言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

台湾人か中国人か

2009-05-08 | 日記
日高義樹 『米中石油戦争がはじまる』 (p.172)

台湾での世論調査が示されています。

 台湾の人口の八四パーセントは、もともと台湾にいた人々ではなく、中国からやってきた人々だといわれている。だが二〇〇四年に台湾の名門、国立政治大学が行なった世論調査によると、四一パーセントの人が自分は台湾人だと答えている。一九九三年、十二年前の調査では台湾人だと答えた人は一七パーセントだったから、この十年あまりで大きく増えたわけである。
 一方、中国人だと思っている人は、一九九三年の調査では、二〇パーセント以上だったが、今回の調査では一〇パーセント以下に減ってしまっている。


 台湾独立の是非を考える資料になります。

 この傾向が、近年著しい、中国の経済発展によって、どのように変わっているのか、あるいは変わっていないのかが、気になります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 尖閣諸島の領有権 | トップ | 食料自給率の新定義 »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご参考 (四葉のクローバー)
2011-05-31 14:23:34
もっと細かい世論調査によれば、実態はもっと複雑で、単に、台湾人か中国人か、では割り切れないようです。

例えば、

①私は中国人であるが、台湾人“でも”ある。
②私は台湾人であるが、中国人“でも”ある。

というのもあるのです。

さらに、台湾人によれば、①と②は相当異なる(むしろ正反対に近い)感覚なのだそうです。

おそらく、馬総統は①だと思います。

この感覚は、日本人には、なかなか理解できません。私も含めて。


Unknown (memo26)
2011-06-08 16:39:23
 以前私に、「私は台湾人です」といいつつ、「私達中国人は~~」と言った台湾人がいました。そこで「あなたのいう中国人とは、華人という意味ですか?」と確認したところ、「そうです」との答えが返ってきました。

 したがって、

> ①私は中国人であるが、台湾人“でも”ある。
> ②私は台湾人であるが、中国人“でも”ある。

 「中国人かつ台湾人」というときの「中国人」とは「華人」(華僑、中華民族)という意味だと思います。

 このように解釈すれば、「中国人であり、かつ、台湾人でもある」「台湾人であり、かつ、中国人でもある」という表現は、理解可能です。

 問題は、①②の違いです。これは私には、まったくわかりません。しかしおそらく、「重心がどちらにあるのか」が違うのではないかと推測されます。

 ①は気持ちの重心が華人にあり、台湾人は付随的、②は気持ちの重心が台湾人にあり、華人は付随的、ということなのではないかと思います。
Unknown (memo26)
2011-06-08 16:46:34
> 「そうです」との答えが返ってきました。

 正確には、「聰明」(あなたは賢いね)という返事が返ってきたと記憶していますが、話の流れからみて、「そうです」と肯定していました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。