読書と映画とガーデニング

読書&映画&ガーデニング&落語&野球などなど、毎日アクティブに楽しく生活したいですね!

映画・シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~

2012年12月26日 | 映画(海外)

 

2012年 フランス

原題 Comme un Chef

 

 

若きシェフ、ジャッキー・ボノ(ミカエル・ユーン)は、有名シェフのレシピを完璧に記憶しており天才的な舌を持っているにも関わらず、自分の考えを曲げない頑固なところから、どのレストランに勤めても長続きせず次々クビにされていた

臨月を迎えた恋人ベアトリス(ラファエル・アゴゲ)のため安定した仕事を求めて老人ホームのペンキ塗りを始めるが、窓から見えたホームの厨房に口を出す始末

 

一方、超高級三ツ星フレンチレストランのベテランシェフ、アレクサンドル・ラガルド(ジャン・レノ)はスランプに陥り、新作メニューを作りだせずにいた

彼の作る料理は若き社長の経営方針とも合わず、次の審査会で星を落としたら店を辞めるよう言われている

困り果てたアレクサンドルは友人でもある先代の社長に会いに老人ホームを訪れ、自らがかつて生み出したレシピを再現したスープに出会う

それはアレクサンドルを尊敬して止まないジャッキーの手によるものだった

 

アレクサンドルにスカウトされたジャッキーは数か月は無給で彼の助手として働くことになる

勿論、生活が不安定になることを嫌うベアトリスには内緒で

しかし、ペンキ塗りを止めたことがバレてベアトリスは200km離れた実家に戻ってしまう

改めて結婚を申し込むジャッキーだったが、けんもほろろに断られる

さらに審査会当日には、食材の仕入れを阻止されたり、有名シェフのモノマネしかできない、と社長に罵倒されるジャッキー

 

さて、彼は由緒あるレストランの三ツ星を守ることができるのか

愛するベアトリスは彼の元に戻ってくれるのか

 

 

アレクサンドルを追い出そうとするライバルシェフの店を偵察するため、変装するのがサムライ(アレクサンドル)とゲイシャ(ジャッキー)

サムライはまだしも、白塗りのゲイシャは「あぁ…、いくらなんでもそれはないでしょう…」

ま、正体はバレず、「分子料理」なる窒素やら化学反応やらを応用して作られた料理を味見し、こっそり持ち帰る二人なのでした

 

結局は、人の舌を満足させられるのは従来のフランス料理なのです

日本料理に置き換えてみても、変な調理法の料理など食べたくありませんね

 

 

気軽に、気分よく楽しめるフレンチ・コメディです

 

それにしても、ジャン・レノの垂れ下がりつつあるお腹はイケません

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画・グッモーエビアン! | トップ | 佐野衛「書店の棚 本の気配」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ドラえもん (たんぽぽ)
2013-01-06 17:05:45
>ジャン・レノの垂れ下がりつつあるお腹
これぞ、ドラえもん化現象ですね。

私は3つ星などに縁がなくても、老人ホームの厨房で、老人たちを幸せな気持ちにする美味しい料理を作る調理人のほうがいいいなあ・・・と思ったりします。
おせち調理はすぐに飽きて、3日めにはカレーライスを作ったりしましたからねえ・・・。
たんぽぽさん (こに)
2013-01-08 12:28:32
アレクサンドルからジャッキーへの世代交代、ジャン・レノもそんな立ち位置なのでしょうかね。
格式より、楽しく美味しいものが食べられたらハッピーですよね。
我が家など、お節は元旦のお昼でお終いです。
伝統の維持に意味はあっても美味しいかどうかは、ねぇ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~ (佐藤秀の徒然幻視録)
問題料理人は如何にしてシェフになったか 公式サイト。フランス映画。原題:Comme un Chef、英題:The Chef。ダニエル・コーエン監督、ジャン・レノ、ミカエル・ユーン、ラファエル・アゴ ...
シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
目にも美味しい料理の数々を味わえるグルメ系フレンチ・コメディ「シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~」。最近、他国に押され気味の仏料理界へのエールが聞こえるよ ...
シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~ (あーうぃ だにぇっと)
シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~@シネマート六本木
シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~ / Comme un chef (勝手に映画評)
3つ星レストランの有名シェフ、ラガルドと、有名シェフのレシピを暗記する事については天才的な料理人ジャッキー。レストランの星を維持するため、協力することになった二人の料理人を描く、フレンチコメディ。 3つ星レストランを舞台に描くというのは、いかにもフラン...
シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~ (とりあえず、コメントです)
三ツ星レストランのシェフと、名料理のレシピを暗記している料理人が織り成すヒューマン・コメディです。 ジャン・レノが主演のコメディなら楽しそうだなあとチャレンジしてみました。 気軽に観られてサクッと楽しめる、数々の料理がとても美味しそうな作品でした。
シェフ! 三ツ星レストランの舞台裏へようこそ (映画と本の『たんぽぽ館』)
美味しいコメディをボナペティ              * * * * * * * * * 20年間三ツ星評価を守りぬいたパリの高級レストラン「カルゴ・ラガルド」。 そのベテランシェフであるアレクサンドル(ジャン・レノ)は、 スランプで新しいメニューが思...
シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~  監督/ダニエル・コーエン (西京極 紫の館)
【出演】  ジャン・レノ  ミカエル・ユン  ラファエル・アゴゲ 【ストーリー】 美しい恋人と暮らす料理人のジャッキーは、料理の腕は一流だが、生意気な性格のため、仕事が長続きしない。半年後に生まれてくる子供のために、割り切って、と恋人に言われ、ペンキ塗りの...
☆『シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~』☆ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2012年:フランス映画、ダニエル・コーエン監督&脚本、ジャン・レノ、ミカエル・ユン、 ラファエル・アゴゲ、ジュリアン・ボワッスリエ、サロメ・ステヴナン出演。
「シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Comme un chef」…aka「The Chef」 2012 フランス/スペイン カリスマシェフ、アレキサンドル・ラガルドと、天才的な舌を持つペンキ職人ジャッキー・ボノが織りなすハートウオーミング・コメディ。 アレクサンドル・ラガルドに「エンパイア・オブ・ザ・ウルフ/20...
シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~ (いやいやえん)
この映画の良い点を2つ。まず料理が美味しそう、それから尺が短い事。お料理監修もバッチリ有名どころが揃ってるらしいので納得。 コメディドラマなので随所で笑える部分があるんですが、基本的には漫才のような主演二人の掛け合いが可笑しい。そ、そんなばかな~な...