銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で8周年。2700作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

殺されたミンジュ

2016年06月09日 20時46分59秒 | 亜細亜サスペンス
ONE ON ONE
2014年
韓国
122分
サスペンス/ミステリー
R18+
劇場公開(2016/01/16)



監督:
キム・ギドク
『メビウス』
製作総指揮:
キム・ギドク
脚本:
キム・ギドク
撮影:
キム・ギドク
編集:
キム・ギドク
出演:
マ・ドンソク謎の集団のリーダー
キム・ヨンミン容疑者1
イ・イギョン謎の集団メンバー1
チョ・ドンイン謎の集団メンバー2
テ・オ謎の集団メンバー3
アン・ジヘ謎の集団メンバー4
チョ・ジェリョン謎の集団メンバー5
キム・ジュンギ謎の集団メンバー6



<ストーリー>
ある夜、ひとりの女子高生が惨殺された。これを機に、ひとりの男が7人組の謎の集団に誘拐され拷問を受ける。以来、事件に関わったほかの者たちもひとり、またひとりと誘拐され…。

少女が葬り去られた日、
良心はすべて
この世から消えた。


-感想-

どうやら殺される女子高生の名前「ミンジュ」は民主主義の「民主」と掛けているようです。
この裏側に隠されたテーマをどれだけの人が理解・把握する事が出来るのでしょうかねぇ。
当然“低脳”な私がそれに気づくはずもなく(例え気付いたとしても監督の示す真意までには辿り着けないでしょう)、最後まできちんと観ましたが何かを感じるとか何かに気付かされる事もないまますっかり取り残されてしまった感じ。

監督の投げかけに全く答えられず、ごめんなさいですわ。

内容はギドク監督らしい重たいものなんですが、これまでのギドク作品と比べると衝撃度は割りと低め。
意外と言っちゃ失礼かもだが、拷問シーンも雰囲気そのものは緩かった。

殺人に関わった人間達を拷問する側に集められた者達は普段の生活に不満を抱いているってのが理由で、リーダーが呼び掛けて集った所までは判明出来る。
ただ、素人の集まりに過ぎないので、余りにも非道なリーダーの拷問を容認出来なくなり、一人また一人と抜けていきます。
その辺はまだ観てて分かるのですが、何故に毎回皆してコスプレしているのか、ミンジュが殺された真相って何なのか、この辺がさっぱりでしてねぇ。
表側としての答えが明確に提示されていないので、観終えた時はモヤモヤとした気持ちしか残らないんです。
裏側にある答えを解ける人だけが余韻に浸れる、もしくは考えさせられるラストシーンを迎えられるのかも。

社会派的な作品になるのでしょうか。
ちょっと自分には難し過ぎました。

初めに拷問を受けて解放される男をキム・ヨンミンが演じていますが、後でネットを観て知った事なのですが、彼は本編内で1人8役もしているらしいです。
全然気付かなかった。
これも何かの意味があるんでしょうか。
因みにその8役とは「殺人犯の一人」、「弟を留学させた兄」、「ウエイターに威張る男」、「女性をDVする男」、「自動車工場の社長」、「騙したお金を返さない男」、「サラ金の取立男」、「修行僧」だとか。
DVする男と自動車工場の社長て同一キャラなのかと思ってた。
別キャラなの?
こういうのも含めても奇妙な作品。
んまぁそれがギドク監督らしさ、なのかもしれませんが。

これから書く事は人によってはどうでも良いことかもですが、韓国の若い女性ってなんであんなにも婆臭い下着履いているんだろう。
どの映画でもそんな印象。
エロティズムが全く抱けないのよ、そんな地味パンティじゃ。

評価:★★★
16/06/09DVD鑑賞(新作)
バナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2016-06-08
メーカー:キングレコード

オフィシャル・サイト(日本語)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あと1センチの恋 | トップ | 切り株画像(映画『ゾンビー... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『殺されたミンジュ』 2016年1月16日 ヒューマントラストシネマ有楽町 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『殺されたミンジュ』 を鑑賞しました。 珍しく、初日初回の上映に参加。(といっても12:15の回だから、映画館ではその前に1本上映してた) 【ストーリー】  ある晩、女子高生ミンジュはいかつい男たちに路地に追い込まれた揚げ句、テープで顔を覆われたまま無慈悲に...
殺されたミンジュ (映画好きパパの鑑賞日記)
 監督の鬼才、キム・ギドク監督の新作。社会への怒りがストレートにでていましたが、似たような場面の繰り返しであり、途中、だれました。正直、10年ぐらい前の「サマリア」「うつせみ」あたりが最後まで緊張が途切れず良かったかな。  作品情報 2014年韓国映画 監督...
ギドクの最新作 『殺されたミンジュ』 メッセージあるいは美学 (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 キム・ギドクの最新作。この作品はギドクの第20作目で、製作総指揮から脚本・撮影・編集までひとりでこなしている。原題は「ONE ON ONE」。  ちなみに“ミンジュ”というのは韓国語では“民主”を意味するとのこと。  出演陣には『俳優は俳優だ』にも顔を出していた...
「殺されたミンジュ」 (ここなつ映画レビュー)
難解だった。いや、大きなテーマとか、訴求点とかは解るんだけど、誰もハッピーにならない作品はキム・ギドクの十八番(おはこ)なのでそれはそれでいいんだけど、なんというか、もどかしいというか。私怨と大義のごった煮。為政者と虐げられる民、という構図よりも、私は...
殺されたミンジュ (映画三昧、活字中毒)
■ ヒューマントラストシネマ有楽町にて鑑賞殺されたミンジュ/??? 2014年/韓国/122分 監督: キム・ギドク 出演: マ・ドンソク/キム・ヨンミン/イ・イギョン/チョ・ドンイン/テ・オ 公式サイト 公開: 2016年01月16日 05月09日、ソウル市内で女子高校生ミ...
殺されたミンジュ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
「嘆きのピエタ」「メビウス」の鬼才キム・ギドク監督が、女子高生殺人事件の容疑者たちを次々と拉致して拷問にかける謎の武装集団の目的とその顛末を、寓意に満ちたミステリアスな語り口で描き出したサスペンス・ドラマ。主演は「悪いやつら」「群盗」のマ・ドンソク、共...
殺されたミンジュ (5385 (ごみばこ))
連続して韓国映画を3本連続して見るのも疲れる ってことで、間に購入していたものの相変わらず見ないで積んであるBlu-rayの 80年代のヨーロッパと90年代のアメリカのエロチック映画を2 ...
「殺されたミンジュ」 「俳優は俳優だ」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
キム・ギドク監督関連映画をまとめて・・。両方とも3つ★ってところかな・・・。
殺されたミンジュ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ONE ON ONE】 2016/01/16公開 韓国 R18+ 122分監督:キム・ギドク出演:マ・ドンソク、キム・ヨンミン、イ・イギョン、チョ・ドンイン、テ・オ、アン・ジヘ、チョ・ジェリョン、キム・ジュ...
殺されたミンジュ (だらだら無気力ブログ!)
う~ん、よく分かんないや。