京のおさんぽ

京の宿、石長松菊園・お宿いしちょうに働く個性豊かなスタッフが、四季おりおりに京の街を歩いて綴る徒然草。

喫茶クリスタルの囁き|ω・)vol.58

2017-03-26 | 宿日記
パンは日本文化になって久しいです
和菓子は洋菓子の対の言葉らしいので、洋菓子だって日本で独自の文化を歩んでいる部分もあると思います。
安易にそれらしくみえるものでお茶を濁すようになびくのは、本当に醜いし諸悪の根源だと思います。

京都はパン屋さんもケーキ屋さんも多いので、自然とレベルが高くなっていると思います。
今は亡き七本松にあったパン屋さんの紅麹のピンクのパンが懐かしいです
出町柳の柳月堂のくるみぱんは今も昔も変わらず美味しいのでお薦めです。





本日[03/17]のランチ


ソースカツ丼 ~はじめちゃんポーク
ひじきサラダ
ココットサラダ
お蕎麦


本日[03/22]のランチ


ローストポーク
焼きビーフン
モツの唐揚げ
帆立フライ
サラダ


本日[03/24]のランチ

中華丼
野菜のフリッター
お饂飩



でした
三月も最終週です。
月替りメニューはじめちゃんポークカツ、よろしくお願いします。
来月四月の月替りメニューは、久しぶりの麺類になりそうです。






ネガチョフ&ポジコフ



この記事をはてなブックマークに追加

新商品

2017-03-26 | 宿日記

石長売店からお知らせです。
ハッピーターンの関西限定商品、京都抹茶の発売を開始しました。
人気のハッピーターンを京都府産てん茶をまぶしました。
看板娘、マッキーもおすすめ!
一箱20個入り、870円
京の旅のお土産に石長松菊園、お宿いしちょう売店で是非どうぞ!

看板娘のマッキーでした( ^)o(^ )


この記事をはてなブックマークに追加

ま~だ~かい!

2017-03-25 | まち歩き

弥生三月も末だというのに、寒い日が続きます。
晴れるとお陽さんに温もりは感じますが、渡る風は冷たいです。
桜の蕾も縮こまったまま!

 

 

 

そんな中、川端通四条と五条の間でライトアップがされるようで、その準備が進んでいます。
東岸の桜並木にライトが設置されましたが、見ようによってはちょっと無粋?!
反対側の西岸から見たら綺麗かも。
狭い遊歩道です。自転車も通ります。ご注意を!

 

 

KAZ


この記事をはてなブックマークに追加

grains de vanille

2017-03-25 | グルメ
grains de vanille グラン・ヴァニーユ に行って来ました (*´∀`*)
間之町通りを二条下った所にあります。




♢ユニック
ベイクドチーズにオレンジのマーマレード、クリームチーズシャンティー。
マーマレードは甘さを感じずベイクドチーズを引き立て、シャンティーが軽やかさを出す感じ。
苦手タルトも重いけれど気にならないです。



♢リナ
フレーズのムース、ピスタチオクリームと野いちごのマーマレード。
絶妙のバランス。表現難しいです。マーマレードの粒がじゃまと云うこと以外完璧な美味しさ。
メレンゲの甘さも軽いムースを補って、ピスタチオの生地もクリームも目立たず調和して素晴らしく美味しいです。
写真、可愛いケーキなのに持ち帰りに失敗して歪んでしまいました (;_;)



アラビク。
コーヒーチョコレートムースの中にバニラのブリュレ、エスプレッソソース。
エスプレッソソースが思いのほかにきいてチョコレートを抑え、バニラでまとまる感じ。
想像通りの味なのですが、想像よりランクが桁違いの美味しさでした。






ショーケースのケーキ。
残り少ないですが、どれも可憐。




焼き菓子。



お店の外観。



清潔な印象の店内、イートインもできます。

帰宅途中なので、やっぱり種類が少なくなっていて、目当てのケーキもなくて、わかってはいるものの残念でした (;_;)
ビジュアルも可憐で群を抜いて美味しいです。
種類を制覇するまで通う所存 (๑•̀ㅂ•́)و✧




ネガチョフ&ポジコフ



この記事をはてなブックマークに追加

只今準備中

2017-03-24 | まち歩き

桜の名所平野神社では、桜の花もお花見席も只今準備中です。

  

  

待ち遠しい!
咲いたらお知らせ致します。

お駒姉さん


この記事をはてなブックマークに追加

清く、正しく、美しく、かつダイナミックに

2017-03-22 | 宿日記

こんにちは!
女性の嘘には慣れている“カルロス・ディオール”です。
先ごろ、ブラジルの食肉が疑わしいとの事でしたが、一応問題は無いと発表があったようです。
我がクリスタルでは、唐揚げを国産ササミ肉でご提供させていただいておりますので、安心してお召し上がりください。



信用は気のゆるみで一瞬にもろく崩れ散るのだと常に思っております。

しかし、今だ嘘だと分かると涙の止め方も知らない、還暦近い“カルロス・ディオール”でした。



合掌(-||-) 


この記事をはてなブックマークに追加

もう少し

2017-03-22 | まち歩き

もう少し・・



それまではこちら・・

 沈丁花

 山茱萸(サンシュユ)

因みに、昨年3月18日の様子、別の木ですが・・



待ち遠しいです。

KAZ


この記事をはてなブックマークに追加

喫茶クリスタルの囁き|ω・)vol.57

2017-03-21 | 宿日記
男子客室 花崎彬之さんの紹介です



まだ新人。25歳。O型。
ラガーマンにして趣味は読書。
好きな作家は三浦しおん。私の図書友です。


クリスタル厨房とは一緒にお仕事をすることがあまりないので、周辺に聞き込んでみました
温厚 穏和 意外に面白い 大人しい スポーツマン等の声。
私の印象は、曲がった捉え方をしない素直で人の良い青年。周囲の声とぶれていないです。




たまに仕事ぶりを見かけると、あまりの一所懸命さに、早く手の抜きどころを覚えろーと思ってしまいます。
真面目で体力もありそうなので、気をつかいすぎないで頑張ってほしいです。





そして、クリスタル厨房 寂しがりカルロスの相手をしに来てください




ネガチョフ&ポジコフ

この記事をはてなブックマークに追加

鳴海餅本店。

2017-03-19 | グルメ
お彼岸です。
出勤前に出町ふたばに並び、おはぎと豆餅を実家に届けて来ました。
久しぶりに食べる豆もちは美味しかったですが、小さくなっていました (´・ω・)


やっぱり おはぎも食べたい!
仕事帰り、鳴海餅本店へ。





おはぎだけのつもりが、桜餅と花見団子も購入。




おはぎは、粒あんの方が餡子があっさりしすぎるのと、きな粉の方は包まれた餡子の量が少なすぎるのとで、餡子の満足度は低かったですが、さすが もち米は美味しかったです。

桜餅は、やっぱり道明寺がもちもちで、あっさり餡子と桜の葉のしょっぱさとが良い塩梅でした。
花見団子は、少し固くて残念でした。



鳴海餅本店は、堀川下立売 角にあります。
お赤飯が 美味しいです。
秋には栗赤飯も出ます♡
会計時、湯気が立つ お赤飯を詰めている様子を見ていると食べたくなりました (・∀・)
お祝いごとに是非。




ネガチョフとポジコフ

この記事をはてなブックマークに追加

東福寺の伽藍と塔頭龍吟庵

2017-03-18 | 京都案内

東福寺は臨済宗東福寺派の大本山。
境内の通天橋は紅葉の名所としてあまりにも有名です。
他方、東福寺は「伽藍面(がらんづら)」とまで言われているくらい「七堂伽藍」は日本最古にして最大級の伽藍。
紅葉の時期を除けば、比較的空ていますのでゆっくりのんびりと境内の伽藍を見ながら散策するのもお薦めします。
同寺は毎年この時期(3月15日前後)、釈迦の遺徳を偲ぶ「涅槃会」が法堂で行われ、国内最大級の「涅槃図」を掲げています。
普段は非公開の法堂ではこの日、涅槃図や、天井に描かれた、堂本印象の「蒼龍図」が無料で見ることができ、多くの参拝者で賑わっていました。





また、東福寺「伽藍面」を象徴する三門も特別公開されました。
この三門(解脱門)は、現存する禅宗の三門として日本最古の五間三戸の二階建てで、屋根が二つある二階二重門(国宝)。
訪れた人は、上層にある宝冠釈迦如来像や、明朝の天井画を見たり、楼上からの絶景の眺めを楽しんでおられました。



塔頭「龍吟庵」も涅槃会に合わせて特別公開されていました。



東福寺三名橋を渡った山裾に位置し、書院造と寝殿造りの名残をとどめる日本最古の方丈建築(国宝)。
庭園は、昭和の作庭家、重森三玲による、方丈の東・西・南に配置された枯山水庭園。
屋内から、静かに対峙して観賞するように構成された枯山水庭園には、心が落ち着きます。





秋にも期間限定で公開予定。
東福寺には他にも趣のある塔頭が数多くありますのでぜひどうぞ。

京都好き男


この記事をはてなブックマークに追加