けいた と おちぇの親方日記

わんこと暮らす、のんびり日記

連ドラ「恋愛時代」(日テレ・木曜よる11時59分)

2015-06-30 18:00:00 | ドラマ(2015)
15年4月期に最終話まで観た連ドラの3作品目は、
野沢尚さん脚本の「恋愛時代」(日テレ・木曜よる11時59分)。



実は初回を観た段階では、さほど期待もせず、
途中挫折もあり得るかと思っていた。

しかし、結果的には最終話まで観た。



比嘉愛美さん演じる衛藤はる、
満島真之介さん演じる早勢理一郎。

この二人が煮えきらないというか、
まぁ互いを好きなのにはっきりしない。



周りの人に迷惑や辛い思いをさせていたが、
そのなかでも可哀想かなと思ったのは、
芦名星さんが演じた織田多実子さんだろうか。



仕事に没頭したい気持ちもあっだろうが、
実は理一郎は自分の方を向いていないことが
一番の理由だと思う。



多実子さんも出版の話があり、
佐藤隆太さん演じる喜多嶋竜一も元の鞘に戻り、
結果的にはハッピーエンドであったので、
まぁよかったと思う。

平均視聴率は4.02%(最高が第4話の5.5%)。
深夜枠としては大健闘だと思う。

ところで、比嘉さんの脚、あまりの細さに驚いた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小説「あん」(ドリアン助川著)

2015-06-29 18:00:00 | 書籍(コミック)
ドリアン助川さんの「あん」を読んだ。
綺麗な小説であった。



最近、河瀬直美さん監督で映画になったので、
ご存知の方も多いであろう。



辻井千太郎が店長を務める「どら春」は、
その名のとおり、どら焼き屋。

「どら春」は、千太郎のやる気のなさもあり、
売上もぱっとしない。

そんな「どら春」に吉井徳江という、
高齢の女性がやってくる。
聞けば、徳江は76歳だという。

そして、「どら春」に通う女子中学生、
ワカナちゃん。

この3人を中心に話は進んでいく。

巻末の解説に作家の中島京子さんが
こう書いている。
*******************
最初に、この小説を読んだとき
『幸福感』を得た、と書いた。
その幸福感の源は、
私たちがこの物語を読むこと、
知ること、そのものが、
生きる意味につながり、
誰か別の人の生きる意味に
つながっているという感覚を
得られることではないかと思う。
*******************

また、作品の最終部分では、
徳江が千太郎に宛てた手紙が出てくる。
手紙には、人が「生まれてきた意味」が
書かれている。

本作を読むと、
「生きる意味」「生まれてきた意味」を
改めて考えてしまう。

堅苦しいことかもしれないが、
とても大切なことであり、
若い人にも読んでもらいたい作品であった。

映画もDVD化されたら、是非観たいと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小説「時雨の記」(中里恒子著)

2015-06-28 12:00:00 | 書籍(コミック)
中里恒子さんの「時雨の記」を読んだ。
中里さんの作品は初めてである。



本作品は、一言で言えば、
壬生孝之助と堀川多江の恋愛小説である。

本作品には、文芸評論家の河上徹太郎さん、
江藤淳さん、女流作家の宇野千代さんが
寄せ書きを寄せており、巻末に掲載さている。

みなさん絶賛をしているが、
まだ自分にはその良さが分からなかった。
もう少し歳をとったら、理解できるのだろうか。
何年かしたら、また読んでみようと思う。

寝ようと思って寝室に行くと、
寝ぼけ顔のおちぇりさんが。



よく眠れましたか?



体が凝ってしまいましたか?



ん?



んん?



んんん?



んんんん?



んんんんん?



んんんんんん?



場所替えですか。



おとんたちも寝るから、
もう一眠りしようね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

連ドラ「心がポキッとね」(フジ・水曜よる10時)

2015-06-27 12:00:00 | ドラマ(2015)
15年4月期に最後まで観た連ドラの2作品目は、
岡田恵和さん脚本の「心がポキッとね」(フジ・水曜よる10時)。



心が病んだ4人の大人たちラブコメで、
主演の阿部サダヲさんにとっては、
マルモのおきて」(フジ・11年4月期)以来、
4年ぶりの連続ドラマ主演。



視聴率は、初回のみ10.4%と10%超え、
あとは1桁台で、平均視聴率は6.6%であった。



厳しい結果であるが、
そこまでの作品ではないと思う。
出演者の方々はみな芸達者で、
そういった点では安心して観ることができた。



岡田さんへの期待度が高かった分だけ、
評価が厳しかったのだと思う。

しかし、最終話の春太(阿部さん)のスピーチは、
とても良かったと思う。

「最後から二番目の恋」を超える、
ラブコメを岡田さんには期待したい。

では、最後に春太スピーチを。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

今日はありがとう!!
みんな、僕はみんなのことがね、
大好きなんだよ。
今日はありがとう。

あのね、みんな。
ここにいる僕らはさ、
みんなどこかいかれている、
訳の分からない奴らばっかりなんだよ。

君も、君も、君も、君も。
君もそうだよ、そうだよ。
そして、もちろん僕もそうさ。

僕はね、そんな君たちが大好きなんだ。
好きなんだも~ん。

俺はさぁ、会社をクビになってさ、
離婚してさ、
そん時ね、終わった~と思った。
はいっ、終了~って。へへへへ。

こいつがさ、拾っちゃうんだよ、なっ。
ここに来た時、人生、もう終わった。
だからほっといてくれと思った。
静かに誰にも関わらずに
生きていこうと思っていたわけですよ。

ね、でもさ、あんたたちがさぁ、
次から次へと俺を巻き込みやがってさぁ。
全然ひとりにしてくれないんだもんなぁ。
全然、なぁ。

本当にね、
勘弁してくれって思ったわけですよ。
俺と関わらないでくれ、お願いしますってね。
え~、そうだったんですよ。

でも、本当は嬉しかった。
だってそうでしょう。そうやってね。
そうやって、悩んでいるということは、
生きているってことだし、
この先も生きていきたいってことなわけで。

だって、だって、
何にも、何にも感じなくなっちゃったら、
そん時は本当に心が死んじゃっているわけで。

つまり、だから、
人生、終わったと思ってた私の壊れた時計を
動かしてくれたのは、みなさんなんです。

私の、私の折れた心を無理やり動かしてくれて、
ありがとうございます。

ウザくしてくれて、ありがとうございます。
困らせてくれて、ありがとうございます。
怒らせてくれて、ありがとうです。
泣かせてくれて、ありがとう。
どきどきさせてくれて、ありがとう。

感謝しています。
おかげで生きてるって、今思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レアチーズケーキ(しろたえ)

2015-06-26 18:00:00 | 美味しいお店(首都圏)
家の近く百貨店の催し物に
西洋菓子しろたえ 赤坂」さんが出ることに。

奥さんが出店の日、
並んでレアチーズケーキとシュークリームを購入。



これがチーズケーキの箱。



なかはこんな感じ。



シュークリームはこちら。



おちぇ、いい匂いでしょ。



早く食べたいね。んっ?



シュークリームは会社で食べたことがあったが、
レアチーズケーキは初めてであり、楽しみであった。



綺麗な白色。



スプーンを入れてみて、びっくり。
思いのほかしっかりした硬さ。



なかなかのお味でしたね。



シュークリームも美味しかったが、
レアチーズケーキはさらに美味しく、家好みであった。
(また出店したら、並んでください)



おちぇも満足?



この頃は少し涼しく、おちぇも過ごしやすかったね。



眠くなってきちゃったね。



美味しかったね。また、みんなで食べようね。
おやすみ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加