木村草太の力戦憲法

生命と宇宙と万物と憲法に関する問題を考えます。

ご質問について

これまでに、たくさんのご質問、コメントを頂きました。まことにありがとうございます。 最近忙しく、なかなかお返事ができませんが、頂いたコメントは全て目を通しております。みなさまからいただくお便りのおかげで、楽しくブログライフさせて頂いております。これからもよろしくお願い致します。

心と個人の自律

2016-04-30 01:55:03 | ちょっと一言
ラジオにてPTAの強制加入の違法性を指摘したところ、
以下のようなコメントを頂きました。
「個人の自律的決定を尊重しましょう。」という私の主張は、
自己中心主義だそうです。
私は、すべての人は、その人なりに、
子どもを愛し、学校を愛し、地域を愛し、国を愛していると思います。
他の人の「愛の表現の仕方」が気に入らないからといって、
特定の「愛の表現の仕方」を強制することは許されません。
せいぜい「こうして欲しい」とお願いするのが精一杯でしょう。
〈但し、犯罪、不法行為に当たる場合を除く〉

ご興味のある方は、どうぞご覧ください。



何でも法律じゃ絶対に解決しない! (一庶民)2016-04-30 01:12:15
初めまして。荻上チキさんのラジオを偶然聴きました。
PTAをテーマにして話していた回なのですが、木村さんがあまりにも理論武装の(屁)理屈ばかりで、心が無いと思いました。
木村さんのように頭脳明晰で自分の意見は絶対に正しいのだというような方が「憲法に違反するからPTAに参加する必要は無い」とメディアで声高に叫ぶ事で、何の役割も持ちたくない、楽をしたい、お金も払いたくない、でも何かと言うと不満ばかりのモンスターペアレントが木村さんの(屁)理屈を借りて「強制は犯罪だ!PTAは自由参加だ!」と言い出しているように思います。
そして木村さんのような人が増えてしまったら、どんどん人との繋がりが希薄になっていくと思います。
これはPTA云々ではなく、木村さんのような考え方のが増える事を危惧して思う事です。
木村さんは自分は立派な正論を言っていると自信をお持ちだと思いますが、一方で、自分さえ良ければいい、という自己中心論だとちょっとでも自覚して欲しいなと思いました。
確かにPTAには無駄が多いです。でも、法律を盾に揚げ足取りのように批判している人というのは、すごく個人主義だと思います。すごく勝手な、個人主義です。
だから木村さんの主張には心が無いなと感じたんだと思います。当然愛も無いし、理屈で批判はするけど自分では何もしない。
アメリカのように、何でも法律、何でも個人主義、気に入らなかったらすぐ弁護士、すぐ裁判…木村さんの主張って、思考の欧米化ですよね。
木村さんの言っている事は間違っていません。でも「強制ではない」「楽しい人はやればいい」と終始強調されていましたが、『イヤだったけどやってみたら楽しかった』があるんです。
イヤならやらなきゃいい、強制したら法律違反だから!
だなんて、何でもそうやって判断しているのでしょうか。
大人だって最初の一歩を嫌がったり躊躇ったり逃げたかったりする事はあります。そんな時、木村さんのように「これは法律違反だからやらなくていいはずですよね」と席を立つ事は、単に理論武装で面倒から逃げ出しているだけです。
ちょっとでも気に入らなかったら、「強制じゃないですよね!」「法律違反ですよ!」「弁護士立てます!」。
もし木村さんのような言動をする人がいたのなら、皆から避けられるのは当然だと思います。
でも木村さんは自分は何も間違っていない、むしろ自分は被害者でイジメを受けている、これは犯罪だ!と言うのでしょうか。
木村さんの味方は、『やる前から、そもそも何もやりたくないのでPTAそのものに不満を持っている人、どうにか何もやらずお金も払わず子供は平等に扱ってもらおうという人』だと思います。少ないですよ、実際は。
頭が良すぎると、心や人との繋がり云々と言われたところで、「それは個人で感じ方違うから。各々が判断してやればいいし、繋がりだきゃ自分で自由に考えて動けばいいことだから」と一刀両断して切り捨ててしまわれるんだなぁと思いました。
木村さんにとっては簡単な事なのだと思いますが、PTAへの実質的強制参加によって世界が広がる事だってあるんです。
強制力があったからこそ、あったお陰で、です。そういう庶民的なコト、ご存知ですか?
「強制したら犯罪」「役員決めの為の集まりは監禁「PTAへの名簿渡しは個人情報漏洩」…そんな考えで全てを判断するのは頭がカチンコチンだと思います。
実際に何年も深く関わりPTAの無駄を見直し改革をしてきたレモンさんがPTAをあれこれ言うのならわかります。
でも、木村さんはいちいちあれは違法だこれは違法だと批判しているだけ。どうして「強制加入は許されない」視点しか無いんですか?
木村さんはレモンさんのように何年PTAで汗水たらしたんですか?
東大の人は特に人の意見を聞いたり自分の意見を曲げたりしないと聞きますが、まさにそんな堅苦しい理屈三昧の理論武装で、木村さんの主張には大切なものをぶち壊す人間性の乏しさを感じずにはいられませんでした。
PTAに無駄が多いこと、改革が必要な事、それはわかりますし同意です。色んな家庭もあるし、皆が皆同じ生活でもないのもわかります。
でも批判するにしてもレモンさんの言う事の方が木村さんの何万倍も納得出来ました。
そこに人としての心があるからだと思います。
コメント欄なのに長々すみません。有難うございました。
コメント (30)
この記事をはてなブックマークに追加

憲法記念日講演会のお知らせ

2016-04-14 14:02:56 | お知らせ
今年の憲法記念日、青山学院大学で講演をさせていただきます。

こちらは、全国憲法研究会という学会が毎年開催しております講演会で
今年は、
石田先生の「ヒトラーと現代ドイツ」と
私の三国志についてのお話です。


全国憲法研究会
憲法記念講演会

日時 2016年5月3日(火・祝・憲法記念日)

   13時会場 13時30分開演 16時30分終了

会場 青山学院大学9号館940教室

   アクセスはこちら

講演 石田勇治(東京大学)
   「ヒトラーと現代ドイツ」

   木村草太(首都大学東京)
   「集団的自衛権の三国志演義
    ―赤壁の戦いから2015年安保法制へ」

司会 遠藤美奈(早稲田大学)、柳瀬昇(日本大学)

   (予約不要・入場料500円)

主催 全国憲法研究会
   代表 長谷部恭男(早稲田大学)

興味のある方は、ぜひいらっしゃってください。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

違法なPTA会費の引落しについてのご質問

2016-04-07 15:27:19 | ちょっと一言
再びお便りをいただきました。

まず問題を整理しておきますと、



問題やコメントが錯誤しているようですが、冷静にいきます。
学校へ、個人情報第三者(PTAへの)提供禁止請求しました。
学校からの返事「入学説明会で学校が口頭で承諾を得て、新一年生の情報提供をしています」「ただご指摘をふまえて今後は口頭ではなく書面で承諾を取る方向で考えています」
個人情報第三者提供は、口頭の承諾では駄目ではないでしょうか。
また、会費の引き落とし差し止め請求について。入学時の説明会で口頭で説明し、「学費等納入金貯金口座振替申込書」の記載、提出でPTA入会と受け取り、会費引き落としをしているとのことです。これは許されるのでしょうか。
上記二つとも、書面はなく、聞き覚えもありません。「○○小学校の保護者は全員PTA会員です」と書かれたプリントは残っています。


承諾は、理論的には口頭の承諾もあり得ますが、
個人情報の第三者提供については
少なくとも、
提供する情報の範囲と、情報利用の目的を
しっかり特定した上で承諾をとる必要があります。

入学説明会の口頭の説明では、そこまでしっかりしたものができるとは考えられませんし、
承諾があったなかったでもめるのは目に見えていますから
書面にした方がよろしいでしょう。


また、会費について、

払った分については、
「加入義務があると認識していたが、
 義務がないなら加入するつもりはなかった。
 よって、返金してほしい。」
と申し入れれば良いと思います。

 これは、民法用語でいうと錯誤無効の主張になります。
 もし、返金に応じないようであれば、
 錯誤無効だと主張しつつ、
 詐欺として警察への告発も考える
 というような対応になります。
 もっとも、ここまでしなくても普通の違法PTAは
 (「違法」PTAに普通とそうでないというのは奇妙ですが)
 返金に応じることが多く、
 どうしても返してほしければ、
 簡易裁判所や警察マターになります。

また、まだ払っていない分については
入会しない、ないし退会の申し出をして
もう払いません、と申し入れ引落しを止めてもらえばいいと思います。

もし、それに応じられないという反応が出てくると
いささか大事ですので
やはり裁判所、警察マターになってきます。

とまれ、
加入義務がないものを、加入義務があるかのように装って
自動的に回避を納入させるというPTAの運営は、
違法な詐欺行為であり、不正義です。

法の支配の理念からすれば、
PTAだろうがなんだろうが、まず法の枠組みに則って運営すべきであり、
良いことをやっているんだから、違法行為をしてもいいだろう
という開き直りは許されない、というところからスタートしましょう。
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

PTA関係のお便り

2016-04-07 08:21:50 | ちょっと一言
いくつか違法PTAに関わるコメントをいただいたので、
コメントいたします。


悲痛な訴えですが

明日の子供の中学入学式。体育館ガチャーんの役員決め。とても嫌でたまりません。ここ数日めまいと下痢をしています。別にやらないわけではありません。長女次女の時、都度やりました。ただ体育館に、拘束されるというのがとてもとてもきょうふなのです。なぜおとなに、なっても、こんな恐怖の時間と空間に決まるまで出してもらえないのですか。助けて下さい。明日どうしたらいいですか。

とりあえず、監禁罪で警察に相談してみてはいかがでしょうか?




「任意加入にするために汗を流すつもりはありませんでした」という
公共心のかけらもないことを平然といってのける
違法PTAの運営経験者から

「書面や口頭で入会の意思を確認しないPTAを
『違法PTA』を呼ぶのはちょっと言い過ぎってことになるんだろう」。


という身勝手なコメントを頂きました。

当たり前ですが、
入会意思の確認は必要で熊本PTA訴訟でも、
入会意思の確認もないのに入会があったと認定されているわけではありません。

また、任意加入であることを説明しなかった場合、
民事法上は錯誤無効、刑事法上は詐欺などを主張でき、
熊本PTA訴訟では、たまたまそういう主張をしなかっただけなので、
虚偽の説明で加入させ、会費をとった場合に、
返金が請求できる、という法律的結論は動きようがありません。

本当に大変ですねえ。
ではでは。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

熊本PTA訴訟と今後の違法PTA

2016-02-26 08:14:08 | ちょっと一言
熊本PTA裁判の第一審判決が出ました。

地元NHKのニュースによれば

「父親が「PTA会費納入袋」と書かれた封筒に会費を入れて納 入していることや、PTAに退会の申し入れをしていることを 指摘した上で「一連の行為はPTAの会員であるという認識が あったと言わざるをえない」として訴えを退けました」

とのことです。

原告敗訴ではありますが、
これはPTAの自動・強制加入が適法だ
とされたわけではありません。


実はこの訴訟、
争点は「PTA強制加入の適法性」ではなく
「原告が加入意思を示したか?」でした。

被告PTAも裁判官も任意加入は当然の前提としています。



原告敗訴とはいえ、

。丕圍舛任意加入団体であることが司法の場でも確認されたこと、

◆覆なり強気な)PTA側も、訴訟になれば強制加入が適法だとは主張できないことが分かったこと
(任意加入の論点は投了済みだったのです。
 こちらの被告側書面をご参照ください。)、

の二点で、大きな意味のある訴訟・判決だったと思われます。



今回、原告は、
「会員でなかったのに、会費をとられたから、それを返金せよ」
と請求。

これに対し、裁判官が重く見たのは
「退会届」を出したり、
「会費」と書かれた封筒でお金を出したり、
とのことのようです。
(判決文が公開されたら、精査しますが、
 とりあえず報道では、そのあたりが重視されたとされています)

いささか残念な判決ではありますが、
一旦会費名目で集めたお金の返金請求が認められると
全国で同種の訴訟が頻発する可能性があります。

例えば、年間5000円とられていて、それを6年分遡ると
3万円。
この請求が10本たつだけで
PTAは30万円の返金!を要求されるわけです。

そう考えると
熊本PTA訴訟は、思った以上に重要な訴訟で、
裁判官がPTA側に「お金返しなさい」と
いうことに躊躇したことも分からなくはありません。


この訴訟から得られるポイントをまとめると、

1 PTA会費は、払いたくない場合には払わない。

2 自動・強制徴収された会費を返してほしい場合には
 「退会届」を出すのではなく
 (「退会」届を出すと、入会していたことを認めてしまう)
 「会員ではないので返金してください」という
 趣旨の書類を出す。

ということでしょう。


そして、また、違法PTA相手の訴訟は
他にもいろいろテがあります。

例えば、PTAに対し名簿を渡していた学校に対し
「個人情報の第三者提供」
という不法行為についての損害賠償を請求する、
ということもあり得ます。

一件あたりは数千円の賠償が相場ですが、
一つでも認容されると、損害額は膨大で、
PTAの運営を根本から考えざるを得ない事態に発展するでしょう。

そういう意味で、違法PTAの運営は、
極めてリスクの高いものになってきています。
コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加