言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中国の遷都先

2010-06-14 | 日記
柘植久慶 『宴のあとの中国』 ( p.154 )

 中国政府が北京からの遷都を考えているといった話は、たいていの人が俄に (にわかに) 信じないと思う。しかしながら深刻な水不足と華北の砂漠化という条件が加わると、逆に大半の人が耳を傾けるだろう。
 それならいかなる条件を備えた土地が、次の中国の首都にふさわしいと、中国首脳たちは考えるであろうか?
 まず東北部――旧満州は絶対にない。あまり中国大陸の端へ移ると、他方の幅が遠くなり過ぎてしまうからだ。その意味では現在の北京ですら北東に寄り過ぎている、という点が指摘される。
 海岸線――とりわけ台湾から一〇〇〇キロメートル程度の地点は、台湾海峡で一朝事あったとき、地対地ミサイルの攻撃に晒される、といった問題が視野に入ってくる。現状では殆ど考えられないが、可能性がゼロとは決して言い切れない。
 台湾の現政権は、共産党に何度欺かれても本質を理解しない、国民党という瘋癲 (ふうてん) 政権である。少しばかり美男で英語が喋れるのが唯一の取柄という、馬英九総統が政権を握ったものの、早くも良識ある国民から飽きられ始め、二期目の勝利などとても覚束ない。だからこそ猜疑心の強い北京の首脳たちは、海岸線やそれに近い内陸部に決して近づかないと確信される。
 長江の流域――武漢三鎮なども、彼らは絶対に近づかない。これは最終章で詳しく述べるが、三峡ダムが安全だと決して思っていないからである。

(中略)

 そうなってくるとある程度乾いた土地で内陸部、しかも五〇〇万人ぐらいの飲料水を供給できる水源を有する、というのが条件になる。それの一つに古都長安として知られる、現在の西安が有力候補に挙げられるのだ。
 西安市は陝西省のほぼ中央部に位置しており、古くから渡ると先は「西域」だった渭水 (現在は渭河) が流れる。東へ一三〇キロメートルほどのあたりには黄河が流れ、その少し上流からも水資源を得られるのだ。
 水の供給という一つをとっても、北京と較べて遥かに条件がよい。新しい首都を政治の中心地に限定、他の産業を一切誘致しないブラジリア・タイプとすれば、現在の西安より人口二〇〇万人増ぐらいで保てるだろう。
 陝西省は中国共産党の歴史を語るに忘れられない延安が、西安の北方二五〇キロメートルほどにある。国民党軍との戦いに敗北した毛沢東の共産軍が、〈長征〉とは名ばかりの敗残の旅を続け、やっとのことでたどり着いた地だった。
 そうした点からも西安が共産党の聖地に近いという、大きな意味を有しているのだ。もう一つの重要な歴史は、やはり張學良が蔣介石 (蒋介石) を幽閉した〈西安事件〉の舞台だった、というあたりだろう。
 そして古くは董卓の遷都と楊貴妃縁 (ゆかり) の地ということが思い浮かぶ。唐の都の長安は、平城京や平安京のモデルとなった市街で知られ、西半分の西市は西域からの人間――胡人が多く見かけられたのである。

(中略)

 ただしこの西安は狭く現在の首都に不適格となってくる。そこで東に新市街を建築する必要が生じるだろう。
 ここなら黄河に近くなるし、より近くに滻水 (チャンスイ) と灞河 (バーホー) という二つの流れもある。つまり渭水の支流の二本の河川もまた、水源となるから条件は良好と言える。
 中国政府が遷都に踏み切る場合、
 第一に、外敵からの安全性が高く、
 第二に、大地震が近くに発生せず、
 第三に、水資源が比較的良質で水量に恵まれ、
 第四に、歴史的背景を外国に誇れる、
 といった条件を、はっきりとクリアできねばならない。
 それらをすべてカヴァーできる著名な都市となると、「西安」を除いて皆無だと断言してよい。アメリカの中央情報局 (CIA) あたりは、既に中国の遷都先を西安に絞り込み、その場合の対応策の検討に入っている。


 中国政府は遷都を考えている、と書かれています。



 冒頭、「中国政府が北京からの遷都を考えているといった話は、たいていの人が俄に (にわかに) 信じないと思う」と書かれていますが、「ありうる」と考えるのが自然だと思います。

 しかし、その根拠は、著者の掲げている「深刻な水不足と華北の砂漠化」ではありません。

 私が遷都もありうる、と考えるのは、

   「北朝鮮の核が、北京の方向を向いている」といった話がある

からです。本当に北京の方向を向いているのか、北朝鮮に、北京に向けて核を発射する意志があるのかはわかりませんが、北朝鮮の戦略としては、あり得る話だと思います。



 中国が遷都を決断するとすれば、次の首都はどこか。

 北朝鮮に近い中国東北部は、当然、あり得ません。わざわざ北朝鮮に近い場所に、首都を移す理由がありません。また、台湾に近い沿海部や長江の下流は、著者の指摘している理由によって、あり得ないと考えられます。

 とすると、残る場所は、中国の内陸部しか考えられません。



 著者は、遷都先として考えられるのは、「西安」であると述べています。もっといえば、「西安」以外には考えられない、と述べているとみてよいと思います。

 私としては、西安以外には適地がないとは断言しかねるのですが、遷都がなされるとすれば、内陸部しかあり得ないと思います。また、位置的にみて、西安のあたりが最有力であると考えられます。

 したがって、著者のいう西安は、「当たらずといえども遠からず」とみてよいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国産農水産物の安全性 | トップ | 福祉需要の背景 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (教えてください)
2010-06-21 08:59:05
北朝鮮の核ミサイルは、北京までは飛ぶけれども、西安まではとどかないという事でしょうか? まさか、一度北京に向けていたから、西安に向けなおすことができないということではありませんよね?

遷都という国家100年の計を決めるのですから、少なくとも今後何十年かは、北朝鮮のミサイルは、西安にとどかないという見通しを、中国政府は持っているということでしょうか?

にわかには信じられないお話しに思えるのですが。
ご返事遅くなりました。 (memo26)
2010-07-05 04:36:28
これは、今後「何十年」を考えて述べたものではありません。また、私は遷都も「ありうる」と述べているにすぎず、「必ず遷都する」と述べているわけではありません。

私が遷都もありうる、と考えているのは、「現時点で」情勢が緊迫してきた場合、

西安であれば、命中しない可能性が高いだろう、

というのが根拠です。発射するのであれば、「確実に」命中させる必要があります。失敗すれば、その時点で北はおしまいでしょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。