つれづれ生活日記in桂林

中国、桂林での生活体験、見たままの日常を紹介

1年ぶりに岐阜公園へ ー名和昆虫博物館

2016-03-17 16:25:11 | 帰省日記

今回、来日して以来岐阜駅を通過した事は数回ありますが、駅で下りたのはこの日が初めて。

久しぶりに駅前で目にしたのは昨年も出会った信長バス。 

 

  勇ましい信長が描かれていますが、顔は外人っ 

 ぽいデザインです。岐阜バスの HPを見たら

 8種類の信長バスがあるようです。

 

 

 

 

昨年、この公園に来てロープウェイで金華山に上がり岐阜城を見学しましたが、同じ公園内にあるこの昆虫博物館は

見ていなかった。 思いつきで行き先を決める事が多いのですが、今回も9日(水)の朝、天気も良かったので行く事に

決め、念の為営業時間をHPで確認したところ残念ながら水~木曜日は休館日だった。残念! 岐阜行きは金曜日に変更。

久しぶりに岐阜に行くので、いつもお世話になっている知人と連絡を取り、公園入り口での待ち合わせ時間をきめた。

 

 

 

    名和昆虫博物館

 

    http://www.nawakon.jp/

 

   現存する日本最古の昆虫専門博物館

  入館料=500円

 

  

特別、昆虫に興味がある訳では無いが、思いついたときにみておかないと次の来日時に来れる保証は無い。

世界の珍しい昆虫の標本を展示していますが、カブトムシ一つをとっても色、形、大きさが違うし、特に蝶は色の

美しさにビックリ! やはりこれだけの種類の昆虫を集めて展示している所は少ないと思う。

 

岐阜大仏(正法寺)

約、1時間かけて見終った頃、知人から公園入り口に着いたとの電話が入り合流。彼の車に乗り込んだ途端、

「すぐそこに胴体を紙で?作った大仏があるよ」・・という事で公園と道路をはさんだ道路向かいの西法寺へ。

受付で、カメラ撮影の確認をすると「フラッシュを使わなければOK」との事で、入館料200円払い中にはいる。

 

受付でもらった資料によれば

この大仏は周囲1、8メートルの大イチョウを真柱として、骨格は木材をもって組み、外部は竹材にて編み、粘土を塗り

一切経、阿弥陀経、法華経、観音経などを張り、その上に漆を施し、金箔をおいた日本一の乾漆仏である。

 

資料の表書きに「日本三大仏」と記されていますが、未だに行った事は無いけど名前だけは知っている奈良、鎌倉の大仏

は別格として、三番目の大仏を巡っては様々な意見があるようです 正法寺を出た後は犬山市の明治村へ

 

 

 2016-03-11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                 公園内の池

 

正法寺―岐阜大仏

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桜の開花には早かった!  | トップ | 検査結果 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。