今、ここで(Now ,here) by 中村真生子

自分探詩(じぶんさがし)& 山陰柴犬かれんとの日々

わん・まま(わんこのご飯)2

2017-03-30 17:20:02 | 「かれん」
わん・まま(わんこのご飯)2


卵黄入り!


★あげてはいけないとされているもの(過去にあげてしまったものもあるけど)
・野菜:ねぎ、玉ねぎ、ニラ、ニンニク(少量なら滋養強壮・ノミ駆除に良いとも)、生の人参
・果物:スイカ、メロン、ぶどう、レーズン、アボカド
・ナッツ類
・穀類:玄米
・その他:チョコレート、コーヒー、アルコール、キシリトール、ガマガエル

わかったら、随時増やしていきます。

★庭の植物で自ら食べたもの
・紫露草の根元の白い部分
・ハナニラの葉
・アストロメリアの葉
・犬と猫の好きな植物(ネズミムギ)
・ヤブランの新芽

★散歩途中で自ら食べたもの
・セイタカアワダチソウの葉(大好き)

★備考
・肉がなくてあげなかったら(鶏肉の入ったフードはげていたけど)、
 なんとう○こがまったく臭わない。もともとそれほど臭気はないが
 この変化にはびっくり!

・白米がなくて、玄米をあげたら下痢に😢
 つぶしてあげたけど、やはり消化が悪い。ごめんね! 
 飼い主も始末に大変だった。

・鶏の骨ごとミンチした肉をあげていたら、爪が伸びるのが速くなった気が。

・焼き豚を入れたら、水をたくさん飲む。やはり、犬にはしょっぱかった!

・秋になり、食欲が増しているようだったので、多めに上げていたら下痢気味に。
 少し少なめにする。

・冷ましてあげたけど、まだちょっと熱かった! 器の周りから食べ始め、適温になったところで完食。

・妊娠中で出産が近くなってきたので、量を多めにしていたら、軟便に。量はあまり増やさないように、質を高めるようにる。量のチェック は便の状態で。

・2016年12月31日の16時~17時にかけて4匹出産。出産前後に、いわるゆ宿便と言われるような黒い便が。でも、3日目からは普通の便に。

・仔犬が母乳を飲む量も増え、おなかがすいてたまらないといった様子。間食にフードをあげている。出産6日目

・仔犬は3週間過ぎる頃から母犬の食事に興味を持ち、25日目頃から、そばに寄ってきて食べるように。

・おからはヘルシーなイメージがあるけど、豆乳の搾りかすなので、犬にとっては食物繊維が多すぎるかも。もともと肉食の犬は食物繊維の消化が得意でないよう。なので、あげ過ぎは禁物。というか、あげないほうがいいかも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

犬と植物

2017-03-27 13:27:57 | 「かれん」
キッズたちが踏み固め
草もあまり生えなくなった庭に
花を植える。
踏まれないように
鉢に入れて。

これらはハーブの類で
食べても問題なさそうだが
庭には紫陽花の木も。

紫陽花には
毒があるといわれている。
その茎を最近よくかじるかれん。

人も春になると
蕗の薹などの苦いものを食べて
冬にたまった毒を出すが
犬もそうなのであろうか。

あるいは
枯れた部分なので
毒性がないのだろうか。

大丈夫なものか
そうでないものか。
きっと犬の方が
人間より
よくわかっているのだろう。




フレンチラベンダー〈シソ科〉 ナスタチューム〈ノウゼンハレン科〉 パイナップルセラニウム〈フウロソウ科〉
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「えへへ」 山陰柴犬キッズと一句

2017-03-26 12:31:14 | 「かれん」
キッズと過ごした
約2か月半。

かわいさあまって
できてしまった
こんなもの。
「えへへ」 山陰柴犬キッズと一句。

タイトルの「エヘヘ」は
仔犬たちを見ていると
つい漏らしてしまった
笑いに由来。

スタンド
つり下げ
ポストカードとして使用の
トリプルで楽します。

*右上のフォトチャンネルをご参照ください。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かれん

2017-03-23 13:49:18 | 「かれん」
あなたのことを想えば
また少し
温かい気持ちが染み渡る。

いつの日か
あなたが去ってしまっても
決して消えることはないだろう。

体に染み込むものだから。
雨が大地に染み込むように。

そうして
空に昇る時
それも一緒に
空に昇るのだろう。

あたなのことを想えば
また少し
温かい気持ちが染み渡る。

人はそれを愛と呼ぶ。


近くの公園で。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かくありたいと…

2017-03-22 15:32:57 | 「かれん」
離れることが
少しも寂しくないくらい
存分に過ごした
仔犬たちとの時間。

昨年の大晦日から
今年の春分の日まで。

本当に
なんだか少しも寂しくなく
大変なこともいっぱいあったけど
思い出すのは
楽しいことばかり。

人生を離れる時も
かくありたいと思いばかり。


ヒマラヤユキノシタ(ユキノシタ科)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仔犬と子どもたち

2017-03-20 09:49:52 | 「かれん」
私が走れば
仔犬が走り
仔犬が走れば
子どもたちが走る。

私と仔犬と
子どもたちの
走りっこ。

春分の連休の
午後の公園。

「飼いたいくらいかわいい」と
抱っこしながら
女の子が言う。


近くの公園で。隆翔。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

隆翔(りゅうと)

2017-03-17 09:32:10 | 「かれん」
大晦日に生まれた
4匹の雄犬の中で
おっぱいを飲むのや
ご飯を食べるのが遅く
いちばん小さかった隆翔。

きょうだいたちが
次々ともらわれていくなかで
最後まで残った。

その分、
母親にいっぱい甘
一人っ子も満喫した。

そして
成長していく姿を
感動と歓喜で
長く見せてくれた隆翔。

高くて上れなかった
母犬の小屋にも上がれるようになり
今日はこれも高くて上れなかった
デッキにも上れるようになった。

走ればもう私より速く走り
ボールも追っかけられるようになった。

よく食べ
体も大きくなった。

その隆翔とも
いよいよお別れ。

お彼岸には
新しい飼い主さんのところへ。


山陰柴犬「隆翔」。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先輩の教え

2017-03-14 09:59:00 | 「かれん」
「なあ、隆翔。
雄犬には雄犬の流儀が
あるんだぜ。」

「うん、わかった。
おじさん。」

「ほら、それそれ。
おじさんはいけないないなあ。
幾つになってもお兄さんだ。
特に雌犬には気をつけろ。
おばさんなんて言ったら
大変なことになるぞ。
幾つになってもお姉さんだ。
犬はな、デリケートなんだぞ」

「うん、わかった。
お兄さんとお姉さんだね。」

「おっと!
関東ではそれでいいが
関西ではお嬢さんがいいな。
お姉さんと呼ぶのは
うんと年を取っている犬だけだ。」

「うん、わかった。
ありがとう、おじさん!」

「・・・・・」


Sくんと隆翔。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海辺の内緒話

2017-03-12 13:24:22 | 「かれん」
「ねえ、母さん」

「なあに、坊や」

「楽しいね」

「ほんとだね」

「犬に生まれてよかったね」

「ほんとだね」

「母さんの仔に生まれてよかった」

「坊やの母さんで嬉しいよ」

「ねえ、母さん」

「なあに、坊や」

「大好き!」


皆生海岸にて。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぴょんぴょん

2017-03-11 10:34:44 | 「かれん」
ぴょんぴょん跳ねる
仔犬のいる朝

ぴょんぴょん跳ねて
過ぎてゆき

もうあと一匹
もうあと一日

ぴょんぴょん跳ねる
仔犬のいる庭


家の庭で。隆翔。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の息吹

2017-03-08 09:25:34 | 「かれん」
かれんの背中の毛羽立ち。
換毛期の始まり。

室内で暮らしている
柴犬のSくんは
もうビニール袋2杯くらいの
毛が抜けたという。

ところが
またまた寒波がやってきて
昨日の午後から雪交じり。
かれんの毛羽立ちは
なりを潜める。

けれど
それも2、3日のことだろう。

寒波が過ぎると
再開だ。

草が芽を出し
花が開くように
きみの体に春の息吹。


抜け毛が始まったかれん。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

犬の名前

2017-03-07 09:49:52 | 「かれん」
隆真は
いちばん最初に飼いたい
と言ってくださった
おうちへ。

譲渡までには
若干紆余曲折もあったが
昨日、抱かれて旅立つ。

ずっと犬を飼ってこられた
犬好きのおうち。
代々、犬の名は同じで
その名は
私が子どもころに
飼っていた犬と同じ名前だった。

今の犬を飼うよになって
その犬のことも
よく思い出すようになった。

「あそこのおうちへ行くと
幸せになれるよ」。

天国にいる犬が
導いてくれたように思う。

今頃隆真は、その名で
呼ばれているのだろう。


隆真の新しい飼い主さん。大の犬好きの奥さまに抱かれて、新しいおうちへ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛しい色

2017-03-05 11:28:14 | 「かれん」
決まらなければ
心配で
決まったら決まったで
寂しく想う。

玉虫色の
飼い主の心。

色は違えど
どれも愛しい
色ばかり。


犬の敷地の入り口に咲いた椿〈ツバキ科〉。

今日のキッズ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山陰柴犬の日

2017-03-04 15:55:36 | 「かれん」
山陰柴犬の魅力とはなんだろう。

隆貴の新しい飼い主さんは
以前、山陰柴犬を飼っておられ
その犬が天寿を全う。

山陰柴犬に魅せられ
また山陰柴犬を飼いたいと
ご縁をいただいた。

もらわれて行ったのは隆貴。
4兄弟の中で
いちばんのわんぱくもの。
でも優しい飼い主さんのものとで
すくすく育ってくれることだろ。

山陰柴犬の魅力とはなんだろう。

なかなか言葉では表せないけど
基本は外飼い、
ほどよい野趣もその一つ
といえるかもしれない。

そういえば
今日は3月4日。
山陰柴犬の日(非公認)である。


新しい飼い主さんと隆貴。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

人のシナリオ

2017-03-03 10:34:24 | 「かれん」
仔犬たちがもらわていく先で
こんなところに
もらわれていったらいいなと
強く思っていたところがあった。

オーガニックの農家である。

昨日
紹介で来られた方から
名刺をいただくと
そこにはなんと
「オーガニックファーム」の文字。

自然環境豊かな
広い敷地で育ててもらえるという。

車に乗り込んだ隆陽は
まるで旧知の空間のように
落ち着いていた。

時に人のシナリオも
描いた通りに進んでいく。


新しい飼い主さんと隆陽。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加