは違うと感じるのは当たっていると思います。
また、それが母親だと思います。

ちなみに我が家が行っている耳鼻科、内科の先生は放射能との関連を私が聞くと
「ここら辺でも何年後から、甲状腺の問題の子がたくさんでてくるだろうね…」とおっしゃっていました。
あまりにもみんなが薄着であることにも、危惧していらっしゃいました。

幼稚園のお母さん方に久々に会うと、私のように避難だとか、ガイガーカウンターのことを考えている人は誰一人おらずでした。
そんな中に居ると、放射能のことをすっかり忘れてしまいそうな錯覚にさえ陥ってしまいそうでした。
忘れないで (あづさ)
2011-08-23 00:40:26
木下さん、こんばんは。
東北の方たちと首都圏の方たちの温度差はかなりあると思います。
私は、日本人を批判される方に聞きたいです。
あなたは、津波に逢いましたか?
逃げられないような大きな揺れに逢いましたか?
避難所で体調をくずすほどの不便な思いをしましたか?
泣きながら知人や家族を探し回りましたか?
遺体の棺すら足りず、毛布などでくるんで土葬にしなければならなかった悲しみが解りますか?
何も解らないなら、そういう無神経なこと言わないでください。
私は、4分の1外国人です。
関東大震災の時、虐殺を受けた民族の末裔です。
日本人は、立派な民族ですよ。
酷い災害でパニックひとつ起こさなかった。
自分の国の人たちを貶すよりも大切なことがあります。
みんなで支え足りないところを補うことです。
そのことを忘れてほしくありません。

東北の汚染度は、 (ころ)
2011-08-23 02:57:41
岩手県盛岡市在住です。
やっと岩手県も徐々に測定し始めました。
県や各自治体のHPを調べれば地表の数値わかりますよ。
まとまってないので調べずらいですが、いろいろ検索してみて下さい。
滝沢村にアイソトープ研究所があるのですが、3月から5月の地上4メートルの高さにあるモニタリングポストの数値をネットで公開していました。今は公開していないのでリアルタイムで知りたい人は電話で聞いてみてください。
それを見ると、岩手に汚染風がきたのは3/13と3/21だということがわかります。
事故以前は0.017msv/hだったのが現在は0.05で落ち着いています。
岩手大学農学部の作成した岩手県内の汚染地図もありますので調べてみて下さい。
岩手山の北側はほとんど汚染されていないと思います。
米については宮城の登米市が土壌と稲を調べています。
この数値を参考にすると、文科省の航空モニタリング地図の青色の所は大丈夫かとおもいます。
cs137で1Bq/kgも出ない所が多いと思います。
土壌と稲本体を自費で調べましたが、登米市の結果より高い数値では無かったのでとりあえず安心しました。
ですが、今だ放射能入りの雨が降っている状況ですので、秋の収穫までに汚染されないことを祈るばかりです。
問題は政府 (あづさ)
2011-08-23 03:51:48
アルジャジーラは、中立の立場で報道されてますね。
嬉しく思います。
劣化ウラン弾でいまだにくるしんでいる方たちが沢山いるから他人事ではないのでしょう。

木下さん、日本人は海外の方が言うような、抵抗もしない赤ん坊ではないです。
被災された方は、じっと過酷な状態を我慢してるんです。
日系人がアメリカの強制収容所や偏見や差別に耐えたように。
日本人は、忍耐強いけど、キレたら怖い民族でもあるんです。
歴史を見るとよくわかりますが、一向一揆や島原の乱をみてもわかるとおりかなりの抵抗をし統治者が、農民たちの抵抗を押さえるために過酷な弾圧を加えたほどの民族なんです。

被災された方でも、人任せになどしてる方がいますか?
それなりに努力されてます。
被災した福島でも、おじいさんおばあさんたちが、自らなけなしの自治会のお金で、性能の高い線量計を借りて線量を調べ回ったといいます。
津波に呑まれた所によっては、仮設住宅を被災者たち自らの手で作った場所もあります。
過去の新潟地震では、孤立した場所は、ビニールハウスを避難所にしみなでやり過ごしたところもあるくらいですからたくましい民族なんです。
私は、創意工夫が上手で順応性の高い民族だと思います。
問題は、無為無策の政府です。
疎開させず、子供たちを住民を被曝させ、棄民にしようとしている政府なのです。
岩手のこと (KOTKA)
2011-08-23 05:41:54
岩手県南在住ですが、妊婦子持ちの身なので原発事故から一週間後に名古屋の実家に避難した者です。(父が放射能に関する有資格者だったので早々にことの重大さに気づくことができました)内陸だったので震災の被害は直接的にはありませんでしたが、余震が続き雪が降りしきる中、ガソリンがなくなり食料がどんどん売り切れ、先の見通しが全く立たず、恐怖と不眠不休でくたくたの中タクシーで秋田空港まで行き、大阪を経由して避難しました…(道が寸断され空港も封鎖されていました)

岩手の内陸部ですらそんな状態です。(あまり報道はされていませんが内陸部も余震で崩れた家がたくさんあります。)今は沿岸の被災者が命からがら内陸に避難し、放射能の被害に遭っている…そんな状態です。首都圏と意識にずれがあって当然だと思うのですが…

私個人は名古屋ではまず支援物資を集める活動をしていましたが、間接的に被災者支援にもなる為、同時に5月の時点で岩手の県南で放射能勉強会も開きました。(その時点で県南の汚染は明るみには出ていなかったのですが…)

その流れかどうかは解りませんが、奥州市の小学校では教育委員会と保護者が校庭の除染も行っています。

たまたま名古屋でチェルノブイリの支援活動をしていた知り合いがいますので、遅ばせながらそこと連携し、岩手の土壌汚染の実態もより綿密に把握していけたらと準備している段階です。

東北人もけして受け身ではありません。首都圏と比較すると人口が少ない上に被災地であることで動きがないように見えますが、ちゃんと動いています!
ロンドンの雨 (tokyo)
2011-08-23 09:10:21
ロンドンの雨汚染の話が出ていましたが、これは福一の汚染と考えられるのでしょうか、それとも英国国内や近隣諸国の原発由来なのでしょうか。
恐らくこうではという推測で結構ですのでお教えください。
ガイガーカウンターでの線量測定 英国ロンドンより (London UK)
2011-08-24 06:53:06
本日(8月23日)ロンドンは雨でした。
ですので再度放射線量をガイガーカウンターで測定してみました。
測定方法は前回同様キッチンペーパーで車の雨水を大きな範囲ふき取りそれを計測しました。
ガイガーカウンターも前回同様パンケーキプローブを使用しての計測です。
念のため2種類のパンケーキプローブ付きのガイガーカウンターを使用しました。
両方とも校正済みのものです。

前回の測定値は約300CPMでした。
本日は前回を上回る400CPMを計測しました。
ただ今回は半減期をチェックしてみようと思い15分おきに測定しました。
すると35から40分ほどで数値が半分ほどに減少しました。
半減期がこれほど短い放射線物質ですと一体どんなアイソトープが考えられるのでしょうか?

こんな短い間で数値が半減するということは、福島から飛んできた放射線物質とは違うのでしょうか?
チェルノブイリ事故の際もイギリスの牛乳からセシウムが検出されています。
セシウムの半減期は2万年以上ですのでまだ英国にチェルノブイリの放射線物質が残っているのでしょうか?

その他にケムトレイルなどと関係しているのかなと疑問に思っています。
ロンドンの空は常にケムトレイルだらけです。
ですので知らないうちに有毒なものをばらまかれているのかなと思っても不思議ではありません。

5月ごろ初めてガイガーカウンターを入手して雨に含まれる放射線量を測定したときは最高でも200CPMでした。
ですので確実に数値が上がっています。

本日測定した放射線物質はどこから来たものなのかを突き止めるのは至難の業だと思います。

50年以上前から世界のあらゆるところで核実験が行われて来ました。
ですので放射能汚染は今始まったものではないんですよね。

ただ今回は福島第一原発の事故によりガイガーカウンターの購入を決めて入手したわけですが、今まではどんな数値だったのかとても興味があります。
実は結構な数値をすでにだしていたかもしれませんね。

また数日後に雨が降るらしいので、再度計測してみたいと思います。

皆様お体をお大事にされてくださいね。
被災地の人 (pinkymama)
2011-08-24 10:46:17
このところ、放射能が心配で、水や食材を吟味したり、特別注文して買っていました。以前は被災地にマッチングサイトで、時々送っていましたが、このごろは自分のことで精一杯でした。久しぶりに、マッチングサイトを見ると、まだ水や食料さえ足りない人が大勢いました。その方達は、放射能のことなどとても考えられずに、また考えたところで手だてをする余裕もなく、日々の食事にも苦労されているのだなと思います。我が家の子供の調子の悪さは、放射能ではないかと疑念をぬぐいきれずに自分の家族のことを守るために行動していましたが、自分達だけ助かろうとしているのかと罪悪感を感じる部分もあります。せめて、自分のまわりに働きかけるにも、温度差がありすぎてどうにもなりません。母、妹や家族に伝えていますが、むなしさを感じるところが多いです。それでも、自分のできることはしていこうと思いますが、東北の人達を置き去りにしてはいけないと思っています。
Unknown (Unknown)
2011-08-24 14:00:01
むろふしさん
絶対に人間は放射性物質を感覚でとらえることはできないのですか?その証明をお願いします。
ほかの方でも喉が痛くなった、雨に当たってひりひりした等の書き込みもありますが…
その方すべて気のせいなんでしょうかね。
自分の命ですから自分の感覚を信じて行きますよ。むろふしさんの言うように気のせいで済むレベルではないくらいキツい感覚であるしそこで生きていけるとは到底思えません。むろふしさんのような考えで私が生活していたら死にます。
責任がとれないような発言はやめてください。
他にも (ちかりん)
2011-08-25 20:24:47
アルジャジーラはアラブ系の報道局の割りに中東の事も意外に中立的に報道し、アラブ諸国からたまに?うとまれていますよね。先日youtubeで福一で実際に作業をしている告白取材をアルジャジーラがしていたのを見ました。彼曰く、「他のメディアは一切興味を持たなかった」とありました。彼は死を覚悟して作業にあったっていますね。。。

それと3月から様々な報道を見ている限りではロシアの放送局、RT.comもよく状況を伝えていました。でもこちらは自国の事は悪く書きませんが(笑)他の国の事は、例えばリビアの件など、BBC, CNNとは全く違う角度で報道していて興味深いです。
ガイガーカウンターでの線量測定 英国ロンドンの方へ (London UK No.4?)
2011-08-27 22:09:47
わたしもロンドン在住で、FBもやっている者です。Akikoさん経由でフレンド申請させていただいてもよろしいでしょうか。

最初の実験の話をお聞きし、昨日、新しく入手した線量計で計ってみましたが、特に大きな数値は出ませんでした。この辺りはそうなのか、それとも何か間違っているのか。。。? よろしくお願いします。
London UK No.4?さんへ (London UK)
2011-08-28 03:39:05
もちろんフレンド申請OKですのでぜひFBよりご連絡ください。

昨日私も夕方の雷雨のあとに急いで走って外へ出て車の雨水をふき取ってテストしてみました。
その結果やはり400CPM出ました。
一時的に大量の雨が降ったあと(バケツをひっくり返したような)はとても高い線量が出ています。
エリアによってやはり差があるのでしょうかね?
ただこの放射線はとても半減期が短いので本当にどのアイソトープなのかを本格的に調べられたらなあと日々実感しております。
London UKさんへ (London UK No.4?)
2011-08-29 05:33:53
ありがとうございます。
まだ連絡が取れません。うーん、残念。

さて。今日も大雨が降った時に、外に飛び出していって、降りたてホヤホヤの雨水をペーパータオルにとらえ、小さな線量計で計ってみましたが、やはり変化は見られませんでした。これじゃ無理なのかしら。一度雨の日に、ご一緒に実験をしてみたいものです。

FBのほう、しばらくお待ちくださいね。
微熱 (Chihiro)
2011-09-07 21:25:18
都内葛飾区在住です。
18歳の娘の微熱(37度前後)がもう2ヶ月下がりません。
3・11から間もなく、水はミネラルウォーター、野菜も被災地産を避け関西以西か北海道産。肉類はほとんどいただきません。
外出時はマスク着用もしています。
病院3軒行きましたが、原因不明です。
放射能の影響の可能性も否めず、同じような症状の方、いらっしゃいますか?
たんなる思い込みでは (むろふし 神奈川)さんへ (Unknown)
2011-09-10 01:57:25
裏覚えで申し訳ないのですが、チェルノブイリ事故後に京都大学の小出先生が講演で、家庭の水道水をなんとかしてきれいにしようといろいろ試した人がいたが、効果はゼロだったと言っていました。それから約25年たって製品がどのくらい向上しているのかはわかりませんが。1983年頃の動画をU−チューブで探すとでてくるかもしれません。あまりお役にたてないかもしれません。失礼しました。
Unknown (pana)
2011-09-16 12:01:50
>まさに文部省→文科省が70年代から手がけてきた「正常化」教育の成果ですね。

戦前戦中の大本営を思うと、戦後だけの問題では無いと思います。
戦後の日本人のメンタリティーを、全てアメリカ占領(3S教育等を含めて)せいにする方も多いですが、
日本人の「お上に逆らわない」「お上を信じる」性質は、戦後教育だけの問題では無いと思います。

少し落ち着いてはいかがでしょう。 (unknown(2011-08-24 14:00:01)さんへ)
2011-09-20 22:51:24
無理を言ってはいけません。捉えられない、と証明するのは不可能でしょう。

ただ、論理的に考えることで少しは推測できるのでは。
まずはあなたのおっしゃる味覚、触角がどのように刺激を感知し、脳に伝えるのか、調べてみてはいかがでしょうか?
それをベースに、人間の感覚器が放射性物質からの微量の放射線を、時間差なく捉えられるか否か、考察してはいかがでしょう。
他人を説得するに足る説明が可能なのは、あなた側の立場であると思います。
第6感だ、といわれてしまうとどうしようもありませんが。

個人的には、時間差なくとらえることは困難でであると思います。
放射線がDNAを傷つけ、細胞死に至り、粘膜や皮膚の損傷を生じるには時間〜日単位が必要でしょうから。
また放射性物質が、飲んだ・触れた瞬間に、感覚器に刺激が入るに十分なエネルギー(具体的に知りませんが、CTどころではないでしょう)をもった放射線を出しているとしたら、恐ろしいまでの桁違いの放射性物質が含まれていると言わざるを得ません。
さらに、そもそも半減期30年のセシウム一つが、飲んだ・触れたその数秒の間に放射線を出す可能性も加味すると、その水は、飲んだ人間は急性期〜亜急性期に死亡するほどのものでしょう。
チェルのの第4区域 (cororo)
2012-06-09 14:21:14
仙台では、チェルのの第4区域(放射線管理区域・0.5msv/y以上)なのですが、実際チェルノではどのくらいの健康被害だったのでしょうか?

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
アルジャジーラが伝える「首都圏で放射性物質による健康被害がはじまっている」 (極秘の裏窓 )
放射性物質による健康被害は、首都圏でおこっていることは、色々なシグナルが出ています。僕のところにも、十人を超える医師からの懸念が伝わっています。こういう懸念を持つ人々の懸念を、僕も、「放射能防御...