木村草太の力戦憲法

生命と宇宙と万物と憲法に関する問題を考えます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

詰将棋で解説する同性婚訴訟

2021-04-03 20:45:25 | 将棋
郷原信郎先生のyoutubeで、
同性婚札幌訴訟の解説をしてまいりました。

学術会議問題のときと同様に、
詰将棋をつかって解説しております。

今回の問題はこちら。







詰将棋が得意な方は、解答を考えてから動画を見ていただけると
より楽しみが深くなると思います。

もちろん将棋のことが分からなくても全く問題なく話を聞いていただけますのでよろしくお願いいたします。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« お返事 | トップ |   
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (g)
2021-07-11 22:35:41
まず、気になるのが「夫婦」というのが国際法的に意味がある概念であり、国内法的に有効な概念なのかです。「夫婦」の日本的一般的な意味はもちろん分かっているつもりですが、「夫婦」というものの通念的概念を無視した厳密的概念って法学で説明できるのですか?

法学って、嫌味なほどに論理的になれば、分母を0で割ってもいいようなカオス状態になるような気がするんですが。そこは通念でカバーするんですか?

話題を作り出せれば秩序はどうでもいいんですか?  法学って「概念」が恣意的な気がしますが、私の頭がおかしいからなのか、私が法学を知らないからでしょうか?

ちなみに、憲法9条によると集団的自衛権がないというのがさっぱりわかりません。自分個人で自分の身を守れないなら、他人に頼ってはいかんということですか?

ブログにも戻ってきていただいたようで、いろいろお話を聞かせていただきたいです。

G

コメントを投稿

将棋」カテゴリの最新記事