Girl's Be Ambitious!

日々の徒然日記、旅行記、懸賞など

金沢土産① ~ますのすし本舗 源~

2016年07月22日 | グルメ
最後に金沢土産のご紹介。

いつもは晩御飯用に、お弁当などを買って帰るコトが多かったんだけど、
今回は金沢に来るのが最後になりそうだったので、「ますのすし本舗 源 (みなもと)」の
お寿司をイロイロと買ってみました。



まずは百貨店の「駅弁フェア」などでも定番、富山の郷土料理「ますのすし」。

パッケージから出してみると、桶のような形をした箱に詰められていて、
かなり強力な太い輪ゴムで「これでもかっ!」とキツく押さえられていて、まさに「押し寿司」。



笹のグリーンと鱒のオレンジが、キレイ!ヽ(*´∀`)ノ

一番小さい「小丸」を買ったんだけど、ギュッと詰められているので
意外とボリュームがあります。



お次は「ぶりのすし」。

「ますのすし」と同じく丸い箱に入ったのがありましたが、量が多そうだったので「小箱」の方を購入。
(←「ますのすし」の「小箱」バージョンもあります。)



かぶらや人参が入っているからか、「ますのすし」に比べるとアッサリ。
家族の1人は、今回買った3種類の中で一番美味しいとの感想でした。



最後は「ますのいぶしすし」。

すし飯に大葉をはさみ、燻した鱒と一緒に昆布で巻いたお寿司で、
私はコレが一番美味しかった!



大葉の香りがいいアクセントになっていて、「鱒」も美味しかったけれど、
何より、昆布がうーまーい。
これは「寿司」じゃなくて、「ます昆布巻」を選んだ方が正解だったんじゃ?(^^;



「ますのすし」の消費期限は製造日を含めて3日間なので、翌日の晩ご飯にいただきました。

一応「お寿司」なので、「帰ったらスグに冷蔵庫に入れなきゃ!」と思ってたんだけど、
買った時に店員さんに、涼しい場所に置いて冷蔵庫には入れないでくださいと言われちゃいました。
食べる30分前に冷蔵庫で冷やすと口当たりが良くなるらしいんだけど、それ以上入れておくと、
ご飯が固くなっちゃうんだって。

次に行く機会があったら、「昆布巻」をゲットするぞっ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富山出張 ~金沢 ゴーゴーカレー ・ 潮屋 あわびめし~

2016年07月22日 | グルメ
日帰りで富山出張へ行ってきました。
北陸に日帰りで行くのは、移動時間が長すぎて疲れる…。(^^;



まずは大阪から金沢まで「サンダーバード」でゴー!



10時半ごろ金沢に到着。

ちょっと早いけど、先にランチを食べておこうと駅ナカにある「あんと」へ。
さすがにこの時間だと、お土産屋さんもガラガラだわ。



やってきたのは、金沢カレーブームの火付け役「ゴーゴーカレー」。
他のレストランが11時からのところ、コチラは10時から開いているのが助かるっ。

「金沢カレー」の特徴は「ルーは濃厚でドロッとしている」「付け合わせとしてキャベツの千切りが乗っている」とのこと。
関東や関西にも支店がたくさんあるみたいだけど、まずは地元で食べてみようとやってきました。(笑)



期間限定の「ハワイアン ロコモコ風カレー」などもありましたが、ボリュームがありそうだったので、
1番人気の「ロースカツカレー」の「小」を注文。

ガッツリ系のお店で、小さいサイズが選べるのはいいよね。



あっという間に、熱々のロースカツが乗ったカレーがやってきました。
ステンレスの皿に盛られているのも「金沢カレー」の特徴なんだそう。



スプーンだとカツが食べにくいなぁ。お箸でも貰おうか?と思っていたら、
カレーに埋まっていたのは、「スプーン」じゃなくて「フォーク」だったっ!Σ( ̄口 ̄;;

さっそく食べてみると、ホントだ「ルー」がかなり濃くてドロッとしてる~。
でも千切りキャベツのオカゲで、しつこさが中和されて最後まで飽きずに食べられマス。
私の好み的にはもう少し辛さが欲しいトコロだけど、これはこれでアリかな。

ランチの後は帰りに時間がないといけないので、先にモリモリとお土産をお買い物。
今回の出張でしばらく金沢に来ることはないから、悔いの無いようにしておかないと!(←仕事しろ。)



金沢から富山に移動し、バタバタと3か所ほど周って夕方にお仕事終了。
ふー、なんだかあっという間だった。(^^;

金沢駅でお土産を買い足し、夕食用に「あんと」内にある海産物専門店「潮屋」で
「能登あわびめし」のおにぎりを購入。
「あわびめし」のお弁当は目玉が飛び出そうなホドのお値段ですが、おにぎりだとお手軽価格。
帰りの電車で食べてみると、めちゃくちゃ美味しいっ!ヽ(*´∀`)ノ
「あわび」は薄いのがペラッと乗ってるだけなんだけど(笑)、石川ならではの調味料で作られたという、
「炊き込みご飯」が絶妙なお味で、お米もウマイ!

最後に大当たりの、金沢グルメとなりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

業務スーパー ~ミルククリームスプレッド & あずきミルククリーム ~

2016年07月20日 | グルメ
久しぶりに業務スーパーで、新たな商品を買ってみました。



1つ目は、「ミルククリームスプレッド」。
ミクルクリームにヘーゼルナッツの風味が入ったスプレッドで、原産国はイタリア。
業務スーパーって、意外と欧米モノが多いよね。

コストコでも置いてありそうなぐらい大きくて、値段は400円くらいだったかな?



さっそく家にあったクラッカーにつけて食べてみたら、めちゃくちゃ美味しいっ!ヽ(*´∀‘)ノ
ミルククリームだけだったら普通なんだろうけど、ヘーゼルナッツの風味がいい感じで、
かなり甘いですが、バクバクいけちゃう。

家族にも好評で、想像以上に早くなくなっちゃいました。
カロリーが恐ろしいけれど(笑)、これは定期的に買っちゃうかも。



コチラは次に買ってみた、デキシーの「あずきミルククリーム」。
なんか、パンにつけるものばっかりだ。(^^;

見た目は冷蔵保存のような感じですが、常温の所で売っていたので
家でも特に冷蔵庫には入れずに、涼しい場所に置いておきました。
賞味期限が長いのもうれしいっ!



マーガリンのような入れ物に入っていて、開けてみると小豆っぽいツブツブが。

開けた後は、冷蔵庫で保存。
常温の時はなめらかなクリーム状だったけど、冷やすと少し固くて粉っぽくなりました。
まぁ、パンなどに塗りにくいほどじゃなくて、味も変わらないけれど。



コストコの「ディナーロール」に付けて、いっただきまーす。
ひとクチ食べた時は甘さしか感じなかったものの、食べているうちに「あずき」の味がしてきました。
「和」な味ですが、パンに合うのね~。 普通に美味しい。(笑)

業務スーパーでは他にも「黒豆きなこクリーム」や「レーズンクリーム」なんてのもあって、
コッチも気になったので、機会があったら試してみようっと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ステーキ食堂 BECO 京橋

2016年07月15日 | グルメ
仕事帰りに会社の人と「ステーキ食堂 BECO (ベコ)」へ行ってきました。

最近の暑さにやられて、いつも以上にダレダレな生活をしているから、
モリモリお肉を食べて、スタミナをつけるぞーっ!!



同行者がランチの時間に通ったら、すごい行列ができていたので気になっていたというお店。
夜も人気らしく、ホトンドが予約席で飛び込みの人は断られていました。

テーブル席が10席、カウンターが8席ホドの小さなお店だしね。
すぐに満席になっちゃうのは仕方がないね。



それでは、さっそく注文!
お肉をガッツリ食べたいので、サイドメニューはアッサリめに「自家製 瓶詰めピクルス」と、
「ホットチーズソースのサラダ」、「にんにくの丸ごと揚げ」をチョイス。

「ピクルス」は、グレープフルーツやオレンジ等が入っていて変わってる!



メインのお肉は、ひと通り試してみたかったので、「サーロインステーキ (300g)」、
「リブロースステーキ (300g)」、「フィレステーキ (200g)」の3種類をオーダー。
みんなで分けやすいように、カットして出してもらいました。

そういえば、注文した時に焼き加減を聞かれなかったような?
結構なレアで出てきて、私はかなり好みの焼き加減だったんだけど、
同僚は赤いのがニガテなので、鉄板が熱いウチに自分で焼いてました。(^^;

うーん、どれもやわらかくて美味しい!ヽ(*´∀`)ノ
薬味も「タレ」「わさび」「塩」があるので、飽きずに食べられるしね。
付け合せのマッシュポテトも、うーまーいー。



お肉で結構お腹がふくれてきたんだけど、シメは食べておかないとね。
というワケで、最後に追加で「ガーリックライス」を注文。
これまたウマーイ! 作り方を教えて欲しいわ。(笑)

お肉と言えばカロリーが高そうですが、コチラは国産の赤身肉のみを使っているのでヘルシーなんだって。
サイドメニューの種類がもう少し多いとウレシイけど、美味しいお肉を堪能できましたっ。

次は、大人気のランチにも来てみたいな~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京土産

2016年07月07日 | グルメ
日帰りで東京出張へ行ってきました。
今日は取引先の人とお昼を食べたので、ランチの写真が撮れなかった~。(笑)

というワケで、さっそく東京土産のご紹介。



まずは「新宿中村屋」の「新宿カリーあられ」。
東京駅や羽田空港の限定商品だそうで、「あられ」の他に「カリー煎餅」というのもあります。

羽田空港の第2ターミナルにある「SMILE TOKYO」で見つけて、
箱入りと袋入りがあったので、自宅用に袋入り(8個入)を選んでみました。



お味の方は結構スパイシーで、大人なお菓子でございます。
でも辛さで言うと、北海道「ヨシミ」の「カリカリまだある?」の方が辛いっ。

普通に美味しいケド、コスパ的にも私はヨシミの方が好きかな~。



お次は「浅草満願堂」の「栗入り芋きん」。
「新宿カリーあられ」と同じく「SMILE TOKYO」で売っていて、
レトロなパッケージを見て、前から気になってたのよねっ。

最近は歳のせいか、洋菓子より和菓子に惹かれてしまう…。(^^;



冷やして食べると美味しいと書いていたので、冷蔵庫に入れてからいただきます。
芋餡の中に思った以上にゴロゴロ栗が入っていて、大きさも甘さもちょうどいい。
ガッツリと「芋」っぽいのを想像してたんだけど、どちらかというと羊羹みたいな食感でした。

夏にはコッチの方がアッサリしてて良さそうだけど、次は「きんつば」の「芋きん」も食べてみたいな。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン ⑦

2016年07月05日 | 徒然
さて、これにて「ハリー・ポッター・エリア」は終了。
暑かったケド、楽しかった!



エリアを出た後は、パスで乗れるライドを消化するために、
「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」へやってきました。

乗るのは2度目だけど、高い!激しい!面白い~っ!!ヽ(*´∀‘)ノ
このライドは「バックドロップ」と言う、逆向きに動くバージョンもあるんだけど、
コッチも乗りたかったなぁ。(←待ち時間がスゴイ)



基本的にテーマパークでは、ショーなどに興味がないワタシですが、
USJではどうしても見たいモノが!
そのショーの時間までまだ少し時間があるので、体力を回復するべく
「フィネガンズ・バー&グリル」で、しばし休憩。

フードコートタイプのお店はどこも満席だったんだけど、
中途半端な時間だったせいか、コチラのお店はガラガラですんなり入店できました。



ランチを食べてないけど、早めに夕食を食べる予定なのでスイーツのみで。
ふー、涼しい&座席も広くて快適!



そしてショーの前に、最後のパスを使うべく「ザ・フライング・ダイナソー」へ。
ハリーポッターの次に、楽しみにしてたのよね♪

「暴走する恐竜プテラノドンに背中を掴まれ、空を飛ぶ」というコンセプトのライドで、
スーパーマンのような姿勢になって進むんだけど、これはスゴイ!!
「えーっ!? どうなってんの!?」と、何がなんだか分からない方向に振り回され、
絶叫マシンが全然平気なワタシでも、「ぎょえーっ!」となりました。(笑)

体験したことがない新感覚なライドで、めちゃくちゃオススメです!



フラフラになりながら、最後にやってきたのは「ジュラシック・パーク」エリア。
「ダイナソー・パニック」に、行ってみよー!

恐竜が間近で見られると言う事でやってきたんだけど、
「どうせ作り物でしょ?」(←あたりまえだ)、なーんて思っていたら、
歩いてきた「トリケラトプス」を見てビックリ。 超リアルっ!ヽ(*´∀‘)ノ



にわかに騒がしくなったと思ったら、続いて凶暴な「ヴェロキラプトル」が登場。
複数頭いて、思ったよりデッカイ!Σ( ̄口 ̄;;

観客を威嚇して動きまくるんだけど、近いから振り向きざまに尻尾がバシバシ当たり、
みんなギャーギャー逃げまくり&子供達はギャン泣き。(^^;
あぁ、1匹連れて帰りたい…。(笑)



そしてシメに「Tレックス」が登場。
柵の向こう側にいるので全身は見えず頭だけなんだけど、大御所の貫録デス。



さぁ、これで乗りたいものは全部乗ったし、見たいものも全部見た!
17時と少し早いけど、体力が限界なので帰りましょうかね~。
(←明日は仕事だし。)



晩御飯は、シティ・ウォークにある「ハードロック・カフェ」へ。

めちゃくちゃ暑かったけど、楽しかった!
パスがあったので要領よく周れたけど、なかったらとてもじゃないけど
1日は持たなかっただろうな。(^^;

久しぶりに訪れた、ユニバーサル・スタジオ。
次は「バイオハザード」とか、ハロウィンのゾンビを体験してみたい~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン ⑥

2016年07月05日 | 徒然
「ターミネーター」を出ると、時間は13時前。

「エクスプレス・パス」では、事前にハリーポッターエリア内の
アトラクションに乗る時間が決められているので、そろそろ向かいましょう。



ちなみに私が予約した時間帯は、以下の通り。
ハリーポッターエリアに入るのは午前中の方が人気らしく、私が予約をした時には早々に売り切れてました。

○13:10~    「ハリーポッターエリア」入場時間 (滞在時間の制限はなし)
○13:30-14:00 「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」
○14:00-14:30 「フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ」



午前中はお店を見学したから、次は「バタービール」を飲んでみよう!
「バタービール」は「Butterbeer」と書かれた大きな樽(上)の屋台や、
「三本の箒」、「ホッグズ・ヘッド・パブ」などで提供されています。

暑いので「フローズン・バタービール」(750円)を選んでさっそく飲んでみると、
味はそこそこ美味しいんだけど、かーなーり激甘でした。(^^;



そういえば「三本の箒」から見るホグワーツ城がキレイとのことだったので、
お店に入って見ることに。

さすがに今日は暑いからか、テラス席はガラガラ。(笑)



おおーっ! キレイ!
真正面から見ると、ホグワーツ城が湖に対象に映ってる!

近くで見るのも迫力がありますが、これはこれで感動。



アトラクションに向かっていると、入口近くの広場でショーが始まりました。
杖を持っているお客さんをステージに呼び、魔法のかけ方を教えてくれます。

「ウィンガー ディアム・レビオーサ」と唱えると、あら不思議。
カバンの上に置いた羽根が、浮かび上がった!(←タネはバレバレだけど。笑)



そして、待ちに待った「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」へ!
ロッカーに荷物を預けて、ドキドキ&ワクワク。

「キャッスル・ウォーク」で通った道をまた通り、最後に「組分け帽子」が見えてきたら乗り場。
ベンチの形になった椅子型の乗り物に乗り、ハリー達と魔法の世界を飛び回ります。
いや~、想像以上に動きが激しい! これは荷物を持ってられないわ。
アトラクションの仕組み的には「スパイダーマン」に似てるかな?
3D眼鏡をかけて、実物と映像を組み合わせたセットの中を進んでいきます。
「ディメンター」が、めちゃくちゃ不気味だった~。

すっごく面白かったけど、欲を言えばもう少し映像がハッキリしてるとうれしいなぁ。
メガネのせいで視野が狭いのか、暗いせいなのか、なーんか見えにくい。
次に乗る機会があれば、メガネなしで乗ってみよう。(←オイ。笑)



テンションが上がって次に向かったのは、「フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ」。

この時、一般レーンは40分待ちとなっていましたが…。
うーん、ハッキリ言ってこれは並んでまで乗るアトラクションじゃないかな。(^^;
「パス」で並ばずに乗っても、「へ?もう終わり?」ってなったぐらいだし、
ハリーポッターだからと言って、あんまり期待はしちゃいけませんね。(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン ⑤

2016年07月05日 | 徒然
ハリー・ポッター・エリアはとりあえずひと周りしたので、他のアトラクションに向かいましょう。



今回は乗る予定はないけれど、「ジョーズ」をパチリ。



あまりの暑さにバテてきたので、冷たい水でもかぶろうと、
「ジュラシック・パーク」エリアにやってきました。(笑)

「Tレックス」と「ヴェロキラプトル」の等身大フィギュアがカッコイイ!
ウチに欲しい~!!



「エクスプレス・パス」を使って、待たずに乗車。

一番後ろだったのであんまり濡れないだろうと油断していたら、
端っこだったせいで、右半身がビショ濡れ…。(^^;



濡れた服を乾かさないと! と次にやってきたのは、「バックドラフト」。
「エクスプレスパス」を使わず普通に入り、待ち時間は15分ぐらいでした。

化学工場での火事の再現が、大迫力!



お次は大好きな「アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン」。
「エクスプレス・パス」を使って、待ち時間はなし。

出てきた後は少し休憩しようと、アトラクション前の屋台でフローズンドリンクを購入。
「スパイダーまん(中華まん)」って…。 ダジャレかいっ!



フローズンを片手に日陰のベンチを探していると、何やら路地に人だかりが。
近づいてみると、なんとぶら下がった「スパイダーマン」がっ!Σ( ̄□ ̄;)

煉瓦の建物が、雰囲気出てていいねー!
でも、こんなの前からあったっけ?



日陰でちょうどいい場所を見つけ、しばらく休憩。
ふー、ホントに今日はめちゃくちゃ暑い!
「ベトナムのホイアンを思い出すねぇ。」と、友達と2人でグッタリ。(^^;

次は、涼しくてゆっくりできるアトラクションに行こうと向かっていると、
イベント広場で水を使ったショーがあったらしく、あたり一面水びたし。
参加した人もビショ濡れで、今日みたいな日には最適だね。



涼みにやってきたのは、「ターミネーター 2:3-D」。
時間が長いし座っていられるので、いい休憩場所でございマス。
コチラもパスを使って、待ち時間なし。 涼しい~。

久しぶりだったけど、相変わらず「綾小路 麗華 (あやのこうじ れいか)」さんのテンションが高いわっ!
「どちらからいらっしゃいました?」なんて観客をイジるんだけど、指名された人が「千葉!」と答えると、
「あら! あちらでなくて、わざわざコチラに!? ありがとうございます。」だって。
「ターミネーター」本編より面白いんじゃない!?(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン ④

2016年07月05日 | 徒然
順にお店を見て回り、ようやく一番奥にある「ホグワーツ城」に到着。



おお~っ、やっぱり近くで見ると迫力がある!!

ハリーポッターエリアは、広さが東京ドームのグラウンド約3個分って聞いてたものの、
実際来てみると、思ったより狭いなぁというのが感想。
ホグワーツ城と湖で、かなりの場所を取ってそうだよね。(笑)



城の中にあるアトラクション「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」は、
エクスプレスパスで時間を予約してあるので、まだ乗ることができないんだけど、
「ゆっくり中を見たい!」とか「子供が小さすぎて乗り物に乗れない!」という人の為に用意されている、
見学専用の「キャッスル・ウォーク」というのに行ってみることに。

アトラクションは110分待ちなのに、「キャッスル・ウォーク」は10分待ち。(笑)
「フォービドゥン・ジャーニー」はかなり激しい乗り物なので、スマホやカメラを含め
荷物は全てロッカーに預ける仕組みになっていて、せっかくのホグワーツ城の内部の写真が撮れないのが難点。
落とさないように持って行ったとしても、人がたくさん並んでいてゆっくり立ち止まっていられないので、
細部まで堪能したい人は、コチラの「見学ツアー」に参加するのがオススメでっす。



列の一番左側が「キャッスル・ウォーク」用で、真ん中が一般用、
そして一番右側が「エクスプレス・パス」用になっていました。

長蛇の列の横を、スイスイと通り抜け…、



あっという間に、お城の入口に到着。

さっそく、ダンブルドアの校長室入口にある「ガーゴイル像」(右上)や
各寮の点数表(左下)等が。



そして階段がある場所に出てくると、壁一面に「動く肖像画」が。
すごいっ! 本当に動いて、しゃべってるよ~。



コチラは、校長室。
映像のダンブルドア先生が、なにやらしゃべっております。

校長室の壁際には、映画に出てきた「憂いの篩 (ペンシーブ) 」もありました。



次にやってきたのは「闇の魔術に対する防衛術」の教室。
ここもアトラクションで並んでいると、サラッと素通りしそうな場所だけど、
「キャッスルウォーク」なら、じっくりとハリー、ロン、ハーマイオニーの話を聞くことができます。

どうして私達「マグル(普通の人間)」が、ハリー達と魔法の世界を飛び回ることになったのか等
アトラクションのストーリー説明になっているので、ちゃんと聞いていた方が面白いかな。
でも並んでいると、その場で立ち止まることができない時があるから難しそう。

ロンが魔法で雪を降らせてくれたのが感動!ヽ(*´∀‘)ノ



「太ったレディの肖像画」(左)が見えてくると、乗り場はもうすぐ。
私たちは見学コースだったので、そのまま城の外に出ていきました。

待ち時間が短いし時間を気にせず見ることができるので、かなりオススメの「キャッスルウォーク」。
ただ1つ不満なトコロは、暗い! 暗すぎる~っ!!
雰囲気を出したいのは分かるんだけど、場所によっては足元が見えないぐらい暗い。
フラッシュなしで写真を撮るのも、難しいしね。

もうちょっと、なんとかならないものか。 (^^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン ③

2016年07月05日 | 徒然
人も増えてきたから、ドンドン参りましょう!



お店じゃないので中には入れませんが、「Dogweed & Deathcap」のショーウィンドウをのぞくと、
引っこ抜くとすごい叫び声をあげる植物「マンドレイク」が。

鉢植えを見ていると、突然ニョキッと出てきて叫び始めます。(笑)



ホグズミードの郵便局「ふくろう便 & ふくろう小屋」。
外にも中にもフクロウがいて、店内には郵便物がたくさん積まれています。
ショーウィンドウには、騒がしい「吼えメール」もありますよん。

この郵便局は本当に郵便が出せるようにもなっていて、ホグズミードの消印を押してくれるんだって。



郵便局の隣は、ベンチがいくつか置かれている休憩所。
天井を見上げると、たくさんのフクロウが止まっていました。

ハリーポッター・エリアでは一番大きな日陰だったので、
たくさんの人が暑さを避けて、避難中。(^^;



魔法用具店の「ダービシュ・アンド・バングズ」。
魔法学校の生徒の制服やマフラー、小物ナドが売っています。

やっぱりココに来たら、こういう制服を着たくなっちゃうよね!
(←夏は暑さで倒れそうだケド。笑)



「ん? なんか金網がある?」と近づいてみると、中に「怪物的な怪物の本」が。
結構リアルで、怖いっ!



他には「メラメラメガネ」(左)や、クィディッチには必須の「ニンバス2000」や
「ファイアボルト」等の箒も。



各寮の紋章付クッションがあったものの、ナゼか「スリザリン」だけ見つからず。
(←人気がないのか、売り切れなのか!? 笑)



店先にドレスが飾られている「グラドラグス魔法ファッション店」。

映画ではハリー・ポッターとハーマイオニーが屋敷しもべ妖精「ドビー」のために
靴下を購入したお店とのこと。



大人気だった、魔法の杖の専門店「オリバンダーの店」。

「杖が魔法使いを選ぶ」様子を体験できるんだけど、
混んでいたので、隣のショップに立ち寄ってみました。



いろんな種類の杖が、店内にずらーっと並んでいます。
でもこんなにハリーポッターの杖がたくさんあったら、ありがたみが…。(^^;
やっぱり「杖が魔法使いを選ぶ」体験をして手に入れた方が、雰囲気がありそう。

それにしても結構買う人がいるんだなぁ、と思っていたら、
ハリーポッター・エリア内で「マジカル・ワンド」という杖を持っていると、
いろんな場所で魔法がかけられる体験ができるようデス。

偶然通りかかった場所で2回ほど誰かが魔法をかけるところを見たんだけど、なかなか凝った演出でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加