言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

尖閣諸島の領有権

2009-05-05 | 日記
日高義樹 『米中石油戦争がはじまる』 から。

アメリカ上下両院の特別委員会の報告は、次のように述べている、と書かれている (p.48) 。


「二〇〇四年四月、中国の原子力潜水艦が不法にも日本の領海に侵入した。これに対して日本政府は尖閣諸島の公式な所有権を主張したが、中国は激しい勢いで反発し四月十四日、日本政府に引き下がるよう警告書を送りつけた。警告書には『何が起きても日本の責任だ』と書かれていた」



「何が起きても日本の責任だ」というのは、いくらなんでもあんまりではないか、という気もするが、中国にしてみれば、尖閣諸島周辺は中国の領海だから日本の責任だ、ということなのであろう。

日本はもちろん、日本の領海だ、と考えている。

また、アメリカの文書に「日本の領海」と書かれているから、アメリカは日本の領海だと考えている。


日中間で意見が対立しているけれども、アメリカが日本の見解を支持していることは、日本にとって、決定的に重要である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年収 200 万円以下の弁護士 | トップ | 台湾人か中国人か »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。