川口英俊の日記

川口英俊の日記・毎日更新・12年目に
悩み相談は「hasunoha」へどうぞ http://hasunoha.jp/

7/2「佐々井秀嶺師 CROSS hasunoha」 ご報告 ご法話・質疑応答の要旨について

2015年07月04日 | 日記
7/2「佐々井秀嶺師 CROSS hasunoha」ご報告

佐々井秀嶺師ご法話・質疑応答の要旨について

「hasunoha」(お坊さんがこたえるQ&Aサービス http://hasunoha.jp/ )の会員を中心とした超宗派の僧侶、スタッフ・関係者たちが、東京は目黒の五百羅漢寺様に集まったこの日、ご本尊である釈迦如来様を中心として、菩薩様、祖師様、羅漢様方に囲まれて、霊鷲山に模された大雄殿を会場として行われました「佐々井秀嶺師 CROSS hasunoha」は、まさに佐々井秀嶺師による霊鷲山における獅子吼となりました。

齢八十歳とは思えない程の矍鑠とされたお姿にて、一時間半、ずっと仁王立ちのままの気魄のご法話に終始圧倒されながらにも、有り難く拝聴させて頂きました。そして、最後の三十分、集まった超宗派の僧侶たち四人の質問にも丁寧にお答えを頂きました。


画像元 https://www.facebook.com/hasunoha.jp


画像元 https://www.facebook.com/sasaisiryoushitu

司会進行・hasunoha共同代表の井上広法師のご挨拶、五百羅漢寺御住職・佐山拓郎師のご挨拶後、佐々井秀嶺師のご法話となりました。


【佐々井秀嶺師のご法話・質疑応答の要旨】

(あくまでもこれは拙メモにて、これまでの佐々井師の著書等も踏まえての拙理解における雑多な順不同のまとめにもなっており、その正確性について保証するものではありません。また、誤解を避けて頂くためにも、佐々井師の基本的なお考えに関しましては、関連著書を必ずご参照の程をどうか宜しくお願い申し上げます。川口英俊合掌)

・主催の「hasunoha」とは、「蓮」に由来とのことにて、蓮は五濁濁世の中で咲く清らかな菩薩道(仏道)の象徴であり、本当に善い尊い名前である。

・大乗仏教の根源は、「般若波羅蜜」(最高の智慧の完成)の一乗にある。超宗派にて団結すべき時は団結して行動する、闘うことが求められる。諸宗派は、もっと大局的な観点から物事を観て仏教的実践をしていかなければならない。「南天一乗宗の思想」[一宗一派にこだわらず、龍樹菩薩の下、大乗は一つの乗り物であるとして、菩薩道の実践、仏教の智慧と慈悲による実践を行う]

・大乗仏教の祖・八宗の祖である龍樹菩薩の啓示、(ナグプールへの)召喚を受けて、龍樹菩薩の足跡(主に龍樹菩薩が大乗諸経典・密教経典を学んだとされる南天鉄塔)に関しての数々の調査・発掘・研究を続けている。確信的な数々の発見も成し遂げている。[南天鉄塔については事塔説(実在)と理塔説(理念)がある。また、佐々井師は、南天鉄塔を芯一本通った強い信念、志の意味合いとしても使われている]

・アンベードカル博士のインド仏教復興運動・カースト制度による不平等撤廃・解放運動、仏教改宗運動の偉大な事業の意義、功績についてのお話。アンベードカル博士の遺訓・遺志を継ぎ、事業を成し遂げていくことが一つの大きな佐々井師の活動の原動力となられていることをお伺いできました。(佐々井師の他の活動としては、ブッダガヤ・大菩提寺奪還運動、病院・福祉施設の建設、関連寺院の建設等があります)

・日本の仏教界は、各宗派・各宗旨にそれぞれ縛られ過ぎており、小さな我見にとらわれてのくだらない足の引っ張り合いなどによる弊害が散見される。

・日本の仏教界は、自分たちの宗派の擁護者[御用学者的布教師]を育てるだけではなく、真なる「仏教の実践者」を育成していけるように取り組まなければならない。

・日本は亡国の兆しがあり、その憂いに対して日本仏教界も智慧と慈悲により、確たる役割を果たすべくに行動していかなければならない。[反原発・反戦などの仏教界による統一的な意思表示、具体的行動、更には「僧俗一体」としての団結の必要性について示唆されておられるのではないかと思われます]

・東日本大震災の被災地慰霊行脚巡り(三回)、被災地と向き合うあり方についてのお話。悲しみ、苦しみと向き合うには、寄り添う姿勢、実際に現地に赴き、行脚し、話を聞くことが大切である。放射能汚染地域にも立ち入られて慰霊行脚をなされた。放射能汚染のため、そのまま手つかずのところもまだあるとのことでした。


【拙質問へのお答えについて】

佐々井先生の数々の不撓不屈の菩薩道の根底に控えておられる「慈悲」について、もう一つは、龍樹菩薩の啓示を受けられておられる佐々井先生の考えておられる「空」について・・

慈悲は、「同体の慈悲」として、一切の全て(衆生)を同体して観ずることによる慈悲が大切である。

[同体の慈悲とは、三段階ある慈悲の最上の慈悲「無縁の慈悲」であり、全ての衆生の苦しみ、悲しみは、自分の苦しみ、悲しみとして、御仏の持たれている大慈大悲の心のこととなります]

大乗仏教において「空」は重要であり、それは、決して何もないという「無」ではない、「空」は、「いのち」のことであり、全てのものには「いのち」がある。全ての中には「空」も含まれて、「空」も「いのち」ということである。そして、全ては「空」と一体であり、つまり、全ては一体であるということである。

[この場合の「いのち」の解釈に関しましては、非常に難しいものがございますが、「いのち」をどういったものとして捉えるかによって、様々なありようを考えることができるのではないかと存じます。全ては大事・大切なる「いのち」としての存在・成立があり、そこに対する慈悲、同体・無縁の慈悲が求められるものになる、そのためにも、全ては一体であるという「空」を理解することが重要になるということではないかと拙解釈させて頂きました。拙考では、「いのち」を「縁起」として、「空」は全てを成り立たしめている「縁起」のありようとしての「いのち」と理解させて頂きました。また、「全ては空にして一体である」ということが、まさに佐々井師の「同体の慈悲」の根底にあると考えることもできるのではないかと思われます]


【その他、質疑応答における佐々井師の要旨】

・仏教こそが一切の宗教を包括し、世界平和のために役立つ宗教であると考えている。(仏教の智慧と慈悲が平和のために必要である)

・「必生」(佐々井師の造語・必死の反対)、「死んでも生きる」ということが大切である。[何が何でもやり抜く不屈の思い、また、(自他共の)続いて生きていく「いのち」と向き合い、真摯に生き抜いていく姿勢のことであると考えられます]

・瞑想や坐禅、メディテーションは、確かに菩提樹下の釈尊成道の大きなきっかけとなった大切な実践ではあるが、それよりも実社会において仏教をいかに活かすべきであるかということが真に問われてくることになる。現実社会において慈悲を実践することが何よりも大切となる。

・いかに一切経、三蔵、大蔵経を読み学ぼうとも、原発一つさえも止められないようであるならば、そんなことは無効であり、何の役にも立たない。


【最後に】

「傷だらけ、泥まみれ、垢だらけ、糞まみれ、小便だらけになって、貧しきもの、虐げられし者達と共々働き生きゆく、これが私の悟りであり、菩薩戒を受けたものの悟りだと思います。しかし、今、私がこのような悟りを得たのかというと、結局、これも概念的な悟りというものにすぎず、人間は本来悟れないものなのだと思います。」(「求道者」サンガ新書・p200-201から抜粋)

菩薩道、仏道を歩む者としての自覚と責任のあり方について、佐々井秀嶺師の身口意全体から存分に体感させて頂けることができました。この度の有り難く尊いご仏縁をしっかりと活かして、更に精進努力し、菩薩道、仏道を実践していかなければならないと存じております。本当にありがとうございました。心から感謝申し上げます。

ジャイビーム!!!

川口英俊合掌九拜(2015.7.4)



質問する私を撮って頂きました。




関係者記念撮影


少し余談ではございますが、光栄なことに控室から会場までのご案内、ご登壇、ご退壇、控室までのご案内と佐々井師の侍者を務めさせて頂きまして、間近で接する機会を頂きました。その時にも少しお言葉を交わさせて頂きまして、熱い気骨と温かい人情味も体感させて頂きました。ご配意を賜りましてありがとうございました。

以上の画像は、五百羅漢寺様による特別の撮影許可の下で撮影・公開を承諾頂いているものでございます。ご了承のほどをどうか宜しくお願い申し上げます。

佐々井秀嶺師について
https://ja.wikipedia.org/wiki/佐々井秀嶺

南天会様について
http://www.nantenkai.org/

五百羅漢寺様について
http://www.rakan.or.jp

・・

【 7/2 佐々井秀嶺師 CROSS hasunoha 】
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/207f6805538ba1366c3a562666b45eb2


佐々井秀嶺師ご著書三冊



「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/
スマートフォン・携帯ブラウザも対応

『お坊さんがこたえるQ&Aサービス「hasunoha」の会員登録に関しての補足について』2015.6.23
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/78479ac5c850b8e9cc369663f9c62e08

hasunoha取材記事紹介「お坊さんQ&Aサイト・hasunoha」
http://goshi-goshi.com/?p=181

「拙500回答の検証結果について」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1022668905.html

hasunoha・拙回答まとめ集
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/

hasunoha・拙生紹介ページ
http://hasunoha.jp/users/16

hasunoha・拙寺紹介ページ
http://hasunoha.jp/temples/6

運営者によるhasunoha(ハスノハ) blog
http://taka.hasunoha-blog.info

東日本大震災を機縁として立ち上がりました「hasunoha」に参画できましたこと、誠に感謝致しております。微力ながらにも一つ一つ少しずつでもお役に立てれる善行・功徳となりましたら、亡くなられました皆様への追善供養として回向申し上げたくに存じております。合掌

・・

ダライ・ラマ法王猊下様、八十歳のお誕生日(7/6)、誠におめでとうございます。



ダライ・ラマ法王猊下様に最敬礼申し上げます。深遠なる智慧と慈悲を兼ね備えられましたる法王猊下様のご長寿、ご健勝を心から祈念申し上げます。どうか永らくこの世にお留まり賜りまして、衆生をお導き下さいますように。

川口英俊合掌九拜

また、法王様関連のドキュメンタリー映画やその他イベント等の情報にもお目通しを賜われましたら幸いに存じております。

「偉大なる第十四世の長寿を祈願する如意自在王〔経〕」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/8f49efb18934ec00993d52e91c603327

ダライ・ラマ14世法王猊下様・公式サイト日本語版
http://www.dalailamajapanese.com/

ダライ・ラマ14世法王猊下様・Facebook日本版公式ページ
https://www.facebook.com/dalailamajapanese

ドキュメンタリー映画「ダライ・ラマ14世」
http://www.d14.jp/

「焼身抗議」などで中国と戦うチベットの人々を追う、ドキュメンタリー映画『ルンタ』
http://lung-ta.net/

2015.4.17「ダライ・ラマ法王猊下様のこと・・」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52189915.html

2015.4.13「ダライ・ラマ法王14世来日法話 般若心経・菩提心の解説・観音菩薩の許可灌頂」ご報告
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3ac42f140aef2fb85956f1fcd45e1b13

2014.4.14 ダライ・ラマ法王猊下様によるチベット密教・胎蔵曼荼羅灌頂・ご報告
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/bc5c08f69d78bdda5c6cca62d17d87df

画像引用元

ダライ・ラマ法王 2013年 来日講演
https://www.facebook.com/hhdl2013japan

11/19 法王来日 増上寺
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.413896315405962.1073741833.389032644558996&type=1

・・

勝義方便メモNo.11
http://togetter.com/li/827044

2015.6.2「仏教思想のゼロポイント」(魚川祐司氏著)読了所感
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52193380.html

2015.5.25「仏教思想のゼロポイント」魚川祐司氏と一法庵の山下良道先生との対話について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52192814.html

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

2015.5.30・NGO「四方僧伽」「仏陀バンク説明会」参加報告
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52193200.html

・・

「菩提心の解説」ダライ・ラマ法王猊下様著/マリア・リンチェン氏訳


「菩提心の解説」読了。「中論講義」に続き、この「菩提心の解説」、さすがはやはりダライ・ラマ法王猊下様の通訳官マリア・リンチェンさんでございます。



密教の密意はまさにそこなんですよね。

三大阿僧祇劫積んだ資糧が役立っていないと三大阿僧祇劫、智慧と福徳の資糧を積んでから、実は無駄だったかもと知った時の徒労感、正直想像できません…

中途半端に資糧を積めているかもという安心、油断がまさに大敵です。正しいと言う思い込みほど誠に怖いものはありません。

ただ、この「菩提心の解説」、中論を著した龍樹大師が真に著したのかどうかについてはまだ検証の余地ありでございます。

・・

再び大乗起信論の考察に戻って参りました。

島村大心先生著「大乗起信論義記」現代語訳

高野山出版社

島村大心先生…この不肖者、また戻って参りました…生前には色々と御指導を賜りました御恩、決して忘れません…ただ…ただ一目、直接にお会い致したかった…合掌

不肖ながら先生の志を受け継ぐ者の一人として、悟り、真如の探究にこれからもできうる限りに取り組んで参りたいと存じております。

島村大心先生のことにつきましては、下記あとがきと先生のサイトもご参照下さいませ。

「大乗起信論義記」あとがき・・
http://yaplog.jp/hidetoshi/image/3837/3811

現代仏教学を再生するためのホームページ
http://www.h7.dion.ne.jp/~sdaisin/

・・

「梵網経の偈」の内容と「授記作仏」について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52191490.html

本覚思想について再考中。

仏教を一から学び直し始めて12年…

初期・根本・テーラワーダ仏教から唯識思想、中観思想と進み、それから、如来蔵思想、仏性思想から華厳思想、本覚思想に至り、本覚思想から龍樹中観思想に戻り、しばらく龍樹中観に傾注後、中観帰謬論証派まで進み、ツォンカパ中観思想にて長らく留まった後、チベット密教の学びに入り、そして、「光明の心」の探究に至りて、今一度、如来蔵・仏性思想と中観思想に関するところに戻ってきております。

「光明の心」は反本覚思想である確信が今一度ほしいという感じもあり、最近話題としている梵網経の偈のことからの華厳思想、本覚思想について再考するとともに、ここを確かなる瞑想修行にて検証さえできれば…という段階にての行き詰まりというのが実際のところです。

頭の中では、以前に比べて「光明の心」、「勝義の光明」に関する理解が進んで参りましたことは、ダライ・ラマ法王猊下様のご法話、ご灌頂、ご著書によるところが大でございます。問題は瞑想修行があまりに疎かになり過ぎているという感じです…

とにかくまだまだ道半ばです…

・・

【ネパール大地震支援情報】義援金支援先参考まとめ
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/ceee90c7770ddf6b239aec17808d1cb3

ネパール義援金・Facebook・寄付が2倍になって支援されるようです。第二次義援金の実施として考慮中です。
https://m.facebook.com/nepalearthquakesupport

・・

「仏教と政治」について・・
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52190445.html

・・

塾長の松本紹圭様を始め、色々な諸師の皆様からのお誘いを頂戴致しておりました「未来の住職塾」・・諸事情色々と鑑みまして、この四期は見送らせて頂きまして、余程の参加できない事情が発生しない限り、来年の五期には何とか関西での開講に参加できましたらと考えております。どうかご容赦の程を宜しくお願い申し上げます。

一般社団法人・お寺の未来「未来の住職塾」
http://www.oteranomirai.or.jp/juku/regular_course/
Facebookページ
https://www.facebook.com/jushokujuku

・・

勝義方便メモNo.10
http://togetter.com/li/719545

超宗派系一覧
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/ad8366ba25bc4f15de68c375bc313e0b
また、随時、追加して参りたいと存じます。情報がございましたらどうか宜しくお願い致します。

「拙理解仏教図式No.7(2014.6.14)」ご提示・再考随時訂正予定
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/f11483ea1a2eb35ce5dcda72284b2bfa

・・

「仏教の基本的な理解のために」平成27年3月・春彼岸施餓鬼法要・配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/55ced9a1512c6ef6e095caa4fbe9eb8c

「 死後について 」平成26年9月・秋彼岸墓前回向 配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/46df9bb57071ef4f2b56161423dba66f

平成26年・お盆施餓鬼法要 法話内容 録画配信Ustream
http://www.ustream.tv/recorded/51379634

「お葬式について」平成26年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/0816eb5e788bf5ecfc8eed8e901b1a76

2013.11.19「空と縁起」に関する拙質問に対してのダライ・ラマ法王猊下様の御回答内容について
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/710b99c74854aebc871a6f75e28dde12

・・

NGO「国境なき僧侶団」フェイスブック・ページ
https://www.facebook.com/pages/国境なき僧侶団/578961352183094

・・

【チベット問題】

チベット問題・焼身抗議等の詳細情報は、チベットNOW@ルンタ・ダラムサラ通信・中原一博氏のブログが参照となります。
http://blog.livedoor.jp/rftibet/

「太陽を取り戻すために チベットの焼身抗議」中原一博氏著
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51799025.html

無償ダウンロード
https://docs.google.com/file/d/0B6cmrkvyxC23QmhCRTZyeWRrNm8/edit

「自らを灯明と化した菩薩たちの願い」~チベット問題・焼身抗議を考える~
http://t.co/PwVvYWck

・・

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 曇り時々晴れ | トップ | 曇りのち雨 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む