けいた と おちぇの親方日記

わんこと暮らす、のんびり日記

おちぇの2014年

2014-12-31 12:00:00 | おちぇ(日常)
今年もあと12時間。
1年間、みんな元気で過ごせそうである。
大晦日なので、2014年を駆け足で振り返ってみる。

まずは、1月。
今はないが、B-Wood(横浜)で元気に走っていたね。



2月。
大雪にびっくりしたね。



3月。
この頃はドッグフォレスト湘南に走りに行っていたね。



4月。
これは町田の芹ヶ谷公園を散歩したときだね。



5月。
気温が高くなってきたので、
代々木公園ドッグランに早朝から行ったね。
デング熱騒動もあり、もう行かないかもしれないが。



6月。
爺じと伊豆旅行したね。爺じはとっても喜んでいたよ。
おちぇも楽しそうだったね。



7月。
雨続きであまりランに行けなかったね。



8月。
涼しいうちに到着するよう、
5時出で山中湖のWoofに行ったね。



ここでご近所のブランちゃんに初めて会ったんだよね。



9月。
この月もWoofに行ったんだよね。
本当に楽しそうに走るから、早起きも苦にならなかったよ。



ブランちゃんが来るのを待っていたんだよね。
(この後、会えました)



10月。
ブランちゃんママに100円ランを教えてもらった。
今ではおちぇのお気に入りのひとつだね。



月半ばにはまたWoofへ。
この日もブランちゃんに会えた。いいお友達ができて、よかったね。



そして、11月。
山中湖のカーロ・フォレスタ・エルフォへ。



山中湖畔の早朝散歩。
寒かったけど、紅葉も富士山もとても綺麗だったね。



最後に12月。
今年二回目の伊豆旅行に行ったね。
お姉ちゃんの大好きだったさくらの里でいっぱい走ったね。



お気に入りのドッグヤードでも元気いっぱいだったね。



そして、いっぱい遊んだ後は、預かりさん家族との再会。
あーたん、なっちゃん、たらちゃんにも会えたね。



おちぇ、とても嬉しそうだったね。
来年も預かりさん家族と一緒に旅行ができるといいね。

旅行から戻ったら、大親友のシュガたんとも遊べたね。



走り納めのときは、またブランちゃんに会えたね。
元気にいっぱい走っていたね(後日詳細を)。



おちぇ、あっという間の1年だったよ。
来年もたくさん遊びに行こうね。
だから、無理せず、よく食べ、よく休むんだよ。
来年も1年、よろしくね。

では、おちぇよりご挨拶。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小説「花冠の志士 小説 久坂玄瑞」(古川薫著)

2014-12-30 18:00:00 | 書籍(コミック)
来年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」を前に、
古川薫さんの「花冠の志士 小説 久坂玄瑞」を読んだ。



久坂玄瑞といえば、かなり急進的な攘夷論者で、
禁門(蛤御門)の変で自刃した松下村塾の出身者。
その程度の知識であった。

そして、その玄瑞は、
大河ドラマの主役・杉文(吉田松陰の妹)の最初の夫。



本作を読んで、長身で美男子で、
美声で詩歌の才があったことを知った。

また、歴史番組などで目にする玄瑞の肖像画は、
実は息子の秀次郎をモデルにした肖像画であり、
本人のものではないということも(本人のものはないらしい)。



玄瑞は17歳で文と結婚、25歳という若さで逝去。

結婚後、少しの間だけ一緒に暮らすが、
攘夷運動やらで殆ど一緒におらず、
手紙も20通程度あるだけである。

結婚自体も師匠である松陰に頼まれてのもの。

また、息子・秀次郎は文との子ではなく、
京都島原桔梗屋の芸妓・辰路(井筒タツ)との子といわれている。

文は玄瑞のことを慕っていたようであるが、
寂しい結婚生活であったように思う。

玄瑞の死後、姉・寿も亡くなり、
その夫・小田村伊之助(後の楫取素彦)に嫁ぐが、
その後のことは殆ど知らない。



幸せに暮らしていてほしいと思うが、
続きは大河ドラマを楽しみにしたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

連ドラ「MOZU Season2 ~幻の翼~」(TBS・木曜よる10時)

2014-12-29 12:00:00 | ドラマ(2014)
2014年10月からの連ドラも全て最終話を終えた。
今クールは8作もの作品を観ていた。

最終話まで観た連ドラの1作目は、
MOZU Season2 ~幻の翼~」(TBS・木曜よる10時)。
全5話であり、11月に最終回を迎えていたので、いまさらであるが、・・・。



本作品はロケには力が入っていたが、
内容的なに大雑把な作りであったと思う。

例えば、
①Season1から出ている“だるま”の正体は?
②倉木の子供を殺したのは、妻・千尋? また、その子の本当の父親は?
③明星の父は、何故公安を裏切り、ロシアのスパイになったのか?
④無言電話しているのは明星の父なのか?
⑤Mozuというタイトルとの関連性は?

Season1も突っ込み所は満載であったが、
新谷兄弟が殺人を犯し、それを倉木ら警察(公安)が追うという、
とてもシンプルなもの。

国家転覆やらスケールが大きくなってから、
少し雑な作りになったと思う。

視聴率は5話平均で6.38%とかなり苦戦したが、
やむを得ないと思う。

来年には映画化されるらしいが、
連ドラで不明であった部分が明かされることを期待したい。

本作品で一番良かったところは、
やはり長谷川博己さんが演じた、チャオ東であろうか。







彼を観たくて見続けたようなものである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食後のボール遊び

2014-12-28 07:00:00 | おちぇ(日常)
食後1時間は安静タイムであるが、それ以降はお遊びタイム。

おちぇが見つめる先には、



オレンジのぴぃぴぃボール。



おちぇのお気に入り。



他にピンクとグリーンの同じぴぃぴぃボールがある。



狭い場所であるが、投げてあげると、一生懸命に取りに行く。



持ってきて、ぽとっ。



違う色のボールを持つと、



今度はそちらが気になる。



また投げると、お尻をあげて取りに行く。



狭いところだから、
そんなに一生懸命に走らなくても大丈夫だよ~。



しかし、おちぇはいつでも一生懸命。



取れましたか?



少し疲れたのか、噛み噛みしてひとり遊び。



遊んでいるうちに転がっていってしまった。



目で追うところが可愛い。



行っちゃったね。
次はそれですか。



楽しそうですね。



んっ?



今度は、何かな?

おちぇと遊んでいると飽きないね。
でも、もう遅いからそろそろお休みしなさいね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初第九

2014-12-27 09:00:00 | その他
寒い日が続いている。
朝、地下鉄の出口をでると、朝日が見えてくる。



まだまだ人通りも少ない。

先週末、会社帰りに「第九」を聞いてきた。実は、初めて。
会場はサントリーホール。

ANA InterContinental Tokyo(旧東京全日空ホテル)を抜け、



ライティングされた小道を歩き進むと、



ARK HILLSのカラヤン広場に。



クリスマス前であり、どこもとても綺麗であった。



18時30分会場。



自分はひとりであったが、たくさんのカップルが来場していた。

この日の演奏は、
読売日本交響楽団で指揮はレオポルト・ハーガー氏であった。

ソプラノはアガ・ミコライさん、メゾ・ソプラノは林美智子さん
テノールは村上敏明さん、そして、バスが妻屋秀和さん。

合唱は新国立劇場合唱団(指揮:三澤洋史さん)



写真撮影禁止の為、会場内や当然演奏中の画像はないが、
着飾った人たちが楽しそうに集い、素晴らしい演奏を聞くことができた。

演奏のなかで特に印象に残ったのは、
ヴィオラの鈴木康浩さんがとても楽しそうに演奏しており、
こちらまで楽しくなってしまった。

20時過ぎには閉演であり、休憩なしの約1時間程度。
通常のClassic Concertより若干短め。
この後、美味しい食事をする人も多いからなのだろうか。

自分はおちぇとおかんの待つ家に真っ直ぐ帰った。
家に着いてみると、
普通に会社から帰ってくる時間とあまり変わらなかった。



おちぇ、おかん、おとんだけ楽しんできてごめんね。
久しぶりに生演奏を聴くことができて、とても楽しかったです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加