リラの部屋

 -こころとからだを考える-

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

嫌いなことに立ち向かってみた。

2014-08-31 17:28:16 | こころ

嫌いなことというか、避けたかったこと、忘れてしまいたいこと、かな。

高校が嫌いでした。

自分がその高校を出たということを知られたくない、

同級生と会いたくない、など。

いじめられたこともあったし、成績もいいほうじゃなかったから、

学校に行くのは嫌だったけど、なぜか通っていた。

もともと進学は望んでなかったのです。

中学を卒業したら就職したかった、自立するために。

でも、

中学校(公立)の進学成績を上げるために、無理やり受験させられ、進学させられました。

生きたくないのに行った、というのが初めにあるからかもしれません。

だから、入学時の成績はよくなかったし、真面目な学校だけど、授業中ふざけたりして遊んでいました。

入学したときの成績は下位5%未満。

まあそれが途中で勉強に目覚めてあるときから進学を目指し、卒業時は上位20%にくい込み

浪人して大学へ進学したわけですが。


ずーっと、高校は嫌だって思っていました。

実際嫌でした。

卒業以降、関わっていませんでした。

それが、

この春、姪が同じ高校に進学しました。

それからまた私の「高校嫌い」熱に火がついたのです。

トラウマのように、この春以降苦しめられています。

数か月前から、昨日今日、文化祭が開催されると知り、悶々としてきました。


そして先週、腰を痛め動けなくなり、やっぱり嫌なんだなあと思ったのです。



でも、

なんかこのままではいけない気がすごくしたんです。

ずっと苦しむことになるのかなあと。

そこで、昨夜、朝起きられたら(最近起きられるのがお昼なので)文化祭に行ってみよう、

と決意しました。

布団の中で、まるで遠足の前日のようにあれこれ考え始めました。

最初に思ったのは、

「ほんとに高校嫌いなのかな?何が嫌なのかな?」ということでした。


よくよく考えたら、嫌なこともあったけど、楽しいことも、うれしいことも、

高校生らしくドキドキすることも、そして、高校に行ったからこそ大学に行けたのに。


そう考えたらそれほど嫌なことじゃなかったのかな、と思ったり、

もしかしたら、好きだった人に会えるかも、とか、

姪っ子にあったら何を話そう?だとか、

あることないこと考えていたらとっくに日が昇り、

7時に目ざましをかけていたのですが、6時の天気予報メールを受け取ったのが記憶の最後、

気がついたら9時を過ぎていました。


とりあえず、出掛ける準備をし、8時半には家を出ようと思っていたのに

結局出られたのは11時半。

交通の不便なところにあるので、仕方なく往復タクシーを使いました。

金銭的な余裕はまったくないのですが、腰のこともありましたので。


行きのタクシーの中ではかなり緊張していました。


到着して、パンフレットを受け取り、平静を装い、校舎の中へ入っていきました。

当たり前だけど、若者ばかり。

後は父兄かな。

私が高校生の時は一般公開はしていなかったので、おそらくこれほど人はいなかっただろうと思いました。


ざっと、パンフレットを見たら、当時参加していた部活がちょうどみられる時間でした。

姪っ子の部活は昨日終わっていて、今日はありませんでした。

クラスもどこかわからないので、会うことはないだろうと思いました。


結局まともに見たのは自分のいた部活だけ。

後は校舎全体をぐるっとまわり、観るものもなく帰ってきました。


不思議だったのは、誰にも会いたくないと思っていたのに、人ごみの中に知っている顔がないか

探してしまうことでした。

結局会いたかったんだと思います、誰かに。


でも、私が通っていたのは30年以上も前ですから、誰に会うこともなく、

職員室で先生をチェックしたら、知っている先生は2名ほどいましたが

その先生にも会うことはなく。



これが現実なんだ、と。

いつまでも過去にこだわっているのは私だけなんだ、と。

誰も私のことなんか気にしていないんだ、と。

改めて気づきました。


高校にいたのは2時間くらい。

十分な時間です。

帰りはかなりすっきりした気分でした。

思い切って行って、よかったと思います。

これが同窓会だったら別ですが。


文化祭は、高校時代、3年間実行委員を務めました。

部活は、授業は嫌でも部活だけには参加するくらい好きでした。

そういう高校生活もあったことを思い出しました。


この先のことはわからないけれど、

今日のことはいい経験になったと思います。

無理をして行ってよかった。

久しぶりに気持ちのいい日です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広島市の豪雨災害

2014-08-29 17:17:10 | 災害支援

まずは被害者の皆さまにはこころよりお見舞い申し上げます。


昨今の異常気象により、関東地方もここ数日は25度以下という夏とは思えない涼しさ(寒さ?)に

季節が感じられないほどです。

体調管理もきちんとしたいところです。


もし被災者やそのお知り合いの方がこのブログを見ることがありましたら

どうぞお声をかけていただきたい。

私も体調を崩していて動きのある活動はできませんが、

「もの」だけはたくさんあるので、何かお役に立てることがあるかもしれません。


報道で見た現実は、言葉に表すことができません。

被災者の方は、どうぞお大事になさってください。

亡くなられた方のご冥福をお祈りしております。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腰痛その後。

2014-08-28 22:50:27 | からだ

週末に痛みは治まったものの、月曜に出かけたら痛みが復活。

これはもう人の手を借りないとどうしようもない、

医者も行かないとどうにもならないと思い、

やっと今日病院へ。

いつもは薬を出してもらうだけだけれど、

今日は久しぶりに診察。

とりあえずレントゲンだけ撮って、異常なしとのことで

いつものように薬を出されて「2週間くらいで痛みは取れるでしょう」と。


そんなことだろうとは思っていたけれどね。

診察でもしてもらわない限りは不安でたまらなかったの。

痛みをこらえてバスに乗って電車に乗って、

出掛けて行っても結局はこんなもの。

だからあまり医者に行くのは好きじゃないけど、

安心するためには仕方ない。

だからと言って、痛みがひどい時には出かけることもできないので

問題なしになってしまうんだろうと思ったけれど。


そして、

ふと思ったこと。

最近の一連のことで、心身ともに疲れていました。

いきなりがくんと痛みが来るのは久しぶりで驚いたし、

また・・・という不安は恐ろしかった。

立って歩けないほどのショックを受けたってことだったのかなと。

心理的要因の腰痛もあるらしいので、

こういうこともあるのだろうと思いました。

ほら、よく言う「借金で首が回らない」とか(笑)

びっくりして腰が抜けた、とかね。

そんなところでしょうか。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腰痛3日目

2014-08-21 19:45:13 | からだ

今までも出かけるとそのあと具合悪くなって寝込む、ということがありましたが、

今回は本格的に動けなくなりました。

ある朝、目が覚めたら、起き上がれない。

腰が痛くて動けない。

声を出そうにも出せない。

久しぶりでした。

もうこんなことは二度とないだろうと思っていたのに。


最悪。

顔も洗えず、もちろんおふろにも入れず、3日が経ちました。

今日は何とか起き上がったものの、やはり外出することはできず、

かなりのつらさです。


こんな状況で、もし孤独死してしまったら、

やはり誰にも気がつかれずにあっという間に1年とか経っちゃうんだろうなって

思いました。


やっと痛みの状況が呑み込め、ヘルニアの再発かなと思い、

なんとか以前作ったコルセットを取出しつけてみましたが、

やはりサイズが合わず余計しんどい。

外出は難しいかもです。

ということは医者にも行けず、です。

周りに誰もいない、ということは、こういうこと。

こうして死んでいくのだなあと思いました。


体が落ちるとこころも落ちます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

その後…

2014-08-13 13:35:02 | 日記

あんなことがあったせいで、疲れ切ってしまいました。

心身ともに。

結果が出ても、書く気になれず。力がなく。


しばらくは悶々としていました。

こんなことはもう御免だ、家族のことはあきらめなくちゃいけない、

そう思って、考えないよう努力しました。


それから母からメールが。

「やっと大部屋に移りました。○○○号室です」と。

知らんがな。

どんな病状でどこの病院に入院しているかもわからず、教えてもらえもせず。

そんな風に返信しました、思わず。

そして帰ってきたメールは、「○○病院です」

え?それだけ?

これだけ心配かけといて、知らせなくてごめんなさい、は?

ないんですよ、まったく。

こういう人たちなんです。


病院わかったし、一度行こうかなどうしようかなと一応悩んでいたら、

「週末に退院します」とのメール。

週末だったらもうすぐだし、行かなくていいか、

それに、週末の退院てことは誰かが迎えに行くんだろうし、

てなわけで、何もせず。


退院した日の夜、母から電話あり、メッセージが残っていた、その内容。

「おかげさまで無事退院できました。病気はよくなったけど、

他の狭窄症とかひどくなって体が痛くて云々…」

おかげさまって、こっちがおかげさまで病状悪化したんですけど。

もっと相手のこと気遣ってほしいんですけど。

思いやりが欲しいんですけど。


そんなことがあって、怒りやら情けないやら、何とも言えない感情に振り回されて

疲れ切ってしまいました。

体調も良くないし、パソコン触る元気もないし。



今はしばらくネットから離れてリア充しようと思います。

リア充って言っても浮いた話じゃなくて、普通に人と、知らない人ばっかりだけど

人と接すること、特に子どもかな。

子どもたちの笑顔から元気がもらえます。

昨日も出かけた行き帰りのバス両方で、子どもとその親とお話したり遊んだり。

それが一番の楽しみです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加