モーツァルト@宇奈月

湯の街ふれあい音楽祭 モーツァルト@宇奈月
scince2010年秋。毎年9月に音楽祭を開催しております。

黒部宇奈月温泉駅で音楽祭に会えます

2015年03月22日 | 日記
北陸新幹線、金沢延伸から1週間。少しずつ生活に定着してきた感じが出てきました。たくさんのお客さんがおいでになり、宇奈月温泉街も賑わっています。
開業の盛り上がりで予約があっという間にいっぱいになったという報道から新幹線が混んでいるように思ってなんとなく避けちゃったという人がいたそうです。実は、新幹線開業前の、例えば、はくたかは14本。しかも、6両か、9両編成。新幹線は12両編成で、かがやきとはくたかを合わせて24本。輸送力が格段に向上しています。安心して旅行の計画を立てていただけそうです。
さて、黒部宇奈月温泉駅に隣接する地域ミュージアムの2階からは、黒部川右岸の白馬岳などの後立山連峰が大変きれいに見えます。その一角に、モーツァルト音楽祭のPVが常時流れています。

こんな感じです。映像は手前味噌ですが大変良くできていて、音楽祭の風景が十分に楽しめます。ぜひ、お立ち寄りの際にはご覧になってください。

お、塚田さんだ。
すっかり、音楽祭の主役だな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホルニステンさん、まもなく演奏デス。

2015年03月14日 | 日記
ただ今富山地方鉄道宇奈月温泉駅前では、新幹線開業を祝う会が、はじまりました。
イベントの目玉は、宇奈月温泉青年団による獅子舞と
ホルニステンさんの演奏デス。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中井精也さん写真展ギャラリートークはじまりました

2015年03月13日 | 日記

たくさんの人が集まってますね。
気さくな人柄がにじみ出たテープカットでした。

この写真展を封切りに、約1か月間、宇奈月温泉では 「うな鉄フェスティバル」が行われます。

様々なイベントを開催し、新幹線開業を祝おうという地域の方々の想いです。

鉄道と切っても切れない縁を持った宇奈月温泉の新たな歴史のスタートには、ピッタリの写真展です。

是非皆様も足を運んでみてください。

会場は国際会館セレネの3階のホールです。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホルニステンさん出演!3月14日は「新幹線を祝う会」 

2015年03月11日 | 日記

ついに歴史的な日を迎えようとしています。

3月14日の北陸新幹線開業の日に、

富山地方鉄道宇奈月温泉駅前では、「新幹線を祝う会」というのが開催されます。

<日程>

3月14日12時~

1 獅子舞(宇奈月青年団)
2 ホルン演奏(モーツァルト音楽祭出演)
3 ふるまい鍋
4 駅前通り命名式
5 無料電車お客様お迎え

「新幹線を祝う会」 には、音楽祭でやまびこ橋で演奏してくださっている、

ホルニステンさんが出演します。

宇奈月温泉の歴史的1ページに、ホルニステンさんの演奏が刻まれるということですね。

アマデウナヅキンとしても大変喜ばしいことです。

 

宇奈月温泉の歴史は鉄道とも深いゆかりがあります。

さかのぼれば約90年前、一本の線路が引き込まれ、宇奈月温泉の開湯と黒部川の電源開発がスタートしました。

 

そして3月14日にも、約90年前と同じく、新たな歴史のスタートを切る瞬間が、もう間もなくやってくるのです。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レイルマン精也さんがやってくる

2015年03月06日 | 日記
ゆる鉄でおなじみの鉄道写真家、中井精也さんの写真展が、北陸本線金沢以東最後の日、3月13日からセレネで開催されます。
地域の鉄道に新しい歴史が生まれるタイミングで、3月14日には中井さんの講演もあるようです。
この人の鉄道写真は、鉄道のあるくらし、つまり、人の営みを捉えています。だから、ただ線路が写っていても、そこに人の気配を感じさせる雰囲気をもっています。

この写真展に合わせて、レールイベントが行われます。鉄道王国くろべを堪能できそうです。

どんな風景が生まれるのかな。楽しみですね。音楽祭にもたくさんの人が来てくださるといいなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京からも、 大阪・名古屋からも近くなります

2015年03月01日 | 日記
2月26日、北陸新幹線、黒部宇奈月温泉駅に隣接する富山地方鉄道「新黒部駅」が開業しました。3月14日の新幹線開業後は、最寄りのアクセス駅になります。

富山地方鉄道は、富山県東部に路線をもつ鉄道で、宇奈月温泉へは、この路線で接続します。終点の宇奈月温泉駅から、トロッコ電車で知られる黒部峡谷鉄道に乗り継ぐわけです。
山岳雑誌を読むと、黒部峡谷や立山、白山などが近くなったという記事が目立ちます。
北陸新幹線の開業で、現在、富山・魚津~大阪を結ぶサンダーバードや、富山~名古屋間を結ぶしらさぎがすべて金沢止まりになることで、 関西や中京方面へのアクセスが悪くなると思い込んでいる人が多いのですが、実は、東京は2時間ちょっと。大阪・名古屋からも3時間半でアクセスできるようになり、いずれも約1時間の短縮なんです。
というのは、今は、富山で富山地方鉄道に乗り継ぎますが、そこからはけっこうかかるんですね。新幹線の開業で、金沢~宇奈月温泉間が劇的に早くなるわけです。
現在、金沢~富山をJR特急で40分、そこから宇奈月温泉まで80分かけていたものを、金沢~宇奈月温泉間を35分、そこから15分で宇奈月温泉です。1時間以上も早くなります。近くなりますね。
黒部宇奈月温泉駅へのアクセス道路も開通。いよいよ開通間近です。
ところで、お隣の糸魚川駅は、駅舎から400mで日本海というロケーションです。この駅の発着音は、「春よ来い」です。作詞者は、糸魚川出身の相馬御風です。早稲田大学の校歌「都の西北」は有名ですね。「カチューシャの唄」もそうです。電車が速くなると、時間ができた分、沿線の楽しみも増えそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加