言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日弁連会長の「懲戒請求をどんどん出して下さい」発言について

2010-09-06 | 日記
弁護士と闘う」の「しどろもどろの日弁連宇都宮会長

NHK記者が懲戒制度は甘いのではというと宇都宮会長は非行した弁護士に
懲戒をどんどん出して下さいというようなコメントを出しました

(中略)

① 懲戒請求をどんどん出してください!
会長、ウソついたらあきません
年間1600件懲戒請求が各弁護士会出されますが実際に懲戒になるのは
年間60人から65人に決まっています
紛議調停とか苦情窓口には年間9000件ほど苦情があります
苦情をいかに誤魔化して帰すのが市民窓口の弁護士のお仕事です
一番それをしってるのは宇都宮会長でしょうが
懲戒出せと開き直って簡単に会長はいいましたが
リスクは全部こっちもち、申立書つくってコピーいっぱいして
平日に出て来いと言われ全部弁護士会の都合に合わせている
そんな偉そうな苦情処理のやり方ありますか?
どんどん懲戒を出してくださいって言いましたが会長
それじゃ橋下弁護士と同じではございませんか

② 懲戒が甘い
今日は過払いがテーマでしたが先月も過払いで依頼人を集めた弁護士の
業務停止を戒告にしたのは誰でしょうか!

各弁護士会で懲戒処分を出しますが処分を受けた弁護士が不服だと
日弁連に再審査を出しますが宇都宮体制になって日弁連で処分しない
と毎月出していますがどういうことでしょうか?
懲戒処分については前の会長の方が厳しかったです
事件放置は戒告しかないじゃないですか
弁護士が仕事受けて報酬の高い方から処理して放置
また、裁判所の受付印偽造、これでも戒告かよくて業務停止1月
控訴期限を忘れるなんて日常茶飯事、全部戒告です
弁護士はああ~忘れたですむけど依頼者は一生に1回くらいのこと

(中略)

相撲界はお目付役に文科省があります
弁護士にはありません
弁護士の非行は弁護士が審査するのです
だから
甘い、遅い、庇う、隠す、公表しない
そして。偉そうな態度

宇都宮会長、あなたが会長になって逆に弁護士の懲戒が甘く
なっているのはご存じのはずです
左翼の弁護士が日弁連会長になりひょっとすると懲戒処分も
厳しくなるのかなと期待しましたが、逆でした。残念です


 日本弁護士連合会会長が、「懲戒をどんどん出して下さいというようなコメントを出しました」と書かれています。



 私はNHKの番組を見ていないのですが、おそらく本当なのでしょう。NHKの番組であれば、見ている人が多いはずで、嘘を書いていれば誰かが指摘すると考えられます。ブログ主には、嘘をついた場合の不利益はあっても、嘘をつく利点は考えられません。



 しかし、

   (弁護士の行為に問題があれば) 懲戒 (請求) をどんどん出して下さい、

ということであれば、私も出すべきだったのかもしれません。もちろん、弁護士に問題行為 (または、その疑いがある行為) があったからといって、市民には懲戒請求をする義務はないはずですが、

   「かわいそうだしなあ」

などという配慮はしないほうが、(日弁連としては)「望ましい」ということなのかもしれません。(制裁を加える目的で書いているのではありませんが) 結果的に、ブログに書くことになったりしています。



 ところで、日弁連会長の発言に問題がないとするならば、私の以下の主張は、当然、正当な主張と認められるものと思います。



 私が「弁護士による「詭弁・とぼけ」かもしれない実例」に書いた、

 一弁 (第一東京弁護士会) の湯山孝弘弁護士とのトラブル (?) についてですが、



私が「以前、なにか問題になる行為を行った」とお考えであれば、

湯山弁護士におかれましては、
余計な「温情?」をかけずに、さっさと私を刑事告訴(ないし告発)してください。

私が「絶対、絶対、絶対、絶対、絶対に許されないことをした」が、
「表沙汰にしないでやる」といった態度をとられましても、

「私のどういう行為が、どういう意味で」許されないのか、
具体的に教えていただけなければ、私には「わけがわからない」です。

また、「なんだか、とても嫌な感じ」がします。

ですので、
刑事告訴(告発)してくださったほうが、私としては、ありがたかったりします。

よろしくお願いいたします。




■追記
 弁護士懲戒制度について、私は、「弁護士懲戒制度は不公平である」と思います。最高裁判所も同意見のようですし、早急な法改正が必要だと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 多数決による武装防衛「強制... | トップ | 核廃絶は不可能、核の傘は必要 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
虚偽は正当な弁護士業務だ ! (月光)
2011-02-13 10:00:12

 日弁連・会長:宇都宮健児は、「虚偽(詐害行為)は正当な弁護士業務だ」と主張(議決)して、懲戒対象弁護士を擁護し、これを撤回せずに、裁判で争っております。

 弁護士を指導・監督する立場にある宇都宮健児のこの行為は、不法行為を教唆するものであり、国民への背任です。

 表向きは、社会正義の実現(弁護士法1条)を強調しながらも、裏陰では、「虚偽(詐害行為)は正当だ」と指導しているのですから.弁護士トラブルが急増するは当然です。
 
 日弁連・会長:宇都宮健児らは、提訴し、勝訴するための「虚偽は正当だ」との理念を抱き、当然のように実践する人間たちだということでしょう。

 そして、組織的な権力を得ている日弁連・会長:宇都宮健児らのこの裏影での卑劣な行為を国民は知ることができず、それをとがめる手段もないのです。

 国民は、日弁連・会長:宇都宮健児らのこの卑劣な事実を知るべきであり、この元凶者たちを排除すべきです。

法曹界に正義はありません。
弁護士会は利益団体 (memo26)
2011-02-20 15:56:31
 コメントありがとうございます。

 要は弁護士会は「弁護士の利益団体」にすぎないということですね。弁護士会が「正義の味方」であるというのはタテマエではないか、と疑ってみる姿勢が(市民には)必要だと思います。

 弁護士懲戒制度も、問題を起こした弁護士に対する処分が甘すぎると言われており、これも弁護士会が「弁護士の利益団体」にすぎないという根拠になります。

 なお、弁護士懲戒制度について書いた記事には、本文中に言及したもののほか、次の記事があります。よろしければご覧ください。

「弁護士懲戒委員会のメンバー構成には問題がある」
http://blog.goo.ne.jp/memo26/e/004dbf8c4f5b27d9f0802b689f9ad9fc

「弁護士法 56 条に定める「品位を失うべき非行」の基準」
http://blog.goo.ne.jp/memo26/e/59f5bfc00ece633e119784057d215930
弁護士は虚偽事由で提訴する! (Unknown)
2016-04-02 16:31:51
弁護士は虚偽事由で提訴する!
実態は以下のとおり酷い。
 虚偽事由で提訴(訴訟詐欺)することは正当な弁護士業務だと主張する黛千恵子(坪田)・坪田康男・八木宏らは、詐欺罪で告発受理(2014~2015)されていたようですが福井弁護士会は、反省も謝罪もせずに知らぬ振りして何らかの処置もしていないようです。
 それどころか、福井弁護士会は、「虚偽事由で提訴することは正当な弁護士業務だ」と議決して擁護(教唆・幇助)し続けているらしいです。
 被害者は、更なる侮辱や訴訟詐欺にあう事を恐れ恐怖の日々を過ごしているみたいです。
 権力を有した組織的な犯罪が放置される中で正義など通用するはずもなく、おそらくは一人ひとりと食い物にされることになるのでしょう。
人権擁護や正義などは眼中に無いようです。
二枚舌を使う者 (Unknown)
2016-05-11 09:45:49
>原発訴訟団の弁護士島田宏は、「国民の常識が司法に生かされ国民の安全と基本的人権が守られる時代の到来を期待しています」と述べた。 とありますが、そんな発言を本当にしているんですか?
弁護士の島田宏は、「虚偽事由で提訴したり侮辱したりすることは正当な弁護士業務」 と福井弁護士会長のときから胸を張って主張している人物です。
どうして平然とこの様なことを言えるのでしょうか。
しかも、あろうことか 消費者庁消費者教育員の職におり詐欺撲滅をうたい文句にしてるとか。
詐欺の件、疑うのであれば以下の件、本人に確認下さい。

弁護士は虚偽事由で提訴する!
実態は以下のとおり酷い。
 虚偽事由で提訴(訴訟詐欺)することは正当な弁護士業務だと主張する黛千恵子(坪田)・坪田康男・八木宏らは、詐欺罪で告発受理(2014~2015)されていたようですが福井弁護士会は、反省も謝罪もせずに知らぬ振りして何らかの処置もしていないようです。
 それどころか、福井弁護士会は、「虚偽事由で提訴することは正当な弁護士業務だ」と議決して擁護(教唆・幇助)し続けているらしいです。
 被害者は、更なる侮辱や訴訟詐欺にあう事を恐れ恐怖の日々を過ごしているみたいです。
 権力を有した組織的な犯罪が放置される中で正義など通用するはずもなく、おそらくは一人ひとりと食い物にされることになるのでしょう。
人権擁護や正義などは眼中に無いようです。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事