銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で7周年。2400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

謝罪の王様

2014年04月16日 | 邦画コメディ
2013年
日本
128分
コメディ
劇場公開(2013/09/28)



監督:
水田伸生
『なくもんか』
脚本:
宮藤官九郎
主題歌:
E-girls『ごめんなさいのKissing You』
出演:
阿部サダヲ黒島譲
井上真央倉持典子
竹野内豊箕輪正臣
岡田将生沼田卓也
尾野真千子宇部美咲
荒川良々和田耕作
濱田岳ワクバル
松本利夫船木
高橋克実南部哲郎
松雪泰子壇乃はる香



<ストーリー>
東京謝罪センター所長・黒島譲が、喧嘩の仲裁から政府を巻き込んだ国家滅亡の危機まで、様々なトラブルを謝罪のテクニックを駆使して解決していく。

謝るとき、人は誰でも主人公。

−感想−

超俺好みのイカしたお姉ちゃんが出てきたやん!って思ってたら井上真央ちゃんやったんかい!
濃いメイクだけでも随分雰囲気変わるのな。
井上真央ちゃんゆうたら「花男」のイメージが未だ私の頭から離れていなかったものだから、ほんと、途中まで誰やろこの子ってずっと気になってたんだが、中盤辺りで「あれ?これ真央ちゃん?」て気付くの遅すぎw
個人的にはこちらのちょいグレた雰囲気の真央ちゃんが好き。
可愛かった!

物語はこの真央ちゃん演じる典子の失態から、阿部サダヲ演じる謝罪センター所長・黒島譲に依頼した事での「出会い」により始まる。
その後、ヤクザとの揉め事を無事解決してくれた所長の腕に感激?して典子が彼のアシスタントとなる訳なのだが、この2人の「出会い」が無かったらここまで大規模な展開に発展しなかっただろう。

というのも、ケース1からスタートし、ケース2、ケース3と進んでいくのだが、どのケースも独立した話かと思いきや、実は全てが繋がっているという驚きの話の転び方を見せてくれるのだ。
すなわち各ケースに伏線が多く散らばっていたという何とも上手い構成作りになっていたのよねぇ。
最初に「え?」と思わせるシーンを見せておいて、後に「あぁ!ここと繋がってたんだ!」というニヤリ感を抱かせてくれる所が私のツボに大きくハマッてしまったんだな。

例えば典子の幼少時のシーン。

「わき毛ぼーぼー 自由の女神!」
何の映画観て、そんな台詞覚えてんねん(笑)てなるのだが、まさかこの意味不明な映画の台詞が日本の危機を救う事になろうとは誰が予想出来るのかってね。

各ケースの主要人物を話の流れで上手く絡ませて、最後には“土下座”以上の謝罪、すなわちあの「わき毛ぼーぼー 自由の女神!」で日本を救い、そして所長・黒島が長年抱えていラーメン店員とのわだかまりまで解決させてしまう。
この一連の話の流れのユニークさにはすこぶる感心させられてしまった。

脚本家・宮藤官九郎大勝利!と褒めちぎっても良い位だ。
今回は天才過ぎる程に見事な脚本を書いたものだよ、御見逸れしました。

各ケースではいきなり成功させるんじゃなくてきちんと失敗例も描いている点も良い。
これがある事で、失敗をどうやって成功へと導いていくかってのに説得力を持たせているから面白さに膨らみが出ていた。

本編が終わっても私の大好きな曲『ごめんなさいのKissing You』をE-girlsたちが歌と踊りを披露し、そこにスタッフロールを被せてくれるものだから、久しぶりにエンドロール終わりまで楽しませて貰っちゃったなぁ。
(普段はエンドロールは早送りしてます)

最初から最後まで笑いの醍醐味がぎっしり凝縮された最高のコメディ映画でした!!
春ちゃんの「別に・・・」のブラックネタも最高!
何時かまたもう一度観直して笑いたい大傑作。

今作の自分の娘にしたい子役図鑑


本文にも書きましたが倉持典子の幼少時代を演じた子役ちゃん。
誰ちゃんかな?
名前が分かりませんが、兎に角しつこくやる(笑)「わき毛ぼーぼー 自由の女神!」の動きが凄く可愛かったです。

評価:★★★★★
14/04/16DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2014-03-28
メーカー:東宝

オフィシャル・サイト
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フローズン・グラウンド | トップ | 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2014-04-17 01:54:01
脚本上手いですよねー。

Eガールズはいっぱいいすぎて金髪の子が唯一見分けがつきます。笑顔が可愛いなー。
ワキゲボーボー (ミス・マープル)
2014-04-17 09:25:52
中盤までは大笑いの連続。
後半はちょっとスケールは大きくなり過ぎたけど、濱田岳はやはりおもいしろい。
Eガールズは可愛いから好きなんです。
とにかく永久保存版ですね!
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2014-04-18 00:44:55
こんばんは!
今回は見事なまでの脚本をクドカンは書きましたよね〜。

Eガールズは誰一人名前が分からないのですが、一人私の超好みの子がいるんですよね〜。
調べたいんですけど、名前を知らないから検索も出来ない^^;
>ミス・マープルさんへ (ヒロ之)
2014-04-18 00:47:27
こんばんは!
コメントありがとうございます。
いやぁ自分はめっちゃ楽しませてもらいました。
濱田岳はどんな役をやらしても楽しませてくれますよね(笑)
Eガールズ、私も可愛いので好きです。
特にこの主題歌、凄くお気に入りなんですよ!
ウォークマンに入れて良く聴いてます。
エンデイングで (そよ)
2014-04-19 15:06:48
ごめんなさいの歌を歌ってるE-girlsなんですが
このお姉さん達はいったいどこから?と思ってました
エンディングにEXILD軍団が出てきて・・・
それでも何で??とイマイチ状況がつかめずにいましたが、
E-girlsってEXILDファミリーなんですね! (;'∀')
ぜんぜん知らなかったです

映画は楽しさいっぱいで想像してたよかずっと良かったです〜
いいですねー こういうの
失礼しました (そよ)
2014-04-19 15:13:20
EXILD → EXILE でした
カタカナと英文字はめちゃ苦手です(^^;)
>そよさんへ (ヒロ之)
2014-04-20 02:01:17
こんばんは!
そうなんですよ。
Eガールズはエグザイルの妹分みたいな感じのグループなんですよね。
私は多くの曲は知らないのですが、この作品の主題歌だけは凄く好きです

最初から最後まで楽しませてもらいました。
とても良く出来たコメディ作品なんじゃないでしょうか
>そよさんへ (ヒロ之)
2014-04-20 02:02:49
いえいえ(笑)
私も英文字めっちゃ苦手なんで、いつもカタカナで書いちゃいます(笑)
こんにちは♪ (yukarin)
2014-04-21 12:45:50
おー満点ですか!!
“わき毛ぼーぼー 自由の女神!”は見た後しばらく頭の中でぐるぐるまわっておりました(笑)
さすがクドカン!と思いますよねぇ。
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2014-04-22 02:55:41
こんばんは!
もう最初から最後まで笑いっぱなしでしたし、話の組み合わせの上手さに驚かされたので文句なしの満点評価です!
わき毛ぼーぼーは癖になりますよね。
私も、見終わった後、何故かこの言葉ずっと呟いていました(笑)
イケメン (sakurai)
2014-04-23 08:54:48
男性陣にも、女性陣にも、サービス満点。
おばさんの目にも、イケメンをきっちり配置していただいて、ありがとう!です。
クドカンは、メガホンは取らずに、脚本に専念した方がいい作品になりますよね。これがいい例。
>sakuraiさんへ (ヒロ之)
2014-04-23 22:46:02
こんばんは!
美男、美女を多く配役しているから、そういう点でも楽しめましたね。
前に観たクドカン監督の『中学生丸山』はイマイチ乗れなかったのですが、今回は脚本に専念した事で、かなり面白い作品に仕上がっていました。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『謝罪の王様』 ごめんなさい! (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  映画がはじまってすぐに、私は拍手したい気持ちになった。  常々、映画を作るからには是非やって欲しいことがあった。  今はどこの映画館でも映画の前にマナー広告を上映する。曰く、上映中はお静かに、前の席を蹴らない、携帯電話の電源は...
謝罪の王様 (だらだら無気力ブログ!)
最後の新曲プロモーションビデオのくだりは全くもってイラナイ。
『謝罪の王様』を109シネマズ木場7で観て、宮藤官九郎脚本はやっぱり上手いなあふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★平べったいけど面白い】 脚本は流石の宮藤官九郎なもんで、いやはやよく出来てる。 でも、演出が平べったくて、ちょっと並べただけみたいになってしまって ...
【 謝罪の王様 】わき毛ボーボー自由の女神 (映画@見取り八段)
謝罪の王様      監督: 水田伸生    キャスト: 阿部サダヲ、井上真央、竹野内豊、岡田将生、尾野真千子、荒川良々、濱田岳、松本利夫、高橋克実、松雪泰子、川口春奈、鈴木伸之、小松和重、笠原秀幸、美波、真飛聖、柄本時生、野間口徹、六角精児、中野英雄、白...
劇場鑑賞「謝罪の王様」 (日々“是”精進! ver.F)
わき毛ボーボー、自由の女神… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310010001/ 【送料無料】【予約・新作+もう1枚でポイント3倍】映画「謝罪の王様」 オリジナル・サウンドト...価格:2,500円(税込、送料込) 【...
謝罪の王様 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://www.king-of-gomennasai.com/ 今回もネタバレです。 予告編に登場する「謝りたい人が謝って欲しい人に謝れば、世界は必ず平和になる」という言葉に違和感を感じつつも、『舞妓 Haaaan!!!』『なくもんか』のスタッフが作った映画ということで観....
謝罪の王様 (Break Time)
今朝は、曇りでしたが・・・
謝罪の王様 (映画的・絵画的・音楽的)
 『謝罪の王様』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)宮藤官九郎の監督・脚本作品として5月に『中学生円山』を見たこともあり、映画館に行ってきました。  本作では、謝罪師である東京謝罪センター所長・黒島譲(阿部サダヲ)の奮闘ぶりが、6つのエピソードで綴ら....
謝罪の王様 (gala)
前半はテンポがよく、ノリ具合も上々、うまくついて行きました。 後半になると、急に退屈になってしまい、 《前半と後半の脚本は違うのか?》と思ったくらいです。 最後のオチが、小学生並みの笑いでした。 全体の笑いが美味しくないと感じました。 ファーストフ...
『謝罪の王様』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「謝罪の王様」 □監督 水田伸生□脚本 宮藤官九郎□キャスト 阿部サダヲ、井上真央、竹野内 豊、岡田将生、尾野真千子、       荒川良々、濱田 岳、高橋克実、松雪泰子■鑑賞日 9月28日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎...
和解へと導く魔法。『謝罪の王様』 (水曜日のシネマ日記)
依頼者の代わりに謝って事態を収束する謝罪師が巻き起こす騒動の数々を描いた作品です。
謝罪の王様 (佐藤秀の徒然幻視録)
全編東京謝罪センターの広告番組? 公式サイト。宮藤官九郎脚本、水田伸生監督、阿部サダヲ、井上真央、竹野内豊、岡田将生、尾野真千子、荒川良々、濱田岳、松本利夫、高橋克実、 ...
謝罪の王様/阿部サダヲ、井上真央 (カノンな日々)
『舞妓 Haaaan!!!』『なくもんか』とスマッシュヒットを連発した主演・阿部サダヲ、脚本・宮藤官九郎、監督・水田伸生のトリオが再タッグを組んで挑んだ今作は架空の職業“謝罪師”を ...
「謝罪の王様」 早く、誠意をもって (はらやんの映画徒然草)
阿部サダヲ主演、宮藤官九郎脚本、水田伸生監督のトリオは「舞妓Haaaan!!!」
土下座の向こう側〜『謝罪の王様』 (真紅のthinkingdays)
 ヤバイ筋の方々を相手に、物損事故を起こしてしまった帰国子女・倉持典子 (井上真央)は、「東京謝罪センター」 所長・黒島譲( 阿部サダヲ)に対応を 依頼し、窮地を救われる。典子は黒島の助手となり、センターには次々と依頼 人が訪れ始める。「土下座を越え...
謝罪の王様 (♪HAVE A NICE DAY♪)
笑った〜〜〜♪ホント凄いなあ〜阿部サダヲさん 面白すぎです上手いです〜! 一人一人に謝り方を教えるのですが 笑いを入れながらだけど誤り方にも納得したり 何人かのエピソードがあり、そのエピソードが繋がっているんですね〜 それが又いい感じ 「わき毛ぼーぼー...
謝罪の王様 (そーれりぽーと)
『舞妓 Haaaan!!!』『なくもんか』に続く監督水田伸生、脚本宮藤官九郎、主演阿部サダヲのトリオ第三弾、『謝罪の王様』を観てきました。 ★★★★ ★はまた0.5減ったけど、安定して面白いわー、やっぱクドカンの理屈っぽい脚本。 阿部サダヲ演じる謝罪師の仕事を、いろ...
「謝罪の王様」 (2013 東宝=日本テレビ) (事務職員へのこの1冊)
圧倒的な人気のまま「あまちゃん」終了。その喪失感からあまロスなんてことばまで。マ
謝罪の王様 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
脚本・宮藤官九郎、主演・阿部サダヲ、監督・水田伸生のトリオが「舞妓Haaaan!!!」(2007)、「なくもんか」(09)に続いて生み出したオリジナルコメディ。架空の職業「謝罪師」を生業とする東京謝罪センター所長の黒島譲が、ケンカの仲裁から政府を巻き込んだ国家存亡の....
謝罪の王様 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/09/28公開 日本 128分監督:水田伸生出演:阿部サダヲ 、井上真央、竹野内豊、岡田将生、尾野真千子、荒川良々、濱田岳、松本利夫、高橋克実、松雪泰子 謝るとき、人は誰でも主人公。 [Story]依頼者たちに代わって謝ることで、彼らが抱える多種多彩なトラブルを収....
謝罪の王様 (迷宮映画館)
謝れるって、日本人のいいとこだと思うなあ〜。
謝罪の王様 (ダイターンクラッシュ!!)
2013年11月3日(日) 19:30〜 TOHOシネマズ日劇2 料金:0円(フリーパスポート) パンフレット:未確認 土下座のフォームに誠実さが感じられない。馬鹿にしているのか! 『謝罪の王様』公式サイト フリーパスポート5本目。 ダメだった「舞妓Haaaan!!!」まあまあ...
謝罪の王様 (愛猫レオンとシネマな毎日)
クドカン脚本、水田伸生監督、阿部サダヲ主演による謝罪エンターテインメント。 このトリオによる作品は「舞妓Haaaan!!!」「なくもんか」に続く3作目になります。 予告編通り、予想通りの面白さ!楽しかったぁ〜 主人公は、「謝罪師」と呼ばれる男。 謝罪の...
謝罪の王様 (いやいやえん)
【概略】 東京謝罪センター所長・黒島譲が、喧嘩の仲裁から政府を巻き込んだ国家滅亡の危機まで、様々なトラブルを謝罪のテクニックを駆使して解決していく。 コメディ 短文です。 えーと途中までは大変面白かったのです。 謝罪のタイミングとかテンポとか、...
謝罪の王様 (のほほん便り)
好みは分かれるかもしれませんが、終始、エンタメ精神に徹底してるのが素敵。ハジケたコメディで、楽しかったです。 宮藤官九郎の脚本も、エピソードをいくつか重ねて、最後に「ああ、なるほど!」となるジグソーパズル感がオミゴト。 エンディングの、エクザイル音...