山歩きは晴れがいい!
山に行くたびにレインウェアを着ています。
まるでユニホームのように。
そんな山歩きと日常の日記です。
 



3月25日(土)

みっちゃん、こう君に登山靴を買ったので
ならすために伊豆の国市の葛城山へハイキングに行って来た。


御殿場線、東海道線、伊豆箱根鉄道と乗り継いで大仁駅下車。

10時30分、ハイキングスタート。

右側に見えている城山は今回は登らず、葛城山へ向かう。


3年前の、みっちゃん山ガールデビューの時の写真。


途中のコンビニでお弁当を買って、のんびり歩いて
11時40分、城山登山道入り口到着。

やる気まんまん。

城山はロッククライミングのメッカなので、今日も、数組がトライしていた。

こわいこわい・・・

城山の分岐に向かう途中にベンチがあったので、ここでお昼にした。


12時50分、城山の分岐到着。


なだらかなハイキングコースを20分程歩くと
舗装された城山林道に出る。


13時30分、ここから葛城山に直登する急傾斜にアタック!

予想以上にきつく、みっちゃんは枝や木の根をつかみながら懸命に登る。
こう君は僕がサポートしながらねーねの後に続く。

このルートはまだ早かったかな?反省・・・


休憩しながら約1時間で山頂到着。
二人とも余裕のよっちゃんだ

ここはパラグライダーのスタート地点になっている。

バーバはお仕事なので、3人で来たよ。


富士山は残念ながら雲の中。

いちいちポーズをとる二人。

眼下に駿河湾、沼津アルプスも見える。


葛城山はロープウェイで登れるので観光客で賑わっていた。

足湯を見つけた子供たちは、新しい登山靴から解放されて
「あ~、つかれがとれる」と、大人みたいなことを言っていた。


混浴じゃ。



頑張ったご褒美にソフトクリームをペロペロ。

こう君、眠そう。

下山は、ロープウェイでスーっとね。



これにて、靴ならしのミッション終了。
二人とも、靴擦れも足も痛くならなかったようなので、
次回はこの靴はいて何処いこか?




今回の写真は全てスマホの写真。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2月11日(土)

去年の白川郷が雨だったので、今年もリベンジで白川郷にやってきた。


午前5時に次男宅を出発。

途中、東海北陸道で渋滞があったため白川郷に着いたのは12時半。

豪雪の白川郷に感激!


予約してあった「基太の庄」に直接行き、まずは昼食を取る。

山菜定食うまうま。

さあ、散策開始だ。


除雪車大活躍。

迫力あるな~!

築200年の神田家見学。

皆で記念写真。
あれ?一人足りない?
義父はどこに・・・

昔、お蚕を飼っていた三階。


そこからの景色。

モノクロ写真みたいな雪景色。
これが見たかったのね。

義母と息子たち。


大雪でも観光客が大勢いる。
外国の方が多い。


お土産屋さん。


孫達はサラサラフカフカの雪に大喜び!


こんな雪は静岡では体験できないもんね。


到着が遅れたのでゆっくり白川郷を楽しむことはできなかったが、
雪の白川郷に大満足!
リベンジできたぜ。



18時ぎりぎりにいつもの宿に到着。

美味しい食事と美味しいお酒をいただく。



義弟の奥さんと娘がいないのが残念(インフルエンザの馬鹿野郎!)



夕食後、奥飛騨温泉郷中尾かまくら祭りに行き、かまくらバーでまた一杯。
会場は多くの人でにぎわっていた。


ちっちゃなかまくらの前で。はいポーズ

(モラルのない輩がかまくらに上りかまくらを崩したり悪戯書きをするそうな


かまくら祭りから戻り、温泉に浸かり、また軽く飲んでから爆睡





2月12日(日)


6時半起床。外は雪。

朝食後、露天風呂で雪見温泉を楽しむ。


露天風呂から帰って来たみっちゃんをパチリ。




帰り支度をしてから、なかしま館のK太君(小4)の案内で、
白神神社まで行き、孫達は雪遊びを楽しんだ。

ここの神社には子宝岩があるらしいが、雪のため見ることはできなかった・・・


K太君がラッセルして雪の滑り台を造ってくれた。


こんな素敵な滑り台はなかなか経験できないね。

こうくん大喜び!

滑ってくると、こんな登りがまってます。

飽きずに何回もやってました。


雪に埋められるみっちゃん。


雪に埋められたみっちゃん。

フワフワの雪なので簡単に脱出されてしまった。

ソリ遊びもしたよ。


大人もね。



K太君(左側)のお陰でたっぷり雪遊びができました。ありがとう!
大人も子供も大満足。

11時半、女将さんに記念写真を撮ってもらってから宿を後にした。


一族大移動の旅、無事終了。

「あ~楽しかった!」


おしまい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




1月15日(日)

みっちゃん、こう君と電車に乗って鎌倉アルプスに行って来た。

裾野駅から7時59分の国府津行の電車に乗った。


御殿場線はすきすきである。


大船駅から北鎌倉へ。

10時15分、ここからスタート。
大寒波が来ている割に鎌倉は思っていたほど寒くない。


建長寺で拝観料300円を払い大平山に向かう。


半僧坊までの急勾配の階段を上る。

天狗さんがいっぱいいるね。

勝上嶽展望台。


ここからは相模湾や鎌倉市内


富士山も展望できる・・・はずが、雲の中。


こう君、絶好調!


コースにはこんな所も


あんな所もあるんだよ。

岩が口を開けているようだ。

11時30分、大平山(159m)到着。


大平山の広場でおやつタイム。


多くのハイカーが休憩していた。


天園休憩所で昼食。


これは何でしょうか?

うでん。ではなく、うどん入りおでんです。

にゃんこが焚火の横で居眠り中。


二人とも疲れた様子はありません。


鎌倉宮では河津桜が咲いていた。


桜の中の可愛いメジロ。わかるかな?


14時、鶴岡八幡宮通過。
参拝者で大賑わい。


駅前のサーティーワンでアイスクリームを食べながら
電車の時間調整をして鎌倉駅に。


ミッション終了で家に帰りまーす。


今回も楽しい山歩きになりました。
今年もジーバーとお山に登ろうね。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




10月23日(日)


山のスペシャリストMSさんの
「紅葉しているかもしれない山を歩こうー」の
お誘いで石割山に登って来た。

7時、市役所集合出発。


8時、石割山登山道入り口の駐車場到着。


鳥居の前で記念写真。
ベテランから初心者まで総勢10名。

こんなに大勢での山行は久しぶりだな。

403段の階段を登りまーす。


モミジの葉はまだ青かった・・・

紅葉はもう少し先かな?

久しぶりに会った人や、初対面の人とワイワイガヤガヤ登る。


9時、石割神社到着。しばし休憩。



この岩の隙間を時計周りに3回くぐると御利益があるらしい。
僕は「菊花賞が当たりますように」と不謹慎なお願いをした・・・

狭い所で幅60センチ、メタボな僕でもなんとかクリア。




山頂に向かう途中にはこんなところも。


9時40分、石割山山頂到着(1430m)。
予報に反していい天気で富士山もバッチリ!

山中湖がよく見える。

富士山に見とれるメンバー。


もちろん記念撮影。

いい笑顔だ。

落ち葉を踏みしめ平尾山に向かう。


10時50分、平尾山到着。




ここからも素晴らしい富士が見られる。

ここでお昼を食べて11時50分下山開始。

帰りも笑いが絶えません。


沢渡りもあるよ。


12時30分、駐車場到着。

のんびり登山だったので皆まだまだ元気。
ほんとに楽しい山行でした。

一緒に登ってくれた皆様、お疲れ様でした。
そして、ありがとう。
またご一緒しましょうね。


たまにはグループ登山もいいちゅね。





さて、菊花賞はどうなったかと言うと、残念ながらハズレ・・・
でも、帰りに寄った不動の湯で、なんと、東京で暮らす長男と浴槽で鉢合わせ!
お互いに「なにしてるの?」(見ればわかるのに)
石割神社の御利益で元気な息子に会えました。
ありがたやありがたや。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




10月15日(土)

アウトドア義援隊の山形メンバーが芋煮会をやるというので
久しぶりに参加してきた。


金曜日の夜新宿まで出て、24時15分発の山形行きの夜行バスに乗り込んだ。

初めての新宿バスタ。

6時、山形駅到着。


約束の時間まで山形城跡「霞城公園」を見学することに。

体育館前で地元の老若男女がラジオ体操をやっていたので
僕もついでに参加。

夜行バスで固まっていた体がほぐれたぜ。


本丸一文字門


最上義光像


二ノ丸東大手門横のお堀


城跡を見学し松屋で朝飯を食べてから
てこてこ歩いて集合場所のスパーへ。

スーパー前には芋煮に使う鍋やゴザなどが沢山並んでいた。
なんと、ただで貸してくれるそうな


食材を買い、河川敷で場所取りをしているメンバーと合流。






本日のメニュー。
豪勢じゃのー!


さっそく芋煮の準備。




山形名物、玉こんにゃくもあるぞ!
スルメでダシを取るそうな。


熊肉の鍋も作ってくれた!

クマだけどウマかった。


芋煮完成


めっちゃうんま!


宴会はつづくよいつまでも。






でかフライパンで5キロの豚肉を焼く。




いつものように途中からの記憶が・・・
カモメが飛んだ、カナメが豚(トン)だ、記憶も飛んだ・・・

いつのまにか、自分のテントに滑り込み爆睡



新しい朝が来た。




朝食後、片付けをして記念撮影。


夜帰ったメンバーもいるが、全国から27名が山形に集まった。
それはそれは楽しい芋煮会だったとさ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




10月8日(土)

紅葉の焼岳に新穂高側から登ろうと
いつもの「なかしま館」で一泊。

自宅を14時過ぎに出発して、18時30分宿到着。
内湯に浸かってから夕食をいただく。

そして、いつもの岩魚の骨酒。

遅く着いたのに快く対応していただき感謝感激。
女将さんとも沢山お話ができました。


夕食後、檜風呂に入ってから爆睡

明日天気になーぁれ!




10月9日(日)

外は雨・・・
山はガスガス・・・

妻と作戦会議。

焼岳に登ってもガスってたら紅葉は見られないよね。
楽しくないよね。

ちゅーことで、山行は中止

とりあえず菅笠を被り露天風呂でのんびりすることに。

あー極楽極楽!


9時30分、宿出発。


どこにも寄らないで家まで帰ろうと思ったが、中央道の長坂ICで降りて
チーム・シェルパで一休み。


箱の中に本物のネコがいるけどわかるかな?


今夜はたき火カフェがあるそうで、この竪穴式住居の中では
斉藤さんが薪に火を付けていた。


おすすめのチャイを飲みながら、なかしま館で作ってもらった
おにぎりを食す。


店内で気さくな店主とお話をしたりしてくつろがせていただいてから
帰宅の途に就いた。


これから寒くなるので里山で遊びましょ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




9月10日~11日

ミッちゃん、コウ君と西穂山荘に泊まってきました。


10日(土)

5時半ごろ家を出て、新穂高の鍋平の無料駐車場に10時到着。
駐車場はほぼ満車。

いい天気でよかったなー!

11時、ロープウェイでいっきに西穂高口駅(標高2,156m)到着。
北アルプスの山々がきれいに見える。


さあ、西穂山荘目指して頑張ろう!

こうくんは、いつもバーバといっしょ。

西穂高が見えるところで休憩。
二人とも、まだまだ余裕のよっちゃんです。





13時、山荘に僕とミッちゃん到着。


5分遅れでコウ君も到着。


宿泊の受付をしてからいつものラーメンを食す。


テント場には沢山のテントが張ってあった。


14時、山荘前でゆっくり休んでから丸山に向け出発。
前半のゴロゴロ岩を懸命に登るコウ君。


霞沢岳を前に二人で「やっほー!」
「やっほー」山びこがかえってきた。
やさしい登山者がかえしてくれたのだった。


山荘から30分ほどで丸山に到着。


笠ヶ岳はもうすぐ雲で隠れそう。


焼岳方面はこんな感じ。
最高の天気である。


丸山から独標に向かう途中のガレたところでユウターン。
大勢の登山者が下山していた。


15時、山荘に戻りソフトクリームを食べようと思ったが、
本日は売り切れ・・・明日に持ち越し。
しかたがないので僕はビールを飲むことに。

コウ君撮影。

ミッちゃんも、コウ君もカメラに興味があるようで、
ジーバーのカメラを持ってはパチリパチリ。
汚い手でレンズを触られていたのも知らず風景を撮り
家に帰って大画面で観ると・・・青空に黒いシミが・・・
撮影前はレンズを拭くべし。

バーバのカメラで弟を撮る姉。

コウ君撮影。

山荘の部屋はこんな感じ。(八人部屋)
混んでるけど布団は一人一枚、よかった。

夕食までトランプをやったり本を読んだりしながらまったりすごす。

夕食後、コウ君はさすがに疲れたらしく爆睡

ミッちゃんと僕は自炊のできるレストハウスに行き
持ってきたお菓子を食べながらご歓談。

21時、消灯。

同部屋のみなさん、いびきがうるさくてごめんなさい



11日(日)

5時40分からの朝食を済ませ、昨日登った丸山まで朝のお散歩に出発。


弟を見守る姉。

がしがし登る4歳児。

7時15分、丸山に到着。
笠がよく見えまーす。




ミッちゃんは自分でルートを考えながらどんどん下りて行く。

でも、見えなくなるまで離れることはない。


8時、山荘に戻り昨日食べられなかったソフトクリームをペロペロ。


大人はコーヒータイム。

幸せな時間がながれる。

8時50分、お世話になった山荘を後にロープウェイまでゆっくり下山開始。


10時30分、無事西穂高口駅到着。
パパママにお土産を買ってからロープウェイに乗り込む。


12時、しらかば平駅のビジターセンターを見学してから駐車場に戻って来た。


松本に向かう途中に有る竜島温泉「せせらぎの湯」で昼食を取り、
のんびり汗を流し、山の疲れを癒した。


18時30分、自宅到着。


今回の山は孫達にとって初めての山小屋だったが、
楽しんでくれたようだった。

それにしてもコウ君が思ってた以上に歩くことができたのでビックリした。

来年は、7歳と5歳になるので、もう少し高い山に連れて行こうかな?
ミッちゃんなら涸沢まで行けるだろう。

おっと、その前に自分が体力を付けなければ・・・・


10月の山行は恒例の焼岳に紅葉でも見にいこうかな。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




7月29日~31日

週末、北アルプスの蝶ヶ岳でキャンプをしようと計画したが、
週間天気予報では曇りか霧になっていたので、
急きょ変更して、佐渡の山でキャンプしようってことに。


29日(金)

終業時間チンで帰宅し、シャワーを浴びて19時前に自宅を出発。
東名、圏央道、関越道、北陸道を走り、黒崎パーキングで仮眠。



30日(土)

4時に起きて、いざ新潟港へ。
6時出航のカーフェリーときわ丸で佐渡に渡る。



8時半、両津港到着。

下船後、最初の見学地「トキの森公園」に行き
ドキドキしながら生トキちゃんとご対面。





僕のカメラのズームだとこれで精一杯・・・

しかし、妻のカメラのズームだとこんな感じ。



ここを見学してからは、自然のトキがいないか気になって気になって。
田んぼに白い鳥がいたからトキだと思ったらサギだった・・・


「佐渡歴史伝説館」


内容はホームページを見てくださいませ。

個人的にはいまいちだったかな・・・


昼食は金山近くの喫茶店でオムライスを注文。
なんと、チンしたやつでした・・・

気を取り直し「史跡佐渡金山」へ。


坑道内の気温は10度。涼しさを通り越して寒い寒い。




リアルな人形にビックリ!



北沢浮遊潜行場跡

ガイドブックに載っているような写真を撮りたかったが、
立ち入りができずに残念だった。


尖閣湾に向かう途中にあったひまわり畑。


「尖閣湾揚島遊園」で遊覧船に乗る。
佐渡の海はどこも綺麗だな~!





17時、今夜キャンプするドンデン山荘に到着。


両津湾がよく見える。


山テントを張ってキャンプの準備をしてから
山荘の風呂に浸かり汗を流す。

テント場は僕らだけだった。

アルファー米と地元で買ったお酒、お惣菜で質素な夕食。


夜になると、満点の星がまたたきだした。
久しぶりに天の川を見たな~。
星座がわからないぐらい星だらけだった。流れ星も見たよ。

疲れていたので22時前には爆睡


31日(日)


5時起床。
7時、朝食を済ませ、テント内の荷物をまとめ、
テントを張ったままドンデン山トレッキングに出発。


15分でドンデン尻立山到着。
360度の大絶景!


僕ら以外だーれもいません・・・
プライベートドンデン山や!




ドンデン池の向こうに赤い屋根の避難小屋があった。


論天山の尾根はとても広く気持ちいい。



9時、山荘に戻るとテントが増えていた。


9時30分、テントを撤収してドンデン山にさようなら。

県道81号線を日本海方面に進み、県道45号線に出て北上する。


45号線は綺麗な景色がどこまでも続く。



大野亀


二ツ亀



おおのかめロッジで海鮮丼を食す。

もちろん新鮮でうまうまだった!プリプリー!

二ツ亀海水浴場を上から眺める。

それにしても綺麗な海である。


内海府海岸線を両津港方面に車を走らせながらのんびりドライブ。


13時、日帰り温泉「新穂潟上温泉」で休憩。


佐渡牛乳のパッケージがきゃわいい!



両津港にあるシータウン商店街でお土産をかって、おけさ丸に乗船。


16時5分、出航。

今朝登った山が見える。と思うのだが、
ドンデン山がどれだかわかりましぇん・・・


初めて上陸した佐渡島。
天候に恵まれすぎて超暑かったが、すてきな山と
きれいな海を満喫することができた。
今度来る時は、地元の居酒屋さんで飲みたいな~。





24時、帰りも高速をとばし、5時間かけて自宅に無事到着。
おつかれさどでした・・・

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




7月3日(日)

5時半にホテルをチェックアウトし、
コンビニで朝飯と昼飯を購入。
6時10分のいわて銀河鉄道で滝沢駅に向かう。


滝沢駅から予約しておいた滝沢交通のタクシーに乗り、
登山口の馬返し駐車場に6時50分到着。


昨日同様、山頂にガスがかかっている頂上を目指し出発。


旧道を進み、一合目を過ぎると木の階段が出てくる。
階段はあまりすきくない・・・


旧道からは盛岡方面がよく見える。


五合目を過ぎると、なんとなく富士山の登山道に似てくる。


10時50分、八合目の避難小屋到着。
昨日、早池峰でお見かけした兄弟の登山者にシャッターを押してもらう。


だんだん天気が良くなってきた。


山頂に向かう道も富士山の砂走りのような感じで、
ザクザクと踏みしめて登って行く。

山頂のガスがとれてきた!
開運温泉のご利益か?


強風でガスが飛ばされ、時折下界が見えた。


12時、山頂到着。


火口もなんとか見えた。

岩手山もお鉢巡りができるのだが、時間の関係でパス。

風が強く寒いので、いつものカッパ姿でハイ、ホーズ。


不動平避難小屋の後ろを登って鬼ヶ城に向かう。


御神坂ルートと網張温泉へ向かう分岐。


コマクサが咲いていた。


振り返ると山頂にかかっていたガスもすっかり取れていた。


鬼ヶ城というだけあって、大きな岩がゴロゴロしている。
ここの尾根歩きはちょい怖い所もあるが、変化に富んでいてとても楽しいルートだ。

それにしても誰も歩いてないなー。
プライベート登山道や!

花の向こうに石の要塞が!
これが鬼ヶ城か!


可愛らしい白いシャクナゲ。


右下に御苗代池が見える。


まだまだ続く尾根歩き。


尾根の南側はこんな感じ。



鬼ヶ城から切通の分岐に着いたのが15時丁度。
いぬくらのリフトまで地図のコースタイムだと1時間50分。
リフトの最終が17時。

黒倉山にも登りたかったが時間が無い・・・
ちゅーこって、ここからターボをきかせて下山。

網張温泉の源泉が見えた。
もうすぐリフトだ!


16時30分、やっとこさっとこリフトまでやって来た。フー!
よく歩きました。

このリフトが低速で、3本乗り継いで下に着くまで30分。
のんびり景色を眺めることができた。


17時10分、休暇村岩手張温泉にチェックイン。


まずは、白濁の硫黄泉にゆっくり浸かり、山の疲れを癒し、
景色のいい食堂で生ビールを飲みながらバイキングを楽しむ。


今夜も、22時前には爆睡




7月4日(月)

朝食後、ちょびっと宿の周りを散策をした。
鹿追足湯はホテルと温泉館を結ぶ木道にあり、
遠く盛岡市内を望みながらくつろげる。

土曜日に登った早池峰山もはるかかなたに見えたよー。


宿から9時30分のバスに乗り、盛岡駅に戻る。

駅で土産を買ってから、駅前のビルに入っている
盛岡そば処「東屋」に行き、わんこ蕎麦にチャレンジ。

一杯食べるとお給仕さんが「はい、どんどん」「じゃんじゃん」「まだまだ」と
次から次へ蕎麦を投げ入れてくる。

100杯目指し、飲むように食す。
60杯までは楽勝。
80杯、やばい・・・
99杯、鼻から蕎麦が・・・
101杯、ギブアップ!

ちなみに妻は75杯でギブ。

ご褒美に、わんこ蕎麦証明手形をいただきました。


満腹の腹をさすりながら、12時50分のはやぶさに乗り込んだ。

妻は今夜、新潟でお通夜があるため大宮で別れ、
独り自宅に戻った。


今回の山行は梅雨時なので雨が心配だったが、たいして降られず
岩手山では途中から晴天になり、気持ちのいい山登りができた。

鬼ヶ城の鬼が笑うかもしれないが、来年も大人の休日倶楽部パスを使い
東北の山に登りませう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




7月2日(土)

今年も大人の休日倶楽部パスを利用して、
東北の山に登って来た。

前日の金曜日に退社後、家の前からバスに乗り三島駅へ行き、
新幹線で東京から盛岡へ移動。
22時40分ごろ駅前のホテルへチェックイン。
やっぱ新幹線は早いし、楽だな~!


7時前の盛岡駅、土曜日の朝は人がいませんね。


7時10分発の早池峰登山バス小田越直行便に乗ります。

登山客が多く、バスは2台出た。


8時50分、小田越登山道入り口到着。
携帯トイレを購入し出発。

当初は河原の坊コースから登ろうと思っていたが、
登山道が崩れていて、登山禁止になっていた。残念・・・


山頂にはガスがかかっている・・・
梅雨だからしょうがないか。


岩が多いけれど、歩きやすい。


妻がお目当ての「ハヤチネウスユキソウ」が沢山咲いている。

他にも多くの高山植物が咲いていた。
(花の写真は妻任せ)

だんだんガスが下りてきた・・・


ちょい怖いが短いのでだいじょうV。


11時15分、山頂到着。




ガスガスの中でお昼を食べていると、
風が強くなり、雨が降り始めたので速攻下山。


いつものカッパ姿になって、濡れて滑る梯子を慎重に下りる。


13時前ぐらいから雨もあがり、視界が開けてきた。


岩だらけの登山道には面白い形の巨石が点在する。


やっと山頂方面が見えた。


14時、無事に登山口到着。


先週、八ヶ岳の編笠山に登っていたので、
今回の早池峰山は意外と楽勝だった。


登山口で1時間ほど時間をつぶし、15時12分の臨時バスで
行きと同様2時間かけて盛岡駅に戻る。


一度、ホテルに戻ってザックを置いて
日帰り温泉「開運の湯」で山の疲れを癒し、
ついでに夕食も済ます。

開運の湯に浸かったので、明日の天気はいいかもね?



盛岡の夜も楽しみたかったが、明日も早いので早々に就寝。


岩手山登山につづく。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




6月26日(日)

13年ぶりに、八ヶ岳の編笠山に登って来た。

6時30分に家を出て、観音平の駐車場に9時到着。
駐車場は満杯なので路駐。


登山口にはクマ出没注意の看板がかかっていた。


顔みたいな石発見。


滑りやすい石や根っこを注意しながら登って行く。


梯子場もありました。


11時50分、山頂到着。
下界は晴れていたというのに、山頂はガスガス・・・

ここでお昼にしたが、寒いので食べたらとっとと下山開始。

ちなみに13年前の写真。
やっぱりガスってたのね・・・


ゴロゴロ岩を下り青年小屋へ。


赤提灯のかかっている小屋でトイレ休憩。


やっと下界が見えてきた。


花の名前はわからないが、かわいい花が咲いていた。


押手川でチョイ休憩。


15時、駐車場到着。


今頃、山頂が見えてきた・・・
まっ、こんなもんさ・・・


小淵沢インターの近くに有る「延命の湯」で汗を流す。
あーさっぱりした!


7月の東北遠征のトレーニングをかねて編笠山に登って来たが、
思っていた以上にバテバテだった・・・
睡眠不足か飲み過ぎか?


品行方正にしますので、東北遠征の時は神様天気にしてください

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




6月12日(日)

今日は、ミッちゃん、コウ君のママがお出かけするので、
孫達を預かり電車に乗って山登りに行くことにした。

小学生になったミッちゃんは、初めてキップを買ってご満悦。


9時02分の御殿場線に乗って山北駅に向かう。


9時49分、山北到着。
コウ君は電車から降りたとたん「バーバ、だっこー!」
おいおい、まだ歩いてないぞ・・・


静かな駅前商店街を歩いて行くと、
チェンソー彫刻の恐竜がいた。

やっとコウ君のエンジンがかかってきた。

途中、落石防止ネットのロープで綱渡りをしたり、

電車ごっこをしながら楽しく登って行きます。



所どころに道標があるので安心して登れる。


やっと山登りらしくなってきた。


スカイツリーの高さまで登って来ました。
ミッちゃんはまだまだ元気だけど、コウ君はへばりぎみ。


エネルギーを補給しながら頑張ります。


かすんでいるので相模湾は見えましぇん・・・


13時20分、やっと山頂に到着。
二人ともよく頑張りました。
山頂は広くて気持ちいい!

山頂付近は牧場になっているが、牛さんはいませんでした。
子供達、がっかり・・・

バーバの作ったおにぎりをほおばります。


丹沢湖の三保ダムがよく見える。


富士山はかすんでいるけど見えました。


子供達はお昼を食べたので元気回復。
牧場の横をどんどん下山していきます。


子供はこういうところを歩きたがるよね。



1時間に一本しかない帰りの電車に乗るため
超高速で谷峨駅まで下山。


ぎりぎり15時52分の沼津行に乗れました。

まだまだ赤ちゃんだと思っていたコウ君が、
約8キロの山道を頑張って歩き通した。
さすが幼稚園に入ると違うな~!

電車に乗ったら二人とも爆睡。
よく歩きました。




夏休みにはミッちゃんを山小屋デビューさせようか?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




5月15日(日)

7月の東北遠征に備えてトレーニングを兼ねて
瑞牆山に登って来た。

金峰山には一度登っているが、瑞牆は初めてである。


午前6時半、家を出て、9時前にはみずがき山荘の
駐車場に到着。
すでに駐車場はいっぱいなので、道路に駐車。

登山口を9時丁度に出発。


ツツジの咲く気持ちのいい登山道を進む。


9時40分、富士見平到着。
しばし休憩。

ここから瑞牆を目指します。

しばらく進むと要塞の様な岩山が見えてきた。


10時15分、ももたろう岩到着。


つっかえ棒がたくさんありました。


石ころの山を頑張って登る。


鎖場が数か所有りました。


大ヤスリ岩。


大きな石を乗り越えて。


11時30分、瑞牆山山頂到着。


高度感が凄く立っては下を覗けましぇん。

大ヤスリ岩が真下に見える。

山頂は登山者で大賑わい。


そこの緑のシャツ着たお兄さん、見ている方が怖いんですけど。


下界を見ながらおにぎりをいただきまーす!

あいにく金峰山は雲の中だった・・・

左足首の靭帯が伸びている僕は
こういう岩山の下山は好きくないぞ。

妻はすいすい下って行く。

シャクナゲの花がもうすぐ咲きそうだった。


妻が見つけたリンドウの可憐な花。


もうすぐ登山口。

駐車場には14時20分ごろ到着。

山歩帰り明野に有る「クララの湯」で汗を流す。

増富の湯に寄ろうと思ったが、駐車場がいっぱいだったので
パスしてここに来たけど空いていて正解だった。



家から2時間半で登山口に着くのでまた登りに来よう。



今回も左足君が痛くなってしまった・・・
7月までに体重を3キロ落とそう。







3キロでええんか?えーのんか?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




5月4日(水)

今日は高台移転の現場を観てから石巻に向かう。

民宿からの景色。

外は強い風とあいにくの雨・・・

僕がかかわった高台移転の現場は造成が終わり
仮設住宅で暮らしていた人達が新築して暮らしていた。



南三陸町から石巻へ。

石ノ森漫画館。



マンガ好きにはたまらない。


東松島市に行く前に門脇地区に寄って追悼。

以前あった場所から移動し、二代目の看板になっていた。


東松島市の小野地区に有るスマイルダイニングでランチ。
ここのお店も復興関係の仕事やボランティアに来た時に
お世話になりました。


東名地区でボラをした時に泊めていただいたHさんと再会。

今度は泊まりに来ます。

今は高台に移転してしまった仙石線東名駅跡。

ここの駅に集合してみんなでボラをやったころが
懐かしいな~!

当時のままの旧野蒜駅のホーム。


駅舎はファミマになってました。


ここの運河を見るたびに5年前の悲惨な光景が目に浮かぶ。


運河の横の黄色いお家のご夫婦もお元気でした.

また夕飯ご馳走してください。

東名で暮らすSさんとも会うことができ、みんな元気で安心した。
時間ができたら静岡にも来てけさい。


東松島を後に松島を通過し仙台へ。

何回も仙台には来ているが、初めて訪れた仙台城跡。


仙台の街がよく見えまーす。


おなじみの伊達の牛タンを長男に振る舞う。
明日も運転よろしくね。



今夜は国分町に近いホテルに泊まるけど、
二日も親父と同じ部屋じゃかわいそうだから
シングル予約済み。


その夜は国分町の居酒屋「東北みちのえき」にて
宮城の友人二人と一献傾ける。

国分町まで出て来てくれてありがとう!



23時半、ホテルに戻りそのまま爆睡




6日(木)


8時にチェックアウトして、昨夜友人に
渡せなかった土産を自宅に届けようと近くまで行くと、
ちょうどお出かけするところでギリギリ間に合った。

奥さんとメイメイに会えるとは思ってなかったので
超うれしかった。


自宅に向かう前に、名取市の閖上地区にある日和山に参拝。

近くに有るゆりあげ港朝一で自宅へのお土産を買った。


今日は絶対東北道は渋滞すると思い、常磐道を使って帰宅。
都内に入るまで渋滞することなくスムーズに進み
予定より早く17時には家に着くことができた。


常磐道の浪江町や双葉町を通過していると
いたるところに除染で出た廃棄物が黒い袋に入り
野ざらしで積まれているのを目にした。

処理できない物を使っていまだに発電しているのはいかがなものか?


長男はこの旅でなにを思っただろうか?




熊本にもボランティアに行きたいけれど、やれることをやろう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




5月3日~5日

東日本大震災から5年が経過し
ボランティアや仕事関係で訪れた土地の現状、
そこで知り合った友人、知人が気になっていたので、
GWを利用して長男と二人で出かけて来た。


3日(火)

午前4時、燃費のいい妻の車を借りて家を出た。

東名高速から圏央道を使い東北道に乗る。
さすがにGWだけあって渋滞が発生していた。

気仙沼に着いたのがなんと午後3時・・・
想定よりだいぶかかってしまった。

復興屋台村の気仙沼横丁で気仙沼ホルモンを
食べようと思っていたがランチタイム終了・・・



大島まで行くには現在フェリーを使用しなければ行けないが、
宮城県は平成30年度の完成を目標に橋の計画をしているようだ。



津波の被害にあった国の登録有形文化財にもなっていた
酒造会社男山本店の本社屋。
ただ今応急修理中。


港の周りは造成工事をしていたがあまり進んでいないようだった。


三年前の気仙沼


気仙沼市最知の現場は手つかずのままだった・・・


海岸線は防波堤の工事が進んでいた?


気仙沼のサメミュージアムも寄りたかったが
時間が無いのでパスして南三陸町に向かう。


南三陸町の防災対策庁舎。
今は近くに寄ることができない。

周辺は盛土の工事をしていたが数年かかりそうだ・・・


南三陸町津の宮で食堂(大自然塾)を営業している澤田さんご夫婦と再会。
現場をやっている時はお世話になりました。

お元気そうでなによりでした。


今夜の宿泊先「民宿 津の宮荘」の豪華夕食。

海の幸がいっぱいでびっくりぽんや!

早起きと日本酒のせいで21時前に爆睡

長男は僕のいびきで寝られなかったようだ・・・
すまん






その2につづく


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ