リラの部屋

 -こころとからだを考える-

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

運動してきました

2011-11-25 19:11:24 | 線維筋痛症
先日届いた友の会の冊子の中に、

ストレッチや水中ウォーキングがいいと書かれていたので、

生協で買ったスポーツジムのチケットを使って行ってきました。

でも結局やったのは、筋肉トレーニングやマシンでのウォーキング。

スタジオのストレッチの時間に間に合わなくて、

そういう結果になってしまいました。

意外と元気です。

少しだけでしたが、気持ちのいい汗をかきました。

これで明日動けなくならなければいいんですけどね^^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

特定検診など

2011-11-24 18:46:49 | からだ
やっと終わりました。

市の健康診査とがん検診。

7月から受診できたのですが、

なかなか余裕がなく、

結局11月に集中して受診しました。

今年は肺がん検診も受けました。

結果がわかるのはほとんど来月。

それまではのんびりします。

その代わり、定期的に行っている病院に行けていない。

薬がないのに。。。

来週行けなかったらどうしよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子ども

2011-11-23 17:54:14 | 日記
久しぶりにあちこちに買い物に出ました。

といっても近所ですが。

駅前なのでいろいろあります。

最後にスーパーに行きました。

レジをすませて買い物袋に買ったものを詰めていると、

ベビーカーに乗った子供が風船を持って泣いていました。

「どうしたの?」

思わず声をかけてしまいます。

一緒にお母さんとお姉ちゃんがいて、

お姉ちゃんはお母さんのお手伝いをしています。

ベビーカーの子供はあやしているうちに泣き止みました。

お姉ちゃんとも楽しく話していました。

私のほうが先に詰め終わったので、

バイバイをして先にそこを離れました。

ところが、ショッピングカートを収めるところでぐずぐずしていたので、

彼らのほうが先に出てしまったようで、

お店を出ると前を歩いていました。

また声をかけると、

お姉ちゃんのほうが楽しそうに話をしてくれて、

いろいろ話しながら歩いていました。

ちょうど同じ方向へ変えるようでしたが、

途中でお母さんが

「パン屋さんに寄っていこう」と言い、

別れることになりました。

お姉ちゃんは、すごく悲しい顔をして、

見えなくなるまでずっと振り返っていました。

私も情が移って涙が出てきてしまいました。

名前も知らない、通りすがりのおばちゃんに、

こんなに仲良くしてくれてありがとう。

また会えたらいいね。

でもきっと、私は覚えていても、

彼女は忘れてしまっているかもしれないね。

別れはいつでも淋しいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何を食べてもおいしくない

2011-11-21 15:36:04 | こころ
ひとりだと、

何をどんなに食べてもおいしくない。

味がわからない。

だから、

やみくもに食べてしまう。

お腹が膨れても、

味がわからないからどんどん食べてしまう。

そして苦しくなって、

牛のように横になる。

毎日その繰り返し。

太らないわけがない。

薬だけのせいじゃない。

淋しいんだ、こころもお腹も。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

疲れた・・・

2011-11-12 18:51:59 | 趣味の部屋
久しぶりにオペラを観てきました。

知人が出演しているからということもあったのだけれど、

観たい演目だったので行ってきました。

昼間の公演だったのですが、

なかなか準備が整わず、

家を出るのがぎりぎりになってしまい、

また、電車に乗ったとたん、

途中の駅で人身事故があり次の駅で足止めを食らいました。

いくつかの路線を利用できたので、

なんとか乗り継いで、

やっとこさ劇場へたどりつけました。

間に合わないかなと思ったけれど、

開演が少し遅れていてなんとか間に合いました。

久しぶりに化粧までしたのに、

走ったりして汗をかいて、化粧が崩れたかな。

オペラそのものはとてもよかったのだけれど、

とりあえず、行くだけで疲れた。

帰りもまだ電車は遅れていて混雑していて、

ほんっとに疲れました。

それと、

なんだか劇場内で私一人浮いているような気がしました。

身に着けているもの、雰囲気、

生活レベルの違いがはっきりとわかったような。

場違いのような。

今まではすごくそれがごく当たり前の世界で

その中の人間だったのに。

正直肩身が狭かった。

自分探しで必死の今、

そういうところに行くべきではなかったのかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加