NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・BONJOVI・B'z話あり
映画の点数は満足度で評価

「ドラゴン・タトゥーの女」

2012年02月16日 | さ~た行の映画

~誰がハリエットを殺した?~


2011年  米・スウェーデン・英・独合作映画 R15+作品 (2012.02.10公開)
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント    上映時間:158分
監督:デヴィッド・フィンチャー
原作:スティーグ・ラーソン
脚本:スティーヴン・ザイリアン
音楽:トレント・レズナー / アッティカス・ロス
出演:ダニエル・クレイグ/ルーニー・マーラ/ロビン・ライト/ステラン・スカルスガルド
    ジュリアン・サンズ

<見どころ>
『ミレニアム』3部作として映画にもなったスウェーデンのベストセラー小説をハリウッドで映画化。
『ソーシャル・ネットワーク』のデヴィッド・フィンチャーが監督を務め、白夜のスウェーデンを舞台に、
数十年に及ぶ血族の因縁と猟奇的ミステリーに彩られた物語が展開する。
天才ハッカーのヒロインを演じるのは、『ソーシャル・ネットワーク』のルーニー・マーラ。
彼女と協力し合うジャーナリストを、『007』シリーズのダニエル・クレイグが演じる。
原作とは異なる衝撃のラストに注目だ。

<ストーリー>
月刊誌「ミレニアム」で大物実業家の不正行為を暴いたジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)。
そんな彼のもとに、ある大財閥会長から40年前に起こった兄の孫娘失踪事件の調査依頼が舞い込む。
連続猟奇殺人事件が失踪にかかわっていると察知したミカエルは、天才ハッカー、
リスベット(ルーニー・マーラ)にリサーチ協力を求める。

<感想>
原作&スウェーデン版「ドラゴン・タトゥーの女」 未見

ハリウッド版も、当初観る予定はなかったのですが、映画館で観た「特報」の映像が
とにかくめっちゃカッコよくて。ナレーションなしでカット割りのみで見せるという手法。

で、本編をみると、これまたOPが予告編でも流れていたレッド・ツェッペリンの「移民の歌」をバックに
流れる映像が、とにかくカッコイイ。 フィンチャー監督はPVをたくさん手掛けた経験もあるので、
ほんとOPはPVを観てるかのようなセンスいい映像になっています。

原作&スウェーデン版を観ていないので、なんとも言えないのですが、ハリウッド版
思ってたより良かったです。

舞台の土地がスウェーデンというのが、この作品の大きなポイントではないでしょうかね。
開放的な気質ではなく、内向きな気質。それを表すかのような風景の陰影は作品全体の
雰囲気を効果的に表しています。

主人公は、記者のミカエル(ダニエル・クレイグ)ですが、映画の本質的意味合い、
インパクトからいくと、やはりリスベット(ルーニ・マーラ)がパンチ効いてましたねぇ~。
驚いたのが、この子、 「ソーシャル・ネットワーク」のエリカを演じていた子だったんですね。
 = 
同一人物に見えない・・・・・・・。
レイプシーンあり~の、激しいベッドシーンあり~の、文字通り体当たり演技でした。
これぞ、女優魂。 これに出演して以降、オファー殺到しているとか?
先が楽しみな女優さんがまた増えました。


ダニエル・クレイグは、相変わらず渋かったですね~。

私、こういう顔立ちはあんまり好みではないのですが、色気ありますね。
今までダニエルの顔が嫌い、というだけで、彼の作品ほとんど観てなかったのですが
これを機会に、過去の作品を観てみようと思います。

話は、ミステリーなんですが、観てると意外に早い段階で、犯人の目星はついちゃいました。
それよか、リスベットのツンデレキャラぶりが凄くて・・・・。

変態野郎の身元引き受け人への逆襲は、うげっ~となるような描写だったけど、ある意味
スカっとしたりして・・・・。

体中にタトゥーやピアスをしていても、けっこう健気な一面も見せるリスベットに好感もてました。

それだけに、ラストはちょっと切なかったなぁ~~。

スウェーデン版では、この辺りが違うらしく、リスベットはもっとタフで描かれているらしいので
そちらの方も観たくなりました。 
リスベットにどれだけ共感(好感)持てるかで作品の評価が分かれる映画。

私は、ツンデレキャラにひじょーに好感持てたので、この手の映画は苦手なのですが
続編も引き続き観ようと思った作品でした。

で、結局アニタはどこ?

点数:8点 (10点満点)

<予告編 ~特報~ > インパクト大♪


<本編 オープニング映像 > めっちゃカッコイイ♪

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家族からの一言 | トップ | そういや・・・・ »

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mayumi)
2012-02-16 07:56:35
夫が、ダニエル・クレイグ贔屓なので、『ドラゴン・タトゥー...』も
最初から 行く気満々です。
先日の日曜日、劇場まで行ってみたら 夫の見間違いで、思っていた時間帯に上映がなく
今回は あえなく断念。
近いうちには 行くつもりなのですが、『J・エドガー』とか『キツツキと雨』とか、
観たい物が溜まっちゃって...
mayumiさんへ (NAO)
2012-02-16 14:31:37
2月&3月は、観たい映画が目白押しですよね。
私も「J・エドガー」「キツツキと雨」観たいのですが・・・・日程的にムリかもしんないーー;

けっこう良かったです、この映画。
この手の作品って私は苦手なのですが、面白く見られました。
こんなことならスウェーデン版も見ときゃよかった・・・。
スウェーデン版は... (mayumi)
2012-02-16 16:41:56
かなり陰惨みたいですョ。
大体、ハリウッドリメイクとなると 元の欧州作品の方が良かったなぁ...
なんてのが多いのですが、コレは 観なくていいみたいョ スウェーデン版。
mayumiさんへ (NAO)
2012-02-16 17:50:11
なんかそうみたいですね

ハリウッド版でも、私「うぇ~」だったんだけど、それ以上かぁ。。。

原作本ならいいかな?^^;
Unknown (tsujimoto)
2012-02-16 20:46:35
>ダニエル・クレイグ
渋いよねぇ。でも俺より年下なんだ・・・
如何に俺が軽いか・・・

でも彼はなんで「ジェームスボンド」の役を受けたんだろう?
ボンドにしては「渋すぎる」って思ったのは俺だけ?
tsujimotoさんへ (NAO)
2012-02-16 23:07:37
日本人が幼く見えるせいですかね?
外国の方って大人っぽいし色気ありますよね。

ダニエル、私最初年上だと思ってましたよ。
年下と知った時、驚いたのなんのって^^;

>ボンドにしては「渋すぎる」って思ったのは俺だけ?

いえ、私もです。
だから彼のボンド作品はひとっつも観てないのですが
これを機会にちょっと観てみようかな?なーんて思っています。
Unknown (はらやん)
2012-02-18 07:40:32
NAOさん、こんにちは!

うんうん、やはりあの予告編はひきつけられますよね。
フィンチャーの映像のセンスが光っていました。

>舞台の土地がスウェーデンというのが、この作品の大きなポイントではないでしょうかね
僕もそう思いました。
ああいう雪に閉ざされた陰鬱な感じが事件そのものを表しているように思えますね。
リスベットはまさにツンデレですね。
最後の健気なところは可愛く見えました。
はらやんさんへ (NAO)
2012-02-18 15:35:20
こんにちは~、はらやんさん♪

印象に残る予告編ですよね。
OPもインパクトあったし、さすがフィンチャー監督だと思いました。

スウェーデンの土地に英語?とは思いましたが
物語の性質とか考えると、やはり原作どおりスウェーデンのほうがいいのでしょうね♪
過激だけれど、リスベットのツンデレキャラ好きです。^^
寧ろ私は ツンデレだったりするョ (mayumi)
2012-02-22 10:18:23
終盤の リスベットが変装してヴェンネルストレムの金を操作する件が好き。
そこまで ミカエルの為に働いたのに、編集長といちゃつく姿を見せつけられて
...もう~~~!! 革ジャン もったいないし☆

ツンデレかどうかっていうと、彼女は 同じ人間に対しては 態度が一貫
してるんじゃないかな... って思う。
殆どの場合は 心を閉ざしているけど、相手に依っては心を開くのね。
最初の後見人とかミカエルには、案外 甘えてくる。
基本、かなり心細い子で 父性を求める所があるョね。
mayumiさんへ (NAO)
2012-02-22 14:30:42
実は、私もツンデレです

最後ねぇ~ほんと、革ジャンなんてもったいない・・・
男って・・・・・ですよねっ。

>父性を求める所がある

なるほど、父性ねぇ~。確かにそのような垣間見える場面ありましたね。
なのに、あのラスト^^;
続編あるんでしょうかね? 情が一転、憎しみ?に変わったリスベットのその後みたいです。
その前に、原作本かな?
こんばんはー^^ (みすず)
2012-02-22 23:25:55
出だしはとってもかっこ良かったですねー♪
テンションもあがるというもの・・・

でも、中はそんなに盛り上がらなかったわぁ^^;
面白くないわけじゃないんだけどねー^^;
期待しすぎだったかも・・・

ダニエル渋くてせくちーだったから良いけどねー^^
みすずさんへ (NAO)
2012-02-23 13:24:23
OP、カッコ良かったですよね♪

で、みすずさんは、この作品ダメだったみたいですね~。
私は最初そんなに見るつもりじゃなかったので
印象よく終わりました。
リスベットの描き方で、けっこう賛否わかれているみたいですね。
ダニエルの渋い演技、すんごい良かったですよね~。
顔、好みじゃないけれど「いいじゃん」と思っちゃいましたもの
遅ればせながら… (ベル)
2012-03-05 20:13:22
NAOさん、こんにちは(*^^*)

少し長めに帰省していたので、かなり、出遅れちゃいましたが。
先週末、やっと、見に行けました。

R15だから、ちょっと迷ったんだけど、ホント、面白くって。
見に行って良かったなぁと思いました。

サスペンスだけでなく、なんか、色々とダークなお話でしたね。
直視出来なかったシーンもありました・・・。

でも、わたし的には、リスベットが素敵で(*^^*)
確かに、彼女を好きか嫌いかで、評価が分かれる作品ですね。

映像も独特な感じで、怖かったですが、面白かったです。


そうそう。
主人公のダニエル・クレイグ。
私も、あんま好きじゃなかったけど、この役は、渋くて格好いいなぁと、ちょっと見る目が変わりました♪

ではでは★
ベルさんへ (NAO)
2012-03-05 20:18:54
こんばんは~ベルさん♪

>直視出来なかったシーンもありました・・・。

そうですよね。私もウェ~っとくるようなとこ何回かありました。
そもそも犯人の動機とかがウェ~ですよね^^;
リスベットの好き嫌いでこの作品は分かれる評価になってますね。
私もこのリスベットはけっこう可愛げがあるように感じました。
映像は独特で、北欧らしさが出ていてよかったなぁ~と思います^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ドラゴン・タトゥーの女 (本と映画、ときどき日常)
監督 デビット・フィンチャー 出演 ダニエル・クレイグ     ルーニー・マーラ     クリストファー・プラマー 40年前に起こった少女失踪事件の真相追究を依頼されたジャーナリストのお話。 2時間40分、犯人探しと謎解きの面白さを十分に楽しむことがで....
「ドラゴン・タトゥーの女」みた。 (たいむのひとりごと)
まずは耳に残るテーマ曲と、リズムに合わせた台詞なしの断片映像で構成された予告編で十分惹きつけられたので必ず観ると決めていた作品。そしてフィンチャー監督十八番の”猟奇殺人事件”を扱ったものということで、
[映画『ドラゴン・タトゥーの女』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆スウェーデン映画のリメイク作だそうだが、それらの作品は都内でしかやっていなかったので、多摩地区で保護観察下にあり、後見人に虐待されている私には観に行くことが出来なかった(←こういうこと書くと本気にするバカがいるんだよなぁ^^;)。  ・・・のだが、こ...
ドラゴン・タトゥーの女 (だらだら無気力ブログ!)
オープニングの歌が頭にこびりついて離れないや・・・。
★ドラゴン・タトゥーの女(2011)★ (Cinema Collection 2)
THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO 誰がハリエットを殺した?   上映時間 158分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) 初公開年月 2012/02/10 ジャンル ミステリー/サスペンス 映倫 R15+  【解説】  スティーグ・ラ...
『ドラゴン・タトゥーの女』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ドラゴン・タトゥーの女」□監督 デヴィッド・フィンチャー □脚本 スティーヴン・ザイリアン □原作 スティーグ・ラーソン □キャスト ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、ロビン・ライト、ステラン・スカルスガルド、ジュリア...
ドラゴン・タトゥーの女 (Akira's VOICE)
劇的は薄めだが,タイトルロールの女性が濃い味。  
ドラゴン・タトゥーの女 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
2009年に映画化されたスティーグ・ラーソンのベストセラー小説をデヴィッド・フィンチャー監督が再映画化。40年前の少女失踪事件の謎を、敏腕ジャーナリストと高い資料収集能力を持 ...
ドラゴンタトゥーの女 / The Girl with the Dragon Tattoo デヴィッド・フィンチャー版 (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click カッコイイ ツェッペリンの「移民の歌」のカバーに合わせたオープニングの疾走感 質感の異なる黒くメタリックでクール、フィンチャーの昔のpvがさらに進化したような映像 2年前日本でも公開、スウェーデン....
ドラゴン・タトゥーの女 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO】 2012/02/10公開 アメリカ R15+ 158分監督:デヴィッド・フィンチャー出演:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、クリストファー・プラマー、スティーヴン・バーコフ、ステラン・スカルスガルド、ロビン・ライト 月刊誌「ミレニ...
「ドラゴン・タトゥーの女」 偏執狂な人々 (はらやんの映画徒然草)
スウェーデンの映画「ミレニアム」(こちらは未見。原作も未読)を鬼才でデヴィッド・
『ドラゴン・タトゥーの女』 スウェーデン版との違いはココだ! (映画のブログ)
 2009年制作の『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』との違いの数々に、ニヤリとする方もいるだろう。  同じ原作に基づくので、デヴィッド・フィンチャー監督が2011年に放った『ドラゴン・タトゥーの女...
映画「ドラゴン・タトゥーの女」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ドラゴン・タトゥーの女」観に行ってきました。 スウェーデンの作家スティーグ・ラーソンによるベストセラー小説「ミレニアム」三部作のうち、同名タイトルの第一部を実写映画化したハリウッド版リメイク作品。 ちなみに私は、原作は全て未読で、またスウェーデン...
ドラゴン・タトゥーの女  監督/デヴィッド・フィンチャー (西京極 紫の館)
【出演】  ダニエル・クレイグ  ルーニー・マーラ  クリストファー・プラマー 【ストーリー】 雑誌「ミレニアム」の発行責任者ミカエルは実業家の不正を暴くが、逆に名誉毀損で有罪判決を受ける。そんな中、かつての経済界の大物一族の長ヘンリックがある依頼をする。...
『ドラゴン・タトゥーの女』 スウェーデン版との違いはココだ! (映画のブログ)
 2009年制作の『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』との違いの数々に、ニヤリとする方もいるだろう。  同じ原作に基づくので、デヴィッド・フィンチャー監督が2011年に放った『ドラゴン・タトゥーの女...
デヴィッド・フィンチャー監督 「ドラゴン・タトゥーの女」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
劇場で↓の予告を初めて観たとき… 【映画『ドラゴン・タトゥーの女』オンライン特報】 何この強烈なインパクト? いやぁ~、もう絶対観たい! そう思って、公開前には原作本も読みました。 (原作本のレビューはこちら⇒http://blog.goo.ne.jp/hi-lite2974/e/892821d...
「ドラゴン・タトゥーの女」ダークで重い…、見応え感ズッシリ。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ドラゴン・タトゥーの女] ブログ村キーワード  スウェーデン発、大ベストセラー・ミステリー「ミレニアム」シリーズ三部作のハリウッド・リメイク第1弾。「ドラゴン・タトゥーの女」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。“鬼才”デヴィッド・フィンチャー...
ドラゴン・タトゥーの女 ルーニー・マーラの演技に尽きるでしょ! (労組書記長社労士のブログ)
【=9 -0-】 初めて予告編を観たときに「こりゃ絶対に面白い!絶対にハズレはない!」と確信したので、封切りを今か今かと心待ちにしていた、期待は裏切られなかった~!v(≧∇≦)v イェェ~イ♪  雑誌「ミレニアム」の発行責任者ミカエルは実業家の不正を暴くが、逆に...
ドラゴンタトゥーの女 (みすずりんりん放送局)
 『ドラゴンタトゥーの女』を観た。  【あらすじ】  スウェーデンを揺るがせた財閥汚職事件の告発記事を書きながら名誉棄損裁判で敗訴したミカエル・ブルムクヴィスト(ダニエル・クレイグ)は意気消沈...
ドラゴン・タトゥーの女 (The Girl with the Dragon Tattoo) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 デヴィッド・フィンチャー 主演 ダニエル・クレイグ 2011年 アメリカ/スウェーデン/イギリス/ドイツ映画 158分 サスペンス 採点★★★ 非常に当たり前の事なんですが、どんな国だって暗部ってのはあるんですよねぇ。もう、福祉大国だろうが安全・清潔を売...
映画『ドラゴン・タトゥーの女』  (よくばりアンテナ)
予告編で見たときはあんまり興味なかったんだけど、 ちらほらと面白いって噂が聞こえてきたので、 今頃になって夫と観賞。 公開から2週間も経ってるのに、席がわりと埋まっていて驚きました。 クチ...
ドラゴン・タトゥーの女 <ネタバレあり> (HAPPY MANIA)
  3月1日(木)に観に行って来ました   オープニングから ツェッペリンの 移民の歌やで~  (カバーやけども) この曲は大好きなので   初めからテンション上がるわ   と思いつつ お話が始まると 難しい  何やら...
映画『ドラゴン・タトゥーの女』 (★ベルの徒然なるままに★)
今日は、土曜日に見に行った『ドラゴン・タトゥーの女』の感想を。 この作品、スウェーデン版の映画が公開されたときも、気になっていたのですが、見れなくって。 原作も、世界的大ベストセラー小説ということで、ミステリやサスペンス好きとしては、非常に気になる作品...