Miyacoのブログ

鍋屋のMiyacoから愛と食欲を込めて

予熱と空炊き

2017-06-30 13:28:09 | 日記
こんにちは、Miyacoの本田です。

じっとりとした季節まっただ中ですが、みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

さて、鍋やフライパンの予熱と空炊きですが、空のまま火にかける、という点では一緒ですが、到達温度とかけている時間が異なると思います。

適温になるまで適当な時間をかけて温めるのは予熱ですが、適温を超えるまで長時間加熱しつづけるのは空炊きになってしまいます。

空炊きは、鍋やフライパンを傷めてしまうことがあり、火傷や火災などの事故につながる恐れがございますので、どうか、充分に気をつけてください。具体的には、火にかけたらその場を離れないことです。しっかり観察していると、なんとなく適温がわかってくるような気がします。

もしも、間違って空炊きして、変色や変形に至った場合でも、Miyacoの製品につきましては、可能な限り修理を行っております。しまったと思っても、捨てたりする前に、Miyacoの製品かどうか一度チェックしてみてください。「Miyaco」や「geo PRODUCT」といった刻印が鍋底外側真ん中あたりにあったら、ラッキーです。 直るかもしれないので、お問い合わせください。

info@miyazaki-ss.co.jp  以上、Miyacoの本田からでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ケトルの内側 | トップ | ステンレスのサビについて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。