木村草太の力戦憲法

生命と宇宙と万物と憲法に関する問題を考えます。

ご質問について

これまでに、たくさんのご質問、コメントを頂きました。まことにありがとうございます。 最近忙しく、なかなかお返事ができませんが、頂いたコメントは全て目を通しております。みなさまからいただくお便りのおかげで、楽しくブログライフさせて頂いております。これからもよろしくお願い致します。

限りなく投了に近くてブルー

2016-11-25 13:20:00 | 将棋
このたび「売れそうな将棋ラノベのタイトルを考える会」で
栄えある一位を獲得されたitsumonさま
「限りなく投了に近くて、ブルー」。

実に173リツイート、252お気に入り(11月25日13時22分現在)と
圧倒的な支持を受けております。
さすが、ツイッター将棋界をけん引するitumonさん。

その栄光をたたえ、アメリカの作家ライブ・ダイナソー氏が
その第一話を発表。
ちょっと日本の将棋事情がわかっていないところもあります。

紹介してみようと思いグーグル翻訳を使って翻訳してみました。


**************************************

『限りなく投了に近くてブルー』 第一話
                ライブ・ダイナソー
                

先のメイジンウォーから早3か月が経とうとしていた。
ここは、マッポ都市、ネオセンダガヤ。
セントラルターミナルヤヤタカイビル5F、日本振り飛車党定例幹部会が開かれようとしていた。

「いまだに我々の角ミチストップ振り飛車に
 抵抗する者がいるのか」

総裁のガジガジ・ド・ウナギが、重い口を開いた。

「は。先日も、トヨスダンジョンで、
 我が党の刺客が3人ほどトウリョーしました。
 全員がB1ナナダンだったのですが。」

部下の衝撃的な報告をうけ、ガジガジは驚いた。

「ナナダンの手練れが3人も。それは早くカンソーセンだ。
 しかし、いったいどんな手でやられたというのか?」

「なんでも、ボーギンなる怪しげな技を繰り出すと。」

「ボーギン。許さない。だからウティのカツカレーを食べろ
 と言ったのだ。王手飛車取り級の決め手だぞ。
 まあよい。こうなれば、しかたがなかろう。
 ドラゴンキング、キビン・コスナーを送る。」

「な、なんと!キビンを!」

「そうだ。もはや、テマチはできない。
 キビンには
 『角ミチを止めている場合ではない。
  飛車を右側に寄せている猶予もない。
  キャッスルヤグラでも角チェンジでもいいから、
  そのボーギン野郎を止めろ』と伝えろ。」

部下は思った。それ、もはや振り飛車党じゃない。


・・・。その三日後、キビンは、トヨスダンジョンにいた。

マチドージョーの手練れ、5人に取り囲まれている。
しかし、キビンは余裕だった。

「お前らなど、タメンザシで十分だ。
 なんだ、そのココセのような手は。」

キビンの放つ手裏剣歩の前に、マチドージョー連中は崩壊していた。
既にトーリョーやむなしのところで、後ろから声がする。

「オネガイシマス!覚悟しろ!」

マチドージョーのヌシが襲い掛かったのだ。
しかし、キビンは、ヌシの側を見ることなく、冷たく言い放った。

「オネガイシマス!しかし、5五角だ。」

「な、なに。つ、つんでないか。」

「サッカクイケナイヨクミルヨロシだ。
 分かったか。メカクシショーギでもお前を詰むのは難しくない。」

そして、キビンは最後の一言を投げつけた。

「水を飲め!」

「う、うう。アリマセン・・・。クモンシキをやっておけば・・・。」

マチドージョーの最後の刺客は倒れた。


「ふふふ。たわいもない。これまでか、トヨスダンジョン。
 まだユウキュー前ではないか。
 これではタケベサン&タイチクンにつないでもらわねばならないな」

だが、ダンジョンのスシヤの角から、一人のキシが現れた。
ワフクを身に着けた温厚そうな人物だ。
しかし、そのオーラからただ者でないのが分かる。

「オネガイシマス。キビンさんですね」

口調は丁寧だが早口だ。ノベルだとその早口さが伝わらなくて歯がゆい。だから、これからの文章では、早口を表現するために「(早口)」をつける。
キビンも答えた。

「お前が最後の一人だな。
 オネガイシマス。」

こうして、レイにはじまりタイキョクが始まった。

早口の男は、キビン以上の早指し。
しかしすべて最善手。
戦法はボーギンだ。

キビンはすでに中盤の入り口で格の違いを感じていた。
ノータイムでこれほどのことをやってくるとは。

「むう。まるでカミサマだ。一分将棋のカミサマだ。」

キビンが心の中で戦慄すると、
相手は、にこりと笑った。まるで心が読まれているようだ。

「私はカミサマではありません。カミサマのナイトです。(早口)」

相変わらず口調は丁寧だが早口だ。そして、それ以上聞くと
話がながくなりそうだ。

ナイトのボーギンに
キビンは必死にウケをする。しかし劣勢は明らかだ。
そして、捌けたボーギンはキビンの
唯一の攻めのタネコマ、ナリケイと
受けの要、ドラゴンホースを同時に脅かす。

限りなく投了に近く、キビンの顔はあまりにもブルーだ。


「く。両取りヘップバーン。アカン湖・・・」

キビンが、覚悟を決めたその時、
カミサマのナイトは言った。

「水をお飲みになったらいかがですか(早口)」

キビンは「こっちはヒッシであいてはゼッド」でもトウリョーできず、
結局、ヘッドゴールドされるまで指して倒れた。

「ま、マケマシタ。あ、あなたは・・・。」

キビン最期の問いに、相手は早口で答えた。

「わたしは、ワンハンドレッドトゥエンティースリー(早口)。」

キビンは薄れゆく意識の中で思った。
・・・まだ、オヤツのパイナポーアポーパイを食べてないのに・・・。

      (つづく)

次回予告
 突如として現れたノータイムキング、ワンハンドレッドトゥエンティースリー。
 窮地に陥った振り飛車党総裁ガジガジは、将棋要塞テンドーにこもる。そこでは、世界一ヒューマンなゲーム、ヒューマンショウギが開催されていた。
 果たして、そのゲームの行方やいかに。ヒューマンによるヒューマンを使った世界一ヒューマンなゲーム、ヒューマン将棋。次回、ヒューマンな結末を見逃すな。


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

恐ろしいサイトが現れた

2016-11-04 16:47:49 | 将棋
いま、三菱電機のIHのPRサイトが恐ろしいことになっている。

こちら、参照。

何が恐ろしいかというと、
担当者がいろいろ分かりすぎている、ということだ。

将棋界の奥はまだまだ深い。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

質問やコメントは

2016-10-20 22:51:54 | ちょっと一言
いろいろまぎらわしいので、
お名前をつけでください。
本名でなくても構いません。

PTA問題については
さしあたり、大塚玲子さんの著書にあたってみてください。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ふわりふわり

2016-10-17 23:39:22 | ちょっと一言
ここのところ、重たい事件が多く、ちょっと気分がふわりふわりする。

今日は、先日十勝に行ったときに
伺った大野ファームさんのステーキ。
パワーをつけたところで、明日は5連続位の仕事。

大竹まことさんのゴールデンラジオに出演。
今週はスペシャルウィークということで
気合を入れて行こうと思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

人格の同一性(2)

2016-10-14 22:11:20 | ちょっと一言
さて、2005年にひょんなことから
インド留学を決めたA氏だったのだが、
それは全くの偶然で、
いま2005年に戻って全部やりなおそうとしても、
そうはしないだろうという。

イメージとしては、こういう感じである。

2005年、A氏は、
2個のサイコロを振って両方6(重六、双六最強の目)が出たから、インドに行った。
なお、重六が出る可能性は36分の1なので
いま2005年をもう一回やりなおしてA氏がインドに行く確率はほとんどない。

そして、A氏が心配しているのは、
もし、A氏ではない人物Bがタイムマシンを使って2005年に戻ったとする。
そうなるとB以外の人も含めて2005年に逆戻りして、
やりなおし。

もちろん2005年にもどっても
1回目の2005年と全く同じ行動をとる人もいるかもしれないが
A氏が1回目の2005年と同じ行動をとる可能性は絶望的に低い。

もしタイムマシンが発明されれば、A氏は「死んだも同然ではないか」というのであった。

         (つづく)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加