笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

密室限定のミステリを

2015年12月22日 | 小説
小説「密室蒐集家」を読みました。

著者は 大山 誠一郎

5つの短編で、独立した作品ながらも どれもが題名通り密室蒐集家が出てくるという
まさに本格ミステリというか、密室事件に特化したミステリモノです

こういったパズラー的な作品なので、そのミステリとしての評価になるわけですが
私的に あまり その辺は詳しくないので 指摘はできないのですが・・・

これは ちょっとありえないというのもあるけど、どれも先は読めずに引き込まれて
なかなか考えたトリックだなぁと

また、この密室蒐集家という存在も面白く、もう彼自体がファンタジーともいえて
それぞれの話が時代が違うのも効いてるんですよね

こういう内容だけに けっこう好みや意見はあるのだろうけど
レベル高い内容だったのではないかと

私的評価:4+
    あまり こういう本格ミステリ、パズラー的なのは読まないだけに面白く
    密室蒐集家のキャラが作品通じて 小説としての面白味になっているなぁと

また こういう本格ミステリも読んでみたいですね


それでは、また



『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 彼らの幸せは悲劇へと | トップ | 家族のカタチ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
密室蒐集家 / 大山誠一郎 (Favorite Books)
密室難事件が起こると、どこからともなくやってきて快刀乱麻の推理を披露すると、どこへともなく去っていく謎の人物、“密室蒐集家”。 戦前から現代まで、異なる時代の五つの短篇に変わらぬ容姿(30歳前後のスマートな紳士)で登場する神出鬼没の時間旅行者は、特に警...