山歩きは晴れがいい!
山に行くたびにレインウェアを着ています。
まるでユニホームのように。
そんな山歩きと日常の日記です。
 



4月20日(土)

最近山に行けてないので、急きょ定宿を予約して新穂高に行くことに。

12時、自宅出発。

16時半、いつもの「なかしま館」到着。

のんびり内湯につかり、飛騨牛の朴葉みそ焼きをつまみに岩魚の骨酒をやる。

いつ来てもここの料理はおいしいなぁ!

部屋に戻ってからもちびちびやり、23時消灯。



4月21日(日)

あいにくの曇り空・・・


朝食前に、だれもいない焼岳の見える露天風呂に入り眠気を飛ばす。


朴葉味噌があると何杯でもいけちゃうぞ。

朝から満腹や!

朝食後、のんびりコーヒーを飲んでいると、なかしま館の長男のK太君が顔を見せてくれた。
もう中学1年生だって。お兄ちゃんぽくなっていてビックリ!
また会いにくるね。



宿から5分の新穂高ロープウェイの駐車場に車を置き、9時発のロープウェイに乗る。

9時45分、軽アイゼンを装着して西穂高口駅を出発。


まだこんなに雪がありまっせ。

冬道の急な斜面を直登。

運動不足の体にはこたえる。

10時50分、西穂山荘到着。


休まず丸山に向かう。
曇っているが乗鞍岳、焼岳はまだ見えていた。


風が強くてめっちゃさぶい!


11時10分、丸山に到着。
ここから上はまた今度。


たぶん独標まで行って来たであろう山岳会の方たちの後に着いて下山。


11時40分、山荘で休憩。



山荘名物、西穂らーめんを食す。うま!

12時10分、下山開始。

13時、西穂高口駅に無事到着。
下山届提出。(登山届もちゃんと出しましたよ)


二階建てロープウェイでスーと降りて、


いつもの温泉ゆでたまご食べて、


いつもの「竜島温泉せせらぎの湯」で汗を流し帰宅。


松本の桜は今が見ごろ、満開だった。






運動しないと孫達と山登りできなくなっちゃうぞ。
GWが終わったらがんばるか・・・




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2月24日(日)      

 

3時30分、自宅出発。

 

東名から空き空きの首都高を通過し、東北道、山形道を経て10時30分、山寺に到着。

 

冬の山寺は初めてだが、雪がちょびっとしかありません。   

 

今回は、山寺観光ガイド「きざはし会」のガイドさんの案内で山寺を巡ります。

      

 

芭蕉さんと曽良さん。

      

 

長い階段をすたすた登って行くガイドさん。

      

 

迫力の百丈岩。

      

 

奥ノ院。

      

 

快晴の開山堂。

      

 

五大堂からの山寺駅方面。

      

 

二時間たっぷりガイドしてもらい山寺を満喫した後は、お休み処対面岩さんで芭蕉膳を食す。

      

蕎麦も芋煮もうま!

 

山形に来ると必ず食べる玉こんにゃく!

      

 

宿に向かう途中、友人が店長をやっているモンベル山形店に寄ってから15時半、蔵王温泉「花ゆらん」に到着。

      

 

夕食まで時間があるので共同浴場へ。

      

 

いいお湯でした。

      

 

宿の温泉は畳敷き。

      

 

すてきな食堂でディナー。

      

 

3種のブランド牛の食べ比べをしたが、僕は蔵王牛が好きだな。

      

 

もちろん地酒もいただきました。

      

 

夕食後は蔵王ロープウェイに乗って、スノーモンスターを観るナイトクルージングの予定だったが、残念なことに、このところの暖かさで樹氷は崩れ落ちてしたったそうなので中止にして、宿でまったり。

 

美人若女将とたくさんお話ができたよ。

 

 

 

2月25日(月)      

 

朝湯に入り、朝食を食べて、8時半、若女将と写真を撮ってから出発。

      

最高のおもてなしをありがとう!

 

 

せっかく蔵王温泉まで来たので、モンスターはどんなかな?

ちゅーことで、ロープウエイに乗ってみると・・・

      

ほんまや、モンスターになってませんがな・・・

 

 

地蔵山頂駅には雪に埋まったお地蔵さんが顔を出していた。

いつもの冬だったら雪に埋もれているんだろうな?

      

 

スノーシューを履いてちょびっとお散歩をしてみると、

      

 

 

ジュヒョー!モンスターや!

      

だれかがストックで顔を作ったのね。

 

 

オラフみたいなミニモンスターもいたよ。

      

 

地元の人に聞いた話だが、あと5~6年でスノーモンスターはできなくなちゃうんじゃないかと言っていた。

原因は暖冬だけでなく、蛾の幼虫が葉っぱを食べてしまい木が枯れてきているそうだ。

 

観たい人は直ぐに行かないと観られなくなっちゃうぞー!

 

 

蔵王温泉がジンギスカンの発祥の地らしいので、「ジンギスカン・シロー」で昼食。

      

 

      

お肉もご飯もおかわりしちゃいましたー!

妻は、札幌で食べたときより美味しかった!と言ってたよ。

 

ボラ仲間と山形で芋煮会をやった後たいがい寄る百目鬼(どめき)温泉に寄って、

      

 

男山酒造でお酒を買って、

      

山形を後にし、22時、無事に自宅到着。

約1000kmのドライブ終了。

 

山形は優しい人がいっぱいるのでまた行きたいな。

 

やまやま山形山盛りフルーツ      

ほくほく東北!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2月10日(日)

今日は伊豆の国市にある葛城山へハイキングに行って来た。
今年の初山である。

メンバーは僕、妻、みっちゃん、れいくんの4人。
こうくんはサッカークラブのキャンプで今回はいません。


なんと、れいくんは3歳にして山デビュー!
ちなみにみっちゃん、こうくんは4才だった。


8時22分、裾野駅から電車で伊豆大仁駅へ。


男の子は電車が好きですな。(シンカリオンにはまってます)


9時16分、大仁駅に到着。

ここからスタート!

たよりになる3年生のねーねがアシスト。


2014年12月みっちゃんデビュー。



2017年3月こうくんデビュー。


時の流れは速いですな~・・・


子育て地蔵尊で「ぶじにのぼれますように」とお願いする。

お願いを叶えてくれるのか?

10時、登山口到着。

駅から休まないでこれたよ。

こんなところも。

あんなところも、どんどん登って行く。
思ってた以上の体力にビックリ!


よゆうのよっちゃんである。


倒木はあるが歩きやすいルート。


きれいに枝打ちされた山林。

この後、れいくん大転倒・・・

でも、彼は泣きましぇん。

12時、バーバのおにぎりおいしいね!

ひざ泥だらけ・・・

12時40分、いよいよ最後の難関、急登の始まりである。
はたして、れいくんは山頂まで登ることができるのか?


背中を押されて、えっちらおっちら。




13時20分、山頂到着!

途中、ぐずることもなく、パパ、ママを恋しがることもなくファーストチャレンジ成功!
3歳8か月の体力にビックリ!


スタート地点の大仁、修善寺方面の景色。


天空の足湯につかり富士山方面(富士山は雲の中)の景色を楽しむ孫。


今のみっちゃんには物足りなかったかもね。


下りる前に記念写真。


ロープウェイでスーッとね。



長岡駅に行くと、ちまたで流行っているラブライブのラッピングバスが停まってた。

駿豆線にはラブライブのラッピング電車もあるよ。


17時、夕飯のおかずを買って無事帰宅。



れいくんが想像以上に歩けることが判明したハイキングとなった。
これからは低山の山登りは孫3人と行けるかな?
さて、どこ行こか、楽しみ楽しみ。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




11月24日~25日

今年の2月に京都に行こうと思っていたが、行けなかったので秋の京都を訪れた。


24日(土)

前日、沼津駅から夜行バスに乗り5時半、京都駅到着。

ん~、4人掛けシートはやっぱせまいなぁ・・・

バスを降りたところになか卯があったのでそこで朝食を済ませ、京都駅から奈良線に乗り、伏見稲荷に向かう。


まだ夜が明けない伏見稲荷。


千本鳥居のほんの一部。


まだ暗いので紅葉の写真はいまいちかな。
いたるところにキツネさんがいました。



7時55分、三十三間堂前到着。
8時開門のはずだったが、11月16日からなんと9時になっていた・・・とほほ・・・



ちゅーこって、三十三軒堂からてこてこ歩いて清水寺へ向かう。


清水寺はまだ観光客が少なく、ゆっくり観ることができた。


西門からは京都の街がよく見える。


本堂はただ今50年に一度の改修中。



木の足場を今も使っているのにビックリ!


音羽の瀧。




改修中の本堂。


改修してなければこの景色。


迫力のある足場。

昔は本当に舞台から飛び降りたそうな。
80%の人は命があったらしい・・・

お抹茶とお団子いただきました。


八坂神社では結婚式をやっていた。
お幸せに。


平安神宮の巨大な鳥居。


境内には七五三祈願の家族がたくさん見られた。


金戒光明寺三門。


道すがらの紅葉。


銀閣寺近くの「八よし」で昼食。

おいしゅうございました。

いぶし銀の銀閣寺。






キンピカの金閣寺。



金閣寺から徒歩20分のところにある「ゲストハウスエビス」

築100年の古民家。のんびりできました。

近くの「さらさ西陣」で夕食を取り、「船岡温泉」で汗を流す。


25日(日)

朝からいい天気。

宿から歩いて北野白梅駅へ。
嵐電のかわいい車両に乗り嵐山へ向かう。


渡月橋。


天龍寺のお庭。


龍のふすま。ド迫力!


有名な「雲龍図」は撮影禁止だっが、必見の価値有り。
ちょうど和尚さんの漫才のような説明があり楽しい時間をすごした。



天龍寺から竹林の小径へ。




竹林の小径は観光客でいっぱい。
多言語が飛び交いここはどこ?って感じ。


激混みの嵐山を後に二条城へ。









京都駅に戻り「松山閣」で遅い昼食。

ゆば美味しかった!

昼食後、駅でお土産を買ってロッカーに入れ東寺に向かう。

東寺は閉門までの時間が無かったので、ささっと拝観。






ライトアップしている高台寺に向かうが、入場口には長蛇の列が・・・
帰りの新幹線に間に合いそうもないのでパス。
夜の八坂神社とねねの道を歩き京都駅に戻る。







19時08分発のこだまに乗り、京都を後にした。


22時、激混みの京都から無事帰宅。


あー、よく歩いた。二日間で65,172歩、約39km。
山に行くより歩いたな~!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




10月8日(月)

毎年恒例になっている焼岳登山。
今年も天気予報とにらっめっこしながら登って来た。
それにしても今年の週末は台風ばっかだ・・・

ちゅーこって、本当は1泊2日で予定していたが、日帰り登山になってしまった。

焼岳の登山口前の駐車場はすぐに満杯になってしますので午前2時、我家を出発。
6時前に駐車場に到着したがすでに満杯なのでいつものように路駐。

みんな早いのね。

6時20分、やっとお日様が山に当たりはじめた。


7時20分、広場到着。
ナナカマドはちょっと遅いようだがまずまずの紅葉を見ることができた。








すぐそこに焼岳は見えるのだがなかなか着かないんだよね。


焼岳南峰と北峰。


もう少しで山頂だ。


噴気に奮起してもう一頑張!


おー!上高地が見えた。

今年は足を踏み入れてないなぁ。

8時50分、山頂到着。


槍も笠も丸見えさ。




山頂は朝もはよから大賑わい。


9時30分、名残惜しいが下山開始。


11時40分、登山口に無事到着。


妻が入ってみたかった坂巻温泉で山の汗を流し、りんごを買って帰宅。

いいお湯でした。

夕飯は久しぶりに御殿場の太龍で超激辛ラーメンでまた汗を流す・・・



天気がよくて気持ちのいい山歩ができた。
来年はみっちゃん、こう君と登れるといいな。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




9月22日(土)

4時に家を出て、8時、山のたこ平バス亭下の駐車場到着。
中房温泉の方の駐車場は満杯だそうな・・・

8時14分のバスに乗る。(片道一人1200円)


9時、登山口到着。
登山届はちゃんと出しましょう。


10年ぶりの燕岳(つばくろだけ)だけど夏道は初めてなのだ。


9時半、山頂目指して出発。
朝はまだ雨が降っていたのでいつものカッパ姿で。


10時50分、第二ベンチ通過。


雨も上がり青空が見えてきた。


13時、合戦小屋に到着。
大勢の登山者が休憩を取っていた。



ちゅーこってす。残念・・・

昼食はここで山菜キノコうどんをいただく。うま!


青空に赤と緑と黄色。
もう紅葉が始まっていた。


ガスが取れ常念岳方面の山脈も見えてきた。


燕岳ぽい丸みをおびた石が登山道に現れてきた。


おもしろい木発見。
カマキリのようだ。妻は指揮者に見えると言っていた。


おお!やっとテント場が見えてきた。


14時50分、燕山荘(えんざんそう)到着。


しぶい看板。


受付を済ませスタッフさんに寝床を案内してもらう。
今夜は大賑わいで布団一枚に二人で寝なければならない・・・


ザックを降ろし、お散歩タイム。
北アルプスの山々がばっちり見えている。


いつかはこの先にも行ってみたいな。


満員御礼のテント場と燕岳。
ここでテント泊したかったんだけど朝が遅かったので小屋泊まりにしたのさ。

テント担いで登って来たけど張れなくて小屋泊まりにした人が何人もいたな~・・・

小屋前で一枚。


小屋に戻り喫茶サンルームで生ビールタイム。


夕食までまだ時間があったのでもう一度外に出てまったり。


17時20分、夕食。
今夜は4回戦らしい・・・

美味しゅうございました。

夕食時、オーナーが山の話とホルンの演奏をしてくれた。


寝床はきついので、談話室ぽいところで日本酒大雪渓をやりながら同じテーブルの若者と雑談して、消灯までの時間をつぶす。

21時、消灯。


んんん狭い!僕が太いのか・・・

通路をバタバタ歩く輩・・・

寝られんのう・・・




9月23日(日)

アラームの音が?
何時やねん?
って、2時やん!
目覚ましはバイブにしてくれませんか。

4時、寝ていたかったが起きた。

5時半、日の出を待つ人々。


5時37分、ご来光!

雲海の上にお日様が顔を出した。なんてうんかいいんだ・・・なんちゃって。

燕山荘の前でも多くの人がご来光を見ていた。

今日も最高の天気である!

槍ヶ岳にもお日様の光が届いた。


6時、朝食。うま!


喫茶サンルームでコーヒタイム。

朝日がサンサン。

7時、下山の準備をしてから燕岳まで朝のお散歩。






7時20分、山頂到着。


山頂は狭いので写真撮影は気をつけてくださいね。


メガネ岩と言うよりも、モンスターだね。


イルカを撮る人々。


イルカと槍ヶ岳。


槍並みにとんがっている岩。



8時15分、燕山荘にさようなら。


槍さんともさようなら。


9時、合戦小屋通過。
今日も多くの登山者が登ってきている。


11時半、急で長い登山道をやっと下りて登山口に到着。
中房温泉 湯原の湯に寄りお昼を食べ温泉に浸かる。


山菜月見そば。うま!


露天風呂。極楽極楽!



14時のバスで駐車場に戻り帰宅。



今度燕岳に登る時はテント泊をしよう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





8月18日(土)

今年は山でキャンプをしてない。
ちゅーこって、二日間(土日)天気のいい場所を探した結果、白馬大池のテント場に決めた。

3時半、眠い目をこすりながら自宅出発。

8時、栂池高原の駐車場到着。


ゴンドラと、ロープウェイを乗り継いでいっきに標高1850mの世界へ。


9時、栂池ビジターセンター横の登山口から大池を目指す。


大勢の登山者が入っている。


10時20分、天狗原の木道を進む。


湿地を過ぎるとまた急登になる・・・


ゴロゴロ岩の間をゼーゼー言いながら登る。

やば!ふくらはぎがつりそうだ・・・

雪渓もあるでよ。


11時40分、やっと乗鞍岳に到着。


小蓮華山がよく見える。


おおー!大池が見えた!

それにしてもいい天気!

12時半、大池到着。


テント場に行くと、満員御礼状態・・・


とりあえず張れそうなところを確保してから白馬大池山荘でテントの受付を済ませ、質素な昼食を取る。



13時半、設営完了。

いつもはステラリッジ2型だけど、今回はキャンプが目的なのでちょいと広い3型を持ってきた。

池の周辺を散策したり、人んちのテントを見たりしてのんびり過ごす。


亀が池から顔を出しているような岩があった。


小蓮華山に登ろうと思ったけど、なんかバテバテで途中まで行ってUターン。

ビール飲まなきゃ行けたかも・・・

アザミとテント場。

60張りはあるかな?

逆光に光るチングルマの綿毛。

大池周辺はチングルマだらけやー!

テント場の横にあるテーブルでコーヒーを淹れて飲んでいると、奈良から来たご夫婦も同じテーブルに座ったので、夕食の時間まで雑談。

僕らと似たようなご夫婦でした。


テント場も夕焼け小焼けで日が暮れた。


きれいな夕焼けを観ることができて感激!


妻がフェニックスのような雲を発見!


19時、あまりの寒さにテントに入り寝袋に潜り込む。

20時、消灯。

でも、消灯しないグループも・・・

山のルールは守れや!と思いつつうとうと・・・



23時ごろ、まだ喋ってる輩が・・・なんだかなぁ・・・


でも、夜中の満天の星空は最高だった。
孫達にも見せてあげたかったのー。





8月19日(日)

5時半、ご来光は見ないので遅めの起床。

簡単に朝食を済ませテント撤収。

パンとスープとコーヒー。

イッツア ビューティフルデイ!


7時半、白馬大池にさようなら。


同じ道を戻ります。




まだ綿毛になっていないチングルマもあった。


なんか雲がいいねえ。


10時、登山口に到着。


少し休んでから、栂池自然園散策。

お花はもう終わりらしくあんまり咲いてません・・・

キヌガサソウ?


コメツガの上に付いている紫色の松ぼっくり。


白馬三山や大雪渓がよく見える展望台。


12時半、栂池山荘で天ぷら蕎麦に舌つづみ。


ロープウェイでサーと下界に下りて。


栂の湯につがり山の汗を流して帰宅。


二日間天候に恵まれ楽しいキャンプができた。
今度は孫達と里山キャンプでもやりたいなぁ。

 

おまけ

8月20日(月)

西伊豆の宇久須キャンプ場クリスタルビーチへ、みっちゃん、こうくんと海水浴に行って来た。
2年ぶりの海に孫達大はしゃぎ。


これで僕の夏休みは終了。
あー、よく遊んだ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




7月30日(月)

4時50分、台風一過、いいお天気だ。ご来光が美しい。


山小屋の中にも朝日が射し込む。


5時半、朝食。
こうくんがご飯をよそってくれた。


7時、陽が昇り、濡れた靴を乾かしてくれる。




靴がある程度乾くまで、みっちゃんはスケッチ。


こうくんはバーバとイチャイチャ。


みっちゃん、場所を変えて何を描いているのかな?


コマクサをスケッチしていました。


かわいく描けたね。


8時20分、硫黄岳山荘出発。
やさしい小屋番さん、孫達がお世話になりました。


昨日と打って変わり八ヶ岳が丸見えです。


今日も登りはこうくんがリーダーで先頭を行く。


最高の景色!


爆裂火口壁の横を歩く。


富士山や北アルプスが見えたよ。


ズームだと槍までみえた!


硫黄岳山荘の代表が孫の写真を撮ってくれた。


9時半、記念写真を撮って下山開始。






11時、オーレン小屋でモグモグタイム。


大きな荷物を背負ったボッカさんとすれ違う。


キャタピラーの運搬車ともすれ違う。


12時10分、夏沢鉱泉でもモグモグタイム。

冷えたトマトとキュウリがうまーい!


12時50分、桜平の駐車場に無事到着。


八ヶ岳の帰りはいつも寄る原村の「もみの湯」で汗を流してから帰宅。



18時、地元の食堂で山の反省会をやり解散。お疲れ様でした。


初めてのTジージも一緒の山登り、みっこうちゃんは楽しかったかな。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




7月29日(日)

本当は、土曜日から北アルプスの蝶ヶ岳に登る予定だったが、台風の影響で一泊二日の山行に変更。
ちゅーこって、いろいろ天気とか調べて八ヶ岳の硫黄岳に決定。

今回は初めて次男のお嫁さんのお父さんTさんと登ることに。


7時、Tさんの車で自宅出発。

10時半、桜平の駐車場到着。


夏沢鉱泉までは舗装路を歩きます。


11時半、夏沢鉱泉に到着。


雨がザーザー降ってきたので、昼食を兼ねて雨がやむまで待機。


12時40分、雨が上がったので出発。
いつものように先頭はこうくん。


13時40分、オーレン小屋でちょい休憩。


おおー!青空が見えてきた。


14時20分、夏沢峠に到着。
ここの山小屋は営業していなかったのでトイレが閉まってた・・・


みっちゃんはTジージをサポート?してます。


16時、山頂に近づくにつれて天気が悪くなり、ガスガスの暴風雨になってしまった・・・
天気予報は良くなるはずだったのに、山の天気はわからない・・・
なんとTさんはまだ半袖だ

こうくんが寒さを訴えるので急いで山小屋へ向かう。


16時20分、硫黄岳山荘に到着。
全員ビショビショ・・・

着替えてファンヒーターのある談話室でからだを温める。


小屋を予約するとき受付の人がキッズチャレンジをやっていると教えてくれたのでお願いした。
なんと、小学生以下は宿泊が無料になるのだよ。びっくりぽんだ!

ミッションとして登山絵日記を描いて小屋番さんに渡せば任務完了。缶バッチももらったよ。



こうくんは、ねーねのまねしんぼかな。

17時半から夕飯。
食堂はツアーのお客さんでいっぱいだった。


20時消灯。
みっちゃんはTジージと二段ベットの上で就寝。


こうくんはジーバーと下でおやすみ。


二人ともどんな夢を見るのかな?


その2につづく。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




7月7日の豪雨で浸水被害にあった岡山県倉敷市真備町へボラ仲間とお手伝いに行って来た。

7月20日(金)

会社が終わってから速攻で新幹線に乗り大阪へ。


ボラに行くメンバーが集まり22時半からの焼肉屋さん。

美味かったー!

今夜は大阪のYさん宅にお泊り。




7月21日(土)

5時、大阪を出発し岡山を目指す。

Yさんの車と自衛隊の災害支援車両。


9時、現地到着。
3.11の時の様な被災状況にあらためて驚く・・・

今回の作業は、災害ゴミをトラックに乗せ集積場に運ぶボランティア。


Yさん所有のユニック付きダンプが大活躍。


集積場となった真備東中のグランドには災害ゴミが校舎の2階ほどの高さにに積み上げられていた・・・




きれいな青空が広がる景色だが、奥には瓦礫の山が・・・


炊き出しのボランティアさんも頑張っていました。


できあがった牛丼と野菜炒め。

被災した方には野菜炒めが好評だった。(避難所では野菜が不足しているそうだ)


猛暑の中、16時ごろまで作業してから現場を離れ、買い出しをして今夜泊まる美星町にある星空間オートキャンプ場に向かう。


快適なキャンプ場。


お疲れ様でした!

なぜか、ビールにアイス。


21時ごろにはテントに入り昼間の疲れとアルコールの力で爆睡


7月22日(日)

3時ごろトイレに起きて空を見上げると満天の星空。
10分位の間に流れ星3個。さすが美星町。

5時、起床。
今日も暑そうだ。

僕とウクライナ人のBさんは帰るので清音駅で降ろしてもらい、今日も頑張るメンバーとお別れ。

皆さん、ご安全に!


せっかく倉敷まできたので、美観地区に被害が無かったかちょこっと視察(観光)。

猛暑と、風評被害で観光客はまばらで、ニュースで言っていたとおりだった。



今度来る時は、風情ある街並みをゆっくり楽しみたいな。



たった一日のボランティアだったが、少しはお役にたてただろうか?
自己満足かもしれないが、行ってよかった


被災地が復興するには時間がかかると思うが、引き続き支援していければいいな。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




7月16日(月)


3時半に起きて、義父から借りた軽トラで岐阜に行って来た。

8時半、7日の豪雨で関市の津保川が氾濫し浸水被害がでた上之保地区のボランティアセンターに到着。

この車に物資を積んで高速道路を時速80kmの安全運転でやって来た。


多くのボランティアが受付をしている。


ビブスに名前と血液型を書いたシールを貼る。


受付を済ませ「災害派遣等従事車両証明書」の申請をして、持ってきたスポーツドリンク(裾野市陸上競技協会より)をボラセンに寄付してから本日の作業に入った。






被災当時の状況。(岐阜新聞の写真より)





たまたま軽トラに乗って行ったので三重県から来た若者とゴミ?の運搬をやることに。
ボラセンの人に現地まで車で案内してもらい、床上まで浸かったお宅の使えなくなった物を集積場に運んだ。

つかえなくなった品物をぽんぽん集積場に破棄していたが、思い出の品もあったんだろうな?


大ざっぱに分別はしてあったが、これからが大変だね。



連日の高温の為、本日の作業は12時半までだが、僕のチームは12時前に終わってしまった。
まだやりたかったが、ボランティアが多く1チーム1依頼で終了だそうな・・・
熱中症が怖いからからね。


ボランティアをやると無料で入れる日帰り温泉「ほほえみの湯」で汗を流し、法定速度で来た道を戻る。



17時半、帰宅。任務完了。


いつもの居酒屋で友人に慰労してもらう。
生ビールうま~い!



これからも、できるときにできることをやろう。


関市の被災された方が早く普通の生活に戻れることを祈ります。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




6月26日(火)

9時にホテルをチェックアウトし、9時26分の特急おおぞら1号で帯広駅から池田駅に向かう。

かっこいいなー。

さすがワインの里、コルク抜きのモニュメントがある池田駅


ワイン城に向かう線路を渡る陸橋からの景色。


ワイン城前にて。


ガイドツアーに参加して、城内を案内してもらった。


ブドウの花。


眠るワイン。
ビン熟成。


樽熟成。

池田町の中学生は15歳の時にワイン造りに参加し、成人式にその時樽詰めしたワインを記念品として貰うそうな。


試飲タイム。


野趣溢れる香りと酸味のきいた山幸をいただく。



ワイン城を楽しんでから池田駅に行き、12時39分の特急おおぞら6号で札幌に向かう。

池田駅前にあるレストラン米倉屋で予約して作ってもらったステーキ弁当。
十勝ワインを飲みながらいただきます。


うまいに決まってる!



根室本線沿いの北海道らしい車窓の景色を眺めながら3時間、やっと札幌駅に到着。


すすきの近くのよくあるホテルにチェックイン。

妻は、ニトリ文化ホールで行われるチー様のコンサートへ。
僕は、すすきのの街へ。
ここでラーメンを食べようと思ったけど、どこも混んでいたのでやめて、


老舗っぽいここで醤油ラーメンをいただきました。

普通に美味しかった。


そのあとは、ホテルにあったパンフレットの中から可愛いママのいそうなスナックを選び突撃!
スナック「ミウアクアリオ」70分飲み放題3000円也。
カウンターのお客さんたちと楽しく飲むことができた。


21時過ぎにコンサートの終わった妻と合流し、帯広では肉を食べたので、札幌では魚貝類を、ちゅうーこって居酒屋「大海物語」へ。なんかパチンコ台みたいな名前だね。

蟹や舟盛りを食べ、定番のほっけ焼きを食べ、地酒をやって、


蒸牡蠣食べて大満足。

札幌の夜は更けていく。



6月27日(水)

朝から雨がザーザー降っている・・・

ホテルのバスで札幌駅まで送ってもらい、新千歳空港へ。



千歳に暮らしているMさんに空港まで出てきてもらい久しぶりのご対面。
楽しい時間をありがとう!

お元気そうでなによりでした。


スープカレー美味しかった!



羽田行きの飛行機の出発が、定刻より遅れ、14時20分離陸。16時着陸。
東京はいい天気でした。



家に着いてから人気のお菓子をモグモグタイム。



天気はいまいちだったけど、記憶に残る旅ができた。
また遊ぶ計画を立ててそれに向かって頑張ろう!


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




6月25日(月)

6時起床。
朝湯に入り、7時から朝食。

看板犬のチロル。なっつこいワンコ。


宿の駐車場に車を置かせてもらい、予定どうり8時に雌阿寒岳温泉コース入り口からスタート。


こんな所や、


イソツツジの咲く登山道を行く。


9時20分、5合目まで登って来た。あと半分だ。


噴火した時の注意看板がある。


火山活動を観測するためのGPSのアンテナかな?


7合目を過ぎたあたりからガスと風が強くなってきた。


10時、9合目通過。風がハンパないって!


火口もなんも見えない・・・


飛ばされないよう踏ん張って歩く妻。

「眼鏡に霧が付き前がよく見えないよ~・・・」

10時半、なんとか雌阿寒岳山頂(1499m)到着。

なんも見えましぇん・・・
またリベンジする山が増えてしまった・・・

ちゅーこって、とっとと下山。
オンネトーコースを下りる。

白い花や、


黄色い花が咲いてる。(花の名前はわかりましぇん・・・)

レンズに水滴が付いて左下に黒い影が・・・

7合目まで来て一瞬ガスが切れ、登ろうと思っていた阿寒富士がチラッと見えた。

レンズはちゃんと拭きましょう。

12時半、今ごろお日様が出てきた・・・


12時40分、登山口に着いた。


オンネトー野営場でお弁当。


宿で作ってもらったおにぎりを食す。

おいすぃー!

まだ時間があるので、湯の滝へ行ってみることに。


ゲートから30分で到着。


滝は温かくありませんでした。

温泉成分があるのかな?

気持ちのいい白樺の道。


青空を映す静かなオンネトー。


オンネトー遊歩道コースを進み15時20分、駐車場到着。


野中温泉の日帰り温泉で汗を流し今夜泊まる帯広に向かう。

道沿いでは牛さんが草をはんでいた。

18時半、帯広駅近くのレンタカー屋さんに車を返却し、駅の近くによくあるホテルに着いた。

ホテルのコインランドリーで洗濯をしてから夜の街へくり出した。

北の屋台村へ行き、最初から決めていた琥羊(こひつじ)さんへ。

ちょうど席が二人分空いていてすんなりと座ることができた。

店には地元のお客さんが多く、楽しく語り合うことができた。
三島のうなよしさんに行ったことがあるお客さんがいてビックリ!

十勝産生ラムのタタキと定番のじゃがバター塩辛。



二件目は、地元のお客さんおすすめの串のやっさんへ。
熊の肉が食べられるよ。

ここでも食通の函館のお客さんから情報収集することができた。
マスターは裾野の須山にクレー射撃をやりに来たことがあるそうな。またまたビックリ!
やっぱ日本は狭い!

楽しい時間はあっという間に過ぎ、時計を見たら24時。
ホテルに戻りシャワーを浴びて3秒で爆睡。


その3につづく・・・

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




6月24日(日)

ふと目が覚めて時計を見てみると4時20分・・・
「やっちまったー!」

3時半には起きなければいけなかったのに・・・
目覚ましは鳴らなかったのか?

顔も洗わず、歯も磨かず、起きてから10分で車に乗り込む。
まさにホームアローン状態。

東名高速、首都高が渋滞や事故もなくスムーズに流れていたおかげでなんとか6時までに羽田空港に着いた。


6時45分、無事飛行機に搭乗。



8時半、帯広空港到着。

3年ぶりに北の大地に降り立った。

レンタカーを借りて目的地に向かう。


向かうは松山千春の故郷足寄町。

道の駅あしょろ銀河ホール。

空港からここまで車で約2時間。家から羽田までより遠い?

ありました。チー様の歌碑。

果てしない大空と広い大地のその中で

いろいろ展示して有ります。


線路も有ります。


ロケセットを見て、


実家も見て、


1時間かけて帯広に舞い戻り、


人気店に並び、


名物の豚丼を食らう。

「うま!」ブタだけど・・・

うまい豚丼のあとは、うまのレースを観にばんえい競馬へ。


近くで見られてド迫力!

妻は馬名「ソダネー」にかけて複勝を取る。
僕は息子と同じ名前の騎手が乗る馬にかけて散財。
本命だったのに・・・

1レースだけやって、また足寄に引き返し、17時、雌阿寒岳温泉 山の宿「野中温泉」に到着。
外はガスガス、明日の天気が心配だな~。

ここの宿にはギネス認定長寿日本一の野中正造さん(112歳)がいらっしゃるんですよね。
残念ながらお会いできませんでした。

まずは硫化水素臭のする硫黄泉につかり極楽々々。
露天風呂に入っていたら鹿に覗かれた。

部屋に夕食が運ばれ一杯やりながら明日の作戦を練った。

質素だがおいしかった。


24時から始まるW杯の日本VSセネガル戦を観たかったが、明日は山登りなので早々に就寝。
明日は晴れればいいな。日本が勝てばいいな。



その2につづく・・・

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




6月3日(日)

7時半に家を出て、10時、富士見パノラマリゾートの駐車場に到着。

今日も、こうくんはバーバにべったり。


ゴンドラに乗り山頂駅まで空中散歩。

八ヶ岳がよく見える。


木製の階段を下りて入笠湿原に向かう。


12時、山頂到着。
トレッキングの人でいっぱいだ。


360度の絶景と、バーバの作ったおにぎりに舌鼓。

いいお天気で気持ちがいい!
そういえば雪のない入笠山に来たのは初めてだなぁ。

おもいおもいに山頂を楽しむ人たち。


富士山も見えたよ。


13時、下山開始。


湿原や、お花畑の周囲には動物除けのネットが張り巡らされている。

後ろに見える山小屋まで救急車が登って来たが何があったのだろう?


14時、山頂駅の横にある入笠すずらん山野草公園でドイツすずらんを楽しむ。




ゴンドラを降りてからソフトクリームを食べて、山野草の苗をもらって帰路につく。


途中、地元の「ヘルシーパーク裾野」により、夕飯とお風呂を済ませ帰宅。

久しぶりにヘルシーパークに行ったけど、いい温泉だと再確認。



来月は、孫達と北アルプスに行く計画があるので体力作り頑張ろう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ