さんぽで出会う花鳥風月

ひでじいの四季の写真

マヒワ

2018-02-15 22:01:29 | 

*2018年2月15日撮影

 今週は週明けから雪が降り始め、この冬一番の大雪になりました。
 これまで積もって残っている雪の上にさらに積もるので、そろそろ処置に困る事態になりそうです。
 昨日、今日は降雪が一段落したので、このまま雪は終わりになってほしいものです。

 マヒワの群れがやってきました。
 マヒワは冬に出会える黄色い小鳥の代表ですが、毎年見られるわけではありません。
 来るときは大きな群れをなしてやって来ますが、来ない年は全然見かけません。
 
 今日は雪の積もった杉の木に群がっていました。
 杉の実を食べているようです。





*2018年2月15日撮影

 杉からわっと飛び立って、隣のオニグルミの木へ。
 何か危険を感じることがあって、一時避難だと思います。





*2018年2月15日撮影

 わっと飛び立った時に連写した一枚。
 空が暗い上に逆光なのでこんな程度にしか撮影できませんでした。





*2018年2月14日撮影

 これは昨日撮影した一枚。
 青空をバックに、桜の枝にとまっているマヒワ達を撮影できました。
 黄色い色が濃いのが雄、あまり黄色くなく白っぽい感じのするのが雌です。
 
 マヒワは冬に渡って来る冬鳥ですが、一年中いるカワラヒワなどとともに「ヒワ(鶸)」と呼ばれる小鳥の仲間。
 ヒワは小さくて繊細なことを意味する古語「ひわやか」から、可憐な小鳥という意味で使われるようになった、そうです。(「野鳥の呼び名事典・大橋弘一」より)
 とても可愛い小鳥なのですが、間近で見るのは至難のワザ。
 写真に撮っても、遠くて小さくて、というわけで、なかなか可愛さを実感するのは難しいようです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松の葉につらら

2018-02-09 22:21:05 | 樹木

*2018年2月9日撮影

 北陸地方は記録的な大雪となって、車が立ち往生した国道が開通までに4日もかかったというほど、多くの被害が出たようです。
 集中豪雨と同じように、雪も地域集中型で降るようになったのかと思います。
 ここ会津では夜間早朝は雪模様ですが、日中はあまり降らない日々が続いています。ありがたいことです。

 会津の鶴ヶ城公園のなかにあるたくさんの松の木の葉の先につららが下がっています。
 早朝まで降った雪が、日差しをあびて溶け出し、つららになるようです。
 気温と日差しの関係がうまくいかないと、こういうつららはできないようです。
 こういうのも冬の日の楽しみのひとつです。





*2018年2月9日撮影

 葉の先にちょっと変形したおもしろいつららができていました。
 葉が茂って、雫の行き先を邪魔するのでこういうふうに枝分かれするのでしょうか。
 
 植えてあるのはほとんどアカマツですが、なかにはクロマツやそのほかの松もあります。





*2018年2月9日撮影

 葉の先というより、積もった雪の先にできたつららです。
 なかなか美しいものです。





*2018年2月9日撮影

 思いのほかきりっとした印象のつららが一本。
 なぜこういうふうに斜めにできるのでしょうか。
 つねに一方向に風が吹いているのでしょうか。





*2018年2月9日

 これは出来つつある小さいつらら。
 葉の上に積もった雪から、葉をつたって雫が落ちているのでしょう。
 つららの先端が丸いのがおもしろいところです。
 雫の形そのままに、丸くなるようです。
 そうしたら、上の写真のように先端が鋭く尖ったつららは、どのようにしてできるのでしょうか。

 つららを眺めていると、いろいろな疑問がわきあがってきます。

 今日撮影した松はぜんぶアカマツのようです。
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒレンジャク

2018-02-06 22:33:59 | 

*2018年2月6日撮影

 この冬はヒレンジャクの集団が来ているようです。
 冬鳥の中でも人気の高いレンジャク類ですが、毎年見られるとは限りません。
 今期は、昨年12月に1回、今年になってから2回、ヒレンジャクの集団に出会うことができました。
 
 今日のヒレンジャクの集団は、実が残っている柿の木に飛来し、飛び交いながら柿の実を食べていました。
 





*2018年2月6日撮影

 ヒレンジャクは「緋連雀」と書きます。
 尻尾の先が赤いというか「緋色」をしているのがヒレンジャクです。
 尻尾の先が黄色い同じような鳥もいて、そちらはキレンジャクといいます。
 「連雀」というのは「連なって行動する小鳥」という意味で、集団で行動する習性から名付けられたと言われます。





*2018年2月6日撮影

 レンジャク類の好物はヤドリギの黄色い実です。
 今年はヤドリギの実は不作だったようで、もうすっかり無くなってしまいました。
 それでまだ残っている柿の実を目指して、飛来します。
 柿の実もまもなく無くなりそうで、そうなったらまたどこか別の場所へ移動して食べられる木の実などを探すのでしょうか。





*2018年2月6日撮影

 残り少ない柿の実もあっというまに食べられていって、しだいにヘタばかりになっていきます。
 同じ木には数分間程度しかいないのに、数十羽の集団の数の力です。
 秋にはたくさんの柿の木にたくさんの実が残されているのですが、こうして野鳥が残らず食べてしまいます。

 野鳥はクチバシでつついて食べるので、熟れた柿はつつかれて落ちてしまうものも多く、木の下にはべったりと柿の果肉が落ちていることになります。
 だから、実際に野鳥が食べた量と、地面に落ちている量と、どちらが多いのだろうかと、これは疑問です。
 
 

 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の山

2018-02-05 20:39:06 | 

*2018年2月5日撮影

 今週はまた最強クラスの寒波が襲来するという予報でした。
 今日起きて見たら雪が降っていてこのまま降り続けるものと思っていたら、昼前から晴れてきて、穏やかな1日に変わってしまいました。

 雪は降りますが、豪雪というほどではなく、このぐらいならしょうがないかという程度におさまっています。

 さて冬の山の景色です。
 思い切り雪が積もれば山も真っ白な銀世界になりますが、いまのところそこまではいかずに、こんな感じです。
 これはこれで冬の山です。
 雲もなんとなくおどろおどろしく、本当はもっと荒れるのだぞと言っているようです。





*2018年2月4日撮影

 会津の鶴ヶ城の石垣の上から南東の方角に見える山。
 正面に雪が光っている小さめの山は、小田山といいます。
 昔、会津藩の出城があったところで、戊辰戦争のときに西軍が大砲を撃った場所です。
 西軍つまり新政府軍は、当時最新鋭のアームストロング砲を小田山に設置して、砲撃をしました。
 鶴ヶ城まで距離1.6km、大砲の射程距離ぎりぎりで砲弾は天守閣にも届き、会津藩敗北の大きな要因になりました。

 明治維新150年の今年、会津では「戊辰150年」と称してさまざまな記念の催しが行われます。





*2018年1月13日撮影

 樹木の上に雪が降り積もった、典型的な冬の山。
 1月なかばの景色です。

 早く春が来てほしいものです。
 

 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キジバト

2018-02-04 23:08:10 | 

*2018年2月4日撮影

 2月になって、今日は立春です。

 1月の後半は寒波が襲ってきて激しい雪の日が続き、ずいぶん長いこと散歩もお休みしていました。
 ようやく穏やかな日差しが戻ってきて、久しぶりの散歩に出かけました。

 つがいと思われる2羽のキジバトに出会いました。
 そのうちの1羽を撮った写真です。
 ちょっと遠くて小さいのですが。





*2018年1月30日撮影

 キジバトは、公園などにいるドバトとともに、最もよく見かけるハトです。
 もともとはヤマバトとも呼ばれ文字通り山に住む鳩だったのですが、しだいに人の生活圏に降りてきて、人の生活と共生するようになってきました。





*2018年1月30日撮影

 ハト類は、ピジョンミルクと呼ばれる乳状の液体を体内で分泌し、口づてにヒナに与えて育てます。
 一般に小鳥のヒナは虫などの高タンパクのエサを必要とするので、子育ての季節はおのずと決まっています。
 しかしハト類は、親が食べてさえいれば子供にミルクを与えることができるので、一年中子育てをすることができます。
 だからといってハト類だけがやたらに増えたりはしないところが、自然の仕組みとしておもしろいところです。

 一年中いるキジバトですが、冬は木に葉がないので見つけやすくなります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加