Girl's Be Ambitious!

日々の徒然日記、旅行記、懸賞など

SHERLOCK4-3/シャーロック4-3 「The Final Problem / 最後の事件」

2017年01月19日 | SHERLOCK(BBC)
シャーロック「シリーズ4」の第3話目を鑑賞。
キャストのインタビュー記事にもあったように伏線が回収され、ひとつの区切りとなった最終話。
2010年に始まった「シャーロック」は、ひとまずこれで終了というトコロでしょうか。

もちろん製作者側としては、今後も続いていく可能性は否定しないだろうけど、
今までみたいに、引き続きシリーズが続いていくような終わり方ではなかったかな。
クリスマス・スペシャル等の、単発モノならあり得る!?

初めてNHKで見た時に衝撃を受け(笑)、長い間ハマッていた「シャーロック」ですが、
「シリーズ3」からは徐々にテンションが下がり…。(^^;
どうなる事かと思いましたが、当初を思い出させるスピーディさとドラマチックさで、
締めくくってくれました!

This is a private matter.
(これはプライベートな問題だ。)
John stays.
(ジョンは居ていい。)
This is family!
(家族の問題なんだぞ!)
That's why he stays!
(だから彼は居るんだ!)

(ネタバレあり)



シリーズ最終話。
オープニングの飛行機から、マイクロフトが家で追い詰められるシーンまで、
第2話目があんな終わり方をしたもんだから、いきなりのスリリングな展開にハラハラ!
ピエロなんてホラー的な意味で、かーなーり怖かった。(^^;
マイクロフトのあのステッキは、刀&銃になってたのねー。

第2話で、ホームズ兄弟の姉妹だという「Eurus / エウロス (東風の神)」に撃たれたジョン。
実は単なる鎮静剤(Tranquilizer)だったようで、ご無事でなにより。
自分に1歳違いの姉がいることを、初めて知ったシャーロックは、
マイクロフトになぜ自分に彼女の記憶がないのかを問い詰め、真実を聞き出す。

エウロスは幼い頃の恐ろしい行動から施設に預けられ、そこで自らが起こした火事によって
死んだとされていたがそれは両親や周囲への建前で、実は叔父の手引きによって
「Sherrinford (シェリンフォード)」と呼ばれる島に幽閉されていたのだ。
そして彼女がシャーロック&ジョンの前に現れたことをきっかけに、
鉄壁の軍事施設から抜け出すことは不可能だと言うマイクロフトと共に、彼女の元へ向かう。

がっ、さすがホームズ家の血を引くお嬢サマ。
兄弟を超えるサイコパスさと冷淡さで、彼らにゲームを仕掛けてくるっ!
いや、恐ろしや~。(^^;
最初は「第3の兄弟って!」とイキナリな設定に不安もありましたが、
エウロス役の女優サンは、狂気的な敵としてすっごくハマッてました。
彼女のゲームには「モリアーティ」や「レッドベアード」が絡んでいて、
モリアーティが、なぜ自ら命を絶ったのかという理由もここで明らかに。

You're playing with me, Sherlock. We're playing the game.
(私と遊んでるのね、シャーロック。 私たちはゲームをしてる。)
The game, yes, I get it now.
(ゲーム、ああそうだ。ようやく分かったよ。)

そして「レッドベアード」…。うわーん、切ないっ!・゚・(ノД‘)・゚・
切ないといえば、今回もモリー。
トレイラーでシャーロックが「I love you」というシーンが出てきてましたが、
これがまさかモリーに向けられた言葉だったとは。

「最後の事件」が解決した後、ダークな雰囲気とはうって変わり、
メアリーが残したメッセージと共に流れるラストシーンが爽やかすぎて、
思わず笑ってしまいましたが…。(^^;
これにて一件落着!という、久しぶりにスッキリした終わり方でした。
最後に「グレッグ」の名前を間違えなかったのも感動よね。(笑)
怒涛の展開ながら、これまでの伏線回収を楽しませてもらいました。
今までワクワク&ドキドキをありがとう「シャーロック」!
なーんて言いながら、また2、3年後にあっさり「次シリーズ」が出来たりして。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \

あとは日本の放送を待つのみ。
UK版のDVDを買おうか迷ってたけど、これでとりあえず区切りがついたようなのでね。
今さらながら注文しようかなぁ。


【BBC SHERLOCK INDEX】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京土産 ~カファレル 東京ジャンドゥーヤチョコパイ~

2017年01月13日 | グルメ
最後に東京土産のご紹介。



2017年一発目は、カファレルの「東京ジャンドゥーヤチョコパイ」。
東京駅限定の商品で、前から気になってたのよね~。

8個入りを購入して、1,080円ナリ。



三角パイの中に、ヘーゼルナッを30%近く含んだジャンドゥーヤチョコが入っています。

パイがサクサクで、チョコもヘーゼルナッツの風味が濃厚で美味しいんだけど、
欲を言えば、もう少しチョコの割合が多いとうれしいなぁ。
やっぱり「カファレル」といえば、チョコだしね。

とはいえ、この値段じゃ難しいのかな。(^^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京出張 ~岡本太郎記念館②~

2017年01月12日 | 徒然
来た時は何人か見学者がいましたが、2階から下りてくるとガラーン。(笑)
でも、ゆっくりと見られてよかったかな。



天井が低い通路を通って「サロン」に行くと、カラフルな作品がたくさん!
その中にはリアルな岡本太郎の蝋人形(?)もあって、一瞬ビクッとしてしまった。

これって、絶対みんな驚かされるでしょ! (^^;



テーブルの上にあったティーポット&カップのセット(左上)が、めちゃくちゃカワイイ!
洗いにくそうだけど…。(←そういう問題か? 笑)



サロンの奥には、開放的なアトリエが。
生前のまま残されているようで、キャンバスや画材が所狭しとならんでいます。

棚においてあるキャンバスには、全部絵が描かれているのかな?



アトリエは吹き抜けになっていて、天井からも作品がぶらさがっています。
なんだか「太陽の塔」の顔部分に似てる?



入口にあったショップをのぞいた後、外に出て最後にお庭の見学。
コチラには建物に入らないような、大型の作品がズラリ。



都心の住宅街なのに、ここだけジャングルみたい。 バナナの木なのかな?
岡本太郎のインパクトある作品には、すごく似合ってました。

さて、そろそろ仕事に向かおうと記念館を出て、全体写真を撮るために振り向くと…、



「太陽の塔」がベランダからのぞいてるっ!? Σ( ̄口 ̄;;
あぶない、あぶない。 もう少しで見逃すトコロだったわ。
大急ぎで中に戻って、写真をパチリ。
なんてカワイイのーっ! ウチのベランダにも置きたい!(笑)

関西在住の私には、「太陽の塔」は子供の頃から訪れる機会が多かったこともあって身近な存在。
これまで外観を見ることはあっても内部を見ることはなかったんだけど、去年から改修が始まり、
2018年には中にある作品を含めて一般公開されるとのことなので、機会があれば見に行ってみたいな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京出張 ~岡本太郎記念館①~

2017年01月12日 | 徒然
美味しいランチを食べて次にやってきたのは、青山にある「岡本太郎記念館」。



以前、来ようと思った時に飛行機が遅れてしまって機会を逃してしまったので、
リベンジにやってきました。

表参道の駅からは、ゆっくり歩いて10分ぐらいだったかな。
閑静な住宅街にありました。



記念館の建物は、岡本太郎が1996年に84歳で亡くなるまでアトリエ兼住居だったそう。



敷地に入ると、左手に「ア・ピース・オブ・ケイク (a Piece of Cake)」というカワイイ併設カフェが。
それでは、さっそく入ってみましょう~。



館内は土足厳禁なので、スリッパに履き替えて上がります。
入場料は620円で、公式ホームページに特別割引券があるので要チェック。

そういうワタシは、プリントアウトしていくのをすっかり忘れちゃいましたけどね!( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \



入ってスグの所には、一時は売り切れ続出だった「コップのフチの太陽の塔」のガチャガチャが。
1つ買ってくればよかったかなぁ。(^^;



記念館はそれほど広くはないけれど、1階、2階に観覧室があって、
1階は人がいたので、先に2階に上がってみることに。



ここでは舘鼻則孝さんの「呪力の美学」という企画展が。



この人がデザインした靴をレディー・ガガが愛用しているようで、ナルホド作品をみるとそんな感じが。(笑)
ピカピカ靴の間に、岡本太郎の「犬の植木鉢」があったりと不思議な空間ですな。



通路を渡って次の展示室に行くと、岡本太郎の映像が流れている中、
真ん中に、インパクトがある金ピカの「頭蓋骨」が。

舘鼻則孝さんの「トレーシーオブアコンティニュイングヒストリー」というシリーズの1つだそうで、
自身の頭蓋骨を真鍮による鋳造彫刻として表現した作品とのこと。

さて、次は1階に行ってみよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京出張 ~希須林 (きすりん) 青山~

2017年01月12日 | グルメ
日帰りで東京出張へ行ってきました。

今年最初の東京出張。
週末に大寒波が来るみたいだけど、今日じゃなくてよかったぁ。(^^;



東京に着いた後は寄りたいところがあるので、ちゃっちゃとランチへ行きますよ!
やってきたのは、表参道にある中華料理店の「希須林 (きすりん)」。

表参道の駅からはスグだけど、奥まっているので下調べをしていないと分かりにくい場所。
青山アンデルセン」の右横の道を入った右手の建物2階にあり、
ちょっとさびれた雰囲気のビルなので、看板がなかったら見つけるのが難しそう!



11時オープンで15分ホド過ぎた頃に到着しましたが、2階に上がるとすでに店内にはたくさんの人が。
1人で来ている人が多かったカナ。 隠れた人気店のようでした。



入口には日替わりランチと、日替わり炒飯のメニューが。
うーん、どっちにしようか迷うっ!



結局、選んだのは「海老と青菜のあんかけごはん、豚ロースの唐揚」の日替わり。
メインの他にはザーサイとお味噌汁が付いてきました。

「あんかけごはん」は上品なお味で、大きなエビが4つも乗ってる~。
プリップリで、美味しいっ。
周りは炒飯を食べている人が多かったので、次はそっちにしてみようかしら?

大急ぎでしたが、2017年最初のランチは大当たり。
今年も美味しいものたくさん食べるぞう!(←仕事しろ)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SHERLOCK4-2/シャーロック4-2 「The Lying Detective / 横たわる探偵」

2017年01月11日 | SHERLOCK(BBC)
シャーロック「シリーズ4」の第2話目を鑑賞。
タイトル「The Lying Detective」の「Lying」は、「横たわる」や「嘘つき」等の意味があって、
どっちだろうと思ってましたが、見た後だと「横たわる」が合ってそうだね。

推理が冴えわたるシャーロックが戻ってきた第2話目。
クリフハンガーな終わり方をしたので、次の最終話がめちゃくちゃ気になる~っ!

I'm going to make a deduction.
(推理してみようか。)
Oh, OK, that's good.
(そうだな、それはいい。)
And if my deduction is right, you're going to be honest and tell me.
(もし僕の推理が正しければ、正直に言うんだぞ。)
OK. OK.
(分かった、分かった。)
Happy birthday.
(誕生日おめでとう。)

(ネタバレあり)



メアリーがシャーロックをかばって亡くなって以降、シャーロックと会っていないジョンは、
セラピーを受けていたが、あまりうまくいっていない様子。
そんな時、シャーロックの元に「カルバートン・スミス」の娘が依頼に訪れ、
シャーロックは彼女の話から父親がシリアルキラー(連続殺人犯)であると見抜く。

ジョンはいるはずのないメアリーと会話し、シャーロックは薬漬けで家に引きこもり。
2人はどうなってしまうのーっ!? と思ったトコロで、ハドソンさんが大活躍!
強引にシャーロックをジョンの所へ連れて行き、仲を取り持ちます。
すばらしいドライビング・テクニックですな、ハドソンさん。
さすがのシャーロックも「トランク」の事までは読めなかったようで。(笑)

1話目でメアリーがシャーロックに残したビデオ。
エンドロール後の「Go to hell, Sherlock」には驚いたけど、実はメッセージには続きがあり、
メアリーの最後の依頼を果たそうと、シャーロックは行動していたのだった。
If he thinks you need him, I swear he will be there.
(もしジョンが、あなたには彼が必要だと思ったら。 きっと彼はそこにいる。)
シャーロックが窮地に陥ったのは実は見せかけで、全てジョンを現実に引き戻すための計画だったとは。
そうとは気が付かずハラハラな展開でしたが、何もかもお見通しのシャーロックを見るのは
やっぱりワクワクするねぇ。
「Two weeks ago (2週間前)」&「Three weeks ago (3週間前)」ネタには笑ったわ。(^^;

ジョンの方は他の女性に目移りし、メール以上の関係を望んでいた自分を後ろめたく思い、
自分がメアリーが思っていたような人間ではないと自覚することが怖くて、
シャーロックに怒りをぶつけていたのだと気がづき、2人は分かりあう。
You didn't kill Mary. Mary died saving your life.
(君はメアリーを殺してない。 メアリーは君の命を救って死んだんだ。)
そして思いっきり泣いた後、悲しみの中にもどこか吹っ切れた様子に。

シャーロックは、トレードマークの帽子をかぶって完全復帰。
そして、またまた出てきたSMの女王様!
マイクロフトには、まさかの恋の予感!?(笑)

終盤でのジョンのセリフには思わず泣いちゃったけど、残るはあと1話。
ただでは終わりませんよ~。
「Eurus」はギリシャ語で「the east wind」の意。
ジョンはマイクロフトの言動からホームズ家の「A secret brother (秘密の兄弟)」の存在に気づくが…、
まさかそれが「brother」ではなく「sister」だったとは。 Σ( ̄口 ̄;;
ラストのジョンは、果たして無事なのか~っ!?

【BBC SHERLOCK INDEX】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

十日えびす

2017年01月09日 | 徒然
毎年恒例、「十日えびす」で西宮神社に行ってきました。



10時に待ち合わせして行くと、ちょっと出遅れたのか結構な混雑でした。



まぁ、動いてるだけマシよね。
トロトロながらも進み、本殿近くで先に「みくじ」を引くことにしました。



やったーっ!! 大吉だっ!
方角は「東南」がいいんだって。 東南アジアに行かなくちゃ!(笑)

大吉だったので、神社で結ばずに財布に大事に入れておこう。



そこからまた少し進み、あたまをファサファサ(右)してもらって…、



本殿にお参り。
大マグロにお賽銭を張り付ける列は長蛇なので、いつも遠目から見るだけ。(^^;



福笹を売っている「福娘」は、みんな美人サン。
商売の神様、今年は景気がよくなりますようにっ。



混雑の境内を抜けた後は、恒例の「コメダ珈琲」へ。
ランチで「コロッケバーガー」をいただきました。

久しぶりに会う友達とは、旅行の話に花が咲き。
まだまだ行きたいトコロはイッパイありますな。 楽しんでいこう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JINS SCREEN

2017年01月07日 | 徒然
約4年前から愛用している、JINSの「PCメガネ」。
視力はそれほど悪くないものの、乱視のせいで最近パソコンの文字が見えにくくなってきたので、
次は度入りのを作ってみようと、久しぶりに店舗を訪れてみました。

さっそくパソコンメガネのコーナーに行くと、いつの間にか「JINS PC」から「JINS SCREEN」に変わってました。
これまで度入りメガネというものを作ったコトがなかったので、検査される時はドキドキ。(笑)



レンズがあれば、30分ホドで作ってもらえるそうですが、
あいにくと私のレンズはお取り寄せで、1週間ホドかかってしまいました。

で、出来上がったのがコチラ。
フレームは、パッケージ「JINS SCREEN」から「HEAVY USE」の「OVAL」(3,900円)を選び、
「度付き」(+2,000円)とオプションに「JINS SCREEN」のブルーカットレンズ(+4,000円)を追加して、
合計 9,900円(+税)ナリ。

メガネには専用ソフトケースと、ハードケース(赤・黒・グレーから選択)付き。



以前は「クリアレンズ」でもブルーライト35%カットだったんだけど、「HEAVY USE」は38%カットでそれほど変わらないのに、
「ライトブラウンレンズ」というかなり色が付いたレンズになっていました。
うーん、出来れば透明な方がいいんだけどなぁ。
でもクリアレンズにすると25%カットとかなり率が下がっちゃうので、仕方なく色付きのコチラを選びました。
フレームの色は「ダークブラウンドット」で、今持ってるのと同じくテンプル部分がドット柄。

人生初の度入りメガネ。
ほぼ乱視の矯正だけだけど、私が今まで見ていた景色はなんだったの!? というぐらい、
何もかもがハッキリ見える! これは、いいわ~。
次の免許更新で視力がひっかかったら、これを持っていこうかな。(笑)

購入した時に期間限定のクーポン券をもらいましたが、JINSはネットで会員登録すると、
誕生月の始めに「バースデークーポン」という30%割引券が送られてくるんだそう。
ちょうど来月誕生日なので、それを期にもう1本作ってもいいかな?とも思いましたが、
「Zoff (ゾフ)」も気になってるのよね~。
PCメガネといえばこの2社が有名ですが、ZoffのPCメガネ「Zoff PC ULTRA」は、
ブルーライト50%カットなのに「クリアレンズ」というのが魅力!
JINSより少し値段は高めだけど、今セール中だし思わず買ってしまいそう…。(^^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SHERLOCK4-1/シャーロック4-1 「The Six Thatchers / 六つのサッチャー」

2017年01月03日 | SHERLOCK(BBC)
年末年始に遊びに来てくれていた甥っ子&姪っ子ちゃんが帰って落ち着いたので、
1月1日にイギリスで放送された、シャーロック「シリーズ4」の第1話目を鑑賞。
いや~、こういう展開になるとウワサはされてたけど、まさか1話目だったとは。
放送前に発表された、第3話のタイトル「The Final Problem (最後の事件)」で
起こる事だと読んでたんだけどね。(笑)

I made a vow, remember? To look after the three of you.
(僕は誓いを立てた。覚えてるだろ? 君たち3人の面倒を見ると。)
Save John Watson. Save him, Sherlock.
(ジョン・ワトソンを救って。彼を救って、シャーロック。)

(ネタバレあり)



「シリーズ3」でチャールズ・オーガスタス・マグヌッセンを射殺してしまったシャーロック。
涙のお別れと思いきや、モリアーティがスクリーンをハッキングして現れ、
その問題を解決するため、何のお咎めもなくアッサリと日常生活へ復帰。
「The Adventure of the Six Napoleons / 六つのナポレオン」を元にしている今作「The Six Thatchers / 六つのサッチャー」は、
原作と同じく、サッチャー像が何者かによって次々と壊されていく事件から始まります。

モリアーティと関連していると思われたこの事件。
実はメアリーとつながっていて、これまた原作通り…。
ちょっと拍子抜けしてしまうほどの急展開でしたが、いきなりショッキングなシリーズの幕開けでした。
ジョンとメアリーの娘は無事に生まれ、「Rosamund (ロザムンド)」と名付けられます。
そしてこの名前も、また1つのキーワードに。

ジョンの前に現れたあの女性は、いったい何だったんだろう?
あまりに突然出てきて今回のストーリーにはまったく関係が無いような感じだったので、
今後、伏線となっていくんでしょうかね?
そして最後に出てきた「13th」と「Shellinford (シェリンフォード)」という名前。
あれって、マイクロフトの自宅なのかしら? もっと他の部屋も見てみたい。(笑)

久しぶりに見た新シリーズでしたが、やっぱりちょっとグダグダ感は否めない。
これまで見た事があるシーンのつぎはぎのようで、特に目新しさはないかなぁ。(^^;

ベネディクト・カンバーバッチ、『SHERLOCK』シーズン4は伏線を回収する内容に!
とはいえ、このシリーズではこれまでの伏線が回収されるらしいので、このあたりは楽しみかな。

Sherlock tops New Year’s Day TV ratings with 8.1m viewers
『SHERLOCK』シーズン4、本国イギリスで視聴率トップに

記事によるとイギリスで「シリーズ4」を視聴した人数は、810万人とのコト。

まさかの破局…「SHERLOCK(シャーロック)」カップル
今作でメアリーと悲しい別れをしたジョン。 実生活でもこのカップルは分かれちゃったようで…。(^^;


【BBC SHERLOCK INDEX】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都祇園 料亭「岩元」監修 六段重 「極」

2017年01月01日 | グルメ
いつもはささやかながら家でおせち料理を作っていますが、
今回は大人数だし前から興味があったので、初めて通販を利用してみました。

これで美味しかったら、来年また頼んでみてもいいかな~。



注文したのは、京都祇園 料亭「岩元」監修の六段重「極」
早割があった8月末までに注文したので、定価から1万円以上お安く買えました。(←はやっ。笑)

お届けの日付は指定できず、12月30日のみ。
当日は出かけていて帰ってきたら不在票が入っていたので、同日の夕方に再配達してもらいました。
冷蔵で届いた箱を開けてみると…、



1段ずつセロファンで包まれたお重が、6段出てきました。
このお重は何でできてるんだろう? 使い捨ての紙か何かだと思ったんだけど、結構しっかりしてました。
まぁ、あまり使い回しはできそうにないけど。(^^;

料理の内容は7~8人前で全73品目。 他には「祝い箸」が入っていました。



これだけの品数を家で作ろうと思ったら、大変だよねぇ。
見た目が鮮やかで、食べてみるとお味も上品。 魚介系が多いかな?
スイーツもあって、美味しくいただきましたっ。
ただ、お雑煮などの料理も他にイロイロ作ったので、次からはもう少し小さいのでいいかも。

それにしても通販のおせち料理ってたくさんあるのねー。
選ぶのが楽しみでもあるんだろうけど、種類が多すぎて迷ってしまう。(^^;
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加