Girl's Be Ambitious!

日々の徒然日記、旅行記、懸賞など

新潟出張◆ 舛櫃鵑靴經 ・ しゃがら〜

2016年05月27日 | グルメ
出張2日目。
ホテルには朝食をつけていなかったので、昨日「ヤスダヨーグルト」で買った、
とろけるヤスダヨーグルト」を朝食代わりに。



うーん、こっちもドリンクヨーグルトと同じく美味しいっ!

朝食のあとは8時半から15時までお仕事。
少し早めに終わったので1便早い飛行機で帰れる!と思ったものの、
小さな飛行機だったのですでに満席で、結局予約していた最終便になっちゃいました。(^^;



時間がかなりあるので、とりあえず新幹線で長岡駅から新潟駅へ移動。

どこか立ち寄れる場所がないかと探していたら、新潟駅西側の連絡通路と直結している
CoCoLo西館」3階にある「ぽんしゅ館 新潟駅店」というのを見つけました。



新潟のお土産やお酒を扱っている施設で、1階はレストランになっています。
レストランは準備中だったので3階に上がると、酒瓶を持ったマネキン(左)がお出迎え。(笑)

この中にある「越後のお酒ミュージアム」に向かうと、越後の酒蔵全92蔵の利き酒ができる
「利き酒番所」という変わった施設があったので入ってみることに。



うわー、ナニコレ!?
紙コップ版自動販売機のような仕組みになったマシンが、ずらりと並んでるっ。

お酒はホトンド飲めませんが面白そうだったし、昨日の夜に飲んだ日本酒が美味しかったので、
私も体験してみようかな。



スタッフに500円を払うと、5枚のメダルとおちょこを渡されました。

あとは自分が試してみたいお酒のマシンの注ぎ口下にある、丸いくぼみにおちょこを置き、
メダルを入れてボタンを押すだけ。



それでは、まずはランキング1位の純米酒「越後鶴亀」をいただきましょう。
カンパーイ!

おおっ、飲みやすくて美味しい〜。
5杯も飲めるか心配だったけど、これならイケるかも。(笑)



アテが欲しい!という人は、メダル1枚で「生きゅうり」を買うことができますよん。
って、同行していた上司はさっそく買ってボリボリ食べてるし。(^^;



「きゅうり」や「味噌」の他には、「塩」がズラリ。
コチラは無料で、食べ放題!(笑)

種類がたくさんあって、日本&世界の塩が試せます。
「ルビーソルト」(右下)という岩塩を食べてみたら、温泉卵の味がするっ!Σ( ̄口 ̄;;
なんだか「ゆで卵」をアテに飲んでいる感じがしましたが、調べてみたら
このお塩には硫黄成分が入っているらしいので、そのせいでそう感じたのかな。



こんなに種類がたくさんあったら、どれを飲めばいいか迷っちゃう!
という人は、壁にかかっている「ランキング」や「おすすめ」を参考に。

ワタシもお酒には全然詳しくないので、それぞれのマシンに書かれている説明と、
この黒板を参考に選んでみました。



他に選んだのは、以下の4種類。
・「謙信」(左上)
・「越乃男山」(右上)
・「越の寒中梅(原酒)」(左下)
・「長者盛の梅酒」(右下)

「ここでしか飲めない!」とか書いてあると、やっぱり惹かれちゃうよね。(笑)
飲んだ5種類の中では、人気ランキング1位の「越後鶴亀」と「梅酒」が美味しかったデス。



マシン「利き酒」の他には「ファーストクラスの利き酒」というのもあり、
店員さんに頼むと、メニューを出してきてくれます。
こちらはお酒の種類によって、コインの枚数が変わります。
そして試したお酒が気に入った場合は併設しているお店で購入することができますが、種類がハンパじゃないっ。

急遽立ち寄った「ぽんしゅ館」。
利き酒ができてお土産も豊富。 レストランや魚沼産のお米が楽しめる「爆弾おにぎり家」などもあるので、
1か所でイロイロ楽しめて、おススメです!



さて家に着くころには遅くなっているだろうから、新潟で軽く晩御飯を食べて帰ろうかな。
とやってきたのは、新幹線口近くにある「しゃがら 新潟駅店」。



入口で「醤油らーめん」&「味玉」を買い、店内へ。
まだ時間が早かったのにほぼ満席で、ナカナカの人気店のよう。



ツマミには「一口ギョーザ」(上)や「ちゃーしゅー」(左下)を。
餃子の味がしっかりしてて、ウマイ!

楽しみにしていたラーメンは、私には味がちょっと濃いかな〜。
同行者が食べていた「つけ麺」の方が美味しかったデス。



コップ1杯にも満たない日本酒でイイ気分になり、リムジンバスで新潟空港へ。(笑)
19時過ぎの便で、大阪へ戻りました。

初めて訪れた新潟県。
海の幸も日本酒も美味しくてサイコー! また機会があれば行ってみたいな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新潟出張  船曠謄襯縫紂璽哀蝓璽鵐廛薀 ・ たこの壺〜

2016年05月26日 | グルメ
1泊2日で新潟出張に行ってきました。

とはいえ仕事は明日の朝からなので、今日は午前中は仕事をして
午後から前泊のために移動。



サミット開催日だったから空港の検査等がキビしいかと思ったんだけど、
そうでもなく、いつもと違う所は警備員が多いぐらいでした。

14時50分伊丹発の飛行機で出発し、16時頃新潟空港に到着。



明日時間がないといけないので、先にお土産でも見ようかと思ったものの、
これから向かう「新潟駅」の方がイロイロありそうだったので、さっさとリムジンバスに乗って新潟駅へ。

特に混雑もなく、20分ぐらいで到着。



駅に着いたあとはショッピングだっ!と、駅ナカにある「CoCoLo新潟」へ直行。
本館2階には新潟の有名店がそろっていて、モリモリとお買い物。
欲しいものが多すぎて、でも賞味期限が短いものが多いから迷っちゃう!(^^;

1時間ほどウロウロした後、今度は新幹線に乗って目的地の長岡駅へ。



長岡駅には駅ナカにスーパーがあるし、目の前には大きなイトーヨカードやコンビニもあって、
滞在するには便利だねっ。

飲み物などを調達してやってきたのは、本日のお宿「ホテルニューグリーンプラザ」。



駅から近くて安かったから選んでみたんだけど、ちょっと古い感じ。
まぁ、寝るだけだからいいけどねー。



洗面所もごく普通のユニットバス。
シャンプー&コンディショナーが「リンスインシャンプー」だけのホテルだったので、
髪の毛がキシキシになっちゃった。

最近はビジネスホテルでも資生堂やポーラのアメニティを扱ってるところが多かったから、完璧に油断してたわ。
こんなことなら、自前のを持ってくるんだったなぁ。
あと、ファブリーズも欲しかった!(笑)



インターネットは、フロントで「Wi-Fiルーター」を借りる仕組みになっていました。



おっと、買い物をしてたから時間がギリギリだっ。
急いで準備をし、やってきたのは長岡駅から徒歩1分のところにある「たこの壺」。



取引先サンが集まり、上司も合流しての懇親会。
カンパーイ!

平日限定のコースを注文し、料理の内容はこんな感じ。
・特選お造り盛合せ(左上)
・本ずわい蟹・海老の海鮮磯蒸し(右上)
・新潟県産牛のすきしゃぶ(左下)
・岩船産岩もずく茶碗蒸し(右下)
・海鮮天麩羅
・あさりの銅鍋御飯

うおーっ、お魚が新鮮で分厚いっ!
こんなに豪華なコースが、お値打ち価格で食べられるなんて。
写真はありませんが、お釜に入って出てきたシメの「あさりの銅鍋御飯」なんて、
全員がお代わりしちゃうぐらい美味しかったっ。(笑)
魚介類が美味しい地域はうらやましいなぁ。

そして新潟といえば「日本酒」。
普段は飲まないんだけどせっかくなのでと飲み放題の冷酒を飲んでみたら、あら美味しい。
清泉 雪」という名前のお酒で、お酒を飲む人にとっては水みたいで物足りないかもしれないけど、
甘味があってクセがなく、飲めないワタシでも思わず2杯、3杯といってしまいました。



大満足の夕食をいただいた後は、ホテルに戻ってひと息。
お風呂に入ってサッパリした後は、長岡駅ビル内の「CoCoLo長岡」の食品館でゲットした
ヤスダヨーグルト」のドリンクヨーグルトをグビグビ。

生乳のみを使用したヨーグルト製品を扱うお店で、新潟県では有名とのことだったので
買ってみたんだけど、これがまたウマイ!
ドリンクヨーグルトと思っていたら、かなりネットリしていて濃厚。
冷蔵だったから買って帰るのをあきらめたんだけど、
調べてみたら「成城石井」なんかでも取り扱っているみたい。

そういわれてみれば見たことがあるような、ないような?(^^;
また飲みたくなったら、買いに行ってみようっと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

2016年05月18日 | 映画
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」(2016年・米)を見に行ってきました。



(あらすじ)
「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」から約1年後。
ヒドラ残党のテロ攻撃を阻止するため出動したアベンジャーズだったが、
スティーブ(キャプテン・アメリカ)を守ろうとしたワンダ(スカーレット・ウィッチ)の行動により、
一般市民が犠牲となってしまう。
これを機に、これまでのアベンジャーズによる世界各地での被害が問題視され、
彼らは国連の管理下で活動を行う「ソコヴィア協定」に同意するよう迫られる。

これ以上犠牲を出さないため、また仲間を守るためにこの協定に賛同する
トニー(アイアンマン)だったが、自らの信念によって行動するべきだと考える
スティーブ(キャプテン・アメリカ)は、署名を拒否。
それぞれに同調するメンバーによってアベンジャーズが分裂する中、新たなテロ攻撃が起こる。



GW明けに「レヴェナント」と「スポットライト」を見に行こうと思ってたから
「シビル・ウォー」は見に行くヒマがないかもな〜、と諦めていたら、
ベトナム旅行の機内でどちらも鑑賞できたので、見に行くことができましたっ。
やっぱりこういう映画は、映画館じゃないとね!

今作は「キャプテン・アメリカ」の映画ですが、アベンジャーズメンバーがほとんど出てくるので、
「アベンジャーズ・インフィニティ・ウォー」の前章という感じかな。
「シビル・ウォー」というタイトル通り、内戦が勃発したアベンジャーズ。
チーム「キャプテン・アメリカ」は、バッキー(ウィンター・ソルジャー)、サム(ファルコン)、
クリント(ホーク・アイ)、ワンダ(スカーレット・ウィッチ)。
チーム「アイアンマン」は、ナターシャ(ブラック・ウィドウ)、ジェームズ、ヴィジョン、ブラックパンサー。
そしてそれぞれのチームには、新メンバーが加勢。
キャプテン側は「アントマン」で、アイアンマン側は「スパイダーマン」。
っていうか「スパイダーマン」って、またリブートされるの?(^^;
どっちもメインを張れるキャラなので「どうせちょっとしか出ないんでしょ?」と思っていたら、
スカウトシーンから戦闘シーンまで、見せ場が満載で大活躍!

反対にアベンジャーズメンバーで出てこなかったのが、ハルクとソー。
まぁ、この2人が出てくると途端に話が大きくなりすぎちゃうしね。
「エイジ・オブ・ウルトロン」なんて、話が壮大すぎてお腹イッパイ。
私には今回ぐらいのストーリーの規模がちょうどよかったデス。

アベンジャーズのリーダーが、すっかり板についてた「キャプテン・アメリカ」。
チャラくて派手なアイアンマンに比べると、これまで地味な感じがしていたけど、
今回は主役っていうのもあってか、めちゃくちゃカッコイイ!
キャップのためなら!と、前作で引退したはずのクリント(ホーク・アイ)が
アッサリ復活した気持ちがよくわかる。(←オイ。笑)
アクションシーンは連携プレーもあってよく練られていたし、キャップとアイアンマンの葛藤も描かれていて、
これまでのアベンジャーズ関連の映画の中では、一番面白かったかも〜。

あ、そういえば嫌味な副司令官役で「マーティン・フリーマン」が出てました。
周りがみんな背が高くてガタイがいいから、ますます小っちゃく見えてしまい、
なんだかしっくりこない役柄でした。(^^;

次は6月1日から公開の「デッドプール」が楽しみ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京出張 〜ポワンエリーニュ ・ 和田倉噴水公園〜

2016年05月12日 | グルメ
日帰りで東京出張へ行ってきました。
出張の日は雨だったり寒かったりで、あまりお天気に恵まれないワタシ。(^^;

しかーし! 今日はすっごくいい陽気で、飛行機から富士山もキレイに見えました。



到着した後は、まずランチ!ということで、東京駅へ。
目的地は駅から徒歩5分ほどの場所にある「新丸ビル」。
東京駅からは地下にある「丸の内中央口」からつながっているので、雨の日も安心。

地下1階にあるベーカリー「POINT ET LIGNE (ポワン・エ・リーニュ)」へやってきました。
お店でも食べることができますが、今日は天気がいいから外で食べてみようかな。
というワケで、お持ち帰りにしてもらいました。



オープンしてスグだったので、買ったパンはまだホカホカ♪
出来立てパンを片手にやってきたのは、「新丸ビル」から徒歩2、3分の場所にある
和田倉噴水公園」でございます。



天皇皇后陛下のご成婚を記念して作られたというこの公園。
お堀にあった橋を渡ると、キレイに整備された場所に出てきました。

パレスホテル経営の「和田倉噴水公園レストラン」などもあり、
東京駅のすぐ近くに、こんな憩いの場があったなんて。



噴水公園なのでね。 モチロン噴水があります。(笑)
他に何があるってワケじゃないけど、涼しげでいいねっ。



そしてこの公園には無料の休憩所があるので、ここでランチを食べることに。
日差しが眩しかったので私は室内を選びましたが、外にはオープンカフェのような
パラソル付きのテラス席もあって、これが無料だなんてスゴイ!

着いた時は人が少なくて「ここで食べてもいいのかな?」と不安になったものの、
12時近くになると、お弁当を持ったサラリーマンやOLさんがドンドンやってきて
みなさんそれぞれのランチタイムを楽しんでいました。



それでは、いっただきまーす!
まずは食べてみたかった「アンビザー」。 出来立てホヤホヤだ〜。
「あんぱん」としては変わった形ですが、オリーブオイルの風味が効いてて美味しいっ。



次は「プティオマイス」。
パルメザンチーズが練り込まれた生地にコーンがこれでもか!と入っていて、いくらでも食べられそう。



シロップ漬けのリンゴとクリームチーズが入った「ポム」。
見た目はシンプルで小さいけど食べてビックリ。 何このサクサク感はっ!Σ( ̄口 ̄;;

このお店のデニッシュ系はオススメだと聞いていたけど、層の重なり具合がハンパじゃないっ。
ちょっとした衝撃でした。(笑)



デニッシュは2つ買ってきたので、もう1つ楽しめるっ♪
コチラは抹茶餡が入った「ドゥビザー抹茶」。
「ドゥビザー」は期間限定で餡の種類が変わるらしいので、他のも食べてみたいな。

初夏になると少し暑いだろうけど、今の季節は気持ちがいい!
東京駅で美味しそうなお弁当を買ってきてもいいし、たまにはこんなランチもいいもんだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰国

2016年05月06日 | ベトナム (2016年)
今朝早く、7泊9日のベトナム旅行から無事帰国。



今回は北部ハノイから中部のホイアン、南部ホーチミンと縦断。
前回は昼間だけの滞在だった、念願のホイアンのランタンを見てきました〜。ヽ(*´∀‘)ノ

さすがに9日間ともなると、充実した旅ができましたが、
やっぱりベトナムはこの時期、あーつーいー!! 暑すぎるっ!
あと久しぶりだったので、それぞれの都市の変わりようにもビックリ。
ホーチミンなんて、大通りに歩行者天国が出来ていてすっかり違う場所みたいでした。

長いと思っていた10日間のGWも、残りあと2日間。
ちょっとはゆっくりしましょうかね〜。(^^;


■追記■
<ベトナム旅行記>

04月28日 神戸空港→羽田空港   
04月29日 羽田空港→ハノイ     
04月30日 ハノイ             
05月01日 ハノイ→ホイアン     
05月02日 ホイアン           
05月03日 ホイアン→ホーチミン   
05月04日 ホーチミン          
05月05日 ホーチミン→        
05月06日 帰国             
お土産編                 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベトナム土産

2016年05月06日 | ベトナム (2016年)
コチラ
今回はいつにもまして、水分系が多くて重かった…。(^^;



アルコール系のお土産は、「ダラットワイン(ハーフボトル)」(上)とビール(下)。
ワインは1本5万ドン(約250円)で、ビールは種類によっても変わりますが
1本9,600ドン(約48円)〜12,000ドン(約60円)ナリ。

ビールは「333(バー・バー・バー)」や「サイゴン・ビアラルー」「サイゴン・スペシャル」を買ってみました。



日本では珍しい「ハス茶」も忘れずに。

スーパーで買った「ティーバッグ(25個入)」(左)が、25,300ドン(約126円)で、
The House of Saigon」で買ったちょっと高級な茶葉(右)は、
ちょうどセール中で10%オフになり、86,000ドン(約430円)ナリ。



自分用やバラマキ土産に買った、インスタントの「フォー」。
エースコック(左)のが美味しいそうですよっ。
スーパーによっても値段が変わってきますが、1個3,000ドン(約15円)〜5,000ドン(約25円)ナリ。



いつも買って帰るナッツのお菓子は、小包装されたものが増えていました。
バラマキ土産には助かる〜。
小さいもので5,000ドン(約25円)、大きいので25,500ドン(約127円)ぐらい。



他にアジアっぽいお菓子として「ヒマワリの種(左上)」(7,900ドン=約39円)や、
「ココナツ味のナッツ菓子(右上)」、「ココナツキャンディ」(3.5ドル)を購入。
ヒマワリの種はソルト味とハニー味の2種類あって、殻なしのを選んでみました。



「ハスの実」のお菓子は、スーパー&「miu miu Spa」で購入。
マッサージ後に出された砂糖漬のハスの実(上)がすっごく美味しくて、思わず購入。
1袋15万ドン(約750円)と少しお高いですが、スーパー等で売ってるのは甘すぎるのよね。

乾燥した「ハスの実」(下)は今回初めて買ってみたんだけど、意外とイケる!!
あまり味はないものの、カリカリと噛んでいるとほのかな甘みがあって、
もっと買ってくればよかった〜。 1個、47,000ドン(約235円)ナリ。
ベトナムでも「ハスの実」は貴重なのか、他のお菓子に比べるとお値段が高めです。



コチラは、パクチー入りのワッフル「BANH KEP NGO」。
私はパクチーがニガテなんだけどね…。(^^;
同僚にパクチー大好きな子がいるので、ネタに買ってみました。
1袋、31,300ドン(約156円)ナリ。

お土産にあげたものの、どうしても味が気になったので分けてもらうと、
中にピーナツバターみたいなのが入ってるっ。
パクチーの部分はやっぱりパクチーの味がするけれど、ピーナツペーストのおかげで
それほどキツく感じないし、これは意外とヒットなお菓子でした。

押し花みたいに入ってるパクチーが、カワイイと言えなくも…ない!?(笑)

19

調味料系では、「ヌックチャム(nuoc mam pha san)(左)」(17,500ドン=約87円)と、
「エビ風味のラー油(SATE TOM)(右)」(9,000ドン=約45円)を購入。

日本のベトナム料理屋では生春巻ナドを食べる時、よくスイートチリソースが出てきますが、
私はベトナムで出てくる「ヌックチャム」の方が好き!
「ヌクマム」をベースに砂糖やニンニク、唐辛子、酢、水などを加えた「つけダレ」で、
だいたいどの食堂でも出てきます。
揚げ春巻きなんかに付けて食べると、アッサリと食べられるしね。

「エビ風味のラー油」は、インスタントフォーにでも入れて食べてみようかなっ。



スーパーで買った「ヤギミルク入り石鹸」(10,500ドン=約52円)と、
中央郵便局」のお土産屋さんで買った、ココナツオイル入りのリップ(4万ドン=約200円)。
ココナツオイル入りのは、保湿力が高くてお気に入り。



食べ物系ばかりが続きましたが、ようやく雑貨系のご紹介。(^^;
「タンポポ」で買った「ポーチ」(上)と、5枚セットの「コースター」(下)。

リング編みのポーチは観光客用のお店ならどこでも見かけますが、
一回り大きいこのサイズは「タンポポ」にしかありませんでした。
ちょうど化粧ポーチが欲しかったトコロで、中に仕切り&ファスナー付きのを発見。
まさにワタシが求めていたものだ〜っ。
ポーチが1個5ドルで、コースター(5枚セット)が1ドルなり。



会社で使うマグカップを、「Saigon Kitsch (サイゴンキッチュ)」で購入。

種類がたくさんありすぎて、迷う迷う。(^^;
1個、12万ドン(約600円)ナリ。



最後は「ミンロン・ショールーム」で買った、ミンロンのお皿。(7万ドン=約350円)

シンプルな四角い形で、いろいろと使えそう。
ガチガチに梱包してくれるので(左)、スーツケースに入れて持って帰ってきても割れずに無事でした。

今回もモリモリ、楽しい買い物ができました!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベトナム土産

2016年05月06日 | ベトナム (2016年)
最後にベトナム土産のご紹介。

01

まずは、ハノイやホイアンで買った「切り絵カード」。
土産物屋や路上などで、よく見かけます。

値段は定価が小が1ドル、大が3ドルほどだったんだけど、たくさん買うとそれなりに値切ることができ、
私は小が1ドル、大は1.5ドル〜2ドルほどになりました。



シンプルな「花」(上)や、ベトナムっぽい「シクロ」(下)のカード。
「シクロ」は両サイドから見ても顔が書かれていて、すっごく細かい!
これが折りたためるなんて、すごいね〜。



こちらは花瓶に入った「花」。
「切り絵カード」は、どこのお店も同じようなモノが売られていますが、
細かいデザインや色が違うので、イロイロ見るのが楽しかったデス。



ナゼか多かった、「船」のデザイン。
「ドラゴン」(左上)の形をした船は、ホイアン限定かしら?
ハノイやホーチミンでは見かけることがありませんでした。



そして一番のお気に入りの「観覧車」!
土台のデザインが違う、2種類を買ってみました。

ゴンドラがちゃんとブラブラするのも、スバラシイ。
色の種類がたくさんあるので、選ぶのに迷っちゃうっ。



片方からライトを当てると、影が出来てまたいい感じ〜。
お土産にあげた人にも喜ばれました。



ハノイの「クラフトリンク」で見つけてお気に入りになった「カメちゃんズ」。
今回は「クラフトリンク」に行く予定がなかったので買えないと思ってたんだけど、
立ち寄った「Ajisai (アジサイ)」で発見し、またまたゲットしちゃいました。(笑)
1個、65,000ドン(約325円)ナリ。

このカメちゃんの特徴は、シッポがメジャーになっていること。
裏のポッチを押すと、メジャーが引っ込みますよん。
カメ以外にもイロイロデザインがありますが、ハノイ以外では見かけたことがないなぁ。



コチラは「ベトナム版タイガーバーム」。 1個15,000ドン(約75円)ナリ。
ネットで見つけて、レトロな入れ物がカワイイ!と購入。

カメと同じく「Ajisai (アジサイ)」で買ったんだけど、
観光客用のお店なら、ハノイやホイアン、ホーチミンどこでも見かけました。
今、イチオシのお土産なのかしら?
塗ったトコロがスースーして、タイガーバームほど匂いがキツくないのもいいね。
ただ1つの難点は、フタを開けるのがめちゃくちゃ固い!(^^;



「Ajisai (アジサイ)」やスーパーで買った、小瓶入りのジャム。
「アジサイ」のは3個で12万ドン(約600円)、スーパーのは3個で26,500ドン(約132円)。

ハチミツ(右)もあって、コチラはスーパーで2個19,000ドン(約95円)ナリ。



ベトナムといえば「コーヒー」!
というワケで、いろんな種類を買ってきました。

「チュングエン」の「レギュラーコーヒー(4番)」(左)が85,000ドン(約425円)で、
ミルクと砂糖が入ったハイランドコーヒーのスティックタイプ(中央)が、40個入って97,500ドン(約487円)。
滞在中にも飲んでいた「味の素」の缶コーヒー(右)は、7,900ドン(約39円)ナリ。



そしてベトナムコーヒーと言えば「コンデンスミルク(練乳)」。
日本だと高いので缶入りのを買おうかと思っていたら、友達に使い切りタイプがあることを教えてもらいました。

すごーいっ! こんなのがあったんだっ!
6個がセットになっていて、3,400ドン(約17円)ナリ。
めちゃくちゃ安い&使い勝手が良さそうだったので、思わず2個買ってしまいました。



カンボジアで驚いた「アクエリアス」。
ベトナム版も微炭酸入りでしたよ〜。 1本7,900ドン(約39円)ナリ。
激暑のベトナムでの水分補給には最適でっす。


へ続く…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベトナム (2016.05.06)

2016年05月06日 | ベトナム (2016年)
特に混雑もなく、20分ホドで空港に到着。
(12万ドン+空港使用料1万ドン)



ANAの「プラチナメンバー」の恩恵を受け、ビジネスクラスのカウンターでチェックイン。
残った「ベトナムドン」を使い切った後、「ROSE Lounge」へ向かいました。

ベトナムに来てから早寝早起きだったから、すでに眠い〜。(^^;



この「ROSE Lounge」は複数の航空会社の共同ラウンジなので、深夜便が多いこの時間はかなりの混雑。
座席も相席となってしまいましたが、まぁ仕方がないかな。
麺料理やサンドイッチなどの軽食もあるけど、さすがにもうお腹イッパイ。(笑)
というワケで、スナックと飲み納めのベトナムコーヒーをいただきました。

20分遅れで飛行機に乗り込み、日付を超えたころ成田空港へ出発。
さよーなら、ベトナム!



機内では行きにチェックしていた「キャロル」を見ようと思っていたのに、
4月から5月のプログラムに変わっていて、なくなってた!!・゚・(ノД‘)・゚・
行きに見た「レヴェナント」や「スポットライト」はあったのに〜。
こんなことなら、先に「キャロル」を見ておけばよかったよ!

到着前に朝ご飯の機内食が出て、8時頃成田空港へ到着。
国内線は羽田空港発なので、ここからはリムジンバスで移動します。



もう、移動するのに飽きてきちゃった。 早く帰りた〜い。(^^;
羽田空港に到着し、荷物を預けたあとはちゃっちゃとラウンジへ。

試供品で置いてあった「チオビタ・ゴールド」を飲んで、あとひと息だ!(笑)



11時の便で羽田空港を出発し、12時過ぎに伊丹空港に到着!
ようやく大阪に帰ってまいりました〜っ。

リムジンバスの時間までまだしばらくあったので、
「551蓬莱」のレストランで、麻婆丼のランチ。 久しぶりの日本の味です。

7回目のベトナム旅行。
9日間もあったのに、終わってみればあっという間だったなぁ。
暑かったケド、いつもながら充実した美味しい旅でしたっ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベトナム (2016.05.05)

2016年05月05日 | ベトナム (2016年)
マッサージで癒された後は、ホテルに戻って休憩。
さっきはまだだったベッドメイキングも終わっていて、これで出発前にお風呂に入れるわっ。



そして17時になって、夕食をかねた最後のお出かけ。
友達がもう少し買い足したいと言うので、「Tanpopo (タンポポ)」を再訪。

見ているだけのハズだったのに、私まで買っちゃった。(^^;
ここは日本円もドルも使えるので、帰国前にベトナムドンが少なくなっても安心して買い物ができます。



夕食を食べにベンタイン市場があるレロイ通りを進み、
チェックしていたチキンステーキのお店「Gummy」に向かうと、あれ? 建物がない…!?Σ( ̄口 ̄;;
「隠れ家風」となっていたので間違えたのかと思い、しばらくウロウロしてみたものの
やっぱりこの解体中の建物だよねぇ。

めまぐるしく変わっているホーチミン。
どこかお店に行く時は、第2候補まで考えておいた方がいいわね。(^^;
というわけで次の候補、「Tiem Com Ga Hai Nam」にやってきました。



「海南鶏飯 (チキンライス)」で有名なコチラのお店。

お店の雰囲気が明るくて、メニューも英語&値段が書かれているので
注文がしやすくていいね!



「コムガー」にも惹かれましたが、初めてのモノを食べてみようっ。
私は鴨の「Com dui vit」(52,000ドン=約260円)、
友達はチキンの「Com dui ga quay」(47,000ドン=約235円)を注文。

骨付き肉がドーンと乗ったチキンライスがやってきました。
ボリュームはそれほど多くないけど、付いてきた薬味や漬物と一緒にいただくと
いろんな味が楽しめて、美味しかったデス。



控えめな夕食だったので、まだまだ入るぞっ!
とやってきたのは、さっきのお店からほど近い「I Love Kem」。
たまたま通りかかり、デザートが食べたかったので入って見ました。

I Love Kem
 住所 : 49-51 Tran Hung Đạo P. Nguyen Thái Bình Q1

店内は広くテーブルやソファなど、いろんな席があってくつろげそう。



量り売りのお店なのかな?
壁には、100グラム27,000ドン(約135円)の表示が。(右上)

アイスやトッピング、ソースをかけてデコレーションした後、レジで重さを量ってもらってお支払い。
2人で96,000ドン(約480円)ナリ。
席に着いた後は、スタッフがお水(右下)を持ってきてくれました。



お店を出たあと、ベンタイン市場前を通りながらブラブラ。
あー、ベトナムの街並みもこれが見納めかぁ。



ホテルに近づいたトコロで、なにやら道端で人だかりを発見。
何かな?とのぞいて見ると、バインミーの屋台でした。

Moc Banh Mi Nuong
 住所 : 83 Ho Tung Mau, P. Ban Nghe, Quan 1

場所は先日行った「Bun Bo Ganh (ブンボー・ガー)」と同じ通りで、
道を挟んだ向かい側近くにあります。



屋台には値段もちゃんと表示されていて、1個15,000ドン(約75円)ナリ。
お安いのにパンを注文後に温めてくれ、バインミー柄のかわいい袋にも入れてくれましたっ。



部屋に帰って、最後のベトナム飯。
パテとスルメのような具が挟まれていて、シンプルなお味。
いつも食べるバインミーに比べてフランスパンが細長く、ボリュームもそれほど多くないので、
オヤツや軽食にはちょうどいいね。

さて、これにて楽しかったベトナムも終わり。
お風呂に入って荷物をまとめ、21時半にホテルをチェックアウトしました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベトナム (2016.05.05)

2016年05月05日 | ベトナム (2016年)
タクシーに乗り、「サイゴン大教会」へやってきました。
料金は行きとまったく同じで、9万ドン(約450円)。



あっ、ハノイでヨーグルトコーヒーを飲んだ「Cong Cafe (コン・カフェ)」(下)がこんなところにもっ。
ホーチミンにも進出してたのねー。



ランチにやってきたのは「HU TIEU MUC Ong Gia Cali」。
中央郵便局のすぐ横の道沿いにあって、観光ついでに立ち寄るにも便利な場所にあります。

HU TIEU MUC Ong Gia Cali
 住所 : 57 Nguyen Du , Dist1

ちょうど12時頃に到着したら、お昼の時間で大賑わい。
でも場所がら観光客に慣れているのか、スムーズに案内してもらえました。



メニューは、イカ入りフーティウ(45,000ドン=約225円)と、
イカ&大海老入りのフーティウ(58,000ドン=約290円)の2種類あり、
私たちはイカ入りの「Hu Tieu Muc」と「アイスティ」(3,000ドン=約15円)を注文。



こういう食堂って、スグに料理が出てくるのがいいよねっ。
イカがたっぷり入った、フーティウがあっという間にやってきました。

うーん、甘めのおダシがウマイっ!
麺と一緒に出てきた緑のソースは、イカを付けて食べるらしく、
甘酸っぱさの中に、ほのかなパクチーの味が…。(^^;
基本的に「パクチー」は苦手なんだけど、酸味のおかげかこのソースは美味しく食べられました。

中心地からも徒歩圏内で、お手頃価格! お味も上々でオススメのお店です。



ランチの後は、まだ行ったことがないスーパーへ。
やってきたのは昨日来た「ビンコムセンター」の隣にある「Parkson (パークソン)」。
ビンコムと同じく百貨店のようなショッピングビルで、フードコートや
4階に「Citimart (シティマート)」等が入っています。

ラッキープラザ」のスーパーなんかに比べると広いね〜。
荷物をロッカーに預けて(右下)、またモリモリとお買いもの。



ホテルに向かいながら最後に寄り道したのは、「Trung Nguyen Coffee (チュングエン・コーヒー)」。
ベトナムコーヒーといえば「チュングエン」が有名で、いつも買って帰るコーヒーも
この会社のものなんだけど、いつの間にやらチェーン店までできていたっ!Σ( ̄□ ̄;)

ドンコイ通りの中心にあって、場所も一等地! そして値段も高級!(笑)



スーパーで売っているコーヒーの等級と同じく、メニューには1番〜5番までの番号が付いていて、
番号が大きくなるほど、値段が高くなっていきます。
スーパーではいつも4番を買うんだけどね。 貧乏性なので、ここでは「1番」をチョイス。(^^;

ベトナムコーヒー風にコンデンスミルクを入れてもらい、1杯5万ドン(約250円)ナリ。
持ち帰り用の手提げまでオシャレな作り!

コーヒーを片手にホテルに戻り、しばらく休憩。
ふー、朝からけっこう動いたなぁ。



そして15時の予約に合わせて、午前中に予約した「miu miu Spa」にやってきました。
午前中に用事がなかったら、14時までのハッピアワーが利用できて20%オフだったのにね。 残念!



お店には日本語を話せるスタッフがいるし、メニューも日本語で分かりやすい。
価格にはチップが含まれているので考える煩わしさもないし、まさに日本人用に作られたお店。(笑)



お店に入り予約シート(右)を見せると、問診票(中央)のようなものを渡されました。
友達はフットマッサージ、私はアロママッサージを選び、
問診票には体の部分によって、好みの強弱を記入する仕組み。
60分のアロママッサージで、35万ドン(約1,750円)ナリ。(チップ込)
貴重品をロッカー(左)に預け、最後の癒しの時間がスタート。

アロママッサージの私は、それぞれの施術台がカーテンで仕切られている薄暗い部屋に案内されました。
ガウンのような部屋着や紙パンツの用意があり、値段の割にはサービスが良かったし、
マッサージも丁寧でスタッフのおしゃべり等もないので、とってもリラックスできました。

最後にセラピストから番号札を渡され、受付の所で施術がどうだったか評価する
投票ボックスのような箱に入れる仕組みになっていたので、こういうのがサービス向上につながるのかしらね。



着替えて1階に戻ると友達も終了していて、お茶にお菓子、シャーベットのおもてなしが。
すごいっ! お茶やジュースはよく出てくるけど、シャーベットが出てきたのは初めてだ。(笑)
この時出された「ハスの実の砂糖漬」が、甘さ控えめですっごく美味しかったので購入。
大きな袋に入ったもの(右)が、15万ドン(約750円)ナリ。

友達のフットマッサージもナカナカよかったそうなので、ここぞ!という場所がなかった
ホーチミンの街スパの中では、かなりレベルが高いお店でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加