笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

証人によって・・・

2011年11月13日 | 小説
小説「最後の証人」を読みました。

著者は 柚月 裕子

法廷ミステリーといえばいいのか
日本の小説で法廷ものは初かも

裁判劇とある交通事故の被害者夫婦の模様
2つのストーリーを見せていって

この2つが繋がっていくのですが・・・

最後まで スラスラ読め
文量としても長くなく

やはり 題名どおり、最後の証人が肝ですね
ここからグッと面白くなり

そこに騙しが・・・
なかなか やられましたね

ちょっと
2時間ドラマ的な感じがしますがね

私的評価:3+
    前半が割と普通すぎたかな
    しかし 後半からの引き込みは なかなか

今作が2作目ということですが
今後の作品も期待ですね


それでは、また



『小説』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幽霊が証人に! | トップ | NHKでも東野圭吾 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
柚月裕子さんは硬派な作品が合ってる (蒼介)
2011-12-03 16:44:31
そして、今後楽しみにしてる一人です。
なんとか賞を受賞された作品は、正直厳しかった・・・。
でも、この作品から作風が変わったような気がします。
最近出た「検事の本懐」は結構読めました。

そして来年ブレイクできれば本物で、仕事に集中すれば、
いけるという解説城島でありましたよ。
http://www.birthday-energy.co.jp

ただ、もともと偏りが激しいから、万人向けはムリらしいので、
好き嫌いも仕方ないみたいですけど。
蒼介さんへ (リバー)
2011-12-04 13:42:04
コメント ありがとうございます。

「検事の本懐」はぜひ読んでみたいですね
今後の作品も楽しみです。

コメントを投稿

小説」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

(書評)最後の証人 (新・たこの感想文)
著者:柚月裕子 最後の証人(2010/05/10)柚月 裕子商品詳細を見る ホテルで起こった殺人事件。被告と被害者は不倫関係にあり、同日、同じホテルにチェックインしたことも、また、凶器などの指紋も残って...
「最後の証人」柚月裕子 (りゅうちゃん別館)
佐方貞人シリーズの第1作目。 一見、単純な殺人事件だが、被告人は無実を訴えた。     事件は、ホテルの一室で男がナイフで刺されたというもの。 この件の背景には、過去に起きた交通事故があった。 裁判は、東京から離れた半崎市で開かれた。 ホテルの一室での殺...