カセットテープがワカメ

キノコ国本剛章の音楽活動・妄想・ノリツッコミなど。

映画「JACO」を観て新発見

2017年01月15日 | My Favorite
Weather Report-Cannon Ball

 昨年末「JACO」を観てきました。高校・大学時代にカセットテープワカメになるほど聴いて、耳コピーしていたジャコ・パストリアス。およそベーシストらしからぬフレージング音色特殊技巧、そしてパンクロッカーみたいな破壊的行動。当時は多くのベーシストにとってヒーロー的な存在でした。 関係者インタビューを中心としたドキュメンタリー映画ですから、劇中ではもちろん、そういった彼の功績が一通り紹介されていました。しかし私が一番感心した…というか自分にビックリしたのは、意外な曲でじわーっと泣けてきたところです。
Cannon Ball / Weather Report
Hejira / Joni Mitchell
2曲とも名曲&名演ですから、感動するというのは至って当然のようでもあります。しかし私はこの2曲、学生時代から何10回も聴いているにもかかわらず、今まで一度も涙が出たことはなかった。メチャメチャ涙もろいキノコさんですが思い起こせばジャコパスの演奏を聴いて泣いたことは一度もなかったような気がします。 「聞き慣れた曲、しかも過去に一度も泣いたことのない曲で、なぜ涙が出たんだろう?」自己分析してみました。思いあたった1つの仮説
音楽と映像の相乗効果
ジャコの演奏がいわゆる「劇伴」として私の目と耳から同時に入ってきたからだと思います。キノコさんの場合「音楽単体で感動する」曲と「映像と音楽が一緒になって感動する」曲がそれぞれあるのです。今までずっとジャコの曲を音楽単体で聴いていて一度も泣けませんでしたが、どうやらジャコの演奏は私にとって「劇伴として感動する」タイプの曲だったようです。ちなみにこの2曲、映画を見終わったあと家で数回聴きましたが、やはり涙は出てきませんでした。 映画「JACO」。ご覧になられたアナタはどこか泣ける箇所ありましたか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タケちゃん&健ちゃん+トロンボーン白井友理恵さん

2017年01月10日 | タケちゃん&健ちゃん
新日本BGMフィル 白井友理恵 "スリークのテーマ" from MOTHER2 (SFC)

 タケちゃん&健ちゃん 次回LIVEのお知らせです。
1月21日(土)HOLIDAY新宿
 《出演》
 ●ダイナ四バンド
 ●タケちゃん&健ちゃん
   《ゲスト》白井友理恵(トロンボーン)

 ●EXALIPAR
 ●山染世界
今回はキノコさん主催のライブではなく、ダイナ四バンドさんが主催ですね。
ダイナ四さんとは初めて共演することになりますが、動画で拝見したところではゲーム音楽愛に溢れたすばらしいバンドですね。とても楽しみです。EXCALIPARさんは過去に何度かご一緒させていただいていて、今回はベースのせいめいさんの復活ライブですね。山染世界さんも以前から仲良くさせていただいております。それぞれ個性的な4バンドの共演で面白いイベントになりそうで楽しみです。 さて、タケちゃん&健ちゃんは、というとゲストに女流トロンボーン奏者の白井友理恵さんを召還しました。NJBP(新日本BGMフィル)の腕利き奏者です。 実はキノコさん、この動画MOTHER2スリークのテーマが最近、大好きでして。ヘ音記号(低音部)によるメロディー演奏ってイイですね。少人数編成による「イイところ」を存分に活かして白井さんのトロンボーン音色をお楽しみいただきたいと思っております。是非お越しくださいませ♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ガッチャマン進行」を考察してみる⑤

2017年01月03日 | My Favorite
寺内貫太郎

その①から読む
 前回、小林亜星さんを「ガッチャマン進行」の師匠と勝手に呼ばさせていただく、と書きました。あれからまたいろいろと思い起こしまして…。 そもそもこのコード進行が好きになったきっかけの「青春時代の一番の思い出の曲」はなんだったっけかな?と。答はなんとTVドラマ『寺内貫太郎一家』オープニング曲でした。この動画の 0:58〜1:11 の部分をお聞きください。キーがEの曲なんですが、ドミナントであるB7からトニックのEにつなげるところで「C⇒D⇒E」という見事なまでのガッチャマン進行をブチこんできています。展開が劇的に変わりハッとする一瞬です。気持ちいい! で、この曲。作曲は大野克夫さん。「太陽にほえろ!」と同じ方です。小林亜星さんは俳優としてドラマに出演されていましたが作曲には関わっていらっしゃいません。このあたりの事実が面白い。 この曲にキノコさんが出会ったのが中3くらいですね。コードネームを覚えたのは中学1〜2年の頃なので、「寺内貫太郎一家」を聞いていた時にはコード進行の風変わりな部分は注意して意識しながら聞いていた記憶があります。実はこの曲の中には「チャレンジャー」のイントロのコード進行も含まれています(ついさっき気がついた)。 ワタシの小さな小さな「作曲抽き出し」は中学生の頃熱心に聞いていた大野克夫さん、さらにさかのぼって小学生の頃にぼんやり聞いていた小林亜星さんから受け継いだDNAなんだなー…って思ったしだいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年をふりかえる

2016年12月29日 | ともだち
キノコ国本のギャフンといってみよう第20回

 今年も残すところ2日と少しになりました。2016年はワタシにとって「スターソルジャー」「迷宮組曲」発売30周年、CD「20世紀ファミコン少年」発表10周年という節目の年でした。いくつかの新しい作品に関われたり、新しい友人やつながりができたり…と、充実した「ロック54歳」の1年でした。近過去のできごとを自分でもビックリするくらいどんどん忘れていくので、今日は今年のブログをさかのぼって2016年をふりかえることとします。
●1月…★FCカセット新作『8BIT MUSIC POWER』発売。 #2「PICO MY HEART」作曲で参加。
     自分にとって約30年ぶりの商用作品への作曲参加となりました。声をかけてくださったRIKIさん、hallyさん、そして梅本竜さんに感謝。
●2月…★「ギャフン」第16回。ゲストはヘクターさん。
     ベース三角波を出すおそらく世界で1人の男、ヘクターさん。理論的でめっちゃ放送大学みたいな回でした。あはは。
●3月…★「けつおん!」LIVE@中延ボナペティ
     おもに「ハッチポッチステーション」のカバーを演奏する頭おかしいバンド。ボーカルが指揮者でキーボードがトランぺッターでドラマーがとんかつ
●4月…★のこいのこLIVE@ボナペティ
     新作CM「はたらくモビルスーツ」で活躍中の「のこいのこ」さん。一緒に演奏するのは本当に愉しいです。
●5月…★「ギャフン」第17回。ゲスト市原雄亮さん。
     今年も横浜スタジアムで野球観戦しました。やきう友達です。
   ★「ゲーム音楽大全」(宝島社)にインタビュー記事掲載
     意外な人との縁のおかげで、このように大きく取り上げていただきました。感謝です。
   ★「ゲームミュージックRENDEZVOUS2」@ボナペティ
     京バンドさん、チャンボンさんとの共演。京バンドさんは独特のムードがあり、大ファンになりました。
●6月…★オール1ブラザーズ@大阪
     たこやき、おいしゅうございました。
    ★「8BIT MUSIC POWER LIVE」@秋葉原AKIBA POP DOJO
     なんちゃって8BIT講座やりましてん。
●7月…★「ギャフン」第18回。ゲストにテンドウさん。
     大阪で喰った、たこやきの画像や串カツの画像など。
    ★サウンドテスト0007@札幌
     完成したばかりの「20世紀ファミコン少年DECADE」を先行発売。
●8月…★「NJBP+」@本郷三丁目カデンツァ
     国本曲を美人双子姉妹ピアノ連弾。夢のような1日。
    ★「ゲームミュージックCHALLENGER5」@ボナペティ
     クイズと演奏と演芸と講座。松澤画伯のコーナーがウケた。
●9月…★キノコ国本剛章BAND@福岡
     FGMFさん主催の「れとろげ!2」に出演。ごまさば、おいしゅうございました。
    ★CD「20世紀ファミコン少年DECADE」amazonで発売開始
     ギャフンレコード第1弾。GBSさん、ヘクターさんなどたくさんの方にお力添えいただきました。梅本竜さんにも改めて感謝。
    ★FC新作「キラキラスターナイトDX」発売。
     LEVEL 2 -STAGE 1に作曲で参加。完成したカセット実物を手に取ったときはじ〜んと感動したニャー
●10月…★「ギャフン」第19回。ゲストにマツケんさん。
      スーファミPCエンジン実機の演奏・多重録音について本人解説。お部屋さがしはマスト!
    ★FCB 13th@川崎に飛び入り出演
      めっちゃエキサイティングな体験だったけど、事前に誰にも言えなくて苦しかったよう
●11月…★CD「8BIT MUSIC POWER」(日本コロムビア)発売。
      この作品にも、とあるフシギな人の縁が関わってまして。じ〜んときた1枚でした。
    ★CD「梅本竜トリビュート」発売。
      「成長」アレンジ&演奏で参加。声をかけてくださったヨナオさん、高見さんに感謝。そして多くの方と知り合えたのは全て梅本竜さんのおかげです。
●12月…★「ギャフン」第20回。ゲストhallyさん。
      ファミコン実機のみを鳴らすというDJスタイル。見た事もない改造ファミコンに大興奮。

 こうして振り返ってみて感じるのは「ともだちができるってことは積み重ねなんだニャー」という、ごく当たり前の事実ですね。新しいともだちを作るのも大事。そして以前からのともだちとの関係を大切にするのも大事。亡くなってしまった梅本さんのことを忘れないように、こうして何度でも書いておくことも大事だと考えています。
 来年の目標はすでに自分の中にいくつかできています。人生の残り時間がどんどん少なくなっていることを実感している身ですので、来年も目標達成に向かって日々ユカイに過ごしてゆく所存です。お世話になった皆さん、また一緒に遊んでくださーい♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Disc2-#01 Wonder Eraser / オール1ブラザーズ

2016年12月23日 | 20世紀ファミコン少年
Wonder Eraser」  作曲:キノコ国本剛章  演奏:オール1ブラザーズ荻原和音(Trumpet)

 この曲の元になったのは『ミッキーマウス不思議の国の大冒険』〜Never Landです。バンド向けの曲っていうか、ベースラインが「難しいけど人間が演奏可能」 に作ってあって、30年前に作曲した時から「いつか自分でベースを弾いてバンドで録音したいニャー」と思っていたのでした。 ただ、ファミコン用に作った時はAメロBメロだけで短いスパンでループしていたので、今回新たにブリッジ部分やトランペットSolo用のパートを作り足したのです。
 タイトルは和訳すると「不思議な消しゴム」。キノコさんの貧弱なゲーム知識でも、このゲームのメイン武器が消しゴムであることはギリギリ知っていたので素直に名付けました。勇ましい主旋律はなにがなんでもトランペットに吹いてもらいたくて、おともだちの荻原和音さんにお願いしました。 歯切れのいいメロディーハモリ。一転してけだるく緩急自在な中間部のソロ、そして狂気すら感じる終盤の自由奔放なアドリブ…。 私が「こんな風にできあがってきたらいいニャー」ってなんとなくフワーッと想像していた演奏のはるか斜め上380%のすばらしいトラックでした。 オール1ブラザーズのCD「1」に収録したのが初発表だったのですが、ワタシのお気に入りの曲ということで『20世紀ファミコン少年DECADE』にも収録させていただいたワケです。
 荻原さんはキーボード・プレイヤーでもあり、来年1/28の『ゲームミュージックRENDEZVOUS 3』でご一緒に演奏させていただきます。荻原さんに会いたいというアナタ、ぜひお越しくださいませ♪ 絶賛予約受付中です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

hallyさんのナマDJでギャフン

2016年12月17日 | キノコ国本のギャフンといってみよう
 数えて第20回を迎えました。「キノコ国本のギャフンといってみよう」。ゲストはhallyさんです。 視聴URLはコチラ
hallyさんは私にとって友人…というか恩人でありまして。 わかりやすい事実として「キラキラスターナイトDX」の作曲家メンバーの1人として誘ってくださったのがhallyさんなのです。それまで全く存じ上げなかったRIKIさんとの間をつなげてくれたワケですね。 hallyさんのご紹介のおかげでRIKIさんと知り合うことができ、その後「8BIT MUSIC POWER」参加のお話もいただいた、という流れです。この2作品に関われたことは私にとってとてもうれしいことでした。 
 そして遡るとhallyさんと初めて会ったのが忘れもしない、梅本竜さんの亡くなった数日後、梅本さんのご自宅でした。hallyさんと私をつなげてくれたのが梅本さんだった、というわけです。
hallyさん、梅本さんと知り合ってなければこの2作品の中に私の名前はなかったことでしょう。 そんな感謝の気持ちをこめつつお送りします。ギャフン第20回。 今回の目玉はなんといってもhallyさんのナマDJですね。 今年、イベント会場でhallyさんのDJを2度ほど拝見しましたが、客席から見ているとhallyさんの手元PC画面がどうなっているのかとても気になりましてね。今回はそのナゾを解くチャンス。至近距離でhallyさんの手元をガン見したいと思います。あはは。キノコさん、DJに関する知識まったくなし。完全に1ファンの目線でいろいろお聞きしたいと思います。どうぞお楽しみに〜♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファンの方の演奏動画を聞くと…ボカぁ師走なんだ

2016年12月10日 | 迷宮組曲
迷宮組曲 城内BGM(ピアノ)

 師走だなー。12月になるとボカァいつも師走なんだ。いいだろ? っていう加山雄三の「キミといつまでも」のパロディー、やってたの誰だっけ? 忘れちゃったけど師走もとい幸せな気分になれる動画アップの情報をいただきました。「迷宮組曲・城内」のピアノ演奏動画ですね。 今回の方は関西在住の女性の方です。見ず知らずの方がこうして自身の曲を演奏して動画にあげてくださる…あたしゃ音楽家山のタヌキ♪上手にタイコを叩いてみましょー違うあたしゃカンゲキでもうディスプレイの文字がにじんで見えないっちゅーことですよ。 はーとてもステキなクリスマスプレゼントいただいた。じ〜ん♡ あ、そうそう「迷宮組曲」の楽譜は私宛、メールをいただければホイホイさしあげますからね。クリスマスパーティーや忘年会で隠し芸として演奏したらイイんでないかい(北海道弁)。あはは。お気軽にご連絡くださいませ〜♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゲームミュージックRENDEZVOUS 3

2016年12月04日 | オール1ブラザーズ
 首都圏から見て遠くにお住まいのミュージシャンを呼んで、一緒にわーわーやるイベント、「ランデヴー」シリーズ。第3回目は大阪から「恵美須町」がやってきます。
ゲーム・ミュージック “Rendezvous(ランデヴー)” 3
2017年 28日(土)
中延ボナペティ
開場19:00  開演19:30
【出演】
恵比須町 (from 大阪)
   Sugi(Bass)
   chika(Mandolin)
   attena(Perc)
   chiwa(Keyboard)

オール1ブラザーズ
 《ゲスト》西村菜美 (Flute)
      荻原和音  (Pf)
   滝澤博之 (D,Perc)
恵美須町はマンドリンが入ってるのが特徴で、この「鬼が島演奏動画を聞くとなんかふるさとコドモの時を思い出してしんみりとしてしまいます。小学生のとき、日が暮れてボールが見えなくなるまで公園で野球をしていて、ともだちのお母さんが「夕飯ができたわよ」と迎えにくる。それがきっかけで全員うちに帰る…。マンドリンにはそういう風景を思い起こさせるフシギなチカラがあります。 迎え撃つオール1ブラザーズ。多才な3人のゲストにお手伝いいただき、自由ユカイな演奏をお聞かせしたいと思っております。 いつも通り全席着席テーブルあり。会場内禁煙。ごゆっくりお楽しみいただけるかと思います。 前売りチケットは1ドリンク付きで¥2,800。 ご予約はメールで…
  kunimoto301@yahoo.co.jp
●お名前(HN) ●枚数 を明記の上、お申し込みください。 みなさまのお越しをお待ちしております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

のこいのこ最新CMソング♪「はたらくモビルスーツ」

2016年11月27日 | のこいのこ
「はたらくモビルスーツ」『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』プロモーションムービー

 「オノデン」「エバラ焼肉のたれ」「サッポロ一番カップスター」など800曲以上のCMソングを唄ってこられた、のこいのこさん。ワタシのような「昭和生まれのTV大好き小学生」は彼女の声を聞かない日はない、というくらいそりゃもうお世話になっている方です。4年前くらいからライブをご一緒させていただくようになったのですが、活動ペースはゆっくりされていて最近では年1〜2回しか人前では唄われてないみたいです。 あとインターネット(SNS)をされていないので情報発信なども全くされていないんですね。先週くらいにお会いする機会があったのですが、そこでうれしそうに「国本さん!新作CMソング唄ったのよ!」とおっしゃるではありませんか。 で、チェックしてみて驚いた。『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』プロモーションムービー。 のこさんとゲーム?しかもガンダム?全く接点がない。 私が歌詞を読んでも全く意味不明な単語の羅列。のこさん、さぞや「なんだ?この呪文のような歌詞?」と思いながら唄われたことでしょう。でも伸びやかな唄声は健在。いつも楽しそうにCMソングを唄われる、のこいのこさん。昔のまんまだなー。なんだかうれしくなりました。 今年も12/24(土)には恒例のクリスマス・ディナーショーが横浜のホテルで行われます。私はベーシストとして演奏参加します。ご都合つく方、のこさんに会いにきませんか。ご興味ある方はワタシまでご一報くださーい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Disc2-#58 俳句 / 星観る人

2016年11月20日 | 20世紀ファミコン少年
 この曲を作ったきっかけは「若さゆえの反骨精神」ですね。国語の授業で「俳句。それは五・七・五17文字で表現される世界最短の詩です」って教わる。
古池や蛙飛び込む水の音   うん。たしかに17文字っていう素数な文字数だけど
|ふるいけや○○○|○かわずとびこむ|みずのおと○○○| (○は8分休符)  結局みんな休符を入れながら4拍子で読んでるんじゃん。なんでえ、つまんないの。
オレだったら17拍子で休みなく
ふるいけやかわずとびこむみずのおと
って読むね。 あれまあ。若さゆえの反骨精神以外の何物でもありませんね。お恥ずかしい。
でもこれを音楽にしてみたら、意外と面白かったのです。17拍子って、うねうね感が気持ちよくて結構アドリブが盛り上がる。そりゃもう好き放題にベースディストーションかけてブリブリ弾いてます。あはは。 ただ演奏は楽しかったんだけど1つ問題が発生した。録音エンジニアから「ドンカマがほしい」と要望が出たのです。「ドンカマ」ってのはリズムガイドトラックのことで、メトロノームみたいなモンですね。 キノコさんこの要望には困った。なぜなら一定のリズムに合わせて演奏することが大キライだったからです。特にこの「俳句」という曲。テンポがうねうねと揺れるからこそ味が出るというのに!ああもう! そこで解決策模索。♪もさーくはきーをきるー〜〜、ヘイヘイホー、ヘイヘイホー。もさーくー、もーーさーくーよー〜〜ハイハイその木を切るのは与作ね。与作じゃなくて模索ね。 で、行き着いたのは「1拍ごとにテンポチェンジが入力できるシーケンサーにクリック音を打ち込む」という荒技。何言ってるかわからない?あたしにだってわからないよ!
 とにかくね。こういうことだよ。
①メトロノームなしで、いつものように「俳句」のベーシック・トラックをバンドで一発録音する
②録音した曲を再生すると同時にシーケンサー(QX3)のクリック音を鳴らし、曲と同期するようにテンポチェンジの値を入力してゆく
③電子レンジで1分あたためる
④冷蔵庫で一晩ねかす
⑤いい具合にお皿に盛りつける
⑥できあがり
 実際には②でイヤになって作業を投げ出して遊びにいってしまうのでした。 はーなつかしい。そんな苦労をちょっとだけ想像しながら聞いてみてください。星観る人の演奏で俳句です。どーぞー♡
コメント
この記事をはてなブックマークに追加