ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

定義如来/西方寺(定義山):平貞能公 その2

2007年12月25日 14時06分52秒 | 仙台市内の散歩道

定義如来/西方寺(定義山):平貞能公(その2)


ちょっと余談ですが、この辺一帯に落人達は隠れ住んだのです。

昔はお墓なんてありません。山の奥のひっそりとした所に、
石ころが積み重なっているだけです。
   
当然今は、墓地がありますが、お墓に行くとほとんど 平家と刻まれた墓石が目立ちます。
鬼怒川の奥の湯西川にも落人の里があります。
源氏に追討から逃れるため、奥地に入りましたが、それでも許されない掟がありました。
幟(のぼり)を立ててはいけない。
犬や鶏も飼うことを許されませんでした。 
朝にコケコッコーじゃ見つかりますよね。 犬も吠えるしね~

それでは、貞能堂の横から廊下くぐって近道しましょう。



頭を打たないように、赤い布がぶら下がってます。
ご神木でしょう。



この木をアップで見てみましょう。



硬貨や指輪が木のひび割れに差してあります。
ここに自分の硬貨や指輪を差して、替わりに一個持っていきます。それをお守りにするのです。 
その繰り返しをするのですが、随分少なくなりました。
以前は、沢山あったのですが・・・・・  特に説明板も無く言い伝えで行われています。
指輪は参道のお店やさんで売っている、安いお守り用の指輪です。

後ろを振り返ると 天皇塚(連理の欅) があります。



天皇塚(連理の欅)
安徳天皇の遺品を埋め、冥福を祈ったと伝えられています。
塚の上に植えられた2本の欅の木は、縁結びの神木として今なお信仰を集めています。
この時も若いカップルがいましたよ。
私は、見て見ぬふりしてましたけど・・・・(^ε^)♪







長命水
涸れることのない湧き水が、お参りする人を清めてくれます。



さぁ、次は五重塔に行って見ましょう。



その3へつづく

『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 定義如来/西方寺:平貞能公  | トップ | 定義如来/西方寺(定義山)... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (桃源児)
2008-06-19 07:48:34
指輪や硬貨を木のひび割れに入れるんですか。面白い習慣があるんですね。
指輪?と驚いたけど、お店で売ってるんですね。納得。誰がしていたかわからない指輪では、ちょっとと思いますからね。
桃源児さんへ (ひー)
2008-06-19 10:15:59
そうです。
店には、安いメッキの指輪が売ってます。
その習慣を知ってる人は居なくなりましたね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。