ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

定義如来/西方寺:平貞能公 

2007年12月25日 14時03分25秒 | 仙台市内の散歩道

定義如来/西方寺(定義山):平貞能公

仙台から国道48号線を山形方面へ・・・

日本で三番目に高い鉄橋(仙山線)が左手に見えたら、熊ヶ根橋を渡って右に進みます。





行き着くところは、
浄土宗 極楽山西方寺 定義如来(じょうぎにょらい) 
通称定義さんです。 



定義如来の歴史について簡単に説明しておきます。
 
 今から約八百年前、平重盛公が平和祈願のため中国の欣山寺に黄金を寄進。
その際に送献されたのが、阿弥陀如来の宝軸でした。
平家が壇の浦の戦いに敗れた後は、平重盛公の重臣・肥後守平貞能公(たいらのさだよし)がこの宝軸を守り、
源氏の追討を逃れるため名も定義と改め、この地に隠れ住みました。
それが定義如来という呼び名の由縁でもあります。



貞能公は、1198年、60歳で亡くなられました。
墓上に小堂を建て如来を安置し、後世に伝えていくことを従臣たちに遺言
それを守り、1706年 早坂源兵衛が出家し、開創となりました。
それでは、山門をくぐりましょう。


山門(仁王門)昭和6年建立

寒さで、画面が傾いたか? ┐(´ー`)┌
雪が残ってましたよ。

山門をくぐると



こんな感じです。

お手水の龍は、コートを羽織り冬支度です。



正面は遺言により、お墓の上に建てた貞能堂ですが、昭和2年に建て替えられてます。






お堂の裏に行って見ましょう。

その2へつづく

『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひとめぼれ と 31×2=62 | トップ | 定義如来/西方寺(定義山)... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (桃源児)
2008-06-19 07:45:51
お手水の龍までコートを羽織っているのを見ると、本当に寒そうに見えてしまいます。
桃源児さんへ (ひー)
2008-06-19 10:20:30
龍も防寒対策をしないとお勤め出来なくなりますからね。
こもかぶり (あかまいまい)
2009-01-18 01:01:58
今日、初詣です。(2009.1.17)
こもかぶりですか。
龍さんも、大変です。
神主さんが防寒対策をしてあげたのでしょうか。
小さな狛犬も赤い帽子と前掛けで寒そうでした。
あかまいまいさんへ (ひー)
2009-01-18 11:05:29
はじめましてですよね。
今写真を見て、引っ越してきたままの画像なので、後日直します。
初詣ですか~ 宮城の方ですね。
コメントありがとうございます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。