「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログ。

日本と世界のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開していますので、ご購読下さい。

アルジャジーラが伝える「首都圏で放射性物質による健康被害がはじまっている」

2011-08-20 12:31:24 | 福島第一原発と放射能

 放射性物質による健康被害は、首都圏でおこっていることは、色々なシグナルが出ています。僕のところにも、十人を超える医師からの懸念が伝わっています。こういう懸念を持つ人々の懸念を、僕も、「放射能防御プロジェクト」も共有化したいと考えています。医師や歯科医師、医療関係者の皆さんで放射能による被害の兆候感じたり、心配をされている方は、メールなどで情報をお寄せ下さい。情報のみならず、連携して行動することが大切と思います。

 下記に引用しましたが、アルジャジーラの取材に対して、千葉の柳沢医師が「子供に、鼻血が増えたり、インフルエンザのような症状、下痢がつづく状態がみられる。放射能によるものとみている。。これまでの、身体についての医学的知見では説明のつかない状況に直面している」と話しています。こうした言説が、明確化し、出てきたのが、全世界のメディアの中で、原子力に依存する発想を持つ必要のないテレビ局で、なおかつ取材情報レベルが世界標準よりも高い「アルジャジーラ」というのは、興味深いです。諸外国の、特に欧米メディアが、この流れに続いて参入してくると僕は思います。そうすると、日本のメディアの後進性、今回の事態に直面しないマスメディアの組織的硬直さと記者たちのふがいなさが明確化して、僕はよいと思います。こういう懸念を伝える事が記者の最もすべき仕事であって、それをしない人は、記者としての根幹がないと僕は思います。自国に起きている健康被害の兆候をいちはやく細かく伝える事が、記者としてすべきであって、それよりも優先されることなど一つもありません。しかも子供のことです。僕のブログを何のために、メディア関係者は読んでいるのだろうかと疑問に思います。正直、馬鹿かと。こういうインタビューを先に海外の、しかもアルジャジーラに流される恥を知ったほうがよい。

さて、イタリア在住の邦人からは、次のような情報が寄せられました。

「北イタリアのロンバルディア州(ミラノのある州です)でチェルノブイリの事故前に200例だった先天性白内障の症例が3000例に増えた。その後数年でまた減って行ったためチェルノブイリの影響とわかった。」
「1991年生まれの彼のお子さんが先天性白内障で、生後2年間も原因がわからないまま
盲目だと思われていたそうです。
診断がついた後で手術をして見えるようになりましたが、成長に応じてレンズを入れ替えるため
何度も手術を受けなければならず、今年20歳で最後の手術を受けるそうです。」
 
 症例の数はおっしゃっている話なので曖昧な点もあるかも知れませんが、かなり増えている事は事実です。なお、例えば、イタリアのセシウム134とセシウム137の合算降下量はチェルノブイリの時に平均6,500Bq/㎡とされています。東京は、「放射能防御プロジェクト」」の調査でも平均30,000Bq/㎡を超えています。まずこれで今の東京はチェルノブイリの時のイタリアの約五倍、セシウムが降下しています。しかも、これは、動くホットスポットの巣鴨の60,000Bq/kgは入れていない平均値ですので、これを入れればさらに東京の平均値は二倍から三倍になります(チェルノブイリではこのような最大値や動くホットスポットはカウントされています)。このように考えると、チェルノブイリの時のイタリアのセシウム合算降下量(平均)と、今回の東京を比較すると、十倍から十五倍も多く、合算したセシウムが東京に降下している可能性があります。ちなみに西ドイツは、セシウム合算の降下量の平均は6,000Bq/㎡で、イタリアよりも少し少ないです。東京が、チェルノブイリの時の、イタリアや西ドイツレベルの対応を続けても、顕著な健康被害が回避できる担保はありません。降下量が違います。まして、何も考えていない人々は、追い込まれる可能性が高いと僕は思います。

 

 

http://english.aljazeera.net/indepth/features/2011/08/201181665921711896.html

Doctors in Japan are already treating patients suffering health effects they attribute to radiation from the ongoing nuclear disaster.

"We have begun to see increased nosebleeds, stubborn cases of diarrhoea, and flu-like symptoms in children," Dr Yuko Yanagisawa, a physician at Funabashi Futawa Hospital in Chiba Prefecture, told Al Jazeera.

She attributes the symptoms to radiation exposure, and added: "We are encountering new situations we cannot explain with the body of knowledge we have relied upon up until now."

"The situation at the Daiichi Nuclear facility in Fukushima has not yet been fully stabilised, and we can't yet see an end in sight," Yanagisawa said. "Because the nuclear material has not yet been encapsulated, radiation continues to stream into the environment."

============================================================

福岡に講演会に伺うように言われました。

主催側より下記の通りという事です。参加希望の方は受付HPよりお申し込み下さいとのことです。

一部の講演会は満席。午後五時半からの懇親会は空席があるそうです。懇親会は色々お話を伺って答えるスタイルです。会場費などとして五百円はかかると思います。

木下黄太氏講演会in福岡(春日グローバープラザ)

◆日時:9月3日(土)15時~17時、懇親会17:30~19:30

=====================================================

 

 



http://kokucheese.com/m/event/party/15753/

ジャンル:
ウェブログ
コメント (88)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 再爆発の懸念を抱えているの... | トップ | 土壌調査はどういう目安と考... »
最近の画像もっと見る

88 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2011-08-20 14:00:10
怖いですね。

そういえば、NHKも原発推進気味のビデオを
制作していましたね。(エネルギー図書館)
NHKが放射能被害を隠そうとするのは
こういった利害関係のためなんでしょうか?

東北の情報をください。 (Unknown)
2011-08-20 14:02:49
ブログの内容が、首都圏目線で、
東北の情報があまり入ってきません。

宮城、岩手、栃木、山形など東北の土壌汚染の状況、健康被害の状態をもっと伝えてほしいです。
たくさんの友人、知人が情報が無い。と困っています。

マスコミも首都圏中心に報道しており、ホットスポットなどの情報も関東はすぐに広まりましたが、
東北は、情報難民。置き去りです。
首都圏より、さらに酷い汚染かと推測されるのに、情報が少ないのです。

福島だけの問題じゃ無い。東北もかなりの汚染があると思います。

木下さんも、東京目線ではなく、東北の現状も伝えてください。

お願いします。

Unknown (Unknown)
2011-08-20 14:40:55
世界中に原発をつくりたがる世界的原子力マフィアがマスメディアも資本的に掌握してるとしたら欧米のマスメディアは今後の日本の健康被害を日本と同じように可能なかぎり無視隠蔽封殺すると思います
新総理 (ほっぺ)
2011-08-20 15:00:11
今朝のNHKニュース

家事をしながらのながら聞きだったため聞き間違いだったらすみません。

民主党の鹿野さんが「原発問題で国民に隠してきたことを明らかにし、早急に対策をとらなくてはならない時がきている。それができる人材が必要であろう・・・」といったような内容が聞こえた気がします。

それを聞き、もしかしたら今よりもう少しマシな政策をこの人ならとってくれるかもしれない。

ただし、そのことがどの程度まであきらかにされるのか、どのようなパニックが起きるのか・・・

パニックが起きるうんぬんではなく、それよりもっと重大なことが日々人々の体に起きている。

華やかではないけれど、管さんより海江田さんよりましかもしれない。
都内だけでなく (YN)
2011-08-20 15:27:59
伊豆にすんでいます。東伊豆ではありません。下田というところです。このあたりもどうなのか調べてください。行政は全く動きません。伊豆の人たちはどこ吹く風。ここまで被害あるの?という感じです。どこがどう汚染されてしまったかしりたいです。
もし汚染されていないなら、また受け入れることもできます!
Unknown (Unknown)
2011-08-20 15:29:44
川崎市多摩区在住です。
先月、子供たちが、側溝の金網の中にバッタを落として遊んでいて、四歳の娘がしばらく中を覗いていたところ、突然、鼻血をだしました。
うまれて初めてです。
私は、ゾッとして、すぐにそこから離しましたが、周りの大人は「のぼせたのかね」といい大した事ないという反応でした。
私は、色々と知識を入れているつもりだったのに、油断していました。かなり線量が高かったのでは・・と後悔しています。
やはり、実際にわが子にそのような症状がでて、もし本当に放射線が原因だとしたら、本当に怖いことだと思います。

政治家もマスコミも、タガがゆるんでいる。 (静岡県西部在住)
2011-08-20 16:14:46
民主党の代表選で騒がしいですが、まったく理解できないのは、なぜ原発事故発生時の経産大臣だの、セシウム牛をばら撒いた農水大臣だのが、責任も取らず、次期総理候補として取り沙汰されるのか、あるいは自ら立候補しようとするのか。それに対して、マスコミはなぜ、異を唱えないのか。
それに、「農水大臣が「原発問題で国民に隠してきたことを明らかにし…」と発言した」とのことですが、現職閣僚が「国民に隠していることがある」と認めたこと自体が大問題ですし、なぜマスコミはその中身を追及しようとしないのか。
「破局的事態が近いから、誰が総理になろうが同じ。どうせ団栗の背比べ」ってことですか?
であれば、政治家にはご退場いただき、自衛隊に前面に出てもらいたい。
その方がマシですから。
これほど滅茶苦茶な状況で、なぜクーデターやテロや暴動が起きないのか、近隣でのテロやクーデターや暴動を取材する機会が多いであろうアルジャジーラも、さぞかし不思議に思うことでしょう。
内部告発提供します。 (まさと)
2011-08-20 17:00:45
福島県の豚は、茨城県産で、問屋から、スパーで売られます。北関東エリアでは、豚放射能検査は、ほとんどしていません。
まだ分からないのですか? (Unknown)
2011-08-20 18:52:39
東北の情報が欲しいと言われた方がおられますが、この5か月間、風は北又は北西に吹くことが多く、放射能が漂い、雨が降り、その繰り返しな訳で、はっきり言って、聞く以前の問題で、今頃遅いと思います。東方方面で避難されてない方は、腹を括るつもりで生活しているのだと私は理解してますが。今まで木下さんが、どれだけ皆さんに訴えてきたか・・・はっきり言って、今頃、このような質問があること自体、信じられません。きつい文面で申し訳ないですが、もし守りたい人がいるなら、木下さんが言うように、直ちに西に移動することです。チェルノブイリの時は避難した人が万が一戻ってきても住むことに諦めがつくようにと、住人たちの住まいを全て壊しました。ひどい・・・と思うかも知れませんが、それは正解だと思います。除染などは焼け石に水。とにかく非難する事です。  それから海江田も大バカ者です。
Unknown (Unknown)
2011-08-20 19:33:15
「アンチエイジングの鬼」で有名なカイロプロテクター勝田小百合さんの8/18付けのブログにご自身のお子様の尿からセシウムが検出された記事が載っていました。

以前からブログを読んでいて放射能に限らず食品添加物や農薬などの食についてや生活習慣にかなり気を配って生活されている方だな、と感じていたのですが、このような方のお子様からもセシウムが検出された事に驚きました。

というか、東京では気を配っていても追いつかないくらいもう空気中にかなりの放射性物質がある、ということなのでしょうか。

こういうお子さんでもこのような結果なので国の言う事を鵜呑みにし、全く気を遣わず生活されている子供さんの体はどうなのか、と怖くなりました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

トラックバック

アルジャジーラが伝える「首都圏で放射性物質による健康被害がはじまっている」 (極秘の裏窓 )
放射性物質による健康被害は、首都圏でおこっていることは、色々なシグナルが出ています。僕のところにも、十人を超える医師からの懸念が伝わっています。こういう懸念を持つ人々の懸念を、僕も、「放射能防御...