けいた と おちぇの親方日記

わんこと暮らす、のんびり日記

中休み;小説「新選組 幕末の青嵐」(木内昇著)

2017-11-25 12:00:00 | 書籍(全般)
今日は、秋の山中湖旅行記は中休み。

直木賞作家の木内昇さんの
小説「新選組 幕末の青嵐」を読んだ。



新選組のことを取り上げた小説を読むのは、実は初めて。

なぜ読む気になったかというと、
現在、日経新聞(夕刊)で連載されている
新聞小説「万波を翔ける」を読んで良かったので、
木内さんの他の作品を読んでみたいと思ったからである。

「万波」もよいが、本作品も良かった。
新選組の話というより、ひとりひとりの発する言葉が良い。
本当にそういっていたかは実際にはわからないので、
木内さんが発するものなのだろう。

◆鵜殿鳩翁(P70)
「自分が欠ければみな往生するだろう、
 どこかでそう思い込んでいた。けれど、
 結局組織など、人ひとりが欠けたところで、
 なんの影響もないのである。」

◆同上(P78)
「経験は積んできたかもしれないが、
 感覚はその場その場に置き去りにしてきて
 しまったようだ。
 中略
 組織内での評価に振り回されるだけで
 目一杯の日々だった。でも、そんな評価は、
 もしかすると人生においては些末なこと
 なのかもしれない。」

◆芹沢鴨
「自分の頭の上の蠅も追えぬ連中が
 仲間同士で囁き合う『世が間違っているのだ』
 という負け惜しみなど虫酸が走る。
 欲しいものがあれば、力尽くでものにすればよい。
 それが駄目なら、そのときは腹を切ればいい。
 世を変えたいのであれば、偉くなるしかない。
 そんな単純なことを、見識だの常識だのに
 照らしてややこしく考える連中の気が知れない。」

◆永倉新八(P224)
「いくら人がよく、人望が厚いからといって、
 才覚のない者に重要な仕事を任せれば、
 いずれ隊は破綻する。
 ならば、その人物を降格させるか、
 傍目に明らかな閑職に追いやるかと考えるのは普通だが、
 そういう芸のないことを土方は決してしなかった。
 中略
 本人ひとりが、じんわりと気付くよう、仕向ければよい。」

◆沖田総司(P225)
「剣を使うとき考えちゃ駄目だ。考えると深読みする。
 深読みというのは大抵間違った答えを出す。
 考えないで反射で動かないと、見誤る。」

◆土方歳三(P526)
「自分ではなにもしないくせに、口先ばかりで
 勝手なことを言っている奴を一番軽蔑しているんだ。
 そういう人間に限って、『やればできた』と言う。
 あとになってから言うんだ。
 でも俺たちはちゃんと一歩を踏み出したろう。
 無理だと言われたことをやり遂げた。
 俺たちはなにも、恥ずべきことはないんだ。」

では、今日のおまけ。

今日はポカポカ陽気であったので、日向でのんびり。













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小説「花咲家の休日」(村山早紀著)

2017-11-14 18:00:00 | 書籍(全般)
村山早紀さんの小説「花咲家の休日」を読んだ。
本作品は、花咲家シリーズの第二弾。



どれもファンタジー系な話であるが、
児童向け小説の作家さんだけあり、
温もりを感じる優しい話で楽しめた。

その中で「金の瞳と王子様」は、
末っ子の圭のことが大好きな猫の小雪の話。

川辺の段ボールに捨てられていた小雪。
中学生にその段ボールを川に流されてしまう。

体が弱いにも、泳げないにもかかわらず、
小雪たちを助けるため、圭は川に入る。

結果的には高校生のお兄さんに助けられるが、
圭の勇気と気持ちを小雪は忘れられない。

そんな小雪がどれほど圭のことが好きで、
大切かという内容(詳細は作品にて)。

そして、こちらは何でしょうか?



きのこのキッシュ。



おちぇ、これ、な~んだ。



匂いがするかな?



これ、おちぇの晩ご飯だよ。
おかんがネットで取り寄せてくれたよ。



さっ、食べましょうか。



てってけと行く後ろ姿が愛らしい。



可愛い可愛いおちぇりさんでした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小説「花咲家の人々」(村山早紀著)

2017-10-29 12:00:00 | 書籍(全般)
児童文学作家の村山早紀さんの小説
花咲家の人々」を読んだ。



本作品は、海辺にある、
風早(かぜはや)という名の街の物語。

風早に古くからある老舗の花屋、
千草苑(せんそうえん)。
そして、千草苑の経営者一族が花咲家。

花咲家の人々は、先祖代々、
植物と会話ができる魔法のような力を
持っている。 

千草苑に併設されたカフェ千草で働く
美人の長姉、茉莉亜。

能力の存在は認めるも、
現実主義な理系女子の次姉、りら子。

魔法は使えないけれども
読書好きで夢見がちな心優しい末弟、桂。

そして、父の草太郎に、祖父の木太郎。

3人子どもたちはそれぞれに悩みつつも、
周囲の優しさに包まれ成長していく。 

あまりファンタジー系の小説は読まないが、
心温まる優しい話が心地よかった。

そして、家の可愛い子ちゃん。



大あくび。



ベランダに行くの?



下ですか。





おやつを食べたら、寝室でのんびり。



しっかり目のお昼寝だね。



しばらくしたら、場所を変えて。



心温まる優しい寝顔。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小説「蜂蜜と遠雷」(恩田陸著)

2017-09-27 18:00:00 | 書籍(全般)
今年の直木賞受賞作品で、
また本屋さん大賞受賞作品でもある、
恩田陸さんの「蜂蜜と遠雷」を読んだ。

3年ごとに開催される、
芳ヶ江国際ピアノコンクール(日本)を
舞台にしたコンテスタントたちの物語。



養蜂家の父とともに各地を転々とし、
自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。

かつて天才少女として活躍していたが、
13歳の時に母が突然亡くなって以来、
長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。

音大出身で、一時はプロも目指したが、
今は楽器店勤務の会社員、高島明石28歳。

優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院の
マサル・C・レヴィ=アナトール19歳。
(亜夜の幼なじみ)

彼ら以外にも数多くの天才たちが繰り広げる
競争という名の自らとの闘い。
予選、本選と勝ち抜き優勝するのは誰なのか?
(結果は小説を確認ください。)

書評は賛否両論のようであるが、
私は楽しく、わくわく読むことができた。

演奏曲も多種多様であり、
聞きたいと思う曲がたくさんあった。

その中でも、1番は塵が弾いた、E.サティの
『あなたが欲しい(Je te veux)』。
聞けば分かる有名な曲。

印象に残る台詞としては、
『嫌われたくないとか主張したくないという、
 言わば減点法の優しさではない、
 本質的な他者への優しさがあった。  
 しかも、自分に対してはとても厳しく、
 潔癖なところがある。』

『審査員は審査するほうでありながら、
 審査されている。審査することによって、
 その人の音楽性や音楽に対する姿勢を
 露呈してしまう。
 審査をするというのは恐ろしいことだ。
 自分の音楽性や人間性をさらけだして
 しまうのだ。』など。


では、このへんで今日のおまけ。
階段の踊り場にいるのは、誰かな?



ん?



あれれ、ぺたりとしちゃった。



こんなところで寝ちゃ駄目だよ。



私たちを待っている間に
待ち疲れてしまったみたいである。
なんて可愛いのでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビジ本「ビジネスマンの父より息子への30の手紙」(ウォード著)

2017-08-13 12:00:00 | 書籍(全般)
カナダ人実業家キングスレイ・ウォード氏の
ビジネスマンの父から息子への30通の手紙」を読んだ。



本作は30年以上前の1987年1月、
城山三郎氏訳での出版されたものであるが、
今読んでもとても参考になる本である。

「実業界で生きていくための最良の武器は、
 常識と責任である。」

「人が成功するか、しないかを分ける鍵は、
 規律(自制心)である。」

「直接仕事に関係ないような学問であっても、
 この世には無駄なものなく、みな何かの
 役に立つ。」

「読むことは人を豊かにし、話し合うことは
 人を機敏にし、書くことは人を確かにする。」
(フランシス・ベイコン)

「精一杯の努力をすれば、たいていのことは
 かなえられる。しかし、競争に勝つのは
 必ずしも動きの速い人ではない。勝つのは
 過去の競争から学んで、その教訓を活かす
 人である。」

「人生は登り坂の戦いであり、着実に努力を
 重ねないならば、一生の失敗率は高くなる
 だろう。」

「賢い人は、勝利よりも敗北から多くの教訓を
 得る。」

「真の企業家とみなされる人は、どんな困難に
 ぶつかっても、それを状況のせいにして愚痴
 をいったりしない。」

「自分の努力の結果を客観的に見積もる良識。」

「経験は学校や他人からは引き出せないので、
 自分で積むしかない。」

「仕事をこなせるまでに社員を仕込むには金がかかる。
 部下は貴重品である。」

「真実と信用は価値ある人生の支柱である。」

「マナーとは、まわりの人びとに対する心遣いである。
 偉大な人物ほど礼儀を知っている。」
 (アルフレッド・テスニン卿)

「他人の過ちから学べ。
 自分ですべての過ちを経験する時間はない。」

「この世の中には新しいことはあまりなく、
 人の一生には反復的な面が多い。」

「私が心を惹かれるのは、「上司」がいるときはもちろん、
 いないときにも勤めを果たす人である。」

「優れた人物の最も重要なふたつの特質は、
 ひとつは問題を認めることができること、
 もうひとつは失敗を認めることができることである。」

「チームワークに頼れば、
 多年の経験をひとつに結集することができるが、
 それは実業界では活用されることの少ない手段のひとつである。」

「ひとかどの人物になるためには、
 第一に誰もが心を持っているという事実を悟ることである。」

「人生の合い言葉は決断である。」

「幸運に恵まれたときも、不運なときも、
 断固として最善を尽くすことが、人生の意味を深めるだろう。」

「人生の価値は時間の長さではなく、その使い方で決まる。
 長生きをしても、空しい人もいる。
 人生の喜び(幸福)を見出すかどうかは、
 その身の上話ではなく、心の持ちかたで決まる。」
(モンテーニュ)

「難しい仕事を避けて、
 面白そうな仕事だけをするわけにはいかない。」

「批判は、ときには欠点を見つけてのことではなく、
 君に言わせたいことや、して欲しいことを、
 誰かが君にそうさせようとしているに過ぎない。
 それが誰であるかが問題である。」

「他人が自分の思いどおりにならないからといって、
 腹を立てることはない。
 自分自身でさえ、思いどおりにはならないのだから。」
(トーマス・ア・ケンビス)

「一般常識なるものは、それほど一般的ではない。」
(ヴォルテール)

「優れた指導力は、
 人びととの意思の疎通をはかることから始まる。」

「ふたりの人間が全く同じ考えを持つことはない。」


コメント
この記事をはてなブックマークに追加