goo

くれぐれも

子どもの受験ですが、中学受験は相当、親に力が入っている。

いや、高校受験でも大学受験もそうなのかもしれないが、子どもが小さい分、お父さん、お母さんは心配だからいろいろ手を焼くし、また手を打つ。

しかし、うまくいかない場合もあるかもしれません。

以前、取材で「3年親子で必死になってがんばってきたのに、合格しなかったお母さんが、社会復帰するまでに半年ぐらいかかるんだそうですが・・・。」という話を聞きました。

で、どういう心構えをしていれば、そういうことにはならないのか?というのが取材の目的だったわけですが。

まあ、韓国やシンガポール、あるいは中国ほど受験の結果が絶対的なものになるわけでもないので、悲壮感を持たないようにしてもらいたいと思うのです。

「たかが中学受験」と思っても良いし、「縁のある学校に行けばいい」と考えてもいいし、「行く学校をベストにすればいい。」でもいい。

あんなにがんばったのに。

あんなに力を入れたのに。

と思えば思うほど、しんどくなるし、次に進めなくなる。

さらに言えば、そういう状態の親を見て、子どもがどう思うかも考えないといけないわけです。

うまくいかない場合だってあるだろうが、そんな失敗は大したことではない。次に取り返そう、でいいのです。

そういう心構えを先に作ってください。

子どもの未来はまだまだ先があり、そんな中学受験の結果ぐらいでどうなるものでもありませんから。


今日の田中貴.com
ふりこに関する問題

5年生の教室から
体力が続かないケース

中学受験 算数オンライン塾
11月26日の問題







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 過去問をやっ... 滑り止めから... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。