さんぽで出会う花鳥風月

ひでじいの四季の写真

フラサバソウ

2017-03-20 21:24:48 | 草花

*2017年3月20日撮影

 春の彼岸ですが風は冷たいです。
 今日はいちおう晴れましたが、昼ごろまでは寒くて、午後も遅くは曇ってきました。
 すっきり晴れて暖かい日を望んでいるのですが、なかなかそうはいきません。

 さて、今日はフラサバソウが咲いているのを発見しました。
 オオイヌノフグリがまだ咲き始めでフラサバソウが咲くには早いと思うのですが、しっかり咲いているところをみると、今年の春はじつは気温が高いのではないかとも思います。
 そうであれば、梅や桜の開花も早まるのかも。





*2017年3月20日撮影

 フラサバソウはヨーロッパ原産の外来種で、同じくヨーロッパ原産のオオイヌノフグリと似ています。
 オオイヌノフグリと違うのは、まず花の大きさ。
 オオイヌノフグリが直径1cmほどの花を咲かせるのにたいし、フラサバソウは約半分の5mmほど。
 フラサバソウの花は少し地味で、オオイヌノフグリのような鮮やかなコバルトブルーではありません。
 例年オオイヌノフグリよりは半月から1ヶ月ほど遅れて咲きます。





*2017年3月20日撮影

 葉にびっしりと白い毛が生えているのもフラサバソウの特徴です。
 見た目にはそんなに毛深くは見えないのですが、写真に撮るとがぜん毛が目立ちます。
 フラサバソウという和名は、幕末期の日本の植物を研究した二人のフランス人、フランシェとサヴァチェに由来します。
 別名はツタバイヌノフグリといい、これはイヌノフグリ系統の花で葉がツタに似ているというわけです。
 花の周囲の小さな葉はハート形ですが、下部についている大きな葉はなるほどツタのような形をしています。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハイゴケ

2017-03-19 22:15:24 | 苔など

*2017年3月19日撮影

 雪はほとんど消えて春もすぐそこというところですが、なぜか一進一退で今日も寒い1日でした。
 それでも鶴ヶ城公園の梅のつぼみも膨らんできました。

 今日は苔です。
 よく見かけるハイゴケが鶴ヶ城の石垣にもたくさん生えています。





*2017年2月25日撮影

 先月のまだ雪があるころのハイゴケです。
 ハイゴケは園芸用にも売られていて、鉢植えに植えたり庭に植えたりするようです。
 苔の中では大きめで存在感があることと、たぶん栽培が容易なのだと思います。





*2017年2月14日撮影

 これも、雪のなかのハイゴケです。
 
 ハイゴケは生えている場所や光の加減で、さまざまな色合いに見えます。
 今回は私の好きな明るい黄緑系のハイゴケの写真が揃いました。
 実際はもっと濃い緑のものも多く、茶色っぽい姿のものもあります。

 苔類はごくたまにしか取り上げませんが、見れば見るほど面白い存在で、ハマりそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒメアカホシテントウ

2017-03-16 22:05:47 | 昆虫

*2017年3月16日撮影

 今週も火曜日水曜日(14、15日)と雪のちらつく寒い日になりました。
 行きつ戻りつ、それでも確実に春になりつつあります。
 今日は昼頃から日が差し、暖かくなりました。

 竹垣の古い竹の上を歩いているヒメアカホシテントウを発見しました。
 例年真っ先に発見するテントウムシは、ナナホシテントウだったのですが、今年はちょっと変わったテントウムシでした。
 ヒメアカホシテントウはとても小さくて、4mmくらいしかありません。
 小さいので葉虫のたぐいにも見えますが、黒い体に赤い2つの星という堂々とした模様なので、やっぱりテントウムシです。





*2017年3月16日撮影

 テントウムシが出てくれば、もう間違いなく春です。
 ヒメアカホシテントウは成虫で越冬するそうなので、冬を越した成虫が出てきたのだと思います。
 
 ヒメアカホシテントウはカイガラムシを食べるのだそうです。
 カイガラムシはご存知のように害虫なので、ヒメアカホシテントウは益虫ということになります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ユビソヤナギ

2017-03-13 21:38:01 | 樹木

*2017年3月13日撮影

 今日は曇り空ながらとても暖かい1日で、気温で春を感じさせてもらいました。
 
 春の先駆けとして、ヤナギの芽吹きがあります。
 以前はこういうものはみなネコヤナギかと思っていたのですが、どうも違うようだと感じ始めてから数年、いまだにほとんど名前を特定できません。
 というわけで今日の写真はユビソヤナギではないかと思うのですが、まったく自信はありません。





*2017年3月13日撮影

 あまり大きくない各種のヤナギが、会津の湯川にたくさん生えています。
 枝の先はこんな感じです。
 ヤナギの花は雄花と雌花が別株ですが、大きさといい形といいさまざまな花が咲きます。
 やがて葉が出てくるとそれぞれみな違っていて、これもまた混乱します。
 なかなか、このヤナギはこれと特定できません。
 とりあえず今回のヤナギはユビソヤナギとしておきます。





*2017年3月13日撮影

 冬芽を包んでいる皮、ヤナギの場合は一枚しかありませんが、芽鱗(がりん)というそうです。
 芽鱗が赤くて美しいのは、まだ芽吹いたばかりというか、枝の先の方の芽のようです。
 枝の下の方の芽というか、大きめの芽は赤い色がうすいように思います。
 いずれにしても、すぐに剥がれて落ちてしまいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コガモ

2017-03-12 22:15:27 | 

*2017年3月12日撮影

 先週は月曜日から雪になって3日間降り続けました。
 その後も天気は回復せず、降ったり止んだり。一気に冬に戻った一週間でした。
 今日はようやくお日様の顔を見ることができて、暖かくなりました。春はまだのようです。

 会津の鶴ヶ城のお堀には、おなじみのカモたちが集まっています。
 なかでもコガモたちはいま、求愛活動にいそしんでいるようです。
 上の写真のほぼ中央にいる雌を囲んで、雄のコガモたちがぐるぐる回りながら声をあげたり羽ばたいたり、さかんにアピールしています。
 下の方の右側にも雌のコガモがいるのですが、なぜか無視されているようです。

 他のカモ、たとえばマガモなどはほとんど番(つがい)が確定して、カップルで行動しているように見えます。
 だんだん故郷に帰る渡りの時期が近づいているようです。

 コガモの場合は、けっこう遅くまでこちらにいるので、いまになって伴侶を求める活動が本格化しているのでしょうか。





*2017年3月12日撮影

 コガモは小さいから小鴨なのですが、見た目がとても可愛い感じのするカモです。
 ただ警戒心が強く、人が近づくとすぐに飛んで逃げます。
 人間の方で気がつくよりもずっと早くコガモの方が飛び立つので、ときに驚かされます。
 飛び立つ瞬間はなかなか撮影できませんが、この写真は着水するときの姿です。
 雌のコガモでした。





*2017年3月4日撮影

 飛び立ったコガモが思いがけず長い距離を飛ぶこともあります。
 そういう時は、飛んでいるコガモの姿を撮影することができたりします。
 この写真は、幸運にも集団で飛ぶコガモたちを撮ることができた、私としては珍しい写真です。





*2017年2月6日撮影

 もう一枚、おまけの写真は雪の中のコガモです。
 2月の初め、真冬の写真です。寒そうです。
 コガモにとっては寒くなどないのでしょうが、見ているこちらは、寒いだろうなあと思ってしまいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加