けいた と おちぇの親方日記

わんこと暮らす、のんびり日記

連ドラ「ファーストクラス」(フジ・水曜よる10時)

2014-10-31 18:00:00 | ドラマ(2014)
連ドラ「First Class 2」の第1話を観た。
前作「First Class」も毒々しかったが、パワーアップしている。



前作では、沢尻エリカさん演じる吉成ちなみも
まだまだ初々しさが残っていたが、本作は最初からこの調子。




前作はカメラアシスタントの西原君(中丸雄一さん)や
契約社員の白雪さん(田畑智子さん)などが普通の人でよかった。

今回はパタンナーを除いてほぼ全員があくが強い。



廣木リカ役の木村佳乃さん、
この写真のように普通のメイクにしてほしい。
このほうがずっときれいである。



多武峰凪子役のともさかりえさん、
作中の腹黒ぶりっ子役も怖いが、こっちの写真は別の意味で怖い。



やはり、沢尻さんといえば、
「1リットルの涙」の池内亜也役が一番良かった。



主題歌、レミオロメンさんの「粉雪」もとてもよかった。
こな~ゆき ねぇ 心まで白く染められたなら あははは♪

ちょっと、本作品は挫折しそうである。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新聞小説「天下(てんが) 家康伝」(火坂雅志著)

2014-10-30 18:00:00 | 書籍(コミック)
日経新聞夕刊の新聞小説「天下(てんが)家康伝
(火坂雅志著)が今月上旬に終わった。

全454話であったが、全話読んだ。

私は新聞の夕刊を風呂場にもって行き、
湯船に浸かりながら、ひと通り読むので、
新聞小説もたいがい読んでいる。
(朝刊の新聞小説も電車の中で読んでいるが)

本作は前半は比較的細かく描かれていたが、
最後の方はかなり駆け足であったといのが正直な感想である。

最終話の前の第453話は、石田三成討伐のため、
江戸城で家臣に自分の思いを告げ、出発する場面。

そして、最終話では関ヶ原も、大坂冬の陣・夏の陣も終え、
隠居した家康が駿府で富士山と柿田川の湧水を眺めて、終わる。

現在、山岡荘八さんの「徳川家康」を読んでいるからか、
かなり大雑把な内容で会ったと思う。

14日からは貴志祐介さんの「擁壁の町」が始まった。
どうなるのかまだ分からないが、とりあえず、毎日楽しく読んでいる。

今日は特に写真がないので、おちぇの夜の運動会の1シーンを。







ひと遊びすると、こてっと寝てしまう。



まだまだお子ちゃまだね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あら、可愛い。

2014-10-29 12:00:00 | おちぇ(日常)
あら、可愛い。どこの仔かな?



おちぇりさんですね。

おちぇは小さな時から本当に可愛かったね。



肉塊を脇に小熊を噛んでいるのだけど。



両手で押さえるの、上手だね。











一人遊びも上手になったね。



このときはまだ生後9カ月くらいかな。



あら、可愛い。どこの仔でちゅか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の夜長(おかん編)

2014-10-28 12:00:00 | おちぇ(日常)
パラパラチャーハン、この日のおちぇの夕御飯。
お肉だけではなく、お野菜たっぷり。



おちぇの御飯は、ひと口ずつお皿に入れる。



それをちゃんと待てるおちぇ、すごいね。



最後はお皿も綺麗に。



お腹がいっぱいになると、寝室へ。



おとんの掛け布団をくるんだ上にごろりん。



おかんが様子見に来たよ。



おかんが「可愛い、可愛い」って。



気付いたね。



あ、寝ちゃったね。



今度は撫でてだね。



あらら、そのまま寝ちゃった。



秋の夜長、おちぇといると楽しいね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

連ドラ「きょうは会社休みます。」(日テレ・水曜よる10時)

2014-10-27 18:00:00 | ドラマ(2014)
今クールの連ドラ4作目は、
綾瀬はるかさん主演の「きょうは会社休みます。」。



青石花笑役の綾瀬さん、やはり可愛い。

そして、その脇は今売出し中の福士蒼汰さんと、
名作「鹿男あをによし」(フジ・08年1-3月)で共演した玉木宏さん。



花笑の父・巌役に浅野和之さん、光代役に高畑淳子さん。
娘思いのとてもいい家族である。



仲里依紗さん演じる花笑の同僚・大川瞳。
変である、この人。
同クールで放送されている「昨夜のカレー、明日のパン
(NHK・日曜よる10時)のテツコさんとは随分と異なる役である。



ん?

原作は、藤村真理さん作の同名コミック(集英社・「Cocohana」連載中)らしい。



ホタルノヒカリ」もそうであったが、
原作よりやはり綾瀬さんのほうがずっと可愛い。



でも、やはり綾瀬さんといえば、
JIN - 仁」(TBS・11年4-6月)の橘咲役が一番。



咲さん、よかった。
Blu-ray BOXを買ってしまおうかと思ってしまうが、
ちょっと23,000円は、今、出せない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加