モーツァルト@宇奈月

湯の街ふれあい音楽祭 モーツァルト@宇奈月
scince2010年秋。毎年9月に音楽祭を開催しております。

出演者募集要項2017

2017年05月20日 | 2016年音楽祭出演者情報

今年の音楽祭の出演者を募集しています。

黒部の大自然に包まれた宇奈月で、お客様といっしょに、モーツァルトの音楽を楽しみましょう。

募集要項PDFダウンロード

ご応募お待ちしています!

締め切りは2017年6月30日です。

 

宇奈月モーツァルト音楽祭事務局より

富山県黒部市宇奈月温泉6-3

黒部市宇奈月国際会館セレネ内

TEL0765-62-2000

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

告知の第二弾 どんどん詳細が明らかに

2017年05月03日 | 音楽祭について
少しずつ内容が明らかになっていくという毎年恒例の流れ。
だって、みんなで作り上げていく音楽祭ですから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ケーブルテレビでのPV一挙公開

2017年05月03日 | 関連イベント
音楽祭の参加募集も始まり、いよいよ今年の音楽祭が形を見せてきました。
音楽祭のことを多くの人に知ってもらうために、地元のケーブルテレビで放映された告知PVを一挙公開します。
場所は、立山黒部ジオパークの交流施設として宇奈月温泉旧新川荘にオープンした「わくわく広場・うなジオ」です。黒部峡谷の地質地形などの特徴を学習できる施設で、その一部ジオカフェでの上映会となりまし。
平成29年5月9日 13:30からです。
実行委員が仮装し演技して楽しい告知を行ってきました。その歴史を振り返ります。
お時間のあります方はぜひ、お立ち寄りください。
ちなみに、「わくわく広場・うなジオ」は、宇奈月町の旅行や宿泊などの団体でつくる「宇奈月ジオツーリズムコンソーシアム」が温泉宿の跡地を利用して整備したんだそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年の音楽祭

2017年03月16日 | 音楽祭について
いよいよ決まりました。
半年前の告知です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宇奈月アマデウス祝祭管弦楽団アンサンブル・コンサート

2017年03月09日 | 関連イベント
平成29年3/19(日)14:00~黒部市中央公民館ホールで、同館主催による宇奈月アマデウス祝祭管弦楽団アンサンブル・コンサートがで開催されます。
入場は無料です。
今年の音楽祭に向けた春の蠢きが始まります。
ぜひ、ご来場ください。
詳細は、こちらで。
http://www2.tkc.pref.toyama.jp/kouminkan/info/svTopiDtl.aspx?servno=7177
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

露天風呂に入るアマデウナヅキン

2017年02月04日 | 関連イベント
できました。
雪が硬くて凍り付いていたのでなかなかしんどい思いをしましたが、なんとか。
セレネの前にあるので、ぜひ、ご覧になってください。
手前の椅子に座ると、リラックスしたアマデウナヅキンの様子がわかります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪のカーニバルに参加します

2017年02月02日 | 関連イベント
2月4日、伝統の雪のカーのバルに参加します。
セレネ前に雪像を作ります。
午前9時から11時まで、作業を手伝ってくださる方、手伝わないまでも、励ましたり、差し入れしてくださる方、どうぞ、覗きにいらしてください。
雪像づくりは子どもにも楽しめる方法でやりますので、ご家族で遊んでいただくときの勉強にも、体験にもなりそうです。
雪遊びの格好があれば十分ですが、手袋はゴム手袋やビニル手袋など、濡れに強いものがオススメです。軍手と二重にすると暖かく使えますね。
雨でもやります。
昨年は、最優秀賞をいただきました。
ってことは、今年はもらえないかな笑
みんなで楽しんでみましょう。
一応、露天風呂に入るアマデウナヅキンを考えてみましたが、雪の様子では変更するかも、いや、きっとその場で適当に決めちゃいます。
お楽しみに。
ゴミバケツやふつーのバケツ、スコップやいしょくごて、砂遊びの道具などあると便利です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪のカーニバル、雪像作りコンテストに今年も参加します

2017年01月09日 | 関連イベント
2017年2月4日に宇奈月温泉雪のカーニバルの中で実施される雪像作りコンテストに参加します。
毎年、音楽祭を応援してくださるみなさんといっしょに雪像作りをしています。経験や技術は不要です。雪遊びのつもりでいっしょに作りませんか。
昨年は、この作品で最優秀賞をいただきました。




アマデウナヅキンと音楽猿のドリームサルトゥルーオーケストラです。
午前9時から約2時間で製作します。どなたでも参加できます。
期日が近づいたら詳細をお知らせします。
参加申し込みも不要です。当日、その気になったらおいでください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宇奈月温泉冬の花火は1月から3月まで毎週土曜日開催

2017年01月02日 | 日記
宇奈月温泉恒例の冬の花火大会は、1月から3月まで毎週土曜日に開催。
峡谷に映える光と音をお楽しみください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます

2017年01月01日 | 日記
あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします



これまでの画像をほぼ毎日
インスタグラムとFacebookで公開しています。
ぜひ、そちらもご覧ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北日本新聞地域社会賞受賞しました。

2016年11月04日 | 2016年音楽祭出演者情報

宇奈月モーツァルト音楽祭実行委員会が、平成28年度北日本新聞地域社会賞を受賞しました。

受賞理由は、

「黒部市宇奈月温泉を舞台に、県内外の演奏家がモーツァルトの曲を奏でる『湯の街ふれあい音楽祭

モーツァルト@宇奈月』を平成22年から毎年開催している。温泉街を美しい音色で包む独創的な試みは

多くの人を呼び、にぎわいづくりに貢献している」

とのことです。

ありがとうございます。

授賞式には委員長と2名の委員が出席して立派な賞状や副賞、ドラ焼きをいただいてきました。

ドラ焼きはこの後スタッフでおいしくいただきました。

 

継続は力なりでしょうか。音楽祭を続けてこられたのも、各運営委員やスタッフが

自分たちのできることを一生懸命してくださっているからで、深く感謝しております。

また協賛いただいております温泉街の旅館や商店、地元企業や住民の皆様の励ましと、

何より音楽祭にご参加いただく演奏家の皆様の御力の御蔭であり、謹んで御礼申し上げます。

もちろん、毎年音楽祭を聴きにきてくださる多くの方々にも心より御礼申し上げます。

 

音楽祭事務局でした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ケーブルテレビで放送されます。

2016年10月18日 | 関連イベント
富山県のそれも、黒部市以東ローカルですが、地元のケーブルテレビで音楽祭の模様が放送されます。

■歌劇「ドン・ジョヴァンニ」ハイライト公演 
10/21(金)~10/27(木) 放送時間 8:00/14:00 /19:00/24:00

■「塚田尚吾と仲間たち&宇奈月カルテットコンサート」
10/28(金)~11/3(木)

■「音楽祭スペシャルコンサート」
11/4(金)~11/10(木)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

演奏前もかわいい

2016年10月08日 | 演奏
子どもたちの緊張感てかわいいですよね。
発表会のおめかしも何だか、いつもと調子が違って、挙動があやしくなります。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

取材もだいぶ増えてきました

2016年10月02日 | 演奏
宇奈月国際ホテルでの佐藤さんの演奏直前。MCがご紹介中です。
音楽祭はいろんなところでやっているので、この直後に手前の席も埋まっていきます。
みなさん移動が大変上手というか、際どい設定にしている方が悪いのか、とても効率的に回られます。
角の方に撮影クルーがいます。
地元の民放のクルーです。
連日、各局分散して取材に入っていただけました。
どんなことを、何を、どういう人たちがどんな風景を作っているのだろうかと、心にかけていただけているみなさんにその様子をお伝えするのは、こういうプロの取材はいいですね。
ちゃんと演奏の邪魔にならぬようにしていただいています。

佐藤さんもソナタを全曲演奏。
宇奈月国際ホテルは、今年、けっこう本格的な楽曲が多かったように思います。
空間に合わせて、担当者がいろいろ苦心の構成をしているんです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台装置までは予算が足りない

2016年10月01日 | 演奏
オープニングオペラの企画として最初の演目は、ドン・ジョバンニ。
生オーケストラの演奏で味わえるオペラは、あまり馴染みのない方にもオペラの面白さを味わってもらうには格好の企画だったと思っています。歌はイタリア語なのですが、お話の流れの解説も付いているので、その様子がよく理解できた、表情や気持ちが伝わった、など、こうした試みも好評でした。
来年は、フィガロの結婚とすでに予告済み。期待できます。
さて、オペラはその重厚な舞台が、よく比喩にも使われます。オペラのような、という言い方ですね。
私たちの音楽祭では、みんなが手弁当で作っているため、とても大掛かりな舞台装置は望めません。今回は、それでも何か雰囲気があるんですね。それが、吊り下げられた書道の作品です。

大きなものですが、墨書です。
日本の庭は、そこにある石や木のようなものが、さまざまな感じ方でいろいろなものに想像を膨らませて見せてくれるものだそうですし、能舞台はほとんどものがない。だけど、そこに風景が見えてくるし、場面や局面ごとに違う表情を醸し出すところに特徴があるそうです。
これもそんな感じがします。
音楽芸術監督の知己の前衛書道家の方の作品だそうです。
黒部峡谷の山と川にも見えるから不思議です。
予算はないけれど、知恵と工夫はあふれています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加