【試行錯誤の家庭菜園】

無農薬有機栽培をしていますが、「自然農法」に憧れています。

レモングラスは霜よけに倉庫の中に避難

2016年12月07日 | 畑作業全般
■ 2016年12月7日


数日前に倉庫に移動させた鉢植えのレモングラス。

今年も冬越しさせたいので、早めの避難。





綺麗な葉を摘み取り、四つ編みにしてぶら下げた。

上部から切り取ってハーブティーや料理に使う。


今日もレモンマートル(レモンマートルも同じ倉庫の中)と一緒に、

薪ストーブの上で煮出していただいた。


薪ストーブの部屋は、湿度が30%以下なのでよく乾くので、

ローリエや唐辛子なども一緒に。





サラダ用に摘んできた野菜。





トマトはアロイトマトで、まだ生っているので

欲さなくなった季節ではあるが、時々彩りに使う。(^_^;)


ナスタチウムもまだ咲いている。(*^^*)





↓ これは冷凍しているシシリアンルージュ。





水洗いすると、ツルッと簡単に剥ける。





水代わりに入れて薪ストーブの上でじっくり煮込む。





根菜と牛筋カレー。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さーて冬越しなるか?

2016年12月05日 | その他の根菜・塊茎類・茎菜類
■ 2016年12月5日


生姜の残り3株を抜いたら、ヒョロヒョロの生姜ばかりだった。

品種なのか?育て方なのか?

丸々と太った生姜は一つもなかった。


生姜 生姜

( 写真をクリックすると拡大画像になります )



生姜の保存にはいつも悩まされる。

地中保存では湿気が多すぎて失敗したし、

新聞に包んでキッチンに置いたら、お仕舞には干からびて失敗した。(-_-;)

温度、湿度の管理がかなり難しいようだ。


で、今年は灰の中とすくも(籾殻)の中に分けて保存してみようと思う。

発泡スチロールに灰とすくもをそれぞれ入れ、土付きのままの生姜を埋めておいた。


年中食べる生姜。

いつまで持つか、これを倉庫の二階に保存してみよう。


保存に成功したら、買わなくても済むように、

来年はもっと沢山植えたいものだ。


生姜 生姜

( 写真をクリックすると拡大画像になります )


採れたての小松菜の菜々美。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

紫山芋もあるの?(゚д゚)!

2016年12月04日 | 便利帳
■紫山芋 2016年12月4日


紫フェチな私でも。

これは見たことないわ!!


紫色のブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、タマネギ、

じゃが芋等々…。


いろんなものを育ててきたが、これは知らなかったな!!


興味津々!


紫山芋 2016年12月4日

     ( 写真をクリックすると拡大画像になります )




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

煮出して自然農薬づくり

2016年12月03日 | 便利帳
■南天で自然農薬づくり 2016年12月3日



アルコールや酢による抽出には時間がかかるが、

煮出し抽出には、その日に出来上がるという利点があるので、

南天を使う時にはいつもこの方法で行なっている。



ウドンコ病、灰色カビ病、ベト病、サビ病に効果あり。

生育促進効果もあり。



南天の葉に殺菌作用があるので煮出して500~600倍に希釈して散布する。

糖蜜との相性がよく、散布時に600倍にして加えると効果が高まるという事。


煮出し方は、細かく切った200gの葉っぱに対して、4ℓの水で煮るだけ。

南天の実の方は、天日乾燥させて150gに対して、4ℓの水で煮るだけ。







実の方は天日乾燥させよう!





またまたカマキリの卵見っけ!!(*^^*)









薪ストーブの火にかけて煮出す事数時間。

本当は30分ほどでいい。(^_^;)





不織布で濾した。





これをペットボトルに移し替えて、数か月間以内に使用する。

…といいが、


うちでは1年くらいは使用している。(^_^;)





虫よけ網ハウスの屋根の下に吊るしておこう!


春には紐でも垂らして下りる場所を作らなくてはね。





     




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

きのこ鍋祭り

2016年12月03日 | 椎茸・きのこ類
■ 2016年12月3日


ホダ木置き場に椎茸を見に行ったら、

あらら~!!(*^^*)





今年の春に植菌したなめこだと思う。





山の環境が余程いいらしい。

ホダ木2本にだけだが生えていた。(*^^*)





でも気づくのが遅かったか?

少々育ちすぎだ!


一番小さいサイズくらいで採れば丁度いい感じだったね。(^_^;)


椎茸は一旦終了か。これだけだった。





今夜はきのこ鍋祭りだ!!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日は見えなかったわ

2016年12月02日 | 畑作業全般
■ 2016年12月2日


ピオーネの畑のあれこれ。





今年は四川児菜が年内に採れるかも?

よく育っているので期待できそう!!





早生ブロッコリーのF1ジェットドーム。





昨日は気づかなかったF1ジェットドームの花蕾。(*^^*)

↑ 右の方は5~6cmほどに育っていて、左にいくに従いだんだん小さい花蕾。

順に育ってくれたら嬉しいな~♪





まだ撤去できていないピオーネの畑の端っこのミニトマト。

大好きトマトでも、寒くなったら欲さなくなる不思議。(^_^;)





虫よけ網ハウスに移動して…。


博多かつを菜とチーマディラーパ。





今季初、かつを菜を摘んでみた。

お昼に雑煮で食べよう!!





チーマディラーパの花蕾も見っけ!!(*^^*)





※追記

夕食の前に採った野菜。

紅心大根は今季初物。(*^^*)


じゃが芋は、数日前に1株だけ掘っていたもので、

1株でこれだけ。(^_^;)

少なっ!!




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カマキリの卵集め

2016年11月30日 | 畑作業全般
■2016年11月30日


ゴリが庭木の手入れ。


ただいま「もんかべり」の松を剪定中で、

向かって左側だけ終わった様子。





途中で見つけたカマキリの卵。(*^^*)





5時間ほどかかり、もんかべりだけは ほぼ終了!





カマキリの卵は、雨よけハウスに持ち入れて

楽しみに、春を待つことにしよう。


↓ これは、たまたま ここにあったもの。





↓ これは、以前持ち入れていたもの。


4個ほどあるので、次に見つけたらまた別のハウスに入れることに。





今日の採れたて野菜は、みやこべかなとミニ青梗菜と生姜。





生姜は、1株で1.1㎏あったので、

この半分は紅ショウガを作る下拵えをした。






コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ベビーのミックスレタスはこれくらいが一番か

2016年11月29日 | 育苗
■ 2016年11月29日


混植の長い畝。





先ずは、11月17日に蒔いたばかりの第一弾ほうれん草のアトラス。




他は、10月20日に蒔いたものいろいろ

パクチー・すみれかぶ。





スティッキオ・ベビーレタスミックス。





スワン・ベビーキャロット。





姫八仙・日野菜蕪。





チマサンチュ・味美菜。





愛真紅1号・サラダレタスミックス5。





今日はいい肉の日なので、焼肉屋さんに行こうという事に。

↓ これが持って行けたらなあ~!


持ち込みは駄目でしょう!!残念!





わさび菜も持っていきたいな!

まだ言ってるわ。(^^ゞ


お昼に食べよっ。





イタリアンパせリ。





パラマウントパセリ。






7月22日に蒔いた人参いろいろ。

向陽二号がビックリするくらい太ってて。





裏返したら裂けていた。(-_-;)





畑を歩いて集めてお昼に。(*^^*)





朝、昨日採った赤大根と人参を賽の目切りに下拵え。





お昼にパスタと一緒にサラダと重ね煮のオムレツ。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小さなカタツムリ

2016年11月28日 | 畑作業全般
■ 2016年11月28日


赤大根のあかねと蕪のスワン。





よく洗わず、シンクに無造作に置いていたら、小さなカタツムリが這い上っていた。

蕪についていたのだろう。(^_^;)





葉っぱはサッと湯がいて余さずいただく。





アスパラガス区域のマリーゴールドとボリジ。

ボリジがこんなに厄介になるとは思わなかった。(^_^;)





あだりばえのディル。

沢山の種が落ちているはずだが、2株だけ育っている。


もう一ヶ所、直蒔きをしていたところにも2株確認していたが、

今日見たら、やっと本葉が出たばかりのところを

ゴリに踏みつけられていた。(-_-;)


残念。





     


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

えっ?今頃?

2016年11月28日 | 玉葱
■ 2016年11月28日


9月27日にセルトレイに蒔いた甲高赤玉葱と中生こがねを

雨除けハウスの中に今頃定植。


今はまだ屋根が張られていない状態だが、何れ行う予定。





黒マルチをしたら、5×32=160穴分植えられる。





ひょろひょろの苗だが植えてみることに。

霜にやられて根っこが浮いてこないように、

取り敢えず不織布を被せておいた。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加