笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

真実を見逃さず

2012年08月24日 | 小説
小説「検事の本懐」を読みました。

著者は 柚月 裕子

検事 佐方貞人を軸とした連作短編モノ
事件の真相に迫るミステリーですかね

どの話も手堅く出来ており
新鮮さはないですが、しっかりと読めました!

とはいえ、やはりコレ!という
短編が何作かあればなぁと

連作としてみれば最後の「本懐を知る」は
なかなか良かったですがね

私的評価:3+
    どの話も悪くないけど、期待を以上はなくて・・・
     短編という尺はちょうど良かったです

読み終えてから知りましたが
佐方検事って「最後の証人」 の弁護士さんとは!


それでは、また



『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« それぞれの波紋 ~ 映画編 | トップ | これぞ ビジュアリストの本領 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
(書評)検事の本懐 (新・たこの感想文)
著者:柚月裕子 検事の本懐(2011/11/10)柚月 裕子商品詳細を見る 次々と起こる放火事件。県警上層部では、その事件を巡り、思惑が交錯する。そんな中、別件で逮捕した男の家宅捜索について取り扱うこと...
『検事の本懐』 柚月裕子 (くりきんとんのこれ読んだ)
25日~27日。 「しあわせなミステリー」でこの柚月さんを知り、 面白かったから読んでみた。 うん、面白かったぁ。 何で今までこの作家さんの読んでなかったんだろう。 もっと早く読んでみればよかった。 佐方検事が登場する連作短編集。 健治が主人公って、ドラ...
「検察の本懐」柚月裕子 (ナナメモ)
JUGEMテーマ:読書